fc2ブログ
鹿島アントラーズ

「鹿島の空は燃えているか!?」 のmk2さんへ

  突然ですが、面識もない 「鹿島の空は燃えているか!?」のmk2さんの9月27日の記事を拝見して、書かずにはいられない衝動にかられました。 うまく言葉にできるかは、自信がありません・・・。

  鹿じいはジーコ以来の鹿島アントラーズファンですが、熱心に鹿島をサポートし始めたのは、10数年前くらいからです。もちろんデジタル化も遅れていますので、ようやくこの数年で、人様のブログを拝見できるようになりました。 必死の思いでこの4月からブログを始めることができるようになったブログ新参者です。

 鹿島アントラーズを応援するサポーターにも、色々なタイプの方がいますよね。 鹿島愛は同じでも、その表現の仕方や立 場・見方が異なれば、必ずしも共感できるわけではありません。 また、文章が荒かったり、読んでいて不快感を覚えるものは、再び読もうという気になりません。

  しかし、 mk2さんをはじめとする、きちんとした日本語で熱心に投稿されているブロガーの方々の記事は、毎日楽しく拝見させていただいていました。

  特に、mk2さんのアウェイ参戦時の、“乗り鉄話” がとても楽しみでした。 実は、鹿じいも子供のころから鉄道好きで、JR九州の写真や記事を頷きながら夢中になって読みました。 たくさんの鹿島サポが、ぼやき&乗り鉄話を待っています。 mk2さん、鹿島アントラーズの勝利とともに、前進あるのみです。

こぴっと がんばれし「鹿島ファミリー」!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-30 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

アジア大会 韓国戦レビュー

 「アジア大会男子サッカー」 は28日、準々決勝が行われましたが、韓国に0―1で敗れて2連覇を逃しました。 序盤から主導権を握られた日本は、植田直道や岩波拓也らが体を張って守りましたが、終盤にPKで決勝点を与えてしまいました。

  キックオフ直後から、日韓戦ならではの非常に激しいボールの奪い合いが繰り広げられました。 しかし、日本は中盤や前線でボールを収めることができず、左サイドを崩されて、再三ピンチを迎えましたが、相手の拙攻に助けられました。
 
  後半も、韓国の最終ラインからのロングボールで、ドリブル突破や右サイドバックのクロスが脅威となりました。 日本の左サイドが弱点と見たのか、右サイドを起点に攻撃を組み立ててきましたね。 それに対し、日本も集中した守りを見せ、中央でしっかりと跳ね返して、我慢を続けました。

  何度か迎えたピンチも、体を張って守り抜いてきた日本でしたが、終了間際にペナルティーエリア内で大島僚太がイ・ジョンホを倒してしまい、PKを与えてしまいました。 小柄な大島は、頑張り過ぎてしまいました。 とられても仕方がないファールでした。

  U-21で参加した日本は、ベスト8で今大会を終えることとなりましたが、非国民の鹿じいはホッとしています。 勝ち残った場合、アジア大会のサッカーはこの後、中1日の強行スケジュール入るので、選手のコンディションはどうなるのだろうかと心配していました。

  パワープレーでFWも経験した植田は、もちろん優勝したかったでしょう。 その悔しさを鹿島に帰って、ゲームにぶつけてください。 そして、豊川や伊東、杉本らとともに、リオ五輪で世界をあっと言わせようではありませんか!

  昌子源がイエロー累積3枚なので、植田が鹿島アントラーズに合流できるのは有難いです。 今週のガンバ大阪戦は、コンディションが整わないかもしれませんが、次の柏レイソル戦には是非出場してもらいたいです。

  また、この試合では残念な事件がありました。 会場内で、観客が“初代韓国統監の伊藤博文”を暗殺した「安重根の肖像画」を掲げたとのことです。 政治的な活動を禁じる国際サッカー連盟の規定に違反すると考えられるので、何らかの処分がなされるでしょう。

  どこの国にも愚かな人たちがいますね。 我々も“他山の石”として学習しなければなりません。

  PKを決めたチャン・ヒョンスは元FC東京、ロングスローのキム・ジンスは元アルビレックス新潟、そしてパク・チュホは鹿島ファミリーです。 Jリーグに在籍していたときは、国籍を超えてリスペクトし、応援していましたよね。 もっと、Kリーグと人事交流して、サッカー界から相互理解を深めることはできないでしょうか。


こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2014-09-29 : 鹿島アントラーズ・日本代表 :
Pagetop

徳島ヴォルティス戦レビュー

  徳島ヴォルティス戦は、カイオ・聖真・カイオ・ヤス×2と花火のスターマインのごとく連発しました。

  とても良かった点は、岳と満男だけでなく、ヤスや西、聖真からもスルーパスとクロスがビシッと決まっていたことです。

 ただ、聖真もコメントしているように、スルーパスは増えましたが、得点機会を逸した回数も正比例してしまいました。 もっと得点しても、おかしくありませんでしたね。 赤﨑が一番悔しい思いをしていると思いますが、次の試合では必ず結果を出してくれると期待しています。

  「勝って兜の緒を締めよ」 でダメ出しをすると、手を使うディフェンスが前々から気になっています。 それは使いすぎでしょう、という場面が、特にディフェンダーに多く見られます。徳島戦では、後半の半ばぐらいから、多少攻め込まれたこともあって増えました。

  最後は佐藤主審も我慢できなくなり、山村にカードを出しました。
  ペナルティエリア内では、倒れる演技が上手い選手にPKを与えることになりかねないので、気をつけましょう。

  この日は、Jリーグでカード出しの1番多い佐藤隆治主審が、どうしたわけかあまり笛を吹きませんでした。 いつもなら、試合の流れを止めまくり、すごく目立っている主審です。

  しかし、危険なプレーやずるいプレーには目を光らせてもらいたかったです。 前半、満男と西の足を連続で踏みつけたエステバンは悪質でした。 この場面では、カードを出すべきだったと思います。

  手を使っての抱え込みや腕の引っ張りも、ファールを取ったり取らなかったりと、統一性が感じられませんでした。 主審が目立たないのは良いことですが、悪質なプレーにはしっかりカードを提示してください。

  赤﨑は、次節が正念場になります。 ここで得点を取らないと、やっぱりダヴィの方が・・・となってしまいます。 チャンス到来! 気持ちを強く持ってエースの座を狙いゴールにパスをしよう!

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-28 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

徳島ヴォルティス戦 速報

  徳島戦のキックオフ前に、大相撲の大一番がありました。 好調逸ノ城と横綱白鵬との対戦でした。 新入幕力士にもしや・・・という期待もあったのですが、やはり横綱相撲で手堅くいなされてしまいました。

  今の鹿島アントラーズは、横綱ではありませんが、初昇格の徳島ヴォルティス相手に落ち着いてしっかり勝ち切ることができました。 アウェイの連戦で、疲労が抜けないと思いますが、選手たちはよく頑張ってくれました。

  徳島の緩いディフェンスと甘い攻撃のおかげで、5点も決めることができました。 こんどは、赤﨑に点を取ってもらいましょう。 大丈夫!自信を持って、落ち着いてゴールへのパスですよ。

  クリーンシートは、あやうい場面もありました。 源が退き、なんとなく嫌な感じがしたのですが、やはりバタバタしてしまいましたね。

  鹿島が勝ち点3を得て、“さんふれっちぇ浦和” が負けたため、差が少し縮まりました。 次節までに全員でコンディションを整え、残り8試合を勝ち抜きましょう。 さあ、カシスタへ行くぞぉ~!

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-27 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

明日は徳島ヴォルティス戦

 徳島ヴォルティスは、 ワールド杯中断前の第14節に見たくらいで、どのようなサッカーをするのかよくわかりません。 選手も、アレックスのほかは、スタメンの半分くらいしか知らないので、コメントは難しいです。

  C大阪やG大阪で活躍したアドリアーノが7月から加入したようですが、腰痛のため前節と前々節は欠場しています。 徳島新聞によると、明日の出場も難しいようですね。 調子がよいと、スピードがある点取り屋なので、欠場ならば有難いです。

  ヴォルティスの情報は、鹿島のスタッフが分析済みだろうと安心していますが、とにかく90分間相手をリスペクトして、横浜戦のように相手のボールの出どころ受けどころをしっかりケアして戦ってほしいです。

  先の徳島戦は、赤﨑がリーグ戦初ゴールを決めた試合でしたね。 聖真、ヤス、岳、満男はパスを受ける動きができる赤﨑なので、やり易いのではないでしょうか。

そこで、いつもの希望スタメンになりますが、コンディション重視でお願いします。

FW       赤﨑
MF  豊川  聖真  ヤス
MF      岳  満男
DF 山本  源  山村  伊東
GK       ソガ

  相手には長身FWのキム・ジョンミンがいるので、交代枠で点を取りにくるでしょう。 L・アルベルトはその対策として出番があると思います。

  また、徳島は引いた守りを基本にすると思われるので、カイオや西はボールをロストして相手カウンターの起点になってしまうでしょう。 使うならゲーム展開にもよりますが、後半からだと思います。

 残り9試合となりました。 集中力を保って、激しく相手を圧倒する運動量を見せてください!

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-26 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

アジア大会と植田の活躍

  アジア大会の男子サッカーは、決勝トーナメントに入り、今日はパレスチナ戦が行われました。 我らが植田直道は、ここまでどうしていたのでしょうか。

  予選リーグの初戦、対クウェートでは4-1で勝ったそうですが、残念ながらゲームは見ていません。 植田は後半、CKからの追加点に絡みました。

  第2戦のイラク戦は、1-3で負けました。 イラクは、フル代表並みのメンツを揃えて、優勝を狙っています。 速さ、強さ、巧さを兼ねそろえた手ごわい相手でした。 U-21に限定し、なおかつ1チーム一人という条件で選手を集めている日本は、物足りなさを露呈してしまいました。

  攻撃面では、5回ほどの決定機をことごとく外していました。 残念ながら、最近の鹿島アントラーズのサッカーを見ているようでした。
  そんな中、植田はミスもなく、体を張った守備は良かったと思います。 セットプレーの場面では、もっと相手の脅威になると良いですね。

  第3戦の「ネパール戦」 は、引いて守る相手を崩せずに苦しみましたが、結局4-0で勝ちました。 植田はチームの約束事なのか、攻撃参加もせずに暇そうにしていましたね。

  さて今日は、トーナメントの1回戦、パレスチナに4-0で勝ちました。 パレスチナもフル代表並みらしいのですが、本当に予選グループ1位通過だったのでしょうか!?

  日本は足元々々のサッカーで、中央での細かいパスが多かったです。 サイドチェンジを多用し、ワイドに攻めればもっと得点できたと思います。 相手の薄い攻撃に助けられましたが、植田は安定したパフォーマンスを発揮して完封勝利に貢献していました。

  植田にとっては、日の丸を背負うことも良い経験になると思いますが、レベルの低いアジア大会よりJリーグに出場する方が勉強になるのではないでしょうか。 鹿島のDFの現状を思うと、早く鹿島に帰って合流してもらいたいです。

  アジア大会は、優勝できればそれに越したことはないのですが、大会全体のレベルを考えると、複雑な気持ちになります。

こぴっと がんばれし 若鹿アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-25 : 鹿島アントラーズ・日本代表 :
Pagetop

ベガルタ仙台戦 レビュー

  勝つには勝った、という中2日の仙台戦でした。 録画を見直しても、感想は昨日と変わらないのですが、とにかく勝ち点3を取れたことが重要です。

  鹿島の選手たちは、コンディションが良かったのでしょう。 前半は、長短織り交ぜたスルーパスが、満男の4本をはじめとして、ビシバシと決まり、たくさんの決定機を作りました。 このチャンスをモノにできれば、もっと楽に試合が運べたのですが・・・。

  貴重な先制点は、ダヴィのグランダークロスをニアで右足の甲に合わせた聖真でした。 難しいシュートでしたが、1300点目という節目を素晴らしいゴールで決めてくれました。

  守備面では、昌子源がウィルソンや赤嶺を押さえて、前半をゼロに抑えたのが勝因のひとつだと思います。 青木にもよく声をかけて、連携がとれていました。

  後半は中2日の疲労からか、運動量が落ちて攻め込まれてしまいました。 前半の逸機が悔やまれます。 横浜戦も同じですが、あれだけたくさんのシュートを放ちながら、なぜきちんと決められないのでしょうか。

  練習では、長短のパスやドリブルからのワンツー、クロスからヘディングやボレーのシュートと、バリエーションをつけて工夫しているはずです。

  それなのに、最後の最後、ゴール前で落ち着きを欠いて、キーパーを目がけたシュートや、枠を大きく外すことが見受けられました。

  工夫した練習を重ねることは、当然ですが、練習で決めても本番で外してしまうのでは意味がありません。 ジーコさんは、「シュートのコツは、ゴールへのパス」 と言っています。 これが実践できていませんよね。

「自分はシュートが上手い」 とか 「練習通りサイドネットへ入れる」 といった自己暗示や、平常心を保つためのメンタルトレーニングをする必要があるのではないでしょうか。

  鹿島アントラーズに専属のメンタルトレーナーがいるという話は聞いたことがないのですが、個人で雇うことも含めて検討していただきたいと思います。

  残り9試合、チーム一丸となって強いメンタルで勝ち切ろう

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-24 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

ベガルタ仙台戦 速報

  辛勝です・・・。 いつもは、鹿島の足元をすくう審判員に、今節は助けられてしまいました。 アディショナルタイムのオフサイドは誤審でしたね。 曽ヶ端は、あやうく自らのミスで戦犯になるところでした。

  毎試合、同じ感想になりますが、「決めるべきところをしっかり決めないと」 勝ち点3を取ることはできなくなります。 前半は、うまくボールを動かし、コンパクトに守備ができていましたが、後半は間延びしてしまい、セカンドボールも拾えず、相手に主導権を渡してしまいました。

  前節に続き、聖真の活躍でチームは救われました。 それにしても、ブラジル人コンビのパスミス、ボールロストとシュートミスの多さに呆れ果ててしまいます。 これが日本人なら、まず使われないのでしょうけど。

  次節から2試合、ダヴィが出場停止となります。 赤﨑をスタメンから使わざるを得ない状況になったことで、鹿じい的には安堵しています。 それにしても、豊川とルイス・アルベルトはコンディションが良くないのでしょうか? 徳島戦には使ってもらいたいですね。

  ベガルタ仙台さんには本当に申し訳ないのですが、このツキをアドバンテージにして、中3日の徳島ヴォルティス戦、ガンバ大阪戦とトーナメント大会のつもりで勝ち進もうではありませんか!

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-23 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

明日はベガルタ仙台戦

  ベガルタ仙台はJ1で初めて4連敗を喫し、やや調子が落ちているようです。 しかし、調子落ちの大宮アルディージャに負けたばかりです。 相手をリスペクトして勝利をつかんでほしいと思います。

  ベガルタは、手倉森監督時代からディフェンスが固いという印象でしたが、最近の敗戦も最少失点差ということから、相変わらずディフェンスはしっかりしていると思います。 角田はケガ明けで、出場するのでしょうか。

  攻撃陣では、点を取るためのポジショニングが良い赤嶺や、このところパフォーマンスが落ちているとはいえ、ウィルソンや梁がいます。 パスの出どころや受け手の選手に対するケアが大事になります。

  中2日の連戦です。 実績よりも運動量やキレのある選手を起用してほしいものです。 源、岳、聖真を中心に据えた希望スタメンです。

FW       赤﨑
MF  豊川  聖真  ヤス
MF      岳  R・アルベルト
DF 山本  源  山村  伊東
GK       ソガ

  アルベルトのディフェンス力で、無失点に抑えたいですね。 サブメンバーには、ダヴィ、カイオ、満男、浩二を入れて、流れ次第で臨機応変に交代させましょう。

  残り10試合となりました。 今日のエルゴラ裏表紙の見出しは、「食らい付く若鹿」 でしたね。 ここから先、食らい付いていくために、一つも落してはなりません!

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-22 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

横浜Fマリノス戦 レビュー

  一夜明け、横浜Fマリノス戦の録画を見直しました。 感想は概ね昨日の通りですが、改めてダヴィのボールロストは酷かったと思いました。

  聖真は前半、富澤にしっかりマークされ、ボールに触れずイライラしていたようでした。 本人いわく、「自分や味方にそれをぶつけるのではなく、相手にぶつけようと思った。」 そうです。

  そこで、ダイヤゴナルにドリブルして相手2人を引き連れ、シュートフェイントを入れて、決定的な場面をワンチャンスでヤスに提供しました。 このプレイが今節の「MVPオブ鹿じい」 になりました。

  それにしても、前半のカイオやPKも含めた後半の2回ほどのダヴィの決定機、源のヘディングシュートのうち1本でも決まっていれば、楽な試合展開になったでしょう。

  守備に関しては、全般的に集中力を高く保っていました。 高い位置から相手への詰めも鋭く、中村俊輔をはじめとしてマリノスにサッカーをさせませんでした。

  しかし、J・ワグネルを投入してから、横浜の攻勢が始まりました。 セレーゾ監督は「2点目を取る」 「スペースを埋めるなど、バランスを考え」、攻撃的な3人に代えたようです。

  本山の節目ゴールをひそかに期待したのですが、この3人の交代が機能しませんでしたね。 かえってバックラインを下げさせ、攻撃どころかクリアが精一杯になって、パスが繋がらない状況になりました。

  特に、アディショナルタイムには2回もFKを与えて、いやな雰囲気になりました。 マリノスの最初で最後のシュートにより失点・・・なんて気弱な想像も頭をよぎりました。

  このような時間帯に備えて、ディフェンス力のあるR・アルベルトや浩二をベンチに入れておくべきだと感じたのは、鹿じいだけでしょうか!?

  アントラーズ選手の豊富な運動量と相手への厳しい詰めのおかげで勝てましたが、交代を含めた選手起用に疑問を感じた監督采配でした。

  アウェイの連戦が始まります。 スタメンを固定することなく、フレッシュで運動量とキレを出せる選手をピッチに送り出してください。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-21 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

横浜F・マリノス戦 速報

  いやぁ~、勝てて良かった! 北海道から帰宅して、リアルタイムには少し遅れましたが、追っかけで録画を見ました。

  前半、鹿島はうまく攻めながらも、しっかり守備の切り替えができていました。 38分に、聖真の落しからヤスのファインゴールで、待望の先制点を得ます。

  追加点が勝負の分かれ目だと思いながら見ていたのですが、PKのキッカーはなぜダヴィだったのでしょうか? ここまでボールが足につかず、キックの精度もなかったので、今日はダヴィの日ではないと思っていました。

  思わずテレビの前で「満男に蹴らせろ」 と声を荒げました。 フォアザチームを掲げる監督が、先行しているからとはいえ、まさか得点王争いのために指名したのではないですよね。 結果は案の定でした。

  それにしてもボールが収まらないブラジル人コンビをよく使っていますね。 先発起用も、選手交代も「?」 の監督力でした。

  しかし、選手達の守備意識は高かったです。 起点となる中村俊輔を全員で受け渡して、自由にさせませんでした。 これが勝因だと思います。

  首位が勝ったので差は縮まりませんが、一試合ずつ勝ち点を積み上げるしかありません。 ここから11連勝しましょう、監督力の見せどころです。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-20 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

明日は横浜F・マリノス戦

  熊谷で負けを喫してしまい、この一週間は、長かったです。 優勝戦線に残るためには、本当にもう負けられません。

  横浜Fマリノスは、ラフィーニャと中町が怪我だったようですが、明日の出場には間に合うのでしょうか。

  中村俊輔も股関節痛のため、絶好調ではありません。 それでもプレイスキックやキラーパスは優れものです。 パスの出しどころと、斉藤を始めとする受け手のケアが大事になります。

  特にDFの間や裏を突いてくる斉藤のスピードには要注意です。鹿島の右サイドを主戦場としているので、前節同様、西ではとても対応できないでしょう。

 J・ワグネルは運動量とキレがまだ足りませんから、高さ対策としてR・アルベルトを使いたいですね。 そこで、希望スタメンです・・・。

FW      ダヴィ
MF  カイオ 聖真  ヤス
MF      岳  満男
DF 山本  源  山村  伊東
GK      ソガ

  斉藤たちを満男も含めて山村と伊東に抑えて貰わないと勝機は逃げていくでしょう。 ホームだからとやみくもに点を取りにいくのではなく、前半、無失点におさえる集中力が大事になります。

  後半、R・アルベルトを入れ、岳を上げて、豊川、赤﨑や岳のスピードで相手DFの間や裏を突き、得点を取ろう!

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ 特に山村和也!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-19 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

鹿三昧 in 北海道

昨日は、月間ベストゴールの情報しか得られなかったのですが、岳が月間 MVP に選ばれたそうですね。遅ればせながら、おめでとうございます!

北海道の釣りは、二日目を迎えました。今日は、常呂川の上流に入りました。相変わらず、数多く釣れます。30センチオーバーの良型も混じり、釣りごたえがあって、とても幸せです。

帰り道では、鹿仲間に出会いました。





連帯感を感じ、チャントをコールしてあげました。そうしたら、こちらを見ながら「次節は大丈夫!」と言うように頷いていました。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

2014-09-18 : 渓流釣り :
Pagetop

月間ベストゴール

西のミラクルシュートが、月間ベストゴールに選ばれたそうです。目の当たりにしたのですが、信じられないほど、本当にすごいシュートでした。

岳のゴールは最終選考に残ったのですが、残念ながら選に漏れました。

これからも鹿島の選手のゴールラッシュが続いて、勝利につなげてほしいものです。

昨日お話しした通り、今日は、網走川の上流で釣りをしました。

二年前にも訪れて、良く釣れた川です。今回も、なかなかの釣果でした。

40センチオーバーが三本あがり、北海道まで来た甲斐がありました。

写真は後日アップしたいと思います。


こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

2014-09-17 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

久々の気晴らし散策

  引き分けでも“どよ~~ん”とするのに、昨日は本当のブルーマンデーになりました。 気持ちの切り替えが必要だと思い、かねてより見たかった建物の散策に出かけました。

  渋谷駅付近の釣具屋へ立ち寄り、歩いて代官山へ。 到着したのは、「重要文化財 旧朝倉家住宅」 です。
  旧朝倉家住宅は、東京府議会議長や渋谷区議会議長を歴任した朝倉虎治郎氏によって、 大正8年に建てられました。立派な回遊式庭園も含め、敷地面積は5千㎡超えで、建築面積約600㎡の大きな住宅です。

旧朝倉玄関     旧朝倉洋間
旧朝倉家玄関                         唯一の洋間 折り上げ格天井

旧朝倉応接間外観     旧朝倉応接間付け書院
応接間外観                          応接間の付け書院

旧朝倉主屋外観     旧朝倉主屋通し梁
主屋外観                            主屋の通し桁

旧朝倉杉の間外観     旧朝倉奥の杉の間
杉の間外観                          杉の間 床板は欅の1枚板です

  もっとご紹介したいのですが、百聞は一見に如かず。 ぜひ、一度参観してみてください。 庭園はカエデやモミジが多いので、紅葉の時期がオススメです。

 2時間ほどの見学を終えて、再び徒歩で目黒区大橋の「天空庭園」に行きました。 首都高速道路3号渋谷線と中央環状線を結ぶ大橋ジャンクションの屋上を緑地化した庭園です。

空中庭園1     空中庭園2

  さらに歩いて、駒場東大前駅から電車で帰宅しました。 約4キロのお散歩でした。 疲れましたが、鹿島の敗戦ショックを少しだけ和らげることができました。

  明日より、北海道へ釣り旅行に出かけます。 しばらく鹿島ネタから離れますが、こんな遊びもあるのかとご覧いただければ、ありがたいです。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

2014-09-16 : 文化財 :
Pagetop

人種差別撲滅宣言

  錦織圭選手が全米テニスで決勝に進出したので、思わずWOWOWに加入してしまいました(笑)。 残念ながら、決勝ではストレート負けしてしまいましたが、4大大会で日本人がこれほど活躍するのは夢のようです。 副産物として、この2か月間はリーガ・エスパニョーラを堪能しようと思っています。

  さっそく、第2節ビジャレアル対バルセロナ戦を見ました。 このゲームは、昨シーズンの第35節で、「バナナを投げ込むという人種差別行為」 に対して、バルサのD・アウベスが「バナナを食べた」 行動が話題を呼び、世界中に「バナナの輪」 が広がるきっかけになった因縁の試合です。

  この第2節でも、残念なことが起こりました。 D・アウベスがボール持つと、ブーイングや指笛が沸き上がり、それは試合終了まで続きました。 ビジャレアルのサポーターには、まったく反省の色が見えません。

  もう一つ、主審のカルバウロ・ベラスコは、D・アウベスへのチャージに対してはスルーし、挙句に蹴られた傷を見せたアウベスの異議に対してイエローカードを提示していました。
  細かいところも判断ミスの多いこの主審は、ワールド杯でネイマールが骨折したときの主審でした。 思わず納得してしまいましたが、ワールドカップに国を代表する審判員として出てほしくありませんね。

  さて、「人種差別」 ですが、日本でも、浦和レッズや横浜Fマリノスのサポーターが差別行為をしたために、クラブが罰金を支払うはめになりました。

  これは、他山の石ではないと危惧していたのですが、やはり鹿島アントラーズのサポーターも紙一重でした。 繰り返しになりますが、土曜日の大宮アルディージャ戦で、両キャプテンの「人種差別撲滅宣言」 を無視して“チームコール”していたことは、浦和や横浜のサポーターを批判できません。

  アウェイの鳥栖でも同じことがあり、人数が多い分、タチが悪いと思います。 反省しないビジャレアルのサポーターと変わりがないと感じました。 サポーターとしてチームを応援する気持ちは皆同じですが、礼節を持たずに、返ってチームの足を引っ張るようになっては残念です。

こぴっと がんばれし アントラーズのサポーター!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-15 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

大宮アルディージャ戦 レビュー

  あまりの悔しさから、夜中に何度も目が覚めてしまいました。 夢見も悪く、朝から気が重いままです。

  いつもなら録画を見返して、試合直後の感想が間違っていないか確認するのですが、昨日の試合は再び見る気にはなれず、反省点が明白なので、見直しもせずに書きます。

  結果は、数少ないチャンスをものにした大宮、多くの決定的なチャンスを決めきれなかった鹿島、と明暗が分かれました。 しかし残念ながら、失点シーンを考えれば、鹿島の弱点を突いてきた大宮が、相手の分析をしっかりしてきたということです。

  対する鹿島は、第16節でやられた高橋をケアするようにと昨日書いたのですが、またもやセットプレーから失点してしまいます。 高橋には、前回から続けて三連続パンチを食らってしまいました。
  あの時と同じように西が高橋をマークしていましたが、見事にボールウォッチャーになってしまいました。

  何度も同じ轍を踏んでしまうということは、対戦相手への分析ができていないとしか思えません。 それとも、攻撃力が優っているので、先攻すれば逃げ切れると思い、守備が弱くても大丈夫だと判断したのでしょうか。

  人種差別排除宣言の際のゴール裏サポーターと同様、相手チームへのリスペクトが欠けてたような気がします。

  ダメ出しはこれくらいにして、残り11試合です、首位との勝ち点差「7」を、少しずつ詰めて、浦和との直接決戦で追いつきたいものです。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-14 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

大宮アルディージャ戦 速報

  ブログを書く気になれないほど、がっかりです。 敗因は、1対1のディフェンス力が無いカイオと西を並べて、右サイドに配置した監督力だと思います。

  山村も運がありません。 結果はご覧の通りですが、選手はみんな頑張っていました。 前半たくさんあった決定機をひとつでも決めていれば、勝ち点はとれたゲームでした。 首位と離されてしまって無念です。

  そもそも、試合前の差別撲滅宣言の際、マル無視してコールしていた鹿島サポーターの態度は、同じサポとしてとても恥ずかしく情けないです。
  アウェイの鳥栖市長の挨拶の時と同様、気がつかなかったと言っているようですが、言い訳になりません。 まともな大人なら、セレモニーは敬意を表してきちんと聞くべきです。

  試合内容については、明日、気が向いたら、詳しく書きますが・・・。 今日はふて寝します。

こぴっと がんばれし 残り11試合!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-13 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

明日は、大宮アルディージャ戦

  なかなか勝てないNACK5での開催なら、ジンクスを破りに出かけるつもりでした。 なぜ鹿島戦が、年1回開催の熊谷競技場に当てられたのでしょうか。 熊谷駅からも遠いようなので、今回はあきらめました。

  大宮アルディージャは、7月末に監督が交代しました。 新監督のもとで、どの様なサッカーをしているのか、水曜日の天皇杯愛媛戦を見てみました。

  ズラタンが代表戦へ、ムルジャ、渡辺、誓志、高橋を温存してのゲームなので、いまいち迫力が感じられなかったのですが、家長が縦横に走り、スピードがある両SBが高い位置をとって、攻撃を組み立てていました。

  鹿島は第16節の対戦で、CKから高橋にやられていますので、要注意ですね。 それからムルジャのシュート技術は世界基準です。 前半を何とか無失点に抑えれば、後半大宮の両SBの裏を突いて、勝機が見いだせると考えます。

希望スタメンは、相手のSBと家長のケア、セットプレー時に競り勝つことを重視して・・・。

FW      ダヴィ
MF ワグネル 聖真  ヤス
MF      岳  満男
DF 山本  源   山村  伊東
GK      ソガ

  後半、豊川・カイオ・赤﨑のスピードを活かせる展開に持ち込めるでしょう! R・アルベルトをベンチに入れて使いたいのですが、処遇が悩ましいですね。 代わりに、浩二をサブに入れておかなければ駄目ですよ。 心配なのは、プチ中断明けのコンディションです。 残り12試合、集中力を高めて走り抜こう!

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-12 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

カシスタへのアクセス向上を願う[バス編]

 「アントラーズの未来とホームタウン」でも書きましたが、カシスタを基点とした半径30キロメートル圏内の人口は約70万人です。
 1試合の平均観客数1万5千人のうち、半数近くが鹿行地域以外、つまり茨城県の他都市や千葉、埼玉、東京、神奈川からの来場者とアウェイのサポーターではないかと思われます。

 以前、「道路編」「鉄道編」として、スタジアムへのアクセスについて触れましたが、スタジアムへの足は、主に自家用車とバスがほとんどです。

  東京からバスで向かう場合、定期路線バス(往復3,660円)、予約制直行高速バス(片道2,300円)、スカパー加入者限定応援バス(往復3,000円 最少催行25名)、新宿駅・東京駅発  サポーターバス(通称あらばす、往復3,000円)などがあります。 どれも、オーダーメイドではありませんから、一長一短があります。
 
 以前から気になっていることは、定期路線バスにはサッカー観戦以外のお客さんもいらっしゃるのです。 普段ならすぐ乗れるはずのバスなのに、開催日には東京駅で長蛇の列に巻き込まれ、とても迷惑そうです。 昔は予約なしで乗れる直行バスがあったのですが、どうしてなくなってしまったのでしょうか?

 また、西鉄旅行㈱さんが主催している直行バスですが、先日のFC東京戦では添乗員さんが堂々とレッズサポだと宣言し、車中の空気は最悪だったそうです。 アドボードの社員さんとは思えない発言ですね。 乗る気が失せてしまいます。

  東京発以外では、水戸駅南口(往復2,000円 最少催行25名)、つくば駅発 土浦駅経由(往復2,000円 最少催行25名)、京成成田駅発(往復2,000円 最少催行15名)、茨城空港発(往路のみ)、まぼろしの水海道発(守谷・取手・竜ヶ崎・美浦経由)などがあります。 いずれも、最少催行人員が集まらず、中止になることがしばしばあるようです。

  これでは、毎試合行こうという気持ちになれません。 ㈱鹿島アントラーズFCは、「試合を見たければ、大変な思いをしてでも個人が努力してカシスタへ来なさい」 というスタンスではなく、少しでも早く、安く、楽に来ていただけるように努めるべきです。 アウェイのサポーターも含めて一人でも多くの人に、あの僻地 (!?) に来ていただけるよう、頑張りましょう。

  最少催行人員が集まらないバスは、クラブが不足分を補充するくらいの太っ腹をみせていいのではないでしょうか。 予約なんかしなくても、あの駅に行けばカシマスタジアム行きが必ずあるという安心感が大切です。

 タダ券をばら撒いているぐらいなら、直行バスがあるから来たというファンを増やして、コアのサポーターになっていただけるよう努力をすべきだと考えます。 このままでは、集客1万人を割るのはそう遠い未来ではないですよ!

こぴっと がんばれし ㈱鹿島アントラーズFC!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-11 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

ベネズエラ戦 鹿島目線のレビュー

  柴﨑岳は、サッカーファンには、よく知られている選手です。しかし、たまに代表戦を観るくらいの一般国民には、まだまだ馴染みがない存在でした。 ようやく、昨日のプレイで全国区になったのではないでしょうか。

  久しぶりに日本代表戦をちゃんと観る気になった非国民が、岳と大迫のプレイをレビューします。

  まず、前半で退いた大迫ですが、ボールロストも少なく、ポストプレイを中心に動きは良かったと思いました。 しかし、中盤を過ぎると、ボールに触れなくなってきました。

  元々、相手DFの裏を取るタイプではなく、受けに下がってリズムを作るか、足元に当ててシュートやパスを得意としています。 特徴をよくわかっている岳からそのようなボールが入ってきましたが、相手に潰されてしまいましたね。 前半で交代させられたのは、ボールを引き出す動きが、少し足りなかったのかもしれません。

  一方の岳ですが、鹿島アントラーズより高めのポジションだったこともあって、いつもよりボールロストが多く、横パスをカットされてピンチを招いていました。 それでも、何度もカウンターの起点になり、キラーパスで決定的な得点機会を作っていました。 前半終了間際、得点には結びつきませんでしたが、いいフリーランニングを見せ、後半に期待がかかります。

  そして後半なかばに、武藤とのパス交換から、岡崎のセンタリングに70mフリーランして、見事なボレーシュートを決めました。 武藤のゴールも同じですが、このとき岡崎が本田に出さなかったことが正解でしたね。

  岳は、後半もボールをフリーで受けられるポジショニングをとっていましたが、やはりパスは出てきませんでした。 長友や岡崎のファーストチョイスは本田です。 アギーレジャパンも 「チーム本田」 なのですかね?

  本田が相手ディフェンスのマークを引きつけていたから点が取れたという人がいますが、マークされているところばかりにパスを集めていたとも言えます。 一度、本田と長友をはずした代表戦を見てみたいと思い、前の日に希望スタメンを書いたのですが、近いうちに実現してほしいものです。

  この先もアギーレ監督は、アンカーにこだわるチーム作りをするのでしょう。 若手の適任者が少ないので、鹿島の昌子源や山村にはチャンス到来だと思いますよ! 代表争いはこれからです。 鹿島アントラーズがリーグの頂点に立ち、アギーレが何人も選ばざるを得なくなることを願っています。

こぴっと がんばれし 鹿戦士たち!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-10 : 鹿島アントラーズ・日本代表 :
Pagetop

日本代表vsベネズエラ戦 速報

  アギーレ監督は、ようやく大迫と岳を使ってくれました。 岳は、青森県初の代表選手となり、初キャップでゴールも決めました。 青森ハーフの鹿じいは、本当に誇りに思います。

  一部ポジションが適正でないと思われる選手がいましたが、とりあえずチャンネルを変えることなく代表戦を見ることができました。

  前半は、岳と大迫が、真っ当なサッカーを展開しているおかげで、先日のウルグアイ戦よりマシでした。 前半の前半はうまく人とボールが動いていました。

  特に、岳の捌きが良かったですね。 2度ほど決定機を演出していました。 サイドバックの酒井とセンターバックの吉田は安定感がなく、やはり守備面が心配でした。

  後半の頭から、大迫と柿谷を代えた時、「監督は何を考えているのか!」 と、アギーレました。 結果的には武藤のファインゴール、そして我らの岳が魅せてくれましたが、もっと大迫を見ていたかったです。

  それにしても、全選手を使うコメントはどこへやら、すでに二枚舌の疑いがあります。 アンカーには、森重より細貝のほうが適していると思いますし、扇原も試して欲しかったです。 失敗だった前試合と同じポジションで森重と細貝を使うアギーレさんは、ザッケローニと同様、柔軟性を感じません。 皆さんはどう思われましたか。

こぴっと がんばれし 鹿戦士たち!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-09 : 鹿島アントラーズ・日本代表 :
Pagetop

今度こそ、岳のパスで大迫が決めろ!!

  先日のウルグアイ戦は全くサッカーにならずに、何をしたいのか分からない退屈な90分でした。

 明日のベネズエラ戦は、勝ち負けはどうでも良いので、見ていてワクワクするサッカーをやって欲しいです。

このようなスタメンを考えてみました。

FW    柿谷  大迫  武藤
MF     岳    森岡
MF        扇原
DF 酒井高 吉田 水本 松原
GK        西川

  岳の超絶スルーパスから、大迫のハンパない技術を全国のサッカーファンにお披露目しましょう! 大迫にはブラジルワールド杯のうっ憤を晴らして欲しいです。

  アギーレ監督のスタメンが、私の希望とかけ離れ、ウルグアイ戦のメンバーに固執するようなら、録画してあるヨーロッパサッカーにチャンネルを切り替えるつもりでいます。

  「アギーレ監督、ごきげんよう さようなら!オラを非国民と呼んでくりょう!」

こぴっと がんばれし 鹿戦士たち!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-08 : 鹿島アントラーズ・日本代表 :
Pagetop

W杯の誤審

  プチ中断前にFC東京と引分け、新しい代表の初戦では岳も大迫も出場ならず、イライラが募る毎日です。

  こうなるとストレス解消のために、毒を吐きたくなります。 何度も繰り返しますが、第15節FC東京戦での豊川へのハンド判定は、試合結果を左右する大誤審となりました。

 この場面で、山本主審は自信満々の得意顔でした。 その後、審判研修会で録画を見て、どのような言い訳をしたのでしょうか? 常々思っているのですが、もっと審判研修会の情報を公開していただきたいです。

 審判の判定は、ゲーム中は絶対ですが、終了後は反省や謝罪があってしかるべきだと思います。 覆ることはなくとも、そうでなければ、選手もサポーターもやりきれません。

  先のワールド杯でも、誤審や誤審と断定はできないまでも不適切なジャッジがありました。

  開幕戦で西村さんがPKを与えたシーンは、クロアチア選手が手を少し使っていたので、絶対に誤審とは言えませんが、不適切なジャッジとみられました。 その後、西村さんの主審起用が無かったことを見れば明らかでしたね。

  ポルトガル戦で、ドイツのゲッツェが手を掛けられ、大げさに転倒したプレーはPKになりました。

  主審が騙されたケースは、オランダvsメキシコのロッベンのダイブシーン、スイスvsフランスのベンゼマにPK、オランダvsスペインのジエゴ・コスタのワザと脚を残すプレーなど、いくつも見られました。

  完全な誤審は、メキシコvsカメルーンで、メキシコがオフサイドをとられた場面です。 最後にボールを触ったのはカメルーン選手だったので、オンサイドでした。

  オランダvsスペインでは、ファンペルシーとGKが競った場面で、ファンペルシーのファールがとられました。 得点に絡む場面だったので、疑問が残りましたが、この主審が決勝で笛を吹いたのですよね。

  3位決定戦ではチアゴ・シウバのファウルをPKにしましたが、ペナルティエリア外のファウルでした。

  まだまだ、たくさんあるのですがキリがないので、このくらいにしておきます。 いずれも得点に絡み、勝敗に影響したジャッジでした。

  「浜の真砂は尽きるとも 世に誤審の種は尽きまじ」
  審判団も機械ではありませんから、常にスーパースローの映像が見えているわけではありません。 しかし、ペナルティエリアでのジャッジはPKに直結して、勝敗に大きな影を落とします。 審判員4人のインカムだけで十分に解決できるものではありません。

  両チームの選手はもちろんサポーターも納得できるジャッジを目指して、この問題を解決していかなければなりません。このままでは、日本サッカー界の将来もありません。 ビデオ審判制度の導入の是非について、後日お話ししたいと思います。

こぴっと がんばれし 審判員 !!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2014-09-07 : ワールドカップ :
Pagetop

日本サッカー協会の責任

  ブラジルW杯の結果にがっかりした方も、昨日は新たな監督の下で、新戦力を加えたスタートに多少の期待はしていたのではないでしょうか。 しかし、百戦練磨のアギーレ監督といえども、魔法使いではありません。 強豪相手にJリーグやヨーロッパで結果を出していない選手をいきなり先発で起用したのでは、結果は順当だったと思います。

  ウルグアイ戦を見ながら感じたことは、先のワールド杯の結果を反省することなく、新監督にも引き継がず、ファンへの説明も謝罪も何もないまま、のうのうと過ごしている日本サッカー協会への不信感です。

  ブラジル大会後、ザックジャパンの敗戦分析、課題や問題点、失策に対する責任論や将来へ向けての提言など、サポーターには一切聞こえてきませんでした。 報告書が書かれたか否かという話もわからないまま、反省の弁もないようです。

  責任者はどなたでしょうか?何もしないことで有名な大仁会長ですか?それとも、やはり原技術委員長ではないでしょうか。

  その責任者たる原さんが、引き続きその地位に止まるのみならず、ステップアップして協会の専務理事にもなっていらっしゃいます。 今後何があっても、このまま会長職へまっしぐらですか!?

  こんなおかしな体制と発表すべき報告書をうやむやにするかのように、7月24日、JFAはアギーレさんを代表監督に指名しました。 順序が逆になりましたが、今からでも遅くありません。日本サッカー界の将来のためにも、技術委員会報告書を(作成して?)公表してください。

  日本人は温厚なので、JFAに対して、「けじめ」 をつけることを求めませんし、「原氏退任!」 の声も聞こえません。 選手に対しても同様です。 笑顔で去っていったザッケローニに違和感を覚えたのは鹿じいだけですか?

  アギーレ監督もこの状況をご存知でしたら、とてもやり易いでしょうね。 だから、昨日のようなスタメンでいけたのでしょうか?

こぴっと がんばれし 日本サッカー協会!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-06 : 鹿島アントラーズ・日本代表 :
Pagetop

日本代表vsウルグアイ戦

 非国民の鹿じいは、スタメンを聞いてがっかりしました。 柴﨑岳も大迫も出ない日本代表の練習試合は、まったく観る価値がありません。 それでも早めの交代があるだろうと我慢したのですが、案の定、アンカーとインサイドハーフの3人から効果的なパスが出ないので、単に行き当たりばったりのサッカーに終始してしまいました。

  下の世代でも日の丸経験がなく、Jリーグでも出場時間の短い坂井には、荷が重かったですね。 見どころもなく、とてもつまらない前半でしたが、後半の頭から大迫と岳が起用されると期待していました。

  ところが、後半開始時もメンバーの変更はなく、そのうち出てくるだろうと流している間にゲームセットとなりました。 中盤でタクトを振る選手がおらず、前線の動き出しもないので、得点の匂いがまったく感じられませんでした。 プレースキックを蹴れる選手もいません。

 できたばかりのチームとはいえ、半数以上はザックジャパンのメンバーですからもっと連携は取れるはずでした。 動きの悪い海外組の起用は疑問に思います。 アギーレ監督の目指しているところが、まったく見えないゲームとなりました。

  それにしてもミスを見逃さずに、キッチリ得点できるウルグアイはさすがです。
  9日のベネズエラ戦では、今日デキの悪かった選手は使わないでしょうし、かなりメンバーを入れ替えて臨むことと思います。 岳と大迫がスタメンでなければ、早くも 「アギーレ不信」 に陥ってしまいますよ。

  まだまだ始まったばかりというべきか、無駄に練習試合をしたというべきか・・・。 いずれにしても、前途洋々ではないようですね!?

こぴっと がんばれし 鹿戦士!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-05 : 鹿島アントラーズ・日本代表 :
Pagetop

岳のパスで大迫が決めろ!

  明日は、アギーレジャパンの初お目見えです。 鹿島アントラーズからは、もちろん柴﨑岳が選ばれています。 サッカー日本代表に対しては、非国民の鹿じいですが、岳の代表デビューには注目しています。

  今までも代表に呼ばれたことはありましたが、体調不良による辞退やW杯前の合宿参加だけになってしまいました。今回は、監督をはじめメンバーも入れ替わり、初参加に等しいと本人も感じていると思います。背番号も7に決まったそうですね。このまま4年後まで、誰にも譲らずに行きましょう!

  アギーレ監督が目指すサッカーは「4−3−3」と言われるシステムです。 特徴は、二人のCBの前方にアンカーのポジションを置くことです。
  守備に強く、なおかつ組み立てもできる選手が望ましいのですが、日本人ではそのようなタイプの選手を見たことがなありません。

  今回は、長谷部もしくは細貝の抜擢が想定できますが、先々はセンターバックから選ぶのでしょうか? “鹿じいジャパン”なら昌子源を指名したいと思います。

  今回の選考は、アジア大会に出場するU−21代表の選手たちは対象外でした。
  なお、選考時間がなかったため、海外組についてはブラジルW杯メンバーを参考にしたのではないでしょうか。

  10月に開催予定のブラジル戦では、大幅にメンバーを入れ替えると見ています。 代表生き残りの争いが、初戦となる9月5日のウルグアイ戦、9日のベネズエラ戦から始まります。

  岳と大迫は、持っている力を十分に発揮し、日本中の視線を釘づけにできるよう、期待しています。 日の丸の下に鹿島のプライドを持って、怪我のないようにピッチで活躍してください。

選手のコンディションが不明ですが、5日のウルグアイ戦の希望スタメンを考えてみました・・・!?

FW  柿谷  大迫  岡崎
MF   田中    岳
MF      細貝
DF 長友 吉田 森重 酒井宏

こぴっと がんばれし 岳、大迫!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-04 : 鹿島アントラーズ・日本代表 :
Pagetop

アントラーズの未来とホームタウン

  鹿島アントラーズのホームタウンは、人口6万6千人の鹿嶋市並びに神栖・潮来・鉾田・行方市で構成されています。 鹿スタを基点にして、半径30㌔圏内に約70万人が住んでいるとのことです。 東京都全域をホームタウンとしているFC東京とは大きな開きがあります。

  2012年の1試合平均観客数は1万5千人でした。 平日開催試合の集まり具合から推測すると、70万人の1%にあたる7千人ほどが鹿行地域から集まり、残りは茨城県の他都市や千葉、埼玉、東京、横浜からの参戦ではないでしょうか。

  鹿行地域の人口動態を調べたわけではないのですが、地方都市はいずこも同じで、高齢化が相当進んでいることでしょう。 もしも、鹿島アントラーズに「常勝」 というブランドが無くなってしまうと、集客1万人を割るのはあっという間だと思われます。

  そこで、安易な方法ではありますが、観客動員を増やすためにホームタウンを拡大する計画は立てられないものでしょうか?
 Jリーグは県全域をホームタウンとすることを認めているのですから、フレンドリータウンの日立・かすみがうら・つくば・稲敷の各市、阿見町、美浦村と土浦市をホームタウンに含めれば、さらに鹿島アントラーズに関心を持ってもらえると考えます。

  加えて、カシマサッカースタジアム直行バスを運行している水海道・守谷・取手・竜ヶ崎・水戸の各市にも、ホームタウンに加わってもらえるように諮ってください。 もちろん、水戸ホーリーホックと共存しながら、全県を挙げて応援していただるようになればよいと思います。

  千葉県の成田市、香取市、銚子市、東庄町は、残念ながらホームタウンになっていただくことはできませんが、観光PRイベントはもちろん直行バスの運行など、さらに力を入れて、幅広いファン層の確保に努めなければなりません。

 1試合平均観客数1万5千人をキープするために、㈱鹿島アントラーズFC社員の方々の少しの努力が実を結ぶのではないでしょうか。

こぴっと がんばれし ㈱鹿島アントラーズFC!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-03 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

鹿島アントラーズと誤審

  主審の判定は、決してくつがえることがないので、文句を言っても仕方ないことだと重々わかっています。 終わった試合の結果をどうこうしたいのではなく、これから先、少しでも誤審がなくなり、選手やサポーターのストレスが少しでも減ることを望んで、解決の糸口を探りたいと常々思っています。

  今年もJリーグでは、鹿島アントラーズの試合はもちろん、あちこちで誤審と思われるジャッジがあり、イングランドプレミアのような一流リーグなどと比較すると多すぎると感じます。 細かい判定ミスはさておき、PKや得点に絡む判定、イエロー&レッドカードなど、勝敗そのものを左右してしまうミスが毎節どこかしらの会場で見受けられます。

 最近では、第21節FC東京vs浦和戦での岡部主審は、すごすぎました。 1試合で3回のPKです。 それでいて、平山へのチャージを見事にスルーしました。 あれはテレビで見ていても、骨折すると思いましたよ。 とても危険なプレーですから、見逃しては絶対駄目です。

  ご存知のとおり、鹿島アントラーズも毎年、我慢の限界を超えるジャッジを浴びるほど受けています。
  第15節のFC東京戦では、満男のロングフィードに走った豊川が徳永と競り、ボールは徳永の頭に当たってオウンゴールとなりました。 ところが、山本主審は豊川のハンドとジャッジし、試合結果を左右する大誤審となりました。

 挙げればキリがないのと、思い返すだけで腹が立つので、これ以上はやめておきます。

  誤審をなくすためには、審判団のレベルアップに期待するしかありません。 ただ、今日明日で突然ハイレベルになれるわけではありませんから、サポーターもしばらくは辛抱が必要ですね。

  急成長は望めないにしても、せめて対処療法として、審判団は 「目立たないで」 いてください。 例えば、ハイボールの競り合いはどっちのファウルか悩ましいところだとは思いますが、ケガにつながらないような些細な競り合いは流せばよいと考えます。 主審が目立たない試合は、上手くゲームコントロールできているという証拠です。

  審判のレベル向上については、また後日書きたいと思っています。

こぴっと がんばれし 審判団!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-02 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

FC東京戦番外編

  FC東京戦をあのような形で終え、久しぶりにブルーマンデーを迎えました。 ハーフタイムまでは、盛りだくさんのイベントを楽しんでいたのですが・・・。

 昼食は、ゲンの良い“勝つカレー”を食べて、出かけました。

カツカレー     開門前
                                  開門前のサポーター                        

  開門1時間前に到着し、「アントラーZOO」 へ行ってみました。 筑波大学の学生さんは、ボランティアだったのでしょうか? 成田ゆめ牧場の方と一緒に、動物たちを丁寧に紹介していました。

モルモットのふれ合い体験やヒツジと記念撮影をしていると、鹿島のオフィシャルカメラマンの櫻井由美さんがいらっしゃいました。

アントラーズズー     ダック
                                 ダッグレースに出場するアヒル

ウサギ     羊

  櫻井さんに「鹿じいとヤギじい」 の写真を撮っていただきました。お返しの素人撮影です。

桜井1     桜井2
櫻井さんはピッチで見るより、背が高くて、とても綺麗な方でした。

  朝日新聞のブースでは、アンケートに答えて、抽選会に参加しました。3等の「アントラーズクリアファイル」 とスミフルさんご提供の「バナップル」 をいただきました。 また、継続購読を申し込んだので、「アントラーズデイパック」 が後日送られてくるそうです。

  他にも、楽しいお父さんから、かすみがうら市の梨を試食させていただいたり、特産品を堪能しました。 うなり君に会えなかったのと、大ガラポンが長蛇の列で諦めざるを得なかったことが残念でした。

スミフル バナップル     オリジナルクリアファイル
スミフル社 バナップル                   オリジナルクリアファイル

  知人のFC東京サポーターが到着し、ハム焼きと鹿島食肉組合さんのモツ煮を差し入れました。 「お返しに」 と言われ、ねんりん家のバームクーヘンをいただいてしまったので、勝たせてもらえなかったのかもしれませんね。

ガウラーC     しかお
 かすみがうら市の応援隊ガウラーC          しかお君にポーズをとってもらいました

1点目     2点目

  ハーフタイムまでは、幸せ一杯でした。 サントリーDAYのプレミアムモルツ1年分を期待していたのですが、あれではとても恥ずかしくて、エントリーできませんよ。 頼みの「応援シート」 の抽選番号は、一番違いで外れてしまいました。

応援シート

  試合はドローで悔しかったのですが、試合前のたくさんのイベントで十分楽しめました。 やはり、我らが自慢のスタジアムです!

こぴっと がんばれし ホームゲームイベント!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-01 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR