fc2ブログ
鹿島アントラーズ

次はアルビレックス新潟戦

  アルビレックス新潟に対しては、昨季は連勝できて、通算成績でもアウェイでも、ようやく五分の成績になりました。 それでも、苦手意識というか、アウェイで勝てないという印象がつきまとっています。

  今季は第7節にホームで対戦し、青木のオウンゴールもあって、負けてしまいましたね。 ダヴィがイエローカードの累積による欠場で、赤﨑は今シーズンのリーグ初出場だったと記憶しています。
  鹿島は良く攻めていましたが、好調だった川又の高さに手こずり、レオ・シルバやGK守田の堅守にかないませんでした。

  レオ・シルバと離れたところで攻撃を組み立てたいですね。 第7節より成長している聖真や岳のパス回しで、勝機をつかみましょう。
  ちなみに、「さんふれっちぇ浦和」 さんは、レオ・シルバと舞行龍ジェームズを来季の補強に考えているとの報道がありました。 丸塩と永田も新潟から引き抜いてきましたから、来季は「あるびれっちぇ浦和」 になるのでしょうか!?

  山本の出場停止は痛いですが、ここは選手会長にしっかり守ってもらいましょう。 好調で高さがある指宿、そこへパス出しする田中(亜)、成岡をケアしつつ、頑固に変えない希望スタメンです。

FW       赤﨑
MF  豊川  聖真  ヤス
MF      岳   満男
DF 前野  源  植田  伊東
GK        ソガ 

 腹筋を痛めたカイオは、大丈夫そうです。 足が止まる後半に投入すれば相手は嫌ですよ。 L・アルベルトのコンディションはどうなのでしょうか。 このところ失点が多いので、ぜひ使いたいです。

  鹿じいは明日から新潟入りするので、1日早いプレビューになりました。 残り4試合をしっかり勝ってシーズンを締めくくれるよう、選手の背中を押してきます。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-31 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

セレーゾ監督の続投について 

  新聞報道によると、「鹿島がトニーニョ・セレーゾ監督に来季の続投を要請する方針。5年ぶりのリーグ制覇は厳しい状況だが、若手の育成面を評価し、3季目の指揮を任せる方針」を示したとのことです。

  今季は大迫がドイツへ移籍し、開幕前には評論家がこぞって鹿島の苦戦を予想していました。そんな中、セレーゾ監督は、柴崎に加え、シーズン序盤から昌子、植田、土居、伊東、豊川らの若手を抜てきしました。

  若鹿には経験不足からくるミスもありましたが、30節を終えて未だに数字の上では優勝の可能性が残っています。 こうしてセレーゾ監督は、大幅な若返りを成功させ、上位進出の原動力へと成長させました。

  しかし、もともと3年契約で、契約事項に若手の育成条件があったことは周知の事実です。 誰が監督であっても、彼らのポテンシャルを考えれば、躍動することは明らかだったでしょう。
  昌子の怪我による離脱は別として、昨年の若鹿は監督の眼鏡にかなわず、なかなか起用されませんでした。 もっと早い時期からベテランに交えて少しずつ若手を起用し始めていたら、今季の様子も多少違う景色になっていたと思います。

  鹿島の幹部は「この2年間には納得している。目指したところには近くなっている。来年はそれに肉付けしていき、3度目の黄金期をつくり上げていくのが狙いだ。」 と考えているようです。

  素人考えではありますが、セレーゾ監督の練習でのコーチ力は評価できても、試合のスタメン選びや、選手交代には疑問がたくさんあります。
  あまりのブラジル人贔屓にも、閉口してしまいます。 相手チームのディフェンス力によっては、十分な活躍が見込めないカイオを使い続けたり、まだまだ調整不十分なワグネルを勝負どころで交代投入したり、と疑問が尽きません。

  スタメンや交代選手のチョイスという問題だけでなく、交代のタイミングも遅いですよ。 ケガや退場による交代でも、選手への役割指示が長すぎて、その間に失点してしまったという失態もありました。 ぜひとも、監督にもキレを求めたいです。

  鹿島アントラーズは今季、まだリーグ優勝の可能性を残していますが、優勝できなければ、リーグタイトルを5シーズンも逃していることになります。 また、セレーゾ政権での2年間は、無冠で終わってしまいます。

  鹿島は地域特性上、優勝しなければ観客は集まらない、スポンサーもつかなくなる、収益も上がらない・・・と悪循環に陥ります。 鹿じいは、2年間無冠という責任を監督に取っていただき、退任すべきだと思っています。 点取り屋のFW、即戦力のGKの確保とともに、優勝請負人の監督を選ぶ必要性を感じているのは、私だけでしょうか。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-30 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

浦和戦番外編

  元鹿戦士の興梠慎三が、先日の鹿島戦で 「右腓骨骨折」 となり、全治約4週間と診断されたと発表がありました。

  慎三はチームトップの12得点を挙げているだけではなく、前線でボールを収めたり、ボールのない所では長い距離を走ってスペースをつくったりと、チームへ貢献していました。 最近では、日本代表のリストにもアップされていたようで、代表入りも期待されていた矢先の負傷となりました。

  優勝が見えてきた矢先なので、本人とクラブにとって、非常に痛い怪我と言えるでしょう。 1日も早い回復を願わずにはいられません。

  慎三が倒れたのは、85分のシーンです。 豊川のボレーシュートをGKの西川がパンチングで防ぎます。 慎三がこぼれ球を拾い、それを取りにいった西と交錯しました。
  悪質なプレーではありませんが、西の右足が慎三の右足首を蹴っています。 ビデオを見ると、慎三の足の内側に当たっているように見えました。 実際にどのように交錯したのか、接触が直接の原因で足の外側にある腓骨を骨折したのか、素人にはよく分かりません。

  腓骨は疲労骨折しやすいという話を聞きますが、そうではなく西の蹴りが直接の原因であれば、鹿島を去っていった経緯はともかく、慎三選手にはしっかりお詫びをしなければなりません。

  ベガルタ仙台の柳沢敦が、第6節の浦和レッズ戦で 「左腓骨亀裂骨折」 した時にも書きましたが、ファウルで相手に怪我をさせた選手は、怪我の程度に応じて出場停止にすべきだと思います。 今回、西の蹴りが直接の原因であれば、西にペナルティーを科す必要があると考えています。

 そうでなければ、「やり得」 が先行し、選手生命を縮める怪我が絶えません。 意識的に行う悪質なファールも減らないでしょう。
  世界で戦うためには、激しいぶつかり合いが必要だという人もいるかもしれませんが、楽しく観戦するためには、ラフプレーは不要です。 どのチームとも、お互いにリスペクトしあい、正面から正々堂々と戦いたいものです。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-29 : Jリーグ :
Pagetop

Jリーグ第30節を終えて

  Jリーグはいよいよ残り4節になりました。 第30節の浦和戦、まるで負けたかのような気持ちになる引き分けでした。 勝てていたら・・・と思うと、ガックリと落ち込んでいます。 そこで、少しでも前を向けるように、自分自身を鼓舞してみました。

今シーズン 30節終了時の順位と勝点、今後の対戦相手です。
30節終了  勝点 31節  32節   33節  34節
1位 浦和  58  A横浜  HG大阪 A鳥栖  H名古屋
2位 G大阪 55  H仙台 A浦和   H神戸  A徳島
3位 鹿島   51  A新潟  H川崎  AC大阪 H鳥栖

2007年シーズン 30節終了時の順位と勝点、その後の対戦結果です。
30節終了  勝点 31節   32節   33節   34節   最終順位勝点
1位 浦和  68  川崎Δ  清水Δ   鹿島●  横浜F●  2位70
2位 G大阪 61  千葉○  F東京Δ  神戸Δ  広島Δ   3位67
3位 鹿島  60  横浜M○ 柏 ○   浦和○  清水○   1位72

  これを見ると、あの2007年ミラクル優勝時と状況は似ています。他力本願、神頼みではありますが、毎日家事手伝いをして良い爺にしているので、きっと神様がご褒美として、鹿島アントラーズに微笑んでくれると信じています。

  しかし07年シーズンは30節の時点で、鹿島と浦和は5連勝、ガンバは2勝1分2敗でした。 07年の鹿島アントラーズは終盤、もの凄い勢いがありました。 今と決定的な違いは、79年組の本山、曽ヶ端、新井場、イタリアから戻ってきた満男がバリバリの中心選手として活躍していました。

  さらにキッカーには、絶好調の野沢もいました。攻撃陣ではマルキーニョス、ダニーロ、慎三、田代、柳沢・・・。 守備では岩政、大岩が盤石でした。 そして、2年目の篤人が輝いていました。 篤人以外は成熟したメンバーが揃っており、その後3連覇できたことを見ても良く分かります。

  一方、今季の我が鹿島アントラーズの直近5 試合は1勝2分2敗と、勢いがありません。 また、92年組の4人を中心に若手が著しく台頭してきましたが、サッカーが成熟しているとは言い難く、79年組は成熟し過ぎてしまいました。

 それでも、次節以降の4試合に集中し、再び奇跡を起こしましょう! 今年、リーグ優勝ができれば、若手の自信になり、目指すサッカーが成熟していくでしょう。 鹿島アントラーズは、望みが1パーセントでもあれば、優勝を目指すクラブです。 我々も、あきらめずに選手の背中を押すぞ~!

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-28 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

浦和レッズ戦レビュー

  首位の浦和レッズに引分けてしまい、残り4試合で神様がよほどのいたずら心を持たない限り、2007年の再来はなさそうです。 ここ数試合、内容が悪いというより、勝ちきれないゲームが続いています。 何がいけなかったのか、録画を見直しながら考えてみました。

  鹿島のスタメンは、前節の豊川からカイオに戻し、他はいつもと同じメンツでした。 浦和は、最近出場していない3人をスタメンから使ってきました。 ペトロヴィッチの狙いは、後半に足が止まらないよう早めの交代策で、先制されても裏を取れる選手を交代で入れるといったものだったのでしょうか。

  前半の序盤は、浦和の方がボールを回していましたが、しっかり守れていました。 早々のPKは、曽ヶ端のビッグセーブに助けられます。 ここで先取点を奪われていたら苦しくなっていたでしょう。

  鹿島も半ば過ぎから、攻撃の形を満男や岳を中心に作りはじめて、カイオの先制に繋がりました。 守りでも岳は柏木、満男は“丸塩”をケアし、筋書き通りに前半を終えました。 ひと昔前の鹿島なら、このまま90分間守り通せたのですが・・・。

  予想通り、浦和は早めに選手を交代し、修正すべきところに手を打ってきます。 関口と李が入り、高い位置で攻勢をかけてきました。 鹿島のディフェンスは、この少しの変化に対応が遅れました。 阿部にシュートを打たれ、弾いたボールを李に押し込まれてしまいました。

  追いつかれてからは、懸命に攻撃を仕掛けていました。 聖真がドリブルからヤスへクロスを出した場面は、手前の赤﨑もフリーでしたね、惜しかったです。 聖真のシュートや、終了間際の豊川のボレーシュートも、決めきれずに残念でした。

  選手は、連戦で疲れている中、勝とうという気持ちを出して走っていました。 ただ、気持ちが先走っていたり、ミスを恐れて消極的になったり、ここ数試合の結果がのしかかるような自信のなさが現れていたように感じました。

  昨日も書きましたが、効果的な選手起用をし、選手に戦略を徹底させた相手の監督力とGK西川の力量を打ち破れなかったことが大きいと思います。 合わせて、選手層の薄さ、経験による試合の運び方、90分間のインテンシティの持続など、やはり 「まだまだ」 なのかもしれません。

  それでも残り4試合、下を向いていても仕方がありません。 神様が思いっきりいたずらするかもしれません。 次の新潟戦、応援に行くぞぉー!

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-27 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

浦和レッズ戦 速報

  う~~ん、勝ちたかったなぁ・・・。 鹿島はいつものスタメンに戻して、豊川はベンチスタートとなりました。 前半、PKをとられた場面では、久しぶりに出場した丸塩リシャルデスがキッカーだったので、テレビ画面の曽ヶ端に向かって 「動くな!!」 と叫びました。 よく脚を残して防いでくれました。

  早々に失点しなかったお陰で、しっかり守備から入り、徐々に攻めのペースも作れるようになります。 数少ないチャンスをカイオが見事に決めてくれました。 後は守備優先でしっかりブロックを作り、カウンターのチャンスを生かせればいいと考えていました。

  しかし後半、浦和は李と関口を使い、鹿島の裏を取る戦法に切り替えてきました。 こぼれ球を拾われ、李の一発にやられてしまいました。 同点に追いつかれてからは、焦って攻め急ぐ場面が多く見られ、返ってミスの元になっていました。

  鹿島の選手もサポーターも必死に頑張ったと思いますが、浦和の監督力とキーパー西川に阻まれ、勝ちきれませんでした。

  川崎と鳥栖が負けたので、やはり勝ち点3が欲しかったです。 タラレバになるのでやめますが、残り4試合は来季を見据えながら、勝負にこだわって少しでも多いリーグ賞金をチームにもたらして欲しいです。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-26 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

明日は浦和レッズ戦

 「小牧・長久手の役」 に降伏した我が軍は、いよいよ 「関ヶ原の戦い」 を迎えました。 “赤備え”の鹿島アントラーズは赤い悪魔を打ち破って、天下取りへの道を歩きたいものです。

  浦和には、得点能力の高い元鹿戦士の慎三や厄介な宇賀神・李がいます。 攻撃参加するDF槙野、それらへパスを供給する柏木、ロングフィードの西川・・・と“さんふれっちぇ”が揃っています。

  暈(かさ)にかかって攻め込んでくると5トップスになり、鹿島の2CBでは対応できません。 第17節同様、ボランチがしっかり守備に入り、5バック守備で失点を防ぎましょう。

  バランサーの阿部が曲者なので、要注意です。 阿部や槙野が、攻撃参加して上がっている時にカウンターを仕掛けたいですね。 相手のセットプレーでは、必ず誰かが那須を見ていないとやられます。 90分間、我慢強く戦えれば、勝機は必ず訪れます。 一気呵成に相手を仕留めましょう。

  宇賀神、槙野、梅崎が鹿島の右サイドを攻めてきますので、希望スタメンはいつもの通りです。 右サイドはディフェンスができる伊東か山本を使って欲しいです。

FW      赤﨑
MF  豊川  聖真  ヤス
MF     岳   満男
DF 山本  源  植田  伊東
GK      ソガ 

  明日はカシスタへ行かず、テレビ観戦です。 東京駅から浦和レッズサポがあふれ、バスの車中も異様な雰囲気になります。
  満男も言うように、鹿じいにすれば34試合のうちのひとつでしかないのですが、お互いのサポーターが異常なまでにライバル視し、コンコースでも我が物顔のレッズサポと、一緒にハム焼きの大行列に並ぶのは嫌なので、遠慮しました。

  ただ、鹿島にとって残り試合を考えると、この試合は絶対に落とせません。 浦和にしても、同じ思いでしょう。 冷静にさばける審判員を希望しつつ、残りを消化試合にしないためにもテレビの前で応援します。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-25 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

オープンスタジアムに思う

  今年もオープンスタジアムは、メインスタンドが埋まる程の盛況ぶりだったようです。 先日、「来年は、運動会シーズンは避けてくださいね~」 と書きましたが、参加した人の話を見聞きすると、日程以外にも色々な課題もありそうです。

 いわゆる「ファン感謝デー」 と同じ類の催しだと思っていましたが、スタジアムの指定管理者である(株)鹿島アントラーズFCが、「公的機関の一般開放日」 としているそうです。そのため、使用料が無料になるようです。 初めて知ったことですが、こんなところにも指定管理者のメリットがあるのですね。

  さて、お楽しみのグルメグランプリですが、人気選手の出店は長蛇の列で、どれだけ待つのかというほどです。 去年は、二人で手分けして別の店に並んだのですが、再び別の店に並ぶ時間はありませんでした。 今年も、すごい行列に加え、ヤスの店は早々に売り切れたそうですね。 買えなかった方は気の毒ですし、もっと売上げが伸びたかもしれません。

  このようなイベントは、おそらく終了後に反省会をやっていることと思いますが、なぜかしら毎年改善されている様子が感じられません。 全体の売上げにも響くし、人気選手の負担も大きいのかなと思いました。

  例えば前売り券や整理券などを販売・配布するとか、ディズニーランドのように時間を区切って予約を受け付けるとか工夫できないでしょうか。 また、いろいろな店を一度に味わえるように、ミックスプレート、もしくはバイキングなどを用意してはいかがでしょう?

  また、震災復興支援という意味では、被災地から特産品を集めて、物産展として販売してほしいです。 被災後、中断明けの国立競技場で、茨城の野菜など販売しましたよね。 生ものでなくても、特産品が買えるということはうれしいものです。

  それから、選手は出身地関連の出店に長時間携わっています。 商品を売って、握手して、写真を撮って、サインして・・・などと大きな負担となっているのではないでしょうか。 ピッチやコンコースには、別の役割の選手もいますが、販売もグループでサポートし、負担の分散が必要だと思います。

  今年はワールドカップのおかげで、リーグ戦自体スケジュールが厳しくなりました。 プチ中断期とはいえ、選手の負担を考えるとオープンスタジアムも、シーズン中ではなくリーグ終了後に、選手とサポーターの交流会的なイベントにしたほうがよいのではないでしょうか。 そうすれば、選手に一年間の慰労の気持ちを伝えることができると考えます。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-24 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

ヴィッセル神戸戦レビュー

  勝てるはずの試合を勝ちきれなかったという思いが強く、複雑な心境で録画を見返しました。 冷静になって観るとピッチ状態が酷いわりに、前半はさほど悪くはなかったですね。

  生で見ていたときは、キックオフ早々に満男が緩慢なプレーからボールをロストしたため、パスミスやボールロストが多いという印象を引きずってしまいました。

  25分以降は、岳からのスルーパスや、西や山本の繋ぎからも決定機を演出していました。 特に遠藤からのクロスを山本がヘッドで折り返し、それに合わせた豊川のシュートは本当に惜しかったです。

  後半は、西や岳などのボールロストが増え、カイオと岳の連続ミスからジュニオールにこの試合最大の決定機を作られましたが、シュートをミスしてくれて助かりました。

  鹿島もヤスから豊川へ、西から聖真へと決定機を作れていました。 終了間際には満男のクリアが中村に渡り、ドリブルでのカウンターとなって、3対2の好機を作ることができました。 そこで中村は、左のカイオにパスを出してしまいます。 この時、岳はフリーで右サイドを駆け上がっており、 「岳へ出せ~!」 とテレビ画面の中村に向かって声を張り上げていました。 結局カイオは、消極的にパスを選択してボールをロストしました。

  鹿島の得点パターンの一つである 「岳の駆け上がりからのシュート」 を予測して選択できない中村のプレーは残念でしたね。

  この試合は相手をゼロ封しましたが、残り10分過ぎに危うい場面を迎え、ドタバタと守備のバランスが崩れるシーンがまたも見られました。 勝ち点3欲しさに攻め急ぐ気持ちもわかりますが、落ち着いて守備にも集中しなければ、あやうく勝ち点1さえも失うところでした。

  「絶対に勝たなければ」 という気持ちが、悪いプレッシャーになっているように思えます。 仲間を信じて、もっとのびのびとプレーして欲しいです。 ワグネルを突き飛ばしてしまった負けず嫌いの満男のメンタルコンディションが心配です。

  ここで切り替えて、修正していかないと浦和レッズを叩くことはできません。 残り5節です、歯をくいしばって選手とともに最後まで頑張りましょう!

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-23 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

ヴィッセル神戸戦 速報

  勝ちたいという気持ちは出ていましたが、コンディションが悪く、空回りした凡ミスが多い試合でした。
 3つほどの決定機を逃したことと、運動量とインテンシティで相手を上回れなかったことが、勝ち点3を取れなかった要因だと思います。

  上位が足踏みするなかで、とても痛い引き分けですが、ペドロ・ジュニオールが決定機を外してくれて、勝ち点1をいただけたと考えましょう。

  このところ、選手を交代すればするほど、チームとしてのパフォーマンスが下がってしまうゲームが続いています。 選手交代とは、落ちてきた選手に代えて、チームのレベルを上げたり修正したりして、90分間を戦うための手段ですよね。
  交代で入った選手が、攻守にわたって機能しないというのは、いかがなものでしょうか。

  ため息をついていても、中3日で浦和レッズ戦がやってきます。 体力的にはきついと思いますが、心身ともにコンディションを整えて、勝利を目指しましょう!

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-22 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

明日はヴィッセル神戸戦

  連敗後、ミッドウィークでヴィッセル神戸戦です。 かつてはお得意様だったヴィッセル神戸ですが、今季はリーグ第8節とナビスコ杯第6節にホームで戦い、リーグ戦は青木の退場、ナビスコ杯はGKの曽ヶ端のハンブルがあって連敗しています。

  マルキーニョス、ジュニオールの点取り屋、中盤にシンプリシオ、チョン・ウヨン、森岡と手強い相手ばかりなので、鹿島の若いCBを中心としたディフェンスラインは厳しいですね。 さらにダヴィが長期離脱、残念なことに復帰まで約8か月と発表されました。 ここは赤崎に奮起してもらい、新エースになってもらいましょう。

  ターンオーバーを図るためにも、ガラッとスタメンを代えてほしいと思うのですが・・・。 来季以降を見据えて、GK小泉を使うくらいの大冒険も頭をよぎりますが、現実的ではありませんね。

FW       赤﨑
MF  豊川  聖真  ヤス
MF     岳    満男
DF 山本  源  植田  伊東
GK        ソガ      

 結局、いつもの希望スタメンになりました。

  前節、投入されなかった豊川と、ベンチにも入れなかった伊東とL・アルベルトのコンディションは、どうなのでしょうか。 戦える状態ならスタメンから使って欲しいです。

  残り6節です、若鹿だろうとベテランであろうと、歯をくいしばって運動量とインテンシティで相手に上回り、勝ち点3をゲットしましょう!

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-21 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

柏レイソル戦 番外編

  柏レイソル戦は、本当に残念な結果となりましたが、いいお天気で終日カシスタで遊ぶことができました。
  開門前に到着したので、久しぶりにジーコ像にご挨拶です。 我々にとっては御本尊とも呼ぶべきこの像に対し、悪戯をするタチの悪いチームのサポがいるらしく、柵で囲まれてしまっていました。 そんな日本のサポーターに対し、悲しげな表情に見える神様でした。

ジーコ像     卜伝号

  早く着いたときには、卜伝号に乗ってゆかりの地を巡りたいなァ・・・と思うのですが、試合開始1時間前に戻る設定になっています。
  もうチョッと時間の余裕があれば利用したいのですが、もしくは試合開始時間が早い場合は、終了後ならゆっくり廻れるのに・・・といつも感じています。 せっかくの機会なのに、これではなかなかお客さんが集まらないと思いますよ。

  コンコースの朝日新聞ブースでは、アンケートに答えて抽選会へ参加しました。友人とともに3等の 「アントラーズクリアファイル」 と 「バッジ」 、 「ワールド杯全試合号外集」 いただきましたが、 特賞や1等は当たらないものですね。
  ウチは朝日新聞を購読していますが、東京都版では鹿島関連のメリットはありません。 ヴァモス・アントラーズなど、電子で送ってもらえないのでしょうか?
クリアファイル     ワールド杯号外集

  ぶらりとコンコース散策です。 「いばらき物産」 コーナーでは、自然薯の漬物を試食させていただきました。 お隣はかすみがうら市のフィッシュ&チップスです。 揚げたてのフィッシュはとても美味しかったのですが、ナマズだったのですね。 これは、B級グルメグランプリにイチオシです。

 「鹿嶋市ブース」 では、的当てゲームで野菜やアントラーズグッズが当たるということだったのですが、すでに長蛇の列でした。 並ぶ気にはなれなかったので、観光パンフレットをいただいて退散しました。

ナマズ揚げ     コロッケ
フィッシュ&チップス                     コロッケは長蛇の列

鹿嶋パンフ     クロス

  また、人権啓発活動が行われていて、「マイクロファイバークロス」 をいただきました。 人権週間は最終節の頃なのですが、サッカーファンには特に啓発が必要だと思われているのでしょう。 毎年、どこのスタジアムでも 「人KENまもるくんとあゆみちゃん」 がハーフタイムに顔を見せてくれます。
  最近、お騒がせなバナナ事件や人種差別問題など、アントラーズサポも他人事ではありませんから、きちんと襟を正しましょう!

  ぶらぶら歩きの後、ハム焼きや牛タン焼き、物産展の自然薯けんちん汁で昼食としました。 来年のカレンダーも購入し、試合開始まで楽しかったぁ・・・、試合も、中村の初ゴールまでは楽しかったなぁ~!

ハム焼き     自然薯

岳版     満男版
来年 岳は鹿島にいるのかな                満男のカレンダー

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-20 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

柏レイソル戦レビュー

  昨日、自宅にたどり着いたのは午後8時過ぎで、心身ともに疲れてしまいました。 普段、勝った試合しか録画を見ないのですが、確認したいことがあったので、嫌々ながら見てみました。

  そのシーンは前半の36分でした。 レイソルの攻撃が鹿島の右サイドへ展開して、クロスが左へ、工藤の折り返しクロスがGK曽ヶ端の前を通り過ぎました。
  当然キャッチするだろうとスタンドから思いましたが、曽ヶ端はスルーし、また逆サイドからクロスを上げられてしまいました。 直接失点に結びついたわけではありませんが、試合結果を暗示した曽ヶ端の緩慢なプレーでしたね。

  前半から鹿島の選手は、パスミスやシュートミスが多く、バックパスも相手にプレゼントしていました。 パスがつながらず、テレビで見る以上にスタジアムでは、コンディション不良という雰囲気が感じられました。
  案の定、集中力が薄くなったアディショナルタイムに失点してしまいます。 アディショナルタイムの2分がとても長く感じられ、早く蹴り出して終わらせろと思っていた矢先のことでした。

  この場面、ドゥドゥへ詰めた昌子と山本は、サイドラインへ追い込んでボールを奪取するか、外へ蹴り出すべきだったと思います。 誰もがクロスを上げると予想しておらず、植田や満男の対応にも遅れがでていました。 スタンドでも何が起きたのかと、一瞬静けさに包まれたほどでした。

  後半は一進一退、ヘッドでつなぐルーズボールの応酬となります。 ボールが地に着かない状態から、69分には縦に1本入れられ、曽ヶ端のキックミスで失点します。 90分には太田のゆるいシュートをハンブルし、決着がつきました。

  確かに、敗因は曽ヶ端の低調ぶりとフィールドプレーヤーのコンディションの悪さが挙げられます。 それでも、柏のパフォーマンスを考えると最低でもドローにできるゲーム内容でした。

  そんな中、80分過ぎに、ネルシーニョ監督は太田を、セレーゾ監督はワグネルを投入します。 この交代選手のデキの差が、勝ち点を失うポイントになったのではないでしょうか。

  いずれも勝ち点3をとりに行った交代だと思われます。 しかし、セレーゾ監督は、ボールを受けて起点になれる遠藤をすでに下げており、トラップミス、シュートミスを繰り返していたカイオではなく、聖真を外してしまいました。
  移籍後、まったく用をなしていないワグネルを入れた時点で、なぜ攻撃のポジショニングが良く、守備に走れる豊川を使わないのかと悔やまれました。

  昨日も書きましたが、この連敗やダヴィの負傷離脱は 「神から与えられた試練」 として受け止めるしかないですね。
  鹿島の選手達は、もの凄いポテンシャルを持っていますが、若手は試合運びや良い意味でのマリーシアが不足しており、まだまだです。 ベテランもパフォーマンスの低下がみられるようになり、不安が拭いきれません。

  ここから立て直してどのようなサッカーができるのか、今後の鹿島を占う意味でも楽しませてもらうつもりです。 「神さまは、乗り越えられる試練しか与えない」 といわれますが、残り6試合で証明してもらいたいです。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-19 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

柏レイソル戦 速報

今日は、神さまから「まだまだだよ。もっと精進しなさい」と言われたような気分です。

試合は、前節のガンバ大阪戦と同じパターンで負けてしまいました。違う点は、柏レイソルがガンバほど好調でなかったこと、相手に退場者が出たこと、前節の反省がなかったこと・・・つまり鹿島のデキが前節とは比べものにならないくらい悪かったということです。

前半開始早々から、全員動きが鈍く、キレがありません。やはり心配していた通り、プチ中断明けと代表帰りの影響です。全体的にミスが多く、締まらない内容でした。

先行できて、このまま折り返せればと思ったのですが、やはり守り切れません。後半は、ソガ祭りとなりました。交代のカードの切り方も、シロウトには理解不能です。

帰りのバスは、皆さんまるで黙祷しているようです。遠いホームへ出かけての連敗に追い討ちをかける首都高の渋滞、心身ともに堪えますね。


こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-18 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

明日は柏レイソル戦

  選手達は、前節の敗戦ショックからオープンスタジアムを経て、気持ちの切り替えはついたでしょうか?昌子源の負傷の回復具合や代表帰りのコンディションなど、不安を抱えて臨む柏レイソル戦です。

  苦手とするプチ中断明けですが、残り7試合、選手は重圧を感じずに、「頭はクールに、ハートはホット」 で試合に臨んでほしいです。

  柏レイソルの試合はダイジェストぐらいしか見ていないので、最近の状況がよくわかりません。 知っているのは、3バックで、“さんふれっちぇ浦和”のように攻撃時には5トップとなり、レアンドロ、工藤、両WBと厄介な選手がいるということくらいです。

  有難いのは、総得点より総失点が多く、今季は以前に比べて、ややチームパフォーマンスが落ちていることです。 この得失点差に付け込むスキがあるかも知れません。
  このところ調子のいい攻撃陣がスルーパスを相手バックの間、WBの後ろのスペースに通せれば、決定機を作れると思います。

  ただし、ホームとはいえ頭から飛ばすと、前節のG大阪戦のように終盤、足が止まります。 全選手は、まず失点をしないことに集中して戦いましょう!

源の負傷と岳の代表病が気になりますが、そこを考慮した希望スタメンです。

FW       赤﨑
MF  豊川  聖真  ヤス
MF     梅鉢  満男
DF 山本  山村 植田  伊東
GK       ソガ

  CBには山村の代わりに浩二を使い、声出しで守備を安定させるのも手かなと考えます。 それから、試合展開によっては、L・アルベルトを早めに使って欲しいです。 ダヴィとカイオは、相手の足が止まりかけた後半からお願いします。

  さぁ!泣いても笑っても、あと7試合です。 選手も監督も、サッカーIQ全開で悔いのないよう戦いましょう! そして一人でも多く、選手を後押しするために、カシスタへ集まりましょう。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-17 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

J1昇格プレーオフに異議あり

  昨日、J1、J2合同実行委員会が開催され、来季もJ1昇格プレーオフを実施すると決まったようです。
  昨シーズンの大分トリニータでも、第26節の徳島ヴォルティス戦でも思ったのですが、J1昇格プレーオフ制度を廃止しなければ、サッカーファンは減っていくでしょう。

  そもそも、J2からJ1へ参入させるチームをポストシーズンで決定する方式は、2004年シーズンから2008年シーズンまで5年間導入されていたJ1・J2直接対決の入れ替え戦でした。

  そして、入れ替え戦廃止後の2009年シーズンから2011年シーズンの3年間は、「J1年間順位下位3チームが自動降格、J2年間順位上位3チームが自動昇格」 とする方式がとられていました。

  これを、2012年度以降は「J1年間順位下位3チームが自動降格」 というルールはそのまま、J2からJ1へ自動昇格するチーム数を3チームから2チームに減じた上で、残る1チームを年間順位の3位 から6位までのトーナメント方式によって争うという方式にしました。

  その結果、2012年は6位の大分トリニータ、2013年は4位の徳島ヴォルティスがJ1昇格を果たしました。
  トーナメントでJ1へ昇格できたチームとサポーターは、異常な盛り上がりを見せましたが、いずれのチームも翌年の結果は、散々たるものでしたね (失礼、今季はまだ現在進行形ですね…) 。
  徳島の小林監督の手腕は、モンテディオ山形時代から敬服していますが、この制度の被害者とも言えるのではないでしょうか。

  プレーオフは、Jリーグをつまらなくさせている要因の一つとなっていますので、即時廃止して欲しいです。 日本サッカー協会が、どうしてもスポンサー料と、入場料、テレビ放映権料を必要とするなら、2009年以前の入れ替え戦をすべきだと考えますが、いかがでしょうか。

  Jリーグは日本サッカー協会とサポーターだけのものではありません。 単にサッカーが好きなだけというファンが大勢いることを忘れてはいけません。

こぴっと がんばれし 日本サッカー協会!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2014-10-16 : Jリーグ :
Pagetop

鹿島の未来「グッズ販売」

  昨日の代表戦は、レビューする気にならないので、「鹿島の未来」についての続編です。

  ㈱鹿島アントラーズFCの平成25年度の決算をみると、営業収益の内訳には、広告料、入場料と、24%を占める「その他収入」があります。
  「その他収入」とは、詳細は明記されていないのですが、おそらくスタジアムビジネス、テレビ中継事業、グッズ販売収入・・・となるのでしょうか?
  優勝賞金などはここに計上されるものなのでしょうか? 昨年は優勝していないので、いずれにしろ0ですけど・・・。

  もちろん鹿じいは株主ではないので、決算の内容について細かく問いただすつもりはありません。 ただ、クラブの未来を考えると、毎年の決算はクラブの立ち位置を表す重要な要素のひとつです。
  鹿島の未来のためには、経営戦略による黒字経営が主眼となることは間違いありません。 そこで、広告料と入場料が伸びないことを前提にすれば、「その他収入」 が鹿島アントラーズ存続の生命線となってきます。

  ホームチケットを購入し応援する以外に、サポーターができることは、グッズの購入です。 鹿島アントラーズは、レプリカユニホーム、観戦グッズから食器、お菓子、アクセサリー、ジュエリーと、幅広く、考え付く限りの商品を揃えています。 それでも、多くの人が欲しいと思うヒット商品は限られていて、何でも売ればよいというものではありません。

 女性には、鹿島レッドのエナメルやネイルシールなどが受けるのではないでしょうか? バッグもいろいろ販売されていますが、普段使いできて、もう少し可愛いデザインがあるとよいですね。

  それから、みなさんよくご存知のサーモマグですが、長く使っていると飽きてきますよね。 ちょっと自慢ですが、鹿じいが使っているのは象印さんのラベルを自分で作れるものです。 このような鹿島ヴァージョンを販売してみてはいかがでしょう。

ラベル付き     ラベル無し

ラベル2     ラベル1
自分でラベルを作ります                  好きな選手の写真も

こぴっと 買うし アントラーズのグッズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-15 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

岳 輝けず

  メンツ落ちのブラジル相手にもかかわらず、前半、日本代表は国際試合に慣れていないメンバーが多いせいか、柴﨑岳を除いて普段通りのサッカーすらできていませんでした。

  後半は、岳すらもミスから失点に絡んでしまいました。 鹿島サポとして、とても残念ですが、本人は本当に悔しいでしょうね。 世界トップクラスの力量を前にしては、確実なプレイが求められます。 今日の試合で学習し、今後の糧にしてもらいたいです。

  今日の試合は、Jリーグのトップチームと大学生チームの試合以上に、あらゆる面で技術の差がありました。 バルセロナでもハットトリックしたばかりで好調とはいえ、確実にゴールを決められるネイマールは凄かったです。 同い歳の岳は、さらに高みを目指す決意を持ったのではないでしょうか。

  それにしても、岳は攻守にわたり一生懸命走っていました。 今週末の柏レイソル戦は出られるのでしょうか、代表病が心配です。 岳の不在もしくは不調は、今の鹿島アントラーズにとって、非常に痛いです。

  西は結局、使われませんでしたね。 この結果をどのように受け止めるのかは本人次第ですが、これもひとつの糧にしてほしいです。 選んでも出場させないという代表戦は嫌いです。 そして、親善試合は内容がつまらないから嫌いです。

こぴっと がんばれし アントラーズの代表選手!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-14 : 鹿島アントラーズ・日本代表 :
Pagetop

一日遊べるカシマスタジアム

 「FC東京番外編」に書いたように、第22節はさまざまな催しがあり、本当に試合以外でも一日楽しむことができました。

そのとき、朝日新聞さんのブースで、アンケートに答えて抽選会に参加しました。 結果は、3等で「アントラーズクリアファイル」 とスミフルさんご提供の「バナップル」 をいただき、同時に継続購読を申し込みました。 後日 「アントラーズデイパック」 が送られてくるとのお話しでした。

 県外なので、本当に送ってくるのかなぁ~~と半信半疑でした。 その後すっかり忘れていたのですが、先日、突然近所の新聞販売店から契約書とともに「バックパック30」 が届けられました。

  モルテン社製の容量30ℓ、想像していたものより大きめです。 ボールやシューズが収納できるようになっているので、鹿じいは違うものを収納しますが、サッカー少年であればもっと嬉しいでしょうね。 アウェー参戦の時など、大事に使いたいと思っています。

Dバック
 
  カシスタへ早く到着して、ゲーム前にスタジアムグルメを頬張り、イベントを楽しむと一日満喫できますよね。 第27節のガンバ大阪戦は、残念ながら雨でしたが、コンコースでは日立市・稲敷市の日で、イベントを行っていました。 じゃんけん大会やゲームは、長蛇の列だったので参加しませんでしたが、もっと派手に観光や物産のPRをしてもよかったのではないでしょうか。

  昭和産業さんは、自社製品を販売されていましたが、料理教室のようなものがあればよかったと思います。 また、 「オリジナル手ぬぐい」 をいただき、ありがとうございました。

昭和手ぬぐい

  次節の柏レイソル戦はホームタウンデイズ鹿嶋の日なので、大いに期待したいです。 どのようなイベントが見られるのか、試合とともに楽しみにしています。

こぴっと がんばれし いろいろあって大変な朝日新聞社!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-13 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

Jリーグプチ中断なので散歩

  Jリーグがプチ中断し、鹿島アントラーズもオフ、代表組も移動中のため、ネタがありません。 明日は台風の襲来で外出できないでしょうから、今日のうちにお散歩です。

  11月3日の文化の日の前後は、全国の文化財ウィークです。 それに合わせて、10月と11月は区市町村等文化財関連企画事業が開催されています。 この期間は、鹿じいにとって 「文化財見学強化月間」 となっています。

  今日は、「谷根千(やねせん)」 で有名な、谷中と千駄木へ行きました。 地下鉄千代田線の 「千駄木駅」 を下車し、都指定名勝 「旧安田邸庭園 」へ向いました。 駅のすぐ西側にある須藤公園は、加賀藩の支藩の大聖寺藩(十万石)の屋敷跡で小ぶりな回遊式大名庭園になっています。 本郷台地のへりを生かした斜面地で、滝も流れていました。

須藤公園1     須藤公園2

 「旧安田邸庭園」 へ着いたら門が閉まっていて、案内表示をよく見ると水・土曜日のみの公開と書いてあります。 残念!事前の不勉強が祟り、大失敗です。

安田邸     谷中銀座
旧安田邸庭園                        途中の谷中銀座 すごい人混み

  あきらめて、台東区谷中の 「朝倉彫塑館」 へ向いました。 「朝倉彫塑館」 は彫刻家朝倉文夫さんのアトリエと住居だった建物です。 建物が国登録有形文化財、庭園が国指定名勝に指定されています。 もちろん、彫塑作品が展示されています。

朝倉彫塑館1     朝倉彫塑館2
朝倉彫塑館入口                       館内撮影禁止 屋上から撮影

  最後は上野へ向い、国重要文化財 「寛永寺旧本坊表門(黒門)」 を見てきました。 旧徳川家菩提寺の寛永寺の表門で、切妻屋根を乗せた薬医門という様式です。 幕末には、彰義隊が立て籠もり討幕軍に攻撃されたため、門扉には弾痕が残されています。 今日は、4キロほど1万4千歩の文化財散歩となりました。

寛永寺黒門     黒門砲弾痕

旧博物館動物園駅     ロケット発射台
上野公園内にある 旧博物館動物園駅         国立科学博物館屋外展示 ロケット発射台

こぴっと がんばれし アントラーズのプチ中断!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

2014-10-12 : 文化財 :
Pagetop

オープンスタジアム

  今日は、今年で4回目を迎える 「オープンスタジアム」 が開催されました。 東日本大震災で被災したスタジアムの復旧記念です。
  昨年は、大分戦の翌日に開催されたので、鹿島に1泊して勝ち試合とグルメグランプリの両方を満喫でき、記憶に残る楽しい2日間となりました。

  今年も行くつもりだったのですが、孫の稚鮎の初めての運動会と日程が重なりました。 自他ともに認める爺バカですから、鹿島行きはあきらめました。

  今年は、よしもとが参戦し「スペシャルマッチ」 を行ったようですね。 台風にあたらなくて、ほんとうに良かったです。 シニアチームも頑張ったようで、柏戦につながる勝利 (?) だったのではないでしょうか。

  昨年は、岳が推薦する 「せんべい汁」 が大人気で、グルメグランプリを獲得しました。 前日の疲れも見せず、ファンサービスしていた岳は、やはりすごいと思いました。
  一年経ってさらに成長した岳は、昨日の代表戦で素晴らしいパフォーマンスを見せました。 アギーレ監督の絶賛を受けながら、ブラジル戦に向けてシンガポールへ旅立ったようです。

  もし、今日のオープンスタジアムに参加していたら、去年以上の集客だったでしょうね。 今年は、山形県から出店した 「聖真のAグルメ肉串」 が大行列だったのでは?

  このような催しは、選手と距離が近く感じられ、鹿島愛が一層募りますね。 去年は、満男、本山、浩二に相手をしていただき 「会話&写真撮影」 ができて、とても良かったです。 選手もファンサは大変だと思いますが、気分転換ととらえて、プチ中断を乗りきってください。

  来年は、運動会シーズンは避けてくださいね~。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-11 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

岳 輝く

  日本代表のジャマイカ戦、前半16分に柴崎岳が、ダイヤゴナルにフリーランニングして、本田のパスを受けてシュート。 相手GKがはじいたボールをディフェンダーが当ててしまい、OGとなりました。

  後半は細かいミスがあったものの、岳は落ち着いたボール捌きをしていました。 一人で大人のサッカーを展開していましたね。 先の代表組、香川、長友、本田より、岳を始めとした新規参入組がはつらつとした動きを見せていました。

  それにしても本当にシュートが入りません。 長友の当てずっぽうでいい加減なクロスなど、相変わらず代表戦はつまらないサッカーをしていると思います。

  今日の試合を見ると、すでに岳はアギーレジャパンの中心選手となっています。 次のブラジル戦では、ネイマールと同じピッチでさらに輝いてほしいです。

  「岳」という漢字は、高くて大きな山、ごつごつと高く険しい山、山のいただき、頂上という意味があるそうです。 柴崎岳は、我ら鹿島の宝から日本の宝になりつつあります。
  名前の通り、どんどん大きくなり、高いところへ登っていくようです。 残念ですが、鹿島を去る足音が遠くから聞こえてきたような感じです。

こぴっと がんばれし アントラーズの代表組!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-10 : 鹿島アントラーズ・日本代表 :
Pagetop

フットボールサミット アントラーズ特集号

  話題の書籍「フットボールサミット第25回~鹿島アントラーズ~サッカー王国のつくりかた」 は、6日発売だと思っていたのですが、先日スタジアムのオフィシャルショップで売っていました。 雨に濡れる心配があったので、どうしたものたか悩んでいるうちに売り切れてしまいました。

  「鹿島アントラーズ語り部ブログ」 さんの7日の記事を拝見すると、「これ、想像以上に面白い。 (ガンバ戦に)負けてヤル気を失っている人にほどオススメしたい。」 とありました。

  これはまさに自分に向けられた言葉だと思い、本屋へ直行しました。 しかし、我が家の周辺はFC東京サポーターの過密生息地帯なので、覗いた本屋は5軒とも、第25回は置いておらず、第23回のFC東京特集号が埃を被って積まれていました。

  翌日、仕方なく新宿まで足を伸ばし、大型書店でようやくゲットしました。 帰宅後、速攻で 「なぜトニーニョ・セレーゾだったのか?」 「柴﨑岳の視界」 「昌子源のもがき」・・・と矢継ぎ早に読みました。 読後、一つの負け試合にずっと頭を抱えている自分が情けなくなりました。

  岳と源の記事を読むと、彼らのサッカーIQの高さがよくわかります。 また、若いのにプロ意識が高く、今日一日をしっかり過ごし、明日を見つめている姿に感動しました。

  6日の弊ブログで、G大阪戦の敗因の一つに監督力の無さを訴えましたが、田中滋さんの記事を読んで、素人のたわ言だったと反省しました。 セレーゾ監督はいろいろ考えていたのですね、大変失礼しました。

  この 「フットボールサミット」 は1,404円で、決して安くはありませんが、中身があり、読み応えがあります。 ぜひご一読をお勧めします。 残り7試合、改めて鹿島アントラーズを応援する気が湧くことと思います。 柏レイソル戦から仕切り直しです、サポーターも頑張りましょう!

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-09 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

北海道釣り旅行

  未だに鹿島の敗戦が尾を引いています。 沈んだ気持ちを切り替えるため、楽しかった9月半ば過ぎの北海道旅行を振り返ってみることにしました。 あまりサッカーに興味のない友人達からリクエストの多い、旅の写真をアップしますね。

女満別空港からレンタカーで、二度目の訪問となる釣り場へ三人で出かけました。 大型も混じり、3日間で一人あたり100匹以上釣れた大漁となりました。 もちろん、魚はすべてリリースしています。 この時は、鹿島アントラーズも横浜Fマリノスに勝利し、大満足の釣り旅となりました。

初日は、網走川布川地区での釣りでした。 40㎝超えのアメマスが3本釣れました。
サロマ湖     アメマス40
サロマ湖です                         アメマス 40㎝

2日目、常呂川おけと湖の上流で釣りました。
アメマス30     アメマス35
30cmのアメマス                        35cmのアメマス 

3日目、武利川上流ではオショロコマが、短時間でたくさん釣れました。 釣り場を移動すると、土気連別川でニジマスが釣れました。 最後はポン無加川で竿をだし、良型のヤマメが釣れました。 さらに40㎝超えのサクラマスがかかったのですが、ジャンプされて針を外されてしまいました。
レインボー泣き尺     ヤマメ良型
30cm弱のニジマス                     30cm弱のヤマメ

4日目は、観光です。 「山の水族館」 を見学し、渓流魚を見て盛り上がりました。
水族館ヤマメ大群     アメマス オショロコマ
水槽を泳ぐヤマメの大群                  アメマス オショロコマ ヤマメ 

遡上マス アルビノ     イトウ大群
遡上マスとアルビノのマス                 体長1メートルのイトウの大群 

ドクターフィッシュ
手に纏わりつくドクターフィッシュ

  宿泊した「塩別つるつる温泉」 は、すき透った豊富な湯量を誇り、石ケンのよく溶ける弱アルカリ性の天然温泉で、 肌が 「つるつるすべすべ」 になるところから名付けられています。 「じゃらんネット」 のお風呂が良かった宿ランキングで№1となっています。 機会があればぜひ、このねっとりした温泉に浸かってみてください。

つるつる温泉     露天風呂
宿泊した つるつる温泉                   つるつる温泉の露天風呂             

こぴっと がんばれし 渓流魚たち!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

2014-10-08 : 渓流釣り :
Pagetop

鹿島アントラーズのチャント

  鹿島アントラーズのチャントは、誰がどのようにして作っているのでしょうか? ゴール裏のサポーター団体とは一線を画しているので、まったくわかりません。 以前、コールを立って唱和しない者は、ゴール裏へ来るなとのお達しを受け、それ以来、アウェーでも行くことがなくなりました。

 もともと若い人達が、飛んで跳ねて、ゲーフラを挙げているゴール裏に、鹿じいの居場所はなく、いつも指定席で観戦しています。 そこでは、周りの方々も「錨を上げろ」を歌い、タオマフを回しています。
  「選手コール」 はもちろん、「チームコール」 や 「ロ-ル」 も声を出し手を叩きます。 しかし、「MAX VOLUME」 や「アントラーズは無敵だぜ」 に同調している人は見受けられません。

  サイドラインの指定席で観戦しているサポーターは、年配の人だけでなく、若い人もいます。 それでも、声を出すチャントとそうでないものがはっきりしているのは、きっと自分と同じ考えなのではないかと思っています。 「アントラーズは無敵だぜ」の歌詞で、 「×××をぶったおせー」 、「俺達サポートインファイト」 のフレーズが嫌いなのです。
  「MAX VOLUME」も、「奴らを血の海へ」 とはいただけませんね。 スポーツの応援に独善や独占的思考は受け入れられません。 対戦相手をリスペクトしつつ、鹿島アントラーズのサッカーそのものを応援したいのです。

 こんな鹿じいでも、「選手コール」 には声を出しています。 大迫のチャントは盛り上がって良かったです。 やると得点が生まれる予感がしました。 多くの日本代表ファンが、代表戦でも「大迫チャント」 をコールしてくれて、鹿島冥利に尽きますね。

  大迫が移籍してしまい、鹿島の個人のチャントが減ってしまいました。 岳や聖真のチャントがなかったので、海外へ移籍してしまうまでに早く作ってほしいと思っていました。
  一昨日、久しぶりにカシスタへ参戦したら、のんびりしたお経みたいな 「どいしょーま しょーま どいしょーま」 の後、滑舌が悪くて聞き取りにくい 「オオ柴崎 オオ柴崎・・・??」。 帰宅後、検索して YouTube で知った次第です。 ヤスのチャントも3月末頃にできたと聞きましたが、スタジアムで聞いたことがありません。

  製作者のご苦労は計り知れませんが、創作能力にたけた人が作って、ゴール裏の決起集会で発表・練習してお披露目するのでしょうね。 新たなものを生み出すには、かなりのエネルギーが必要だと思います。
  音痴で作曲もできない者が、文句を言える立場にないのはわかっています。 だから、現役続行中の柳沢や田代のチャントは別にしても、引退した選手のものならパクリでも良いと思います。

  創作能力にたけた人にお願いします。 一度作ったものでも、ピンと来なかったら作り直しても良いと考えます。 昔、慎三のチャントは途中で変わりましたよね。
 ヤス、岳、聖真は、今季得点力がアップしているので、 「選手チャント」 でさらに後押ししたいです。 各々が10点以上取れれば、鹿島アントラーズの優勝が見えてきますよ。 傑作を是非、お願いします。

こぴっと がんばれし 若鹿のチャント!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-07 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

ガンバ大阪戦 レビュー

  ため息しか出ない、何ともやり切れないブルーマンデーになりました。 いつもなら、録画を見返して良かった点や反省点をチェックするのですが、ヤル気が起こりません。 やっとの思いで、スカパーのマッチデーハイライトを見て、ブログを書くことにしました。

  2失点に絡み、決定的なチャンスをはずした山本脩斗を責める人もいるかもしれません。 しかし今季開幕から、鹿島に足りなかった左サイドを充分に満たしてくれている山本を批判することは、鹿じいにはとてもできません。 昨日の試合でも、攻守に渡ってよいプレーを見せていました。

  選手達は風雨のなか、懸命に勝とうと頑張っていました。 しかしながら、勝ち点を失った原因は、三つほどあると考えています。

  一つ目は、運動量は互角でしたが、インテンシティで負けていたのではないでしょうか。 即ち、球際でのプレッシングの連発や90分間集中力を保ちながら圧倒する力が、少し足りなかったと思いました。

  二つ目は、昌子源と曽ヶ端のコンデションが良くありませんでした。 源は、100%の力で踏ん張れず、右脚をかばいながら走っていました。 ガンバもそこを狙って攻めてきましたし、パトリックとの競り合いを見ても、スピードで負けてしまいました。 そこをカバーしようとする気持ちが入りすぎた山本が、頑張り過ぎで失点に絡んだのだと思います。

  また、昨日も書きましたが、曽ヶ端はここ数試合、ポジショニングやコーチングが悪いですね。 キックの精度がないのは、昔からですけど。 GKについては、これからのチームの大きな課題になるでしょう。

  三つ目は監督力でしょうか。 ヤスとカイオもいまいち、パフォーマンスが良くありませんでした。 ヤスは、ファールを取ってと言わんばかりに簡単にペタペタと倒れるときは、良くないときです。 カイオも相変わらず、細かいプレーができません。
  アディショナルタイムで疲れていたとはいえ、リンスの右足に体を置けない西のディフェンス力・・・。

  これらの選手を起用し、動けないワグネルを途中投入、カイオの代わりとなる豊川はベンチにも入れず・・・。 セレーゾ監督の戦略が理解できません。

  気持ちを切り替えるためにも、昨日の試合は、「天王山の戦い」ではなく、「三方ヶ原の戦い」だったと思うことにします。 残り7試合で7ポイント差は非常に厳しく、しかみ顔になってしまいましたが、まだ「関ケ原の戦い」 「大阪冬の陣」が残っています。 残りの戦いを全勝して、悲願の天下統一を目指したいと思います。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-06 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

ガンバ大阪戦 速報

  先ほどカシスタから帰宅しました。 12時間前には意気揚々と出かけたのですが、今は全身脱力状態で、頭も回りません。

  早い時間帯でしたが、赤﨑のゴールで先制しました。 これで、赤﨑もプレッシャーから解放され、のびのびできると思いました。 このまま、前半守り切れればよかったのですが、山本と曽ヶ端の連携ミスで失点してしまいます。

  後半65分には、岳のスルーパスから聖真のビューティフルゴール!アギーレ監督の御前でアピールできたと嬉しかったです。 ところが、またもや追いつかれ、ロスタイムに逆転され・・・。

  ガンバのほうが、球際に厳しく行っていましたね。 それから、今日のGK対決は完全に東口の勝ちです。 試合はどちらが勝ってもおかしくない内容でしたが、GKの差で負けてしまったと思います。 この数試合、曽ヶ端のパフォーマンスがよくないので、とても心配です。

  それから、主審の吉田さん、線審の村井さん、あのハンドがジャッジできないのは問題でしょう。 ヤットの満男に対する蹴りも、一発レッドの行為です。 終わった試合の結果は覆りませんが、JFA審判委員会で反省材料にしていただきたいです。

  残念ながら負けはしましたが、雨の中、選手もサポも力を尽くしたと思います。 この悔しさを胸に、前を向くしかありません。 本当に残り7試合、全部勝ちましょう!


こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-05 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

明日はガンバ大阪戦

  明日はいよいよ、今シーズンの天下取りへ向けた天王山です。
  リーグ戦では、第6節に首位だった鹿島は、不調の14位ガンバ大阪と対戦し、アウェーで勝利を収めました。 ナビスコ杯第4節では、ガンバMFのメンツ落ちにもかかわらず負けていますので、今季は1勝1敗です。

  いずれにしてもこの頃は、宇佐美の欠場や点取り屋のパトリックが未加入でしたから、今の絶好調ガンバではありません。 参考になりませんね。

  宇佐美はミドルシュートもさることながら、このところ良いスルーパスを連発しています。 点取り屋のパトリックと倉田のDF裏への飛び出しや、パスの出どころの遠藤など、宇佐美以外にも要注意人物が多く、手ごわい相手です。

  鹿島もFWから守備意識を高く持って戦わないと、穴をあけると思います。 勝つためには相手DFの裏や間を突くスルーパスをどれだけ出せるのかと、90分間、全員が危機管理意識を保てるかにかかってきます。
  希望スタメンはいつもの通りですが、おそらくセレーゾ監督は前節と同じメンバーを選ぶと思います・・・。

FW       赤﨑
MF  豊川  聖真  ヤス
MF      岳  満男
DF 山本  源  植田  伊東
GK       ソガ

  昌子源の怪我が気がかりですね、出場できるのでしょうか。 L・アルベルトについては情報がないのですが、体調不良ですか?後半から使いたい選手です。
  前半をゼロで押さえ、相手を運動量とインテンシティーで上回れば、勝機は必ずや、出てくるでしょう。

  チケットは18,000枚も売れているそうですが、台風にめげて来なくなる人もいるかもしれません。 雨にも負けず、台風にも負けず、カシスタへ一人でも多く集まって応援しましょう!選手たちも、決して負けないはずです。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-04 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

NHK連続テレビ小説 「花子とアン(トラーズ) 」

  J リーグの開幕とほぼ同じ頃に始まった、朝の連ドラ「花子とアン」 が9月末をもって終了しました。 村岡花子さんの生涯をドラマ化すると聞いて、興味を惹かれました。 第一話を見たら、なかなか面白かったので、つい最終回まで見てしまいました。

  花子の子役が話す甲州弁は、とても可愛かったです。 甲州弁の「こぴっと がんばれし」 が気に入ったので、自分の周りにも流行らせようと企みました。 “流行語大賞”のノミネートに協力 (?) できるよう、弊ブログの締め言葉にも使わせていただいています。

  締まりのない内容を綴っても、最後に「こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!」 を入れると、なんとなく完結した気がしてありがたかったです。

  鹿島アントラーズも、何とか優勝争いができていますので、ドラマの 「花子とアン」 は終わってしまいましたが、シーズン終了まで 「こぴっと がんばれし」 を使おうと考えています。 今年の年末は、「花子と鹿島アントラーズ」で盛り上がることを期待しています。

  さぁ~、残り8 試合! いよいよ優勝争いも、胸突き八丁にさしかかりました。 首位“さんふれっちぇ浦和”に4ポイント差です。 次節のガンバ大阪戦から、本当のトーナメント戦になります。 負けたら終わりです。

  セレーゾ監督、選手、スタッフはサッカーIQの高さを見せつけて、試合を隙なく上手く運びましょう。 どの相手にもリスペクトしつつ、運動量とインテンシティーで上回れば、勝機は転がり込むと信じています。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-03 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

鹿島アントラーズの関連商品開発

  試合前には、いろいろな縁起を担いで鹿島の勝利を祈念しています。それは身に着ける物だったり、自分の行動だったり、食べる物だったり…と様々です。

 最近では、試合に勝つとエビスビールの「ジョエル・ロブション」 で乾杯しています。 美味さはもちろんのこと、真紅のデザインが鹿島のユニ風で気に入っています。 ただし期間限定だったため、販売は終了してしまいました。 家の在庫も少なくなり、とても残念です。

  そこで、ひとつ提案があります。 我らがスポンサーのサントリーさんが現在、限定醸造で販売している 「ザ・プレミアム・モルツ コクのブレンド」 も鹿島のユニっぽくて気にいっているのですが、 従来の白いモルツを 「赤地に市松模様」 にして販売したらどうでしょうか? 格好いいので、鹿島サポだけでなく、購買意欲が湧くと思いますよ。

  1995年には、鹿島アントラーズ記念ラベルが発売されましたが、優勝したあかつきには、缶で復刻版をお願いしたいです。 クラブと共同企画して、鹿島のロゴを入れてください。 クラブは商標の使用料としてマージンをいただければよいと思います。 通信販売も視野に入れて、最終節には全国の鹿島サポーターで祝杯をあげたいものです。

赤基調モルツ     モルツグラス

  それから、信心深い鹿じいは、“勝ち守り” を集めていますが、ぜひ鹿島神宮とのコラボで「鹿島アントラーズお守り」 を作っていただきたいと思っています。 オリジナル10からJ2に 「落ちない」 という、合格祈願にも使えますよ。

  香取神宮や兄弟社の春日大社でも、各神社名入りの「鹿島アントラーズお守り」 を扱えば、全国にいる鹿島サポーターはもちろん、受験生にも人気が出ると思います。

お守り2     お守り1

  鹿島アントラーズの営業の皆さま、少しのアイデアと工夫で、商標使用料を得ることができますよ。 近いうちに、グッズ販売や人気商品の開発について考えてみたいと思います。 クラブは、健全運営のために 「その他収入」 のアップも狙いましょう。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-10-02 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR