fc2ブログ
鹿島アントラーズ

一年の締めくくりに鹿島の今季を振り返える

 今日は大晦日です。 2014年が終わろうとする今、この一年間を振り返り、鹿島アントラーズの重大ニュースを時系列に綴ってみます。

『1.世代交代が進む』 
 前年から起用されていた聖真や伊東に加え、第1節から豊川、怪我が癒えた昌子を使いました。 第3節では苦手とする鳥栖戦で豊川のファインゴールを見て、 開幕ダッシュと思われましたが・・・!?

『2.ダニーさん逝去』
 20年を超えるスタジアムDJの訃報が届きました。 「勝利の原動力!今日も頼むぜ!№12!アントラーズ・サポーターズ!」 というあの声が、今も耳に残っています。 弔い合戦となる神戸戦には負けてしまいましたが、来季には天国に優勝報告を届けたいと思います。 ご冥福をお祈りしています。

『3.ナビスコ杯予選敗退』 5月に、メンツを落としてきたガンバ大阪とヴィッセル神戸に対し、フルメンバーで負けたことが、予選敗退の最大要因となりました。

『4.曽ヶ端、新記録達成』 今季第7節で、同一クラブのリーグ戦217試合連続出場を達成しました。 本当に鉄人です。

『5.引分け無し』 幸か不幸か、ワールド杯中断前の第14節までは、引き分けがありませんでした。 3試合ほど「?」が付いた負け試合がありましたし、この時点で8勝6敗で5位でした。 やはり引分け無しというのは、「勝ちきれない、もしくは勝点1すら失う」 という不幸な結果だったのでしょう。

『6.天皇杯2回戦敗退』 ワールド杯の中断期間中、鹿分が欠乏したため、天皇杯の2回戦を見に行きました。 ソニー仙台に先行され、後半ようやく追いつきましたが、PK戦で満男以外みんなが失敗しました。 目の前で、屈辱的な敗戦を喫し後半戦が不安になりました。

『7.リーグ戦のターニングポイント』 ナビスコ杯同様、ターニングポイントは第27節のガンバ大阪に逆転負けを喫したことですね。 ガンバの遠藤と宇佐美が 「優勝できたのは、鹿島戦に勝てたから」 と言っていました。

『8.リーグ戦は3位』 最終節でサガン鳥栖に、1-0で勝てば2位、2-0以上で勝てば優勝でした。 結局3位で終了となり、優勝は来季へお預けとなりました。 最後まで、ホームでの勝率を上げることができませんでした。

『9.中田浩二の結婚と引退』 ようやく結婚したと思ったら、引退となってしまいました。 頭を使うクレバーな選手でした。 遠征先の空港などで会っても、感じが良い青年でした。 長い間ありがとう、お疲れ様でした。 満男の涙が印象的でしたね。

『10.最終戦セレモニー』 ゲーム内容と優勝を逃した二重の不甲斐なさに若鹿が泣いていましたね。 セレモニーは浩二の引退式となりました。

最終戦      前野2
ホーム最終節は、2年連続の屈辱でした           前野選手会長 来季は?

セレーゾ      セレーゾ2
セレーゾ監督                            糞みたい発言

浩二2      浩二3
浩二1      浩二5
涙でうつむく満男

 重大ニュースは、10大ニュースになりました。 皆さんの年間ニュースはいかがでしたか 
 来季こそ、リーグ優勝しないと、“常勝チーム”の看板は掲げられませんよ、力を合わせて選手をサポートしましょう

『番外編.4月から皆勤賞』
  今年の4月から始めたブログでしたが、アップするのが大変な時もありました。 アウェイのサッカー参戦や趣味の釣りなどで、何日も出かけることもあり、使い慣れないスマホでようやくアップしていました。 まさしくアップアップ! それでも、何とか一日も欠かさずに投稿することができました。
  これも、読んでくださる方々から元気をいただいたおかげです。 本当にありがとうございました。 そして、鹿島アントラーズの選手、スタッフ、サポーターの皆様、良い年をお迎えください。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-12-31 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

文化財ウイーク続編 「旧島津公爵邸」

  鹿島が、韓国代表DFファン・ソッコにオファーを出していると、スポーツ報知が報じています。 前野 ・ 山村の移籍動向やACL出場を見据えると、DFは手薄となります。
  鳥栖と競合しているようですが、ファンはDFラインならどこでもこなせる選手なので、鹿島に来てもらえば嬉しいです。 アジア枠をあけておくのも勿体ないと思います。 今後の動きに注目したいですね。

  今年もあと残りわずかになりました。 ボケて忘れてしまわないうちに、文化財ウィークの続編を記録しておきます。
  10月29日、調布市にある白百合女子大学内 「旧菊池家住宅主屋」 を見学した後、品川区東五反田にある清泉女子大学へ向いました。 開始時間までかなり待ちましたが、現地で 「旧島津公爵邸」 見学ツアーを申込みました。

  五反田駅東側の高台になっているこの地は、もとは袖ヶ崎と呼ばれた仙台伊達藩の下屋敷でした。 明治6年に島津家の所有となり、関東大震災後に桜田の上屋敷から移り住み本邸としました。
  建物の設計はジョサイア・コンドルで、地上2階地下1階建、煉瓦造り、建坪280坪の大邸宅です。 関東大震災にも揺るぐことのなかった堅牢な建築物です。

公爵邸庭から       公爵邸車寄
公爵邸庭から全貌                        公爵邸車寄

公爵邸玄関表から       公爵邸玄関
公爵邸玄関                            公爵邸玄関内側から        

公爵邸玄関紋章       公爵邸ホール
玄関の島津家紋章                        1階ホール

公爵邸大階段       公爵邸応接室
ホール大階段                           応接室  

旧公爵邸1階図       旧公爵邸2階図
1階見取図                             2階見取図

公爵邸2階ホール      公爵邸第2応接室
2階ホール                            第2応接室

  島津家は戦争中に、大邸宅の維持が困難になり、日本銀行へ売却します。 戦後はGHQの将校宿舎として使われ、接収解除後に清泉女子大学が購入し、今日に至っているものです。

  数少ないJ・コンドル設計の大邸宅を見学できました。 貴重な建築物で東京都指定有形文化財ですが、 国の重要文化財にならないのは、大学の聖堂、会議室、教室用に改修しているからだと思いました。

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

2014-12-30 : 文化財 :
Pagetop

篤人の代表辞退とベストサイドバック選出

  28日、日本代表DF内田篤人が、アジア杯オーストラリア大会への参加を辞退しました。 かねてより痛めている右膝の状態が思わしくなく、完治させることを優先したようです。
  年内最終戦だったハンブルガーSV戦はフル出場していましたが、シャルケサイドは代表召集を渋っていました。 ブンデスの中断期間に休養できなくなる長丁場のアジア杯は難しいとの判断なのでしょう。

  ブラジル大会でのパフォーマンスを考えると、代表チームにとっては大きな痛手となりますね。
  鹿島サポーターとしても、代表戦で篤人を見られないのは残念ですが、このアジア杯より、しっかり治して後半戦もシャルケで活躍することのほうが大切だと思っています。

  代わりに、予備登録済みでトレーニングパートナーの植田が選ばれました。 とても良い経験になるでしょうし、飛躍できるチャンスがあるかもしれません。 休むくらいなら練習したいと言っていた植田には、心身ともに学んできてもらい、来季は更にスケールアップしてほしいと願っています。

  膝の治療に専念することになった篤人ですが、ブンデス公式サイトが行ったユーザー投票で、前半戦のベストサイドバックに選出されました。
  候補にあがった6選手の中で、35%の得票率を獲得し、首位バイエルンのファン・ベルナトの32%を抑えて、1位に輝いています。 本当に鹿島の誇りです、たいしたものですね。

  今季の篤人は故障の影響で開幕戦には間に合いませんでしたが、9月のブレーメン戦で復帰、その後のリーグ戦は13試合連続フル出場で、3アシストを記録するなど、攻守に奮闘しています。

  日本のマスコミは、ヨーロッパで活躍する日本人選手として、ビッグチームに所属し攻撃的なポジションの本田や香川を取り上げがちです。
  しかし、ドイツ現地で地味ながらも評価されている篤人のプレーに、もっとスポットを当てる必要があると感じます。 アイドル扱いするマスコミはもっての外です。

  篤人は、鹿島アントラーズの若手にとって良い手本になっており、刺激も与えているのでしょうね。 もっともっと活躍して、最後は鹿島に戻って来てほしいものです。 我々に力と希望を与えてくれることに感謝しています。

こぴっと がんばれし 鹿戦士たち!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2014-12-29 : 鹿島アントラーズ・日本代表 :
Pagetop

アギーレ監督の八百長疑惑会見

  昨日、日本代表アギーレ監督の記者会見が開かれました。 「39年間、汚点となる試合はまったくない」 と八百長疑惑を完全に否定し、潔白を主張したとのことです。

  そのうえで、「推定無罪は法の原則」 として、有罪判決が下りない限り辞任する可能性はないと発言しました。 明日からアジア杯に向けた合宿に入り、1月9日に開幕するアジア杯の連覇を目指し、そしてW杯予選を戦うつもりのようです。

  そもそも、アギーレに潔白発言や今後の決意表明の場を提供している日本サッカー協会が信じられないですね。 ワールド杯ブラジル大会の失策について、何も言及せず、誰も責任を取っていないのですよ。
  しかも、それらを隠すかのように早々と灰色だったアギーレ監督を選び、次のW杯へ世間の目を向かせたのです。

  JFAは、とっても身内に甘い素人経営者の集まりです。 アギーレとどのような契約を交わしているのかはわかりませんが、刑事告発されたら違約金なしで解雇できるという条項はないのでしょうか。 あればとっくに解雇しているのでしょうけど・・・。

  告発が受理されて裁判になるか否かとか、推定無罪とかではなく、八百長疑惑を持たれること自体が大問題です。 この時点で、代表監督として不適格と判断すべきです。 アジア杯の前に首を切って、手倉森コーチでアジア杯を乗り切りましょう。

  この時期の代表監督選びは、人材が少ないでしょうから、まずはJFAの体制を刷新して立て直すことが先決です。 アギーレを選んだ原専務理事や霜田強化担当技術委員長はもちろん、トップの大仁会長は、すべての責任をとって早々に辞職すべきと考えます。
  新体制を整えたうえで、新監督はこの際、一年ぐらい時間をかけて選んでも良いのではないでしょうか。

  Jリーグと代表に関わる選手らに影響を最小にするため、速やかな決断が必要ですよ

こぴっと がんばれし 鹿戦士たちとJFA!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2014-12-28 : Jリーグ :
Pagetop

文化財ウィークの「旧菊池家住宅主屋」

  日頃は、持て余すほど時間があるのですが、さすがに今日は大掃除やらなんやらで、世間並みに忙しくなりました。 ゆっくりパソコンに向き合っていられないので、書き溜めておいた 「秋の文化財ウィーク」 をアップします。

  10月29日、調布市にある白百合女子大学を訪れました。 構内には、今年4月に国登録有形文化財に指定された 「旧菊池家住宅主屋」 があります。 一日限りの公開とのことで、事前に予約をして出かけました。

  この名主家の住宅は、伊豆の修禅寺から移築された江戸時代後期のものと伝えられています。 その後、昭和の初めに中将湯本舗 「津村順天堂」 の創業者が譲り受け、当地にあった 「津村薬草園」 に移築しました。 戦後の農地解放により帝国石油から白百合女子大学と所有者が変わりました。

旧菊池家全貌        旧菊池家庭から
旧菊池家全貌                           アプローチから見た旧菊池家

旧菊池家旧土間        旧菊池家現況図
旧菊池家土間 会議室として改修               現況図 復元図と比べると土間、式台周辺が
                                          改修している
旧菊池家土間の梁        旧菊池家復元図
旧菊池家土間の梁                         復元図 

旧菊池家旧式台        旧菊池家広間
旧式台 広い縁側になっている                 土間から見た広間

旧菊池家上座敷        旧菊池家付書院
奥座敷                                奥座敷付書院

  最初の所有者の津村は旧菊池家の主屋をそっくり解体移築しましたが、その後、会社の保養施設となり、今では大学の部活動や卒業生のクラス会などにも使われているそうです。 建物内部が変更されているのは致し方ないですね。 文化財保護の難しさを感じました。

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

2014-12-27 : 文化財 :
Pagetop

新シーズンのスケジュールと L・アルベルトの退団

  昨日、L・アルベルトの契約満了に伴う退団発表がありました。 本当に残念ですね。多少プレーの粗さはありましたが、高さを活かした攻守が光る良い選手でした。

  リーグの終盤は怪我で欠場となり、優勝を逃した要因の一つになるほどでした。 新天地での活躍を祈るとともに、本人が「アントラーズファミリーの一員です。皆さんと再会できる日を楽しみにしています。」と言っているように、こちらも再会できる日を待っています。

  一方、鹿島アントラーズ2015シーズンのスケジュールも発表されました。 チームの始動日は1月13日です。 予想した通り、いつもより早い始動となります。

  トレーニングキャンプは1月22日から2月4日まで、宮崎市内の KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場で行われます。

  その後、鹿島神宮での必勝祈願が2月12日13:00~14:00 (予定) となっています。

  プレシーズンマッチについては、まだ発表されていません。わかっているスケジュールは、キャンプの終了日が2月4日で、ACLの初戦がホームで2月25日に予定されています。 2戦目は、3月4日アウェイでプレーオフの勝者と対戦し、 3月7日にはJリーグの開幕戦と続きます。

  これらを見ると、プレシーズンマッチは2月の第1週にアビスパ福岡戦、中旬に水戸ホーリーホック戦となるのでしょうか?

  アジア杯に招集される柴﨑岳と昌子源は(植田は合宿のみの参加)、12月29日から合宿に入り、1月12日アジア杯の初戦を迎えます。ちなみに決勝戦は1月31日というスケジュールです。

  二人は鹿島の合宿に全く参加できませんから、体力づくりとチームの戦術理解が心配されますね。 戦術については今季と大きな変更がなければ、サッカーIQが高い二人のことですから、プレシーズンマッチで充分でしょう。

  サポーターも、新シーズンスケジュールに合わせて忙しくなります。 忘年会や新年会でサケにのまれている場合ではありません。摂生して、体調管理に努めましょう そして、ACLの初戦、2月25日を万全で臨みましょう

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-12-26 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

新ユニ発表と前野の移籍報道、そして大阪旅行記(その2)

  来季のユニフォームが発表されました。 見慣れないせいでしょうか、う~ん・・・?…。 個人的な感想は控えますが、チームが強ければ何でもいいユニに見えてきますよね。

 スポニチでは、前野の新潟移籍が決定的だと報道されています。 本当に残念ですが、出場機会を求めていくのは仕方ないことです。
  良くない人の集まるチームへの移籍ではなく、新潟はいいクラブだと思いますので、前野の決断を尊重したいです。 鹿島戦以外での活躍を願っています。

 機会を失ってしまうので、再びC大阪戦後の大阪観光をアップします。 12月1日は曇天の中、前日に引き続き市内めぐりをしました。

  国重要文化財の淀屋橋へ移動し、中之島にある日銀大阪支店、国重要文化財の市立中央公会堂・府立中之島図書館を見学して、中央公会堂にあるレストランで昼食としました。

淀屋橋      大江橋
淀屋橋                             大江橋  

日銀大阪支店1      日銀大阪支店2
日銀大阪支店

水晶橋      図書館1
水晶橋 周辺は石造の古い橋が多い          水晶橋の前にある府立中之島図書館  
図書館2      図書館3
図書館の中央ドーム内部 工事中でした
図書館4      中央公会堂1
                                 図書館に隣接している市中央公会堂
公会堂ホール      公会堂地下
中央公会堂エントランスホール              地下のレストランからの階段
集会室1      集会室2
3階の特別室                         特別室のステンドグラス

  見学予約をしていた谷町四丁目駅近くにある市文化財の 「太閤下水」 へ向いました。 豊臣秀吉の大阪築城に伴うまちづくりの一つです。 太閤下水は、その一部である約20Kmが、改修されながら現役として使用されています。 貴重な近世の遺構です。

太閤下水1      太閤下水2
太閤下水の見学施設入口です
太閤下水3      太閤下水4
下水の幅は通常、一尺から四尺、大きなものは一間から二間あり、石垣で護岸されていました。

大丸      のぞみ
御堂筋の大丸本館 大正期の建築物

  御堂筋駅へ戻り、お土産を買って新大阪駅へ。 今回初めて大阪の文化財をゆっくり見学しましたが、「太閤下水」 は大したものでした。 秀吉公はもちろん、大阪の人々のまちづくりに対する心意気が感じられる良い旅になりました。

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

2014-12-25 : 文化財 :
Pagetop

アントラーズとクラブワールド杯

  クラブワールド杯は欧州王者のRマドリードが南米王者のサンロレンソを2―0で下して、優勝しました。 前身のトヨタ杯からは12年ぶり、ACミランと並ぶ最多4度目の世界チャンピオンとなりました。

  世界有数の金満クラブであるRマドリードは、ボール保持率63%と一方的な展開とし、点差以上に楽勝の内容となりました。 この勝利により、3か月間公式戦22連勝とのこと、凄いものです。

  3位決定戦は、オセアニア王者のオークランドシティが1―1からのPK戦を4―2で制し、北中米カリブ海王者のクルスアスルを退けました。
  アマチュアクラブの大快挙です。 今大会に出場している唯一の日本人である岩田は、左サイドバックでフル出場し、チームの勝利に貢献しました。

  今回は、オークランドシティとアジア王者のウェスタン・シドニーに注目して見ていました。 アジア・オセアニアサッカーがどこまで通用するのか、その差を感じたかったのです。

  ウェスタン・シドニーは、初戦で敗退しましたが、オークランドシティは、資金力が乏しいながらも勝ち進みました。 準決勝では、サンロレンソの汚いプレーにもめげずに粘りました。 勝てるかとも思いましたが、もう一歩のところで敗退となり、本当に残念でした。

  オークランドシティは、決して高さを利用したサッカーをしませんでしたね。 丁寧にバックラインから繋ぎ、バイタルエリアで決定機を演出していました。

  来季に向けて、鹿島の良い手本となりました。 アントラーズのサッカーを表現できれば、世界でも通用しますよ。 ただ、南米のスパイク踏みや脚蹴りなど、汚いプレーに負けない身体と精神力づくりは必要になると思いました。

  いきなり世界大会の話をしましたが、まずは、ACLを勝ち抜かなければ、クラブワールド杯のピッチには立てません。 韓国の強さ、中国の荒さなどアジアの壁をチーム全体で乗り越え、アジア王者になりましょう。

  ACLの開幕が今から楽しみです。 できればアウェイの予選から参戦したいので、これから計画を立てようかなぁ

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-12-24 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

祝!ガンバ大阪の4冠をユースが阻止

  第22回Jリーグ・ユース選手権の決勝が行われ、鹿島アントラーズは見事に優勝しました。

  今日の長居は、天気も良く穏やかな中での戦いとなりました。 前半から終始、ガンバ大阪がポゼッションをするも、なかなか決定機を作れません。
  一方、鹿島アントラーズは中盤省略のサッカーでゴールへ向いますが、やはり決定的なチャンスは少なかったです。

  そんな中、前半の終了間近、寺門が準決勝に続いてセットプレーからヘディングで先行しました。 勝利へ向けた大きな得点となりました。

  後半はガンバが攻めたて、守備を固める鹿島は、途中出場の平尾にドリブルでのしかけを許し、寺門が誘われるようにPKを与えてしまい、同点とされます。 時間が時間だったので、勿体なかったですね。

  延長戦でも、ガンバのボール回しを鹿島は必死に耐え抜き、PK決着となりました。 結果は4対3で、10年ぶり3回目の優勝となりました。

  トップチームの仇討ちをユース世代が良くやってくれました。 チームメンバーはもちろん、尽力された親御さんやチーム関係者の方々には、本当におめでとうございます、そしてありがとうございますと言いたいです。

  この試合を見る限り、技術的なポテンシャルはガンバの方が高いと感じました。 しかし、勝つための精神力は鹿島が優っていたと思います。 球際で負けない、最後まで走り抜くなど、優勝するためのエッセンスを持ったチームでしたね。

  3年生は、ほとんどが大学や社会人のチームへ進むと思いますが、新しいステージでさらにポテンシャルをあげるよう頑張って欲しいです。 この優勝経験を胸に、鹿島の誇りを持って歩んでください。

  トップ昇格が決まっている鈴木と大橋は、トップリーグの選手としてはまだまだです。 心身ともにしっかり鍛えて運動量と技術を磨かないと、Jリーグデビューはほど遠いものとなります。
 勝負の時は、3年間です。 恵まれた体格を活かして、ヴァージョンアップした姿を見せてくださいね、期待していますよ。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズユース!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-12-23 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

ネタがないので、大阪旅行記(その1)

  篤人と大迫がリーグのクリスマス中断のため、帰国しました。篤人は、29日から代表合宿へ合流する予定だそうです。 鹿島関連のニュースは、他には聞こえてきません。 ネタがない時は、自分の記録のためにも旅行記をアップします。
  第33節C大阪に快勝した後の大阪見物です。 気分も天気も良く、楽しい市内巡りができました。 写真を中心に報告しますので、アウェイで大阪観光する参考になれば幸いです。

  淀屋橋駅で下車し、船場地区を歩きました。 国重要文化財の愛珠幼稚園(非公開)は耐震工事中、緒方洪庵の適塾、国登録文化財の新井ビル、接着剤ボンドの小西家、基督教団浪花教会、その他たくさんの近代建築が見られました。

愛珠幼稚園1     愛珠幼稚園2
愛珠幼稚園 非公開の現役幼稚園です         耐震工事中で建物が見えませんでした

新井ビル   野村ビル2 野村ビル  生駒時計店    
新井ビル                         野村ビル               生駒時計店

小西家表     小西家1
小西家 表側                          小西家 裏側

浪花教会1     浪花教会2
浪花教会表側                         浪花教会内部

少彦名神社     適塾1
薬の神様 少彦名神社で勝利のお礼           国重要文化財の適塾

適塾2     適塾内1
間口約12m×奥行約39m 木造一部2階建      蘭学塾としては唯一の遺構です  
適塾内2     適塾内3    

  淀屋橋駅に戻り、そこから市バスで大阪城公園へ。 大阪府庁、国重要文化財の配水ポンプ場、大手門、千貫櫓、多門櫓、六番櫓そして、史跡の蛸石、天守閣、近代建築の旧大阪市立博物館、旧陸軍化学分析場などを見て回りました。

大阪府庁     配水場
大阪府庁 県庁建築では一番古い建物         現役の配水ポンプ場 

多門櫓・千貫櫓     六番櫓
千貫櫓・多門櫓                        六番櫓     

桜門     蛸石     
桜門                               蛸石

天守閣1       天守閣2
天守閣は昭和初年に再建の国登録文化財       天守閣以外の建造物は国重要文化財です

金蔵       空堀
金蔵                                空堀
旧博物館     化学分析場
旧大阪市立博物館(旧第四師団司令部庁舎)      陸軍の旧化学分析場

  時間に余裕があったので、歩いて大阪城北詰方面にある国重要文化財の泉布観と旧桜宮公会堂(共に非公開)を見ました。
造幣局       桜宮公会堂
造幣局                              旧桜宮公会堂 正面玄関部分が国重要文化財
泉布観1       泉布観2
国重要文化財 泉布観 旧造幣局の応接所         

 心斎橋で連夜の祝勝会をしました。幸せだったなぁ~!

グリコ       食いだおれ太郎
法善寺横丁       水かけ不動

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

2014-12-22 : 文化財 :
Pagetop

Jリーグ・ユース選手権ファイナルへ

  昨日、第22回Jリーグ・ユース選手権の準決勝が行われました。 鹿島は清水に3-1で快勝し、10大会ぶりの決勝進出を決めました。

  冷たい雨が激しく降り、ピッチコンディションも悪い中、鹿島は前半早々にルーズボールを武田が決めて先制できました。 これで、精神的にも優位に試合を運ぶことができましたね。 しっかり守って、カウンターを狙いました。

  後半に入り、清水が中盤で数的優位を作ると、一気に主導権は清水の手に渡り、序盤で早くも同点に追い付かれてしまします。

  その後、粘り強くボールを繋いで攻めてくる清水に対し、徐々に後手を踏むようになります。 鹿島にとっては苦しい時間帯になりましたが、失点後、熊谷監督は運動量がある色摩、高さのある寺門を投入しました。
  この監督采配が当たり、左SBからのハイクロスに寺門がヘディングでこのボールを叩きつけます。 ボールは雨で弾まなかったため、GKの股間を抜け、ラッキーにも逆転弾となりました。

  清水ペースとなっていた中で、まさに恵みの1点となり、ここからは落ち着いた試合運びができました。 終盤、前掛かりになった相手に対して、カウンターが功を奏します。 スピードのある色摩が、切れの良いドリブルで右サイドを破り、折り返したボールを平戸が合わせて、勝負を決めました。

  鹿島が悪天候の中、粘った清水を突き放して、23日にヤンマースタジアムで行われるファイナル、ガンバ大阪戦へと勝ち名乗りをあげました。

  決勝戦は、もっと良いピッチコンディションの中で、試合させてあげたいですね。 鹿島は1年生と2年生も多いので、今後も楽しみです。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズユース!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-12-21 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

ACL2015 マッチスケジュール

 鹿島のオフィシャルから、キックオフ時間および試合会場は未定なものの、ACL戦の日程が発表されました。

 グループステージの組合せは、「鹿島のACLはH組に決定」 に書いた通りです。 鹿島の日程は、次の通りになりました。

2月25日(水) 鹿島アントラーズ×ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ
3月 4 日(水) プレーオフ勝者1×鹿島アントラーズ
3月18日(水) 広州恒大×鹿島アントラーズ
4月 7 日(火) 鹿島アントラーズ×広州恒大
4月21日(火) ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ×鹿島アントラーズ
5月 5 日(火) 鹿島アントラーズ×プレーオフ勝者1
プレーオフ勝者1 は、実績から考えてもFCソウルが勝ち上がってくると思うのですが・・・。

  鹿島のACLは4年ぶりになりますね。 ミッドウィークでの開催だったので、今までは生で観戦したことがありません。 ようやく、平日でも出かけられる身になったので、ぜひアウェイも応援に行きたいと考えています。

  サッカーは抜きにしても一度は行ってみたいと思っていたシドニーですが、テロ事件があったばかりなので、少し腰が引けています。 中国はイマイチ気乗りがしないのですが・・・!? 

  FCソウルがプレーオフ勝者1になったら、韓国へは絶対に参戦するつもりです。 ただ、ハノイT&T(ベトナム) やプルシブ・バンドン(インドネシア) が勝ち上がってくる可能性も否定できないので、旅行の計画が立てにくいです。

  鹿島のACLの成績は、2008年のベスト8が最高です。 一発勝負だったラウンド16の壁がどうにも越えられませんでしたね。
  浦和レッズやガンバ大阪の後塵を拝してばかりでは、鹿島のプライドが許しません。

  ACLの経験者が少なくなった鹿島ですが、かえって活きのよい若手が主体となってきているので、死の組を修業の場として臨み、勝って勢いを付けましょう!

  決勝は第1戦、11月7日(土) 、第2戦、11月21日(土) です。若鹿たちよ、ここまで頑張って、目指せ4冠!!

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-12-20 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

来季J1リーグの日程などが決定

  2015J1リーグの大会方式と試合方式がJFAから発表されました。
  大会方式は、18クラブによる1stステージ・2ndステージ制リーグ戦 (呼称は明治安田生命J1リーグ)、及びチャンピオンシップです。

  試合方式は各ステージ17節、1回戦総当たりのリーグ戦で、両ステージでホーム&アウェイとなります。
  開催期間は3月7日(土)~11月22日(日)です。

  そして、アントラーズサポーターの一番の関心事であるチャンピオンシップは、1回戦が11月25日(水)、準決勝が11月28日(土)となりました。

  決勝の第1戦が12月2日(水)、第2戦は12月5日(土)となり、チャンピオンシップのトーナメント表はJFAから発表されています(いずれも仮称だそうです)。

  年間順位の決定方法は、チャンピオンシップ決勝戦の勝者を年間優勝チームとし、敗者を2位とします。 3位以下については、チャンピオンシップ決勝戦出場チームを除く年間勝点の順位で決定します。
  なお、AFCチャンピオンズリーグには、上記年間順位上位3位までの3チームが出場します。

  11月の弊ブログで、来シーズンの過酷な日程を予想していたのですが、開幕日が想定よりずれ込み、3月となりました。 リーグ終了日やチャンピオンシップの開催を考えると選手がかわいそうですね。

  ヤマザキナビスコカップの日程は発表されていますが、名演出家たる日程くんによるJリーグのスケジュールはもちろん 、第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会の年間予定の発表を楽しみにしています。 しかし、そのカレンダーを見れば、日程の過酷さが想像以上に鮮明になると思います。

  JFAの収益のためにサッカー選手の選手生命が縮むことを憂慮します。 スポンサーが生命保険会社とは、とても皮肉ですね。

こぴっと がんばれし 日本サッカー協会!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2014-12-19 : Jリーグ :
Pagetop

高崎寛之選手、ようこそ鹿島へ

  鹿島アントラーズのオフィシャルから、徳島ヴォルティスの高崎寛之選手が完全移籍で加入すると発表がありました。

  ダヴィの離脱により不足していたFWの加入です。 鹿島戦でしか見たことがないのですが、高くて強さがあり、敵に回すと嫌な選手でしたね。

  茨城県結城郡八千代町出身の28歳で、188cm78kgとあります。 田代有三以降、久しく高さのあるFWがいなかった(大迫は高さで勝負していない) ので、とても期待しています。

  赤﨑やダヴィとはタイプが違う選手ですが、敵陣での空中戦や決定力について評価が高い選手です。 どちらかというと2トップに合っているようなので、赤﨑といいコンビが組めるのではないでしょうか。

  ヤスや聖真からのクロスや折り返しのターゲットにもなり、セットプレーからも得点シーンを演出できそうなので、1年目から本人のキャリアハイの成績を残せると確信しています。

  地元茨城と鹿島アントラーズという看板のプレッシャーを逆手にとって、頑張ってください。 応援します。

  ダヴィが長期に離脱しているので、まだまだFWは足りません。 ブラジル人FWのヒットも期待しています。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-12-18 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

一足早いクリスマス

  昨日、「日清食品カップヌードル なんちゃらかんちゃら・・・?」 という差出人から、何か送られてきました。 開封してみると、「鹿島アントラーズオリジナルエコバック」 が入っていました。

  いったい何のことやら・・・と、戸惑いつつ同封されたチラシを読むと、日清食品さんとタイヨーさんが共催した 「がんばろう!ニッポン がんばれ!アントラーズ キャンペーン2014夏」 へ応募したのが、当選したのだと分かりました。

日清1        日清2
日清3 「当選のお知らせ」 と 「エコバック」

  あれは確か、浦和戦の観戦チケットに応募したのでした。 副賞もあったのですね、すっかり忘れていました。 今さらという感はありますが、ちょっと早いクリスマスプレゼントをいただいた気がして、嬉しくなりました。 サンタさんは、「鹿じいへは鹿島グッズ」 だと、ご存知のようでした。

  もう一つ、録画しておいたチャリティーマッチをようやく見ました。 公式戦では見られない緩いディフェンスなので、点取り屋は楽しそうに、やすやすと得点していましたね。

  中でも柳沢の2点目と浩二のPKが印象的でした。 鹿島のサポーターにとっては、たまらない展開となり、こちらもクリスマス気分にさせてくれました。

チャリティー引退       チャリティー満男
柳沢と浩二の引退セレモニー                  満男が主催者代表あいさつ
   
  この試合のMIPは、楽天イーグルスの銀二選手と林サンタの二人でしたね。 銀二選手のFKとボレーシュートは、さすがの身体能力をうかがわせました。

  林サンタも、お面をつけたままのビックセーブやコーナーキック、100mダッシュなど、その身体能力の高さに驚かされました。 呼吸が苦しかったと思いますが、最後までお面を取らずに、嫌味のないサービス精神が感じられました。 改めて、鹿島に欲しい選手だと感じました。

  サンタさん、お願いですから鹿島アントラーズに素晴らしい選手をプレゼントしてください。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-12-17 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

アギーレ監督が八百長疑惑で告発

 日本代表のアギーレ監督が検察当局に告発されたと、朝からテレビで繰り返し報道しています。 スペインのサラゴサ時代に八百長に関わったという疑惑によるものです。

 日本サッカー協会は昨日、アジアカップの日本代表メンバー23人を発表したばかりです。 これまではスペインの新聞が、あくまでも疑惑として報道していましたが、本格的な捜査が始まるということは、穏やかではないですね。

  告発が受理されれば、アギーレ監督は裁判所への出頭を求められることになります。 代表選手やチームも動揺するでしょうし、アジアカップに向けた合宿にも影響を及ぼします。

  八百長疑惑の内容は、アギーレ監督が率いていたサラゴサ (現2部) が、2011年の最終節でレバンテを下して1部残留を決めた試合において、レバンテ側に負けるように金を渡したというものです。

  アギーレ監督への嫌疑ですが、、試合前にサラゴサの会長と幹部が、スポーツディレクター、アギーレ監督、主力3選手と会談し、チームの同意を確認した上で“試合操作”の方針を決定したとのことです。

  JFAの西沢コミュニケーション部長は 「協会に連絡はない。 コメントのしようがない。」 と他人事のようにコメントをしていますが、捜査の経過を見てから・・・などという半端な気持ちは捨てた方がよいですよ。

  そもそも、お金の問題が絡んでいることで有名な方でしたので、代表監督に選んだJFAの責任も問われるでしょう。 アギーレさんの退陣は勿論ですが、日本サッカー協会の責任でも書いた通り、原専務理事と霜田技術委員長はきちんと謝罪したうえで、辞めるべきだと考えます。

こぴっと がんばれし 日本サッカー協会!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2014-12-16 : Jリーグ :
Pagetop

アジアカップ代表選出

  本日JFAから、アジアカップ オーストラリア2015に向けた日本代表メンバーが発表されました。

  本田や篤人など常連メンバーに加えて、鹿島アントラーズからは、昌子源と柴崎岳が選出されました。 予備登録で名前の挙がっていた植田は、トレーニングパートナーとして国内合宿に参加するとのことです。

  岳には、ポジション争いで遠藤保仁や今野に競り勝ってほしいと思います。 源も、ベンチを温めながら指をくわえて、見ているのではなく、自分の長所をアピールして試合に出られるよう頑張ってください。 吉田や森重クラスなら越えられますよ、がんばれ!

  また、トレーニングパートナーとして合宿参加できる植田は、好機到来ですね。 高くて強いパフォーマンスを見せつけて、これから先につなげていきましょう。

  さて、鹿島アントラーズ関連の移籍情報も入ってきました。 オファーを出していたセレッソ大阪の丸橋祐介は、来季セレッソ大阪と契約更新したとのことです。
  鹿島も、西の動向次第ではSBの選手層が薄くなるので残念ですが、丸橋とは縁が無かったようです。 その分、伊東にチャンスが回ってきます。 来季は、セレーゾ監督が 「伊東を使いたい」 と思わせるようなパフォーマンスを見せてほしいものです。

  それから、タイのチームを退団した岩政大樹が、ファジアーノ岡山へ加入するという発表がありました。 タイへは単身赴任でしたから、実家にも近い岡山でよかったですね。 岩政先生は、若手の見本にもなりますし、ファジアーノ岡山のJ1昇格に力を注いでもらいたいと考えます。

  鹿島の移籍もACLをにらみ、FWの選手不足をはじめ、各ポジションの動向が注目です。 オフィシャルから目が離せなくなりました。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-12-15 : 鹿島アントラーズ・日本代表 :
Pagetop

Jリーグアウォーズのベストピッチ賞

 今シーズンのJリーグアウォーズの事前予想は、鹿島関連の表彰は優秀選手賞を除けばベストピッチ賞くらいかなぁ・・・と思いこんでいました。
  蓋を開けてみれば、最優秀ゴール賞やベストヤングプレーヤーなど、鹿戦士7人が表彰されて、とても喜ばしく思いました。 しかし、大本命にしていたベストピッチ賞は選外となりました。

  去年のオープンスタジアムで立たせてもらったピッチは、とても良く見えました。 係員の方に伺うと、それでも芝の根付きがまだまだとのことでした。
  今シーズンは、10月の豪雨開催で水たまりもできず、素人が見る限りとてもよいコンディションだと思っていました。 それなのに選外とは・・・。

  そもそもベストピッチ賞は、2001年に 「J1ベストピッチ賞」 として制定されたものです。 2005年より 「Jリーグベストピッチ賞」 に改められました。
  規定試合数以上 (2014年現在はJ1とJ3は9試合、J2は12試合) 開催したスタジアムの中から、マッチコミッショナーの評価を元にチェアマンが決定しています。
  正賞はブック型楯とシンプルなのですが、カシスタを誇りに思うサポとしては、ぜひ獲りたい賞のひとつです。

  今回も含めて、受賞したスタジアムは、「IAIスタジアム日本平」 7連続8回、「東北電力ビッグスワンスタジアム」 4回、「日産スタジアム」 4回、「埼玉スタジアム2002」 3回、「NACK5スタジアム大宮」 2回、「キンチョウスタジアム」 2回です。
  1回のスタジアムは「札幌ドーム」、「カシマスタジアム」、「平塚競技場」、「等々力陸上競技場」、「豊田スタジアム」、「北九州市立本城陸上競技場」です。

  カシスタは2012年シーズン終了後、芝の全面張り替え工事と配水工事に着手して、13年シーズンから今のピッチでサッカーを魅せています。
  特に今シーズンは水捌けも良く、凹凸もなくてボールがスムーズに動き、スパイクが芝に絡む光景も目にしませんでした。 ああ、それなのに・・・!?

  今年受賞したNACK5スタジアム大宮、IAIスタジアム日本平、豊田スタジアム、北九州市立本城陸上競技場の4つのスタジアムについては、行ったことがないところもあり、すべてのゲームをみている訳ではないので、カシスタとの比較ができません。
  しかし、どれ程の差があって優劣をつけられているのでしょうか。 機会があれば、チェアマンに聞いてみたいものです。

こぴっと がんばれし カシマスタジアム!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-12-14 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

鹿島のACLはH組に決定

  今日行われた天皇杯の決勝は、ガンバ大阪が3-1でモンテディオ山形を破り、5年ぶり4度目の制覇となりました。 2000年の鹿島に続いて、国内3大タイトルを獲り、3冠達成です。

  日本サッカーにおいて、年間3冠やリーグ3連覇は鹿島の独占ブランドだったので、何とも癪な話ですね。
  ガンバ優勝の結果、ACL1次リーグではガンバがF組、浦和がG組、鹿島がH組となり、リーグ戦で4位に入った柏が、プレーオフへ出場することになりました。

  タラレバになりますが、山形がガンバに勝って天皇杯覇者になっていれば、3冠が阻止できました。 そして、鹿島はプレーオフからの参加となりますが、1勝すれば対戦相手がやや楽なE組に入れたのですが・・・。

  鹿島が入ったH組は、2013年に優勝した中国の金満クラブ、広州恒大がいます。 また今シーズン、その広州恒大を準々決勝で破って優勝したウェスタン・シドニー・ワンダラーズとも戦うことになります。

  同組のもう一チームは、プレーオフ勝者1となっており、韓国とベトナムとインドネシアの勝者になります。 韓国のクラブが勝ちあがってくるとすると、他の組と比較すれば死の組と言えるでしょう。

  試合をする前から、ため息をついても仕方がありません。 決勝トーナメントへ行っても、いずれは広州恒大とも当たるでしょうから、早く当たって勝っちゃいましょう

  若鹿にとっても、アジアの強豪と戦うのはとても良い経験になりますし、勝てば勢いがついて、一気に突っ走れると考えます。

  2月24日がグループステージの開幕戦ですから、例年より早いキャンプインで2015シーズンに備え、絶対にアジアチャンピオンになりましょう 常に前人未踏の地を踏むのは、鹿島アントラーズです。 今度は4冠を目指しましょう

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-12-13 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

GK林彰洋へオファー

  以前からチラホラ噂されていましたが、日刊スポーツにも昨日 「鹿島はサガン鳥栖のGK林彰洋(27)へオファー」 と出たようです。

  林は、大学生の時からU-20ワールド杯などで活躍していました。 外見は、女子レスリングの浜口京子選手に似ており、もしかしてあのアニマルの血筋かと思ったほどです。 デカくてキックが良い選手という好印象を持っていました。

  鹿島アントラーズも、大学在学中から興味を示していたようですが、本人は退学して海外でプレーする道を選びました。気が付いたらいつの間にか日本に戻り、清水エスパルスに入団していました。 その後、サガン鳥栖での活躍は衆知のとおりです。

  鹿島は永きにわたり、鉄人曽ヶ端が守護神の座を守ってきました。 チームは、何度も好セーブに救われ、勝ちを拾ってきました。
  しかし、ここ数年、ボールへの飛び出しやCBとの連携でミスが散見されるようになりました。 曽ヶ端自身、口には出せない怪我や疲労などがあったのだろうと、素人判断しています。 今後個人の努力で解決できるものであれば、何の問題はありません。

  いずれにせよ、この先ずっと曽ヶ端任せという訳にはいきません。 いつかは世代交代しなければならないのですが、第2キーパーの佐藤や川俣、小泉が即、鹿島のゴールマウスを守れるかと問われると、それは経験のなさからも難しいと言わざるを得ません。

  鹿島は、「よそのJ1チームのスタメンを引き抜かない」 という チームのコンセプトがありますが、清水から本田拓也が移籍した例もあります。 GKの補強は急務とも言えますから、林へのオファーはフロントとしても的確な判断だと評価したいと思います。

  林自身の考えはどうなのか、他チームからのオファーがあるのか、まったくわかりませんが、個人的にはぜひとも鹿島ファミリーになってもらいたいと思います。 本当にいいクラブですよ。 今後の交渉の行く末を見守りたいと思います。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-12-12 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

セレッソ大阪戦番外編

  鹿島アントラーズは、昨年に続きホームで最終節に敗れ、落胆したままオフに入りました。 浩二の引退や宮内の退団など、毎年この時期は寂しい思いで一杯になります。 落ち着いたら今シーズンを振り返り、来季に向けた移籍話などにも触れたいと思います。

  その前に、タイミングを逸して過去の話しになってしまいましたが、楽しかった大阪観光の記録を残しておきます。 11月29日は楽しみにしていたセレッソ大阪戦でした。

  東京駅8時前発 「のぞみ」 で出発。 途中、岐阜羽島駅に停車中の 「ドクターイエロー」 を初めて見て感激しました。 新大阪駅からは、地下鉄と南海本線を乗り継いで住吉大社駅へ向いました。

のぞみ3     軌道車
                                  住吉大社前を走る阪堺電軌線

  摂津国の一之宮です。 拝殿は、第一本宮から第四本宮まで配置された、国宝指定の 「住吉造」 です。

住吉鳥居     太鼓橋
楼門から3宮     第3・4本宮
楼門から第3本宮                       第3本宮と第4本宮は並列で配置

第2本宮     第1本宮
第2本宮 第1本宮から第3本宮は直線に配置     第1本宮では結婚式が行われていました

  敵地の一之宮で必勝祈願をして、タクシーで長居スタジアムへ行きました。

  カイオの1点目までに時間が掛かりましたが、赤﨑の2点目で勝負が決しました。 その後、赤﨑の3点目が入り、岳の4点目はあまりにもカッケかったので、興奮して得点ボードの写真を取り損ないました。

長居スタジアム     サポーター
3点目     終了挨拶

  その晩は新世界へ行き、行列ができる串揚げの有名店、八重勝さんで祝杯を挙げました。 幸せな一日を過ごし、ぐっすり眠れました。

通天閣     新世界
串揚げ1     串揚げ2

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-12-11 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

岳、ヤス、西、源が優秀選手に選出

  昨日、Jリーグアウォーズが行われました。 すっかり忘れていたのですが、知人が横浜まで見に出かけると聞き、録画予約が間に合いました。

  ものすごく長~いイベントなので、他のチームの選手には申し訳ないのですが、鹿島アントラーズに関わるところだけ早送りして見ました。 表彰された鹿島アントラーズ及び鹿島ファミリーの選手のみなさま、おめでとうございます。

 「最優秀ゴール賞」 は西大伍が選ばれました。 当然でしょうね、誰でも簡単にできる技ではないです。 「小笠原が、8割は俺のゴール。俺がお前に当てたゴール」 と西は冗談めかしてコメントしていました。 確かに7・8割は出し手のボール精度ですが、あれを決める西も凄いと思います。
  副賞の 「UEFAチャンピオンズリーグ観戦ペアの旅」 をニコニコ顔で受け取っていましたが、観戦してそのまま・・・ということはないですよね。ちゃんと帰ってきて下さいよ。

 「ベストヤングプレーヤー賞」 はカイオが選ばれ、外国籍選手として初受賞となりました。 てっきりFC東京の武藤だと思っていたのですが、武藤は21歳以下のヤングではなかったようです。
 カイオはポルトガル語で、鹿島への感謝と「一歩前に踏み出したばかり、頂点に立ちたい」 と落ち着いてコメントしていました。 もっと練習して、ボールロストを減らせれば、世界で戦える驚異の選手になれますよ。目指せ、頂点 !

  32名の 「優秀選手賞」 に、鹿島アントラーズからは昌子源、西大伍、柴﨑岳、遠藤康が選ばれました。 その中から 「ベストイレブン」 に岳が初めて選ばれ、「今年は飛躍の年でもあり、スタートの年でもあった、来年は成長スピードを上げて活躍したい。」 とコメントを発していました。 言うことが違うなぁ~、さすが次期キャプテンです。

  祝賀ムードに水を差すようですが、毎年 「ベストイレブン」 の顔ぶれには、疑念が生まれます。 Jリーグアォーズといいつつ、日本代表に選ばれて代表戦に出場している選手に対する功労的なにおいを感じてしまうのは鹿じいだけでしょうか。

  今年もレオ・シルバとパトリックの外国籍選手を除くと、代表に選ばれていないのは宇佐美だけですね。 もう少しリーグ戦の活躍に特化した選出方法にしても良いのではないでしょうか。

  実力的には代表に引けを取らないのに代表に呼ばれないという選手もいます。代表か否かは別にして、リーグ戦でしっかり結果を残している選手にスポットを当てないと、Jリーグの発展は望めないと考えています。

こぴっと がんばれし 若鹿たち!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-12-10 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

鹿島がACL2015プレーオフへ

  『2014J1第34節で延期されていましたアルビレックス新潟対柏レイソル戦が昨日行われ、全ての順位が確定し、鹿島アントラーズが第3位。 それに伴い、鹿島アントラーズは同リーグの第3位チームに与えられるAFCチャンピオンズリーグ2015プレーオフの出場権を獲得。』 とJFAから発表がありました。

 参考までに、ACL2015プレーオフおよびグループステージの組み合わせ抽選会は、12月11日に日本時間の17:00からマレーシアで行われます。

  現状では、鹿島アントラーズはプレーオフのラウンド3からの出場となります。 ラウンド3は日本、韓国、オーストラリア、中国の4か国とラウンド2から勝ち上がった4チームと戦うようです。 1試合勝てば、グループステージへ行けるのだと理解しているのですが・・・!?

  プレーオフは2月の初旬から始まりますので、来季はキャンプの時期やアジアカップへ出場する選手のコンディションなど、いろいろと難しくなりますね。 来季のスケジュールを考えると、最終節のサガン鳥栖に勝って、2位を確保したかったです。

  13日に行われる天皇杯の決勝は、ガンバ大阪の三冠を阻止するべくモンテディオ山形の優勝を望んでいましたが、プレーオフを回避するためにはガンバの優勝も仕方がないのかなぁ~・・・!?

  鹿島が本大会へ出場を決めた場合、4年ぶり6回目の出場となります。 ACLにおける過去の成績は、今と大会のレギュレーションが多少違いますが、ベスト16が壁となっていました。

<鹿島のACL成績>
2002/03年 グループステージ敗退
2008年    ベスト 8
2009年     ベスト16
2010年     ベスト16
2011年     ベスト16

  浦和レッズが07年に優勝し、ガンバ大阪も08年に優勝していますから、Jリーグの盟主たらんと欲する鹿島アントラーズとしては、必ずやACL優勝は成し遂げなければならないでしょう

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-12-09 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

祝 モンテディオ山形がJ1昇格

  J1昇格プレーオフは、6位のモンテディオ山形が3位のジェフユナイテッド千葉を1―0で下して、2011年以来4季ぶり2度目のJ1昇格を決めました。

  味の素スタジアムだったので、見に行こうかとも思いましたが、鹿島の敗戦ショックから立ち直れずにテレビ観戦となりました。

  前半37分、小柄な山崎がヘッドでねじ込みました。 終盤は千葉の猛攻を受けるも、GK山岸を中心とした必死の守りで先制点を死守しました。 元鹿戦士の石川、當間の活躍が何よりでしたね。

  一方の千葉は、天皇杯準決勝に続いて山形に連敗し、導入から3年連続してプレーオフでの敗退となりました。 さすがの関塚監督と言えども、来季以降が心配です。

  石崎監督は、さすがの仕事人です。 3チームをJ1に上げた史上3人目の監督となりました。 徳島ヴォルティスの小林監督と並んで、資金の乏しい球団をまとめ上げる職人ですね。 鹿じいは日頃より敬服していますが、招聘したクラブの慧眼も称賛したいです。

  山形は、昇格の喜びに浸る間もなく今週末にはクラブ史上初の天皇杯決勝です。 ガンバ大阪と対戦しますが、鹿島サポーターとしては是非ともガンバの3冠を阻止してほしいと願っています・・・!? 石川、當間、中島の元鹿戦士トリオが、きっと輝いてくれるでしょう。

  モンテディオ山形の本拠地であるNDソフトスタジアム山形へは、今までチャンスが無く、行ったことがありません。 来季はぜひ、渓流釣りを兼ねて行きたいと思います。 日程くんが繰り出す驚くべき試合スケジュールが待ち遠しいです。

こぴっと がんばれし 元鹿戦士トリオ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2014-12-08 : Jリーグ :
Pagetop

サガン鳥栖戦 レビュー

  はぁ~・・・セレーゾと同じ気持ちの 「クソみたいな試合!」。 はぁぁ~・・・悔しい!

  一夜明けても、憤懣やるかたない自分の気持ちの処理に困っています。 昨夜は満男を始めとして、鹿戦士は皆眠れなかったのではないでしょうか。

  悔しすぎて録画を見直すことを躊躇しましたが、34分の1だと思い直しました。 どうしてここ3戦のようなプレーができなかったのかを確認しました。

  試合の入りは、聖真の初シュートに見られるように、やや前掛かりになるも悪くはなかったです。 しかし6分に、安田のクロスから池田がポストとなり、高橋がシュートを決めます。 鹿島の選手は、寄せもポジショニングも悪く、先制点を許してしまいました。

  この得点を境に、鳥栖は守備面でハイプレスを掛け、鹿島の選手に襲い掛かります。 植田や源の判断ミスから危ないシーンを何度か作られ、攻撃面でも鹿島のサッカーをさせて貰えませんでした。 やはり、鳥栖はいいチームですね。

  後半も似たような流れで始まります。 再三再四CKから攻めますが、鳥栖の守備も強く、得点できませんでした。
  残り20分くらいから、鳥栖は脚を攣る選手も増えて、足が止まり始めました。 この好機にも鹿島は相手を上回る運動量とインテンシティーを示せませんでしたね。

  86分から岳をバックラインにさげて、植田をFWにしたパワープレーを敢行しますが、普段からやらないことを急造でやっても、効果が出るはずがないでしょう。 いつも通り小刻みにパスをつなぐか、ワイドを使って攻めて欲しかったです。

  相手の運動量とインテンシティーが上回る時は、個人技で相手をかわす技術や、ワンツーなどのコンビネーション攻撃や無駄走りが必要なのではないでしょうか。 これらができない鹿島の選手には、サッカーの神様も“まだまだ未熟なので、優勝はお預けだ”と言っていたのでしょう。

  鹿島は若くてポテンシャルが高い選手が多いのですから、自分たちのサッカーをやらせて貰えないときの対策として、個人技はもちろん、チームプレーとメンタルを鍛えていきましょう。 セレーゾの言う通り、練習好きになれば来季は絶対に優勝できますよ

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-12-07 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

サガン鳥栖戦 速報

 今日は本当に、本当に勝たなくてはいけない試合でした。にもかかわらず、玉際に厳しい鳥栖を相手に、前半から苦戦しました。失点したことで、焦りも見えました。

 後半、鳥栖の何人かの選手は、早くから足をつっていました。それくらい前半から走っていたと言えます。

 対する鹿島は、サイドを使って揺さぶったり、繋いで仕掛けたりすることができません。ついには、植田を上げ、ルイスとともにターゲットとするというパワープレーを敢行します。

 

 優勝のチャンスを自ら逃してしまい、残念な結果になりました。浩二の引退セレモニーもあって、目頭が熱くなりましたが、ずっと泣いていた満男の心中を察すると胸が痛みます。

 来年は、この悔しさを糧にぜ~ったい優勝してやる!今はそれしか考えられません。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-12-06 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

明日は最終節、サガン鳥栖戦

  さぁー、いよいよ最終節を迎えます。 思い返せば開幕の甲府戦は、大雪に見舞われた小瀬から国立へ開催場所が急きょ変更されたのでしたね。 早いもので、あれから9ヶ月が経ちました。

  ここまでの33試合、しっかり勝ち点を取ったり、情けなく取りこぼしたり・・・と色々ありましたが、今は最終節まで優勝争いができている幸せを噛みしめています。 選手とチームに感謝です!!

  サガン鳥栖は、前節の浦和戦で一発退場になった菊地と、累積警告の藤田が欠場となります。 いずれも鳥栖の中心選手ですし、あのロングスローがないのは有難いです。

  その浦和戦のアディショナルタイムのことです。 浦和が1点リードし、このまま終わりそうな気配が漂い始めた頃、藤田と阿部がぶつかり、藤田のファールになりました。
 藤田は執拗に主審に抗議します。 無駄に時間が過ぎていく中で、金民友は素早く相手ボールをセットし、再開を促しました。 残り1分の同点弾につながる好プレーです。 鹿島の選手も見習いたいですね。

  そんな金民友は、スピードのある良い選手です。 主に左サイドを主戦場にしていますので、鹿島の右サイドが対応しなければなりません。

守備に重点をおいた、頑固にいつもの希望スタメンです。

FW       赤﨑
MF  豊川  聖真  ヤス
MF      岳   満男
DF 山本  源  植田  伊東
GK       ソガ 

  伊東はこのところベンチにも入れていないので、セレーゾ監督は西を起用すると考えます。 しかし、前節に見られた西と満男の守備面でのミスが気にかかります。
  鳥栖は攻守両面でセットプレーを得意としていますから、集中して守りましょう。 前半で鹿島が先取し、リードしたまま折り返せれば、後半の頭からL・アルベルトを投入し、守備力と高さがある青木や山村を状況に応じて早めに使って欲しいです。

  ここ3試合の対戦相手より、鳥栖は運動量とインテンシティーがあり、最後まで諦めないチームです。 従って、鹿島は全員でそれを上回るパフォーマンスを示さなければなりません。

  何といっても、ホーム最終節です。 昨年の悔しさを晴らすためにも、絶対に勝って、ガンバや浦和の結果を待ちましょう。 もちろん、最高の結果を望みますが、最低でもACLプレーオフに回らない順位を確保したいものです。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-12-05 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

扇谷主審

  以前から、審判のライセンス取得及び更新に体重制限はないのかなぁ~と疑問に思っていました。 もちろん身長に比しての体重ですが、審判員を目指す方は皆さん、ダッシュ力があり、足が速く、長距離を走れるので、当然スマートですから制限など必要ないのですね。

 そんな中、どうみても駿足には見えない方がお一人いらっしゃいます。 前節は、優勝争いの大一番を吹かれたようです。

  その試合は、ホテルでスポーツニュースのハイライトシーンとして見ました。 PKと判定されたシーンでは、首を傾げてしまい、そのまま帰京しました。

  他チームの試合は、録画してまで見ることはめったにないのですが、傾いた首を戻すために、帰京してから録画しました。 問題のシーンは、67分です。 ロングフィードを受けた李とDF菊地が競り、やや遅れた菊地が脚を伸ばしたところ、両足を残して李が転倒したものです。

  テレビ画面からは扇谷主審のポジショニングが不明ですが、想定するにハーフライン手前あたりかと思います。 カウンターとはいえ、主審のポジショニングが悪いですね。 もっと走って近づく努力をしなければなりません。 遠くから、しかも菊地越しに見ていた扇谷さんには、菊地の決定機阻止と見えたのでしょう。

  世界の一流主審でしたら、逆に李のシュミレーションを取ったのではないでしょうか。 NHKでは正面からの映像で、李と菊地の太腿がかすっているように見えましたが、スカパーは横からのカメラアングルで、脚が掛かっているようには見えませんでした。

  アディショナルタイムに小林のヘッドで同点に追いついたので、扇谷主審は浦和にアシストしたと言われずに済みましたね。 菊地のファールか李のシュミレーションか、遠くて確認できない場合は、無理にジャッジしないで流すのが公正ではないでしょうか。
  もしくは、このようにゲームを決することになるようなジャッジは、ビデオを活用して後腐れのないようにしてほしいと切に願います。

  最終節の鳥栖戦は、菊地と藤田が欠場となります。これが、扇谷主審から鹿島へのアシストになるよう、 ともかく勝って、ガンバと浦和の結果を待ちましょう

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2014-12-04 : Jリーグ :
Pagetop

中田浩二選手が引退

  今日、鹿島アントラーズのオフィシャルサイトで中田浩二選手の引退発表がありました。 いつかこの日が来ることは分かっていましたが、本当に寂しいですね。

  79年組の星が一つ去っていくことになりました。 今季、若手の台頭の陰で、出場機会が減っていたので、それなりの覚悟はしていました。
  いずれは指導者になるとしても、今シーズン後は、他のチームへ移籍するのか、引退して鹿島のスタッフになるのか、それとも解説者としてマスコミ関係へ行くのか、その選択に注目していました。

  本人のコメントによれば、鹿島でスタッフとして残るようなので、本当によかったと思っています。 海外へ活躍の場を求めて突然移籍した時には、悲しい思いもしましたが、それも懐かしい過去の話になりました。
  数々の優勝へ貢献してくれたことやワールドカップ日韓大会での活躍、最近では若手のお手本となるなど、本当にアントラーズが誇れる一流選手でした。

  遠征先の空港や駅で会っても、オープンスタジアムなどで会っても、気さくに応対していただき、本当にありがとうございました。 今年のユニにもサインしていただいたのが、最後の記念となってしまいました。

  79年組では、不器用な満男や曽ヶ端に対し、社交的でソツがない浩二と本山がそのカバーをしていましたね。 全般的に口が重い鹿島の選手の中で、浩二は広告塔的な役割を良く担ってくれていました。 今後は、やはりCBのポジションを受け継いだ源が、その役を買うのでしょうね。

  鹿島アントラーズが誇るイケメン選手が、また一人いなくなるのが心配です。 サッカーは、男だけの遊び道具ではありません。 広く女性ファンを確保することもチーム運営上の重要事項なので、今後が気になりますね。

  たわ言はともかく、進む道がコーチなのか、スカウト活動なのか不明ですが、鹿島アントラーズが今後も強くあり続けるための手助けをお願いします。 期待しています。
  また鹿島でお会いすることもあると思いますが、今まで通りに気さくに応対していただければうれしいです。

  長い間、本当にありがとうございました。 そして、これからもよろしくお願いいたします。 最終節では、ピッチに立つユニフォーム姿を目に焼き付けます。

こぴっと がんばれし 中田浩二!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-12-03 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

ミラクルな結末を期待

  J1昇格プレーオフの初戦は、ジュビロ磐田とモンテディオ山形が対決しました。 大阪観光中の開催だったので、今日になってようやく録画を見ることができました。 結果を知ったうえでの観戦でしたが、面白いゲームでしたね。

  山形のディエゴの先制弾で幕開けしたゲームは、前半のアディショナルタイムにルーズボールを押し込んだ磐田が追いつきました。

  後半は、追いついた勢いで俄然、磐田が有利に展開するのかと思いきや、磐田はボールを運んでシュートで終わるのですが、決めきれません。 それでも見ていたほとんどの方々は、引き分けで磐田が決勝へ進むと思ったでしょうね。

  直近の5試合を4分1敗だった磐田に対し、山形は4勝1敗でこの試合へ臨んでいました。 勝因は、その流れの違いだったのか、サッカーの神様が再三の好レシーブへのご褒美として、GK山岸にアディショナルタイムでのヘディングシュートをプレゼントしたのかは分かりません。

  鹿じいは、天皇杯準決勝後に、勢いに乗れた山形が磐田に勝つと予想しました。 その通りの結果になったことと、元鹿戦士3人組が頑張っていることが、とても嬉しく思います。

  しかし、次の決戦の予想は難しいですね、勢いの山形なのか、研究し尽くしてくるジェフユナイテッド千葉なのか、予測はつきません。

  このプレーオフ制度自体は反対の立場ですが、最後は山形にミラクルで面白いサッカーをぜひ見せてもらいたいと思っています。

  鹿島アントラーズも、最終節で奇跡的な結末をサポーターにプレゼントしてください。 駆けつけて、力強く応援します。 それから、徳島のアレックスにもアシストをお願いしたいですね。

こぴっと がんばれし 鹿島アントラーズ&元鹿戦士!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

斜体文

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2014-12-02 : Jリーグ :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR