FC2ブログ
鹿島アントラーズ

メンタルが大事

  水戸ホーリーホック戦については、まだまだ言いたいことがたくさん残っています。 その中でどうしても書いておきたいことがあります。 それは、試合終了直前に、安西のクロスにドンピシャのダイビングヘッドで逆転弾を挙げた山本のことです。

  瞬間、昨季の最終戦が頭に浮かびました。 あの時も、86分に山本が渾身のダイビングヘッドを見せましたが、無情にもボールは枠を超えていきました。
  我らも一瞬、「ゴール!」 と思ったシーンでしたなぁ。 入っていれば優勝でしたから、生真面目な山本は、あのプレーについて自分を責め続けたのではないかと思っています。

  試合の重みは全然違いますが、水戸戦の勝ち越しゴールで、あの時のことを吹っ切ってください。 そして新シーズンは自信を持って、気持ちよく、ゴール前で競り勝ってもらいたいものです。

  安西が強力なアピールを見せ、雄斗や小田も負けじとポジションを狙っています。 左SBみんなで切磋琢磨して、この一年を駆け抜けましょう。

  さて、私事の余談になりますが、先日検査入院したと書いたところ、あちこちからご心配いただいてしまいました。
  実は、昨年の10月末の札幌戦後くらいから、動悸が激しくなり、胸痛を感じるようになりました。 クリスマスの頃には、胸の圧迫感が酷くなり、ニトロを処方され服用していました。

  狭心症の発作ではないかと、かかりつけ医から勧められて、馴染みの大学病院に検査入院してきました。 結果は、狭心症や心筋梗塞の疑いはなく、晴れて無罪放免と相成ったわけです。

  この入院中に嬉しいことがありました。 以前入院していた時はもちろん、退院後も心臓リハビリでお世話になった理学療法士さんが、部屋まで訪ねて来てくれました。
  この方は茨城県出身の鹿島アントラーズサポーターで、ひょんなことから意気投合したのでした。 おかげで入院中も通院中も、話が尽きることなく、とても楽しくリハビリに励めました。

  今回も、去年優勝を逃したことや、今年の新加入選手の力量や総合的な戦力充実度の話に花が咲きました。 入院の身ながらも病院の先生と鹿島話で盛り上がるという、何とも言えない幸せに浸ることができました。
  ありがとうございました。 お会いできて本当に嬉しかったです。 最後に、今度はスタジアムでお会いしましょうと約束を交わしました。

  さて、胸痛の話に戻ります。 心臓に問題がないとなると、原因は何なのでしょうか。 心臓外科医は問診などによって、メンタルから来ているのかもしれないとおっしゃりました!?

  思い起こせば、鳥栖戦と横浜戦へ参戦して完敗、天皇杯神戸戦では惨敗・・・と徐々にストレスが溜まっていきました。 その後、札幌 ・浦和戦を挟んで、長患いしていた知人が亡くなり葬儀を手伝い、そして柏戦でぐったり、磐田戦で・・・。

  思い当たるストレスは、鹿島が優勝を逃したことに尽きました。 自分のメンタルの弱さを目の当たりにしてしまいましたよ。 トホホです・・・。 鹿島の選手にメンタル強化を求めている場合ではありません。

  こんな見た目でメンタルが弱いなど、恥ずかしくて他人様に言えませんよ。 それでいてカッとなるAタイプです。 老い先短くなってきましたが、芯は強く、表は穏やかな年寄りでいられるよう、時間をかけてメンタルを強くしていくつもりです。

  こんな私が言える立場にありませんが、選手の皆さんも一緒にメンタルを強化していきましょう

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2018-02-06 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR