鹿島アントラーズ

ACL 上海申花戦の展望

  さあ、悲願のタイトル2018のACLがいよいよ始まります。 初戦となる明日は、ホームでグループステージの上海申花戦です。 展望記事を書こうかなぁと思ったところで、上海申花についてはな~んにも知らないことに気づきました。

  数年前から、金に飽かしてヨーロッパ主要リーグのビックネームを爆買いし続けるも、選手が長居できずに移籍していくといった印象しかありません。 詳しいことは記憶に残っていませんでしたので、改めて調べてみました。

  現在は、2012年から加入したコロンビア代表で身長193cmのモレノが背番号10 を背負い、キャプテンとして攻撃の中心を担っているそうです。
  2016年から加入した元インテルで同じくコロンビア代表の脅威的な身体能力を持つグアリンと、ナイジェリア代表でスピードと強烈なシュートが持ち味のマルティンスを加えた外国人トリオが、チームの中心なのですね。

  すでにいなくなったビッグネームは省略しようかと思ったのですが、少しだけ触れておきます。 セネガル代表でニューカッスルやチェルシーで活躍したFWデンバ・バは、一昨年トルコのベシクタシュへレンタル移籍しました。
  アルゼンチン代表で、マンUやマンCで活躍したテベスは、問題行動を連発した挙句、今年1月6日に契約を解消したそうです。 この二人は化け物ですから、対戦せずに済むのはありがたいことです。

  昨季はリーグ11位と結果を残せず、シーズン途中で監督交代をしています。 ACLの出場権は、監督が交代して、中国FAカップを優勝して得たものです。
  チーム作りの途上とはいえ、植田が 「外国人選手を生かすサッカーを展開するのは間違いない」 と語るように、前述の3人を抑えなければ勝算はないでしょう。

  中国選手は、技術の無さから平気で相手の脚を蹴るサッカーをしてきますので、気を付けたいものです。 悪質なプレーへの抗議と審判へのアピールは繰り返しやらなければなりません。

  ところで、夢生のコンディションはどこまで回復しているのでしょうか。 フィジカルが強い相手ですから、身体を張れる夢生が欠場だと厳しいです。 途中からでも構いませんので、ぜひ出場してもらいたいです。

  プレシーズンの練習試合を見る限り、鹿島の攻撃のかたちはまだまだできていませんから、コンディションの良い選手たちが、今できることをチームのためにやり続けるしかないでしょう。

  キャンプからここまでの情報を総合し、走れて体のキレがあると思われる選手を中心にスタメンを希望してみました。

FW       金 森   優 磨
MF   安 部           ヤ ス
MF       健 斗   永 木
DF 安 西   源     植 田   篤 人
GK           曾ケ端

  試合がこう着したら、安西をOHのポジションへあげ、安部を右にコンバートするのも良いかと考えています。 元気者たちでゴールを仕留めたいですね。

  ACLは比較的、肉弾戦になる傾向があります。 最後の最後は、得失点差で次のステージへの進出が決まることもありますので、失点しない覚悟を守備ラインに求めたいと思います。

  2018シーズンの初戦ですから、白星スタートを切りたいのは当たりまえです。 しかし、まずは負けないということがより重要になると考えています。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2018-02-14 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR