fc2ブログ
鹿島アントラーズ

アウェイ広島旅行の文化財巡り その1

 今回アウェイの広島に参戦しましたが、合わせて訪れた文化財を写真とともに紹介します。

 4月25日に羽田空港から出発しました。オバマ大統領の離日と重なり、警備が厳しく混雑するのではないかと心配でした。思っていたような混乱もなく、羽田空港美術館で永青文庫コレクション「細川家珠玉の名碗」を無料で見ることができ、眼福しました。

 その後、岩国空港から錦帯橋へ向かいました。「流されない橋を造りたい」という吉川家の情熱が、1673年に五連のアーチ橋をみごと完成させました。

 広重や北斎の錦絵にも登場する名橋で、その工法は現代工学に合致するものです。「釘を使っていない」「一本抜くとはずれる」などの伝説が生まれるほど、高い技術によるものです。

錦帯橋 その2 錦帯橋 その1 錦帯橋 その3-1

 憧れの名勝、錦帯橋と香川家長屋門、旧目加田家住宅、吉香神社、白山比め神社等の文化財をゆっくり見学することができました。

旧目加田家住宅 旧目加田家住宅 吉香神社 吉香神社 岩国城 岩国城

 陽が落ち始めたころ、知人の紹介による食事処「平清」で美味しい郷土料理をいただきながら、ライトアップされた錦帯橋と岩国城を満喫しました。

錦帯橋 その3



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 建物探訪
ジャンル : 学問・文化・芸術

2014-04-30 : 文化財 :
Pagetop

ホームで何よりの勝利

 広島戦の後、倉敷から高梁へ行き、備中松山城へ登りました。この文化財巡りの旅行記は後日書くつもりですが、今日は足がパンパンで、疲労度マックスでのテレビ観戦でした。

 まず10回ほど、家本主審のジャッジが不明確でした。鹿島が手を使うと吹かれる笛が、清水の肘打ちやボディアタックには吹かれませんでした。

 鹿島は前半早々、植田のヘディングからオウンゴールで先制しましたが、その後どちらも決め手を欠き、一進一退になりました。

 後半、清水ベンチは早く動き、高木(俊)を入れて点を取りに来ました。高木(俊)とは、相性が良くないので嫌な雰囲気でしたね。案の定、鹿島の守りが甘くなり、ノヴァコビッチにボレーを決められてしまいます。

 同点になったことで鹿島にスイッチが入り、連動するようになります。しかし、流れを変えるべく入った野沢は、運動量を求められているにもかかわらず、相変わらず交代から8分ほど死んでいました。

 その後、ルイスを遠藤と代えるのですが、野沢より先にルイスを投入すべきだと思いながら見ていました。結果的には、ルイスが得点し、家本主審にも勝てて良かったです。源や植田もよくやったので、自信になるでしょう。

 清水の方が運動量は多く、鹿島はやや疲れていました。内容よりホームでの勝利が何よりです。次節は疲労が残っている選手をぜひ休ませてください。


にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-04-29 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

明日は第10節、清水戦

 帰京して、サンフィレッチェ広島戦の録画を見ました。現地でわからなかったプレーやジャッジが良くわかりました。鹿島は運動量もあり、相手を研究して対応できていました。

 それにしても主審の西村さんは、ポジショニングの悪さが目立ちました。小笠原に対する森崎のファールは流してよいのですが、カードを出さなければならないでしょう。

 清水エスパルスは今年の試合を見ていないので、どのようなサッカーをしてくるのか不明です。怪我人もいるようですし、高さのあるFWとすばしっこいシャドーを押さえることが重要になるのですかね。

 明日は、これからの連戦を考慮しながら選手起用をしてもらいたいと思います。広島戦同様に走り勝って、競り勝てば勝利が見えるでしょう。全員で90分間集中力を絶やさないことが重要です。がんばれ鹿島アントラーズ!!

FW       ダビィ
MF   豊川  聖真  康
MF    ルイス   岳
DF  山本  源  山村  伊東
GK       ソ ガ

 できれば、走り負けない豊川を使ってほしいです。
 後半、点を取りに行くなら、赤﨑、カイオで相手の背後を突きたいと思います。

 ホームで絶対、勝つぞ~!!


にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-04-28 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

勝利の余韻

昨日、広島市内の観光名所ではたくさんのアントラーズサポーターを見かけました。私は宮島を観て、原爆ドームに向かったのですが、広島電鉄の車内では、町田市からいらしたという中田浩二似のサポさんとご一緒させていただきました。

スタジアムでもメインのアウェイ側は、鹿島サポが多かったと思います。はじめてのEスタでしたが、心強かったです。

しかし、このスタジアムはベンチシートですし、照明が目に入って見にくかったです。2列目だったので、ピッチが遠く低いため、逆サイドの細かい部分はわかりませんでした。

相手のミスに助けられた試合でしたが、よく守ったと思います。終了の笛がなった後のセレーゾのガッツポーズに、チームの気持ちを感じました。

勝利の余韻に浸りながら、今日は倉敷に足を延ばして観光しています。


にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-04-27 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

広島戦 速報

勝ちました!

サンフィレッチェ広島のコンディションが悪かったことに助けられました。もちろん鹿島も頑張って走っていました。よくやったと思います。

バックラインの三人にイエローカードが出たのは心配でしたが・・・。曽ヶ端の活躍で無失点に抑えられたのは何よりです。

これから祝杯をあげに行きます!


にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-04-26 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

名橋!錦帯橋

 先乗りして岩国に来ています。ようやく、念願の錦帯橋を見ることができました。飽きずにず~っと眺めていました。本当に美しい橋です。

 江戸時代初期に造られ、架け替えを繰り返しながら270年もの間、不落だったそうです。残念ながらその時の橋脚は、戦後の台風で流出してしまいました。それでもすぐに再建され、平成16年に架け替えを行い、今に至っています。

 スマホから書いているので、帰京したら写真をアップしますね。

 明日は、厳島神社で必勝祈願をして、Eスタへ向かいます! 




テーマ : 建物探訪
ジャンル : 学問・文化・芸術

2014-04-25 : 文化財 :
Pagetop

次は第9節、広島戦

 サンフィレッチェ広島は、佐藤や石原をはじめとする得点能力の高い選手がいて、リーグ連覇しているチームです。

 この二人と高萩、ミキッチというボールの出どころを自由にさせてしまうと勝てないでしょう。さらに塩谷や青山のミドルシュートまでケアしなければなりません。

 水曜日のACL戦を見ましたが、佐藤や森崎(和)が欠場にもかかわらず、戦い方はいつもの広島と変わりません。リーグ戦より中2日の試合なので全体のコンデションは悪そうでした。しかしFK2つのうち、1本を決めて勝つところはさすがですね。

 広島の戦術は相手のバックライン、特にサイドの裏のスペースに球を入れるか、バイタルエリアでボールを預けて、速攻を仕掛けることを得意としています。そのため鹿島はマンツーマンを基本に、相手の受け渡しが上手くできるかが勝利へのカギと考えます。
 なお、FKが得意の塩谷、高萩がいるのでバイタルエリアでのファールは厳禁です。

 中2日でコンデションが整わない相手に勝てなければ、今後しばらくは広島に勝てないでしょう。走り勝って、競り勝たなければなりません。全員で90分間集中力を絶やさないことが重要です。がんばれ鹿島アントラーズ!!

 走り負けない若手を中心に、ぜひ豊川を使ってほしいと思います。

FW       ダビィ
MF   豊川  聖真  康
MF     満男   岳
DF  山本  源  山村  伊東
GK       ソ ガ

 満男と康のスピードがちょっと心配ですが、試合展開、時間帯により、
 勝っていれば、ルイス・アルベルト、梅鉢に早めの交代を!セレーゾ監督、よろしくお願いします。
 点を取りに行くなら、赤﨑、カイオで相手の背後を突きたいと考えます。

 金曜日に広島へ先乗りしますので、一日早く希望スタメンを考えました。
 絶対、勝つぞ~!!

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-04-24 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

GWの予定

 例年、大型連休は東北か北海道へ渓流釣りに出かけていましたが、今年は早々に広島参戦を決めました。

 釣りではなく広島行きを選んだのは、全国的に雪が例年以上に降っていたこともありますが、本音は年齢と体力の衰えが主な理由です。
 
 それと、今年のJリーグの年間スケジュールを見たとき、鹿島は最初からいやな相手が続くな、という感想を持ちました。特に前半戦は鳥栖、横浜、広島のアウェーが鍵になるのではないかと思い、観光を兼ねて出かけることにしました。

 開幕戦の甲府、3節の鳥栖と参戦した試合では、勝ち点6を得ることができましたが、予想とはうらはらに、ホームでC大阪、新潟、神戸に負けてしまいました。

 広島は、昨年のホーム最終節、目の前で優勝を決められ、この5年間、アウェイでは2分け3敗と分の悪い相手です。しかし、リーグ戦はこれからです! 岩国・宮島観光を兼ねてエディオンスタジアムへ鹿島アントラーズを応援してきます。


にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-04-23 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

34・35節プレミアリーグ

 遅ればせながら、録画していたプレミアリーグを見ました。チェルシーはスオンジーに辛勝、天王山のリバプールVSマンCは、前半リバプール、後半マンCが押していましたが、ミスを見逃さなかったリバプールに凱歌があがりました。
この後、ミッドウイークの延期試合でマンCは引き分けとなりました。

 35節はチェルシーがホームで最下位サンダーランドによもやの敗退。リバプールは降格争いのノーリッチに辛勝しました。

 その結果、勝ち点はリバプール80、チェルシー75、マンC74となり、いよいよ次節のリバプールVSチェルシーが天下分け目の関ヶ原となりそうです。

 しかし、チェルシーはミッドウイークにUEFA戦、マンCは最終節前に延期試合を戦わなければならず、スケジュールが厳しいです。

 リバプールは、24年ぶりの優勝が見えてきましたが、不安材料もあります。出場停止選手がいることと、後半に全体の運動量が落ちることです。
これらの課題を乗り越えて、ジェラードがいるリバプールに優勝してもらいたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2014-04-22 : 海外サッカー :
Pagetop

8節 神戸戦レビュー

 勝ち越した時点で、青木と満男にイエローカードが出ていたので、早めの交代が必要だと思っていました。その時間帯を中心に録画をレビューしました。

 64分には、ルイスが交代の準備をしていました。しかし、交代カードが切られないままの直後、神戸のFKでPA内において青木のハンド・退場・PKによる同点弾。その後、マルキのセンタリングから小川の決勝点が生まれました。
 6~7分間のできごとですが、この間ベンチは何をしていたのでしょうか。

 ピッチ上では、選手が自主的に岳、山本、源、伊東のDFでしのぐつもりでいたようですが、中盤が薄くなりチョン ウヨンに圧力をかけられず、神戸がボールをつなぎ得点となりました。

 7分間もルイスにゲーム指示を出している展開だったでしょうか。退場後、何度もボールが止まり、交代のチャンスはありました。とにかく山村を青木のポジションに入れてDFを安定すべきでした。

 冗談ですが、青木のハンドやセレーゾ監督の行動を見て「FIFA EWS社の八百長試合監視システム」の調査対象にならなければ良いと思ってしまいました。

 敗因はハンドとベンチワークに尽きると思います。1シーズンのうち、負ける試合もありますが、前半だけで13本のシュ-トを打ち、決定的なシーンが3本ありました。そこを決められなかったことと、すべての点に絡んだチョン ウヨンをもう少しリスペクトしなければいけなかったと思いました。

 次の広島戦が本当に重要なゲームとなりました。現地へ応援に行ってきます。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-04-21 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

再び気分転換

 神戸戦の敗戦で家にいてもどよ~んとしているので、2週連続で日曜日は気分転換の散歩です。世田谷区の尾山台から等々力へ出かけました。

 環状八号線から謂れのある“寮の坂”を下りますと、右手に宇佐神社があります。祭神は応神天皇で、源頼義が蝦夷征伐後に建立した神社です。拝殿裏は八幡塚古墳になっています。また、入って見ることはできませんでしたが、古墳の傾斜地にカタクリが自生しているとのことです。

宇佐神社

 宇佐神社のすぐ目の前には、傳乗寺の五重の塔があります。05年に建立された白木がまだ鮮やかな15mの塔でした。八重桜や石楠花が咲いており、大きな銀杏が芽吹いていました。

五重塔

 傳乗寺から1キロほど丸子川沿いを歩いて、矢沢川が直角に交差する場所に至りました。ここから矢沢川沿いの上流が、23区唯一の渓谷、等々力渓谷です。川沿いには公園として整備された日本庭園と書院、等々力不動尊があります。

書院

不動尊

 境内には150本の桜があるそうですが、すでに散っていました。紅葉も美しいと評判なので、秋にまた来ようと考えています。その時は、気分転換でないよう、お不動さんに願ってきました。

テーマ : 建物探訪
ジャンル : 学問・文化・芸術

2014-04-20 : 文化財 :
Pagetop

神戸戦、勝ち点3が手からこぼれた

 前半早々、立て続けに神戸の選手にイエローカードが出たので、増川のラフプレーを見なくて済むと思った反面、鹿島にも気をつけてほしいと願っていました。
 監督が常々言うように、数的不利が最も厳しい状況になるので、その後イエローを受けた青木と満男を早く代えたほうがよいと思っていました。ルイスが準備していたので、もっと早く満男に代えてほしかったです。
 青木の退場後もすぐに山村を入れるべきだったでしょう。岳にバックをやらせるのは無理があります。

 青木のハンドは論外です。すでに1枚もらっていて、あのプレーはありえません。このところ調子を落としていましたね。自信を失ってプレーにあせりを感じます。
 監督は、若いチームなので勝てなくなるときがくると言っていましたが、ベテランがしっかりプレーできずに負けてはいけませんね。

 敗因は、退場と選手交代の遅さだけではなく、前半だけで5回程あった決定的な得点チャンスをものにできなかったことにもあります。サッカーに判定勝ちはないのですから・・・。
 ダニーさんへ勝利を捧げられず、曽ヶ端のイエローハット賞も祝えず、とても残念です。

 次の広島戦が優勝するためのキーになりそうです。

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-04-19 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

明日は神戸戦

 明日は第8節、神戸戦。マルキーニョスやペドロ・ジュニオールをはじめとする得点能力の高い選手がいる手ごわい相手です。

 この二人のブラジル人選手を抑えないと勝てないでしょう。そのため鹿島のDFとボランチが協力して競り勝たなければなりません。
 また前線の選手も、シンプリシオなどボールの出どころを自由にさせてしまうと、マルキにパスが通り、シュートを打たれてしまいます。全員の息を抜かないプレーが鍵になりそうです。

 私の希望スタメンはいつもの通り

FW       ダビィ
MF   豊川  聖真  康
MF     満男   岳
DF  山本  源  青木  伊東
GK       ソ ガ

 負傷者がでなければ、試合展開、時間帯により、
 リードしていればアルベルト、梅鉢、中田、山村などと早めの交代。
 得点を取りに行くならなら、赤﨑、本山、野沢、カイオ等の投入が効果を発揮すると考えます。

 ダニーさんの追悼試合です。走りきり、競り勝って勝ち点3をダニーさんに捧げましょう!

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-04-18 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

ナビスコ杯 仙台戦レビュー

 ナビスコ杯第3節、鹿島は勝ちましたが、順位は変わりませんでした。今後の勝利の積み重ねが決勝トーナメント進出にかかってきます。

 赤﨑は前半、オフサイドになったヘディングや、ジャイールからのロングフィードを受け、強烈なシュートを打ちました。後半も決定的場面でポストに阻まれてしまいました。得点のにおいが漂う中、植田の超ロングフィードに反応し、キーパーをよく見て初ゴール!
 90分を通し、運動量、裏への動き出し、シュート意識と非常に良く、ファーストディフェンスもこなしており、これから大いに活躍できるでしょう

 決勝点をアシストした植田ですが、ゲームの入りは硬く、ポジショニングもはっきりせずオロオロしていました。前半の半ば過ぎから、カバーなどに動けるようになり、手倉森代表監督の前で最後に大仕事をして見せました。

 若者が躍動している反面、不安もあります。失点シーンを含め、鹿島の右サイドは何度も攻められていました。前半から、運動量も少なく、守備が軽いので心配でした。去年もそうでしたが、西と野沢を同時に起用すると守備が危ういですね。もし私が相手の監督なら、そこを狙って攻撃するでしょう。

 今日は、悲しいお知らせがありました。ダニーさんと鹿島で再会したかったのですが、残念です。ご冥福をお祈りします。

 まもなく、試合日程が厳しいゴールデンウィークです。コンデションの良い選手をローテーションで使い、勝利で乗り切りましょう。ワールドカップの中断期間を好位置で過ごしたいものです。

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-04-17 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

ナビスコ杯 仙台戦

 今日は仙台のリャン・ヨンギが不調で助かりました。決勝点は、植田からのロングパスを赤﨑が落ち着いて決めました。

 赤﨑の初得点は、出続ければ時間の問題だと思っていましたが、本当に見事でした。同年代が活躍するなか、乗り遅れないで良かったです。

 スタメン競争が激化していますが、次は前野、杉本の番ですね。早くセレーゾに使ってもらえるよう、願っています。

 今夜は美酒に溺れますが、中二日で神戸戦です。優勝するためには1戦1戦が大事です。今日、神戸はFC東京にクリーンシートで敗れたようです。我々もしっかり守って勝ちましょう。

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-04-16 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

明日は仙台戦

 明日はナビスコ杯の仙台戦です。仙台は監督が変わり、赤嶺を使ってきました。手倉森路線へ回帰するのかどうか、選手起用も含め不透明な相手です。

 鹿島はリーグ戦からの連敗は避けなければならないことと、ナビスコ杯の次のステージに行くためにも、ぜひこの試合は勝たなければなりません。

 しかし、土曜日の神戸戦はさらに重要になりますので、山本、満男、青木等、開幕から出続けている選手は休ませてほしいと思います。

 セレーゾ監督には、杉本と前野を使って欲しいのですが・・・。

 明日の希望的スタメン予想は 

FW        ダヴィ
MF    豊川 本山  康
       ルイス  梅鉢
DF    前野  山村 植田  西
GK        ソガ

 SBのディフェンスが少々心配ですが、がんばれ!前野、西! 

試合展開や時間帯により、
杉本、赤﨑、カイオ等を投入すれば、相手にとって嫌な布陣になると考えます。

 相手より走り、球際で競り勝ち、シュートを積極的に打って勝利をつかもう!  勝ち点3をゲットしよう!

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-04-15 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

新潟戦 タラレバ

 新潟戦の結果は悔しくて、どうして負けたのか、タラレバの録画チェックをしてみました。LIVEで見ていた時は、カイオがことごとくレオ・シルバに負けていた印象でしたが、松原や大井にも潰されており、前半だけで10回ほどボールロストしていました。

 前半20分の失点場面は、センタリングを上げる成岡への満男の応対の軽さ、伊東の“野球で言う田舎バック”が命取りになってしまいました。川又に早く間合いを詰めて左足をケアすれば、防げたと思います。

 前半、決定的なチャンスが少ない中、山本から聖真のシュートは素晴らしい得点でした。

 後半、鹿島はゲームへの入りが良かったです。51分のCKで、カイオがキーパーに対するオブストラクションファールをとられますが、55分には、赤﨑がキーパーと1対1、68分と71分には、それぞれカイオ、ヤスのシュートが不発、81分ルイスの1対1、ロスタイムでのジャイールと得点チャンスはたくさんありました。

 74分の失点シーンですが、満男が競り負け、伊東のパスミス、青木のクリアミスとミスが続き、相手の圧力に負けてズルズルと後退し、最後に青木のOGになりました。青木が足を出さなければと思う人もいるかもしれませんが、相手も詰めていました。これは仕方がないものです。

 また、レオ・シルバには、カイオだけでなく他の選手も10回程競り負けボールを失っていました。次戦はレオ・シルバから遠いところでボールを回すサッカーをしましょう。

 シュートは打たないと得点が入りませんし、有利な展開にも繋がりません。ダヴィを見てください。“下手な鉄砲も数打ちゃ当たる”を地で行っています。全員で見習うべきでしょう。

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-04-14 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

気分転換

新潟戦の気分転換をしに、新宿御苑へ行ってきました。新宿門へ到着すると、アルコール類持ち込み禁止のための持ち物検査で大行列です。

また、皇居の二の舞かと思いましたが、それほど待たずに入場できました。八重桜が満開で、緑色の御衣黄や黄色のウコンなど、さまざまな桜がちょうど見ごろでした。

桜

しかし、今日の一番の目的は桜ではなく、新宿御苑内の文化財です。ひとつは、昭和2年建築の旧御涼亭(別名台湾閣)。清朝中期以降の建築様式を取り入れ、大倉美術館とともに日本では珍しい建物です。

台湾閣

もうひとつは、明治29年創建の旧洋館御休所です。当時のアメリカで流行したスティック・スタイルを取り入れた洒落た建物です。共に重要文化財で、桜越しに輝いていました。

御休所

八重桜はもうしばらく花をつけていますので、休園の月曜日以外のお出かけをお勧めします。



テーマ : 建物探訪
ジャンル : 学問・文化・芸術

2014-04-13 : 文化財 :
Pagetop

7節新潟戦 勝ち点を失う

 曽ヶ端選手の連続出場記録を勝利で祝えなくて残念でした。レオ・シルバの運動量にやられましたね。

 山本の中への切り込みから聖真の得点は素晴らしかった! その後、鹿島はイージーなシュートチャンスが決まらず、決めるべきところを決めていればという試合でした。

 こんな負け試合もあります。すぐにナビスコ杯がありますので、気持ちを切り替えましょう。次はブラジル人トリオの奮起に注目したいです。

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-04-12 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

明日は新潟戦

 明日は新潟戦。レオ・シルバや田中亜土夢をはじめとするボールへの寄せの早い手ごわい相手です。
ヤス、岳、満男等のタメからのパスも大事ですが、それを受けて相手を抜き去るスピードが鍵になりそうです。

 私の希望スタメンは

 FW     赤﨑
 MF  豊川 聖真  康
       満男  岳
 DF 山本  源  青木  伊東
 GK      ソガ

 試合展開や時間帯により、負傷者がでなければ
カイオ 本山 アルベルト 梅鉢 野沢 等の投入が効果を発揮すると考えます。

走りきって勝利をつかもう!  勝ち点3をゲットしよう!

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-04-11 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

セレーゾ談話

 鹿島アントラーズが首位スタートをきった余裕(?)で、今季スタート時の「アントラーズレポート#56」を見直してみました。今の状況を暗示するセレーゾ監督の表現が垣間見えましたので、引用します。

1.90分戦い続ける体力があり、高い技術と戦術眼を持った若い選手を起用する。そう言う若手はまだ少な
 いが、クラブを前進させる為には、リスクを背負ってでも若手を中心に、足りない所をベテランで補う。

2.誰を起用しても相手を研究し、良さを出させない戦いをする。守備にウエイトを置く方針である。

3.サポーターは我慢の時間が続くかもしれないが、チーム力を見極め、勝つためのベストな選択をし、気迫
 を前面に出しながら精一杯戦っていく。
 
 監督は饒舌ですが、リーグ戦第1節からのスタメンや毎回変わるリザーブメンバーなど選手のパフォーマンスをみると、運にも恵まれていますが、セレーゾの言葉通りに近づきつつあると思いませんか。

 次節に向けては非公開練習を予定しており、スタメンが予想できません。ダヴィが出場停止、赤﨑を使って貰いたいのですが、さてセレーゾはどうする?

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-04-10 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

選手の怪我

 J6節、柳沢敦が浦和戦で槙野に蹴られ「左腓骨亀裂骨折」、全治8週間の見込みとのことです。チーム状況が良くない中の悲報、一日も早い回復を願っています。
 
 この話を聞いて、08年9月、柏戦で2度のタックルを受け、大怪我をした満男のことを思い出しました。当初は、そのまま引退ということも頭をよぎりましたが、驚異的なリハビリで新シーズンに間に合い、その年のリーグMVPになった大した男です。しかし、復帰後しばらくの間、キックの精度がなかなか戻らないと思ったのは私だけでしょうか。

 この時から考えていることですが、悪質なケースは加害選手に対し、被害選手と同じ期間の出場停止を科することを検討してほしいです。怪我とプレーの因果関係を追及することは非常に難しいと思われますが、裁定する委員会等を設置し、やり得や汚いプレーを根絶したいものです。

 今回のヤナギの怪我が、故意や悪意によるものかは映像を見ていないので不明です。また、ヤナギが鹿島ファミリーで、片や良くない人が多いチームだからという訳でもありません。サッカーを今後とも楽しく応援したいと願っての提案です。

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-04-09 : Jリーグ :
Pagetop

プレミアリーグ

 プレミアリーグの優勝争いが佳境に入りました。今日は、録画していた32節を見ました。
アーセナルvsマンCは,試合が拮抗し引き分けでしたが、チェルシーはよもやの下位相手に敗戦でした。

 リバプールは6位のトットナム相手に、ホームで4-0でした。相手のバックパスを見逃さなかったスアレス、凄いです。聖真に言いたい!「バックパスは気をつけましょう。」

 この試合は、09年3月にオールドトラフォードで見たマンUvsリバプール戦を彷彿とさせる完勝でした。リバプールはその時以来の優勝争いですが、個人的には優勝して欲しいと思います。

 我が鹿島もリーグ戦の優勝争いから離れて、リバプールと同じ時間が経っているのですね。「今年こそ!」の思いが選手、サポーターから感じられます。

頑張ろう!鹿島アントラーズ!

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2014-04-08 : 海外サッカー :
Pagetop

皇居乾通り

 天皇陛下の傘寿記念で“桜が最も美しい時期”として4月4日から8日まで「皇居乾通り一般公開」が行われました。宮内庁としては粋な計らいでしたが、入門時間は午前10時から午後3時までで、初日は5万人余、二日目は9万人余で早々と入場者が制限されました。

 私も初日の午後1時過ぎに行きましたが、入れませんでした。皇居前広場は、入場できない人達であふれ、大混乱でした。多くは遠方からの来場者だと思われましたが、その人達に向かって「明日もやっています」という警察の対応はないでしょう。

 宮内庁は5日から入門時間を早めたり、終了時間を延長したりと工夫をしているようですが、焼け石に水とはこのことですね。秋にも同様の催事があるようですが、今回の事態をふまえて宮内庁は一考の必要があると思われます。

 せっかく皇居まで出かけたので、法務省赤レンガ館と日比谷公園の近代建築を見て帰りました。
法務省
法務省赤レンガ館

テーマ : 建物探訪
ジャンル : 学問・文化・芸術

2014-04-07 : 文化財 :
Pagetop

6節ガンバ大阪戦 「堅守」

 前半、G大阪の拙攻に助けられましたが、全体を通じ鹿島のディフェンダーの堅守が光りました。影のMVPは山本ですね。

 欲を言えば、ブラジル選手の身勝手さと聖真の弱気なバックパス2本が気になりました。先々、全体のリズムが狂わないことを願います。

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-04-06 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

初めまして

 鹿島アントラーズサポーターの皆さん、初めまして!

 今年は若手と満男世代がうまくコラボし、リーグ開幕より4勝1敗、さぞかし気持ちが弾んでいることと思います。

 ジーコさんが勝ち負けにこだわり、そのスピリットで優勝を重ねてきたアントラーズですが、残念ながら、ここ数年はリーグ戦を思ったように戦えませんでした。

 スタジアムの立地を考えると、勝ち続けることが観客に足を運ばせる原動力だと思います。強くありつづけなければ、スポンサー企業は激減し、鹿島アントラーズ自体の存続が危ぶまれます。

 いつまでも鹿島アントラーズを応援できるよう、微力ながら浅知恵を出してしていきます。どうかよろしくお付き合いください。

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-04-05 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop
ホーム

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR