fc2ブログ
鹿島アントラーズ

アジア杯決勝戦

  韓国チームには元・現Jリーガーが多く、馴染みがありました。 オーストラリアのジェイソンは、成立学園出身のクウォーターだそうですね。 いい選手だと思いました。 まったく選手を知らない中東の国とは異なり、楽しんで観ることができました。

  韓国とオーストラリアは、互いに球際で厳しい守備力を見せ、死力を尽くした良いゲームとなりました。 これが日本だったら・・・と選手を置き換えながら観ていたのですが、どちらの国を相手にしても攻守ともに負けてしまうと感じました。

  解説の山本昌邦さんが 「この両チームは、ワールド杯後、勇気を持って世代交代を図ってきたチームである」 と言っていました。 そして、「スタメンを含めた23人をしっかり使えるチーム」 ともコメントしていました。 JFAとアギーレには耳が痛いと思いますが、全く同感です。

  日本は近年、すべての世代においてアジアで優勝することができません。 若手育成力で後れをとっています。 このままでは、W杯出場権を得ることも難しくなるでしょう。

  柴﨑岳や昌子源をはじめ若鹿たちは、この試合を見たのでしょうか? 両チームとも同世代が中心選手として活躍していました。 ファイティングスピリットに火をつけて、更なる成長を目指してほしいと思います。

  さて、明日はニューイヤー・カップ大分戦です。 タイトルが掛かった試合ですが、勝敗や内容より、疲労が蓄積している中で、今季目指しているサッカーが見せられれば良いのではないでしょうか。 明日を楽しみにしましょう

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2015-01-31 : 鹿島アントラーズ・日本代表 :
Pagetop

横綱白鵬の審判批判

  白鵬が優勝後のインタビューで、審判部を批判したことが問題視されています。 横綱審議委員長は 「品格がない」、 理事長は 「審判部は神聖なもの」 と叱責し、問題の本質を歪曲化しています。 「誤りや欠点を指摘し、正すべきであると論じること」 がいけないことなのでしょうか。

  このように保守的な相撲界ですが、テニス界もそうであるように、微妙な判定には人の目だけに頼らず、電子機器を利用しています。 片やサッカー界では、誤審はつきものだとして大きな問題として扱われていません。

  去年の9月、このブログでも、リーグ戦での誤審や、ワールド杯で一流審判員がジャッジを誤ったり、選手に騙されるという事例を挙げました。 残念ながら、誤審はなくならないですね。

  誤審を少なくするためには、主審の運動量をあげて、極力選手のそばで角度をつけて判定することや、インカムを有効に使い審判間のコミュニケーションを上げること、ビデオ判定審判を設け、その意見を参考とするなどの方法が考えられます。

  実際、インカムはJリーグでも導入されましたが、その効果は上がっているのでしょうか? 結局、きちんと見ることのできない人達が会話しているだけなので、見えないことに変わりはないように思われます。

  ビデオ審判については、8年ほど前に上川審判委員長 (当時は委員長ではありませんでしたが) とお会いした時に、お尋ねしたのですが、 「検討していないし、将来も導入しない方針」 とおっしゃっていました。

  草サッカーで笛を吹いていたのですが、動体視力には限界があり、しばしば判断できないことがありました。 どんなレベルの試合であっても、人間だから仕方がない、誤審もサッカーの一部だと言って片づけるのは間違っていると思います。
  特に、プロの選手は生活、ひいては人生をかけてサッカーに携わっているのですから。

  FIFAに先駆けて日本は、ビデオ審判の導入を試してみる価値があると思います。 「テニスのチャレンジ」 を見ても、審判員の価値を下げるとは思いません。

  新シーズンを迎え、今年こそ鹿島アントラーズが不利益を被らないためにも、JFAやFIFAに要請したいものです。 「誤りや欠点を指摘し、正すべきである」 と論じてみましょう。

がんばれ 日本サッカー協会!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2015-01-30 : Jリーグ :
Pagetop

大迫、ケルンで構想外!?

  少し古い話題になりますが、26日付独ビルト紙の記事 「ケルン大迫、ツォラーの居場所はない?」 を日刊スポーツが転載していました。

  大迫は、冬季中断期間のフロリダ合宿における練習試合で結果を残せていないようです。

  相手の攻撃に耐えてカウンターを仕掛けるケルンの戦法に合致していないのでしょうか? 以前見た試合では、カウンターから見事なクロスを入れて、勝ちにつながるプレーをしていたのですが・・・。

  大迫ほど高いポテンシャルを持ち、それを発揮できる選手は、Jリーグではごくわずかしかいません。 だからワールド杯ブラジル大会で、あれだけ大迫を無視し続けたザッケローニが本番で先発で起用したのだと思います。

  合宿はチーム戦術を確認する場です。 そこで他の選手との連携に改善が見られなければ、構想外になるでしょう。

 今月19日、ジネイと契約が成立しなかった時に 「大金を払ってでも、大迫に帰ってきてもらいましょう。」 と、このブログで書きました。 ケルンで多くを学び得るものがあるなら、このようなことは言いません。

 大迫のプレーがケルンの戦法に合致していないのなら、24歳の今を無駄すべきではないと思います。 アントラーズ不動のワントップとして早く戻って来てもらい、鹿島で大活躍してもらうのがチームにとっても本人にとってもベストではないでしょうか。

  今年はACLもある鹿島で、そして日本代表としても、活躍するべき選手だと思います。 そうすればいくらでも、海外へ再チャレンジする機会が生まれますよ。 プレースタイルと同様に、大迫のフレキシブルな対応に期待したいです。

  アントラーズの強化担当は、ジネイの契約金を大迫獲得に使いましょうよ。 三顧の礼をもって、ドイツへ迎えに飛んでくださるよう、お願いします。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-01-29 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

日本橋探訪 その2

  アナログのおんぼろアンテナでは、鹿島のニュースを受信することができず、ネタがありません。 先日、日本橋へ出かけ、三井本館を見学した続編をお伝えします。

  誰もが良く知る老舗のデパートへ寄って見ました。 江戸時代から続く呉服屋 「三井越後屋」 が、日本最初の百貨店として始めた三越本店です。 今までデパートとはまったく無縁だったのですが、買い物をしなくても楽しめることを初めて知りました。

  昭和10年に完成。 大理石をふんだんに使用したルネッサンス式建築物です。 日本橋の顔として 「東京都選定歴史的建造物」 に指定されています。

三越本館      三越玄関上

三越ライオン      天女像2
                                    天女像
天女像1天女全体像      三越天井

三越明り取り      三越パイプ
明かり取りの窓はすべてデザインが異なります       昭和5年輸入のパイプオルガンの生演奏

三越アンモナイト      三越化石2
壁のアンモナイト化石                       ベレムナイト(甲イカの祖先)の化石                      

三越照明1      三越照明2
照明も素敵です                          1階のシャンデリア

三越エレベーター1      エレベーター2
エレベーターも古く、いろいろな形があります

 帰りがけに日本橋を渡り、同じく老舗の百貨店、高島屋も見て来ました。

日本橋1      日本橋2
首都高速道路がせっかくの景観を壊しています

  高島屋は昭和8年に「東洋趣味ヲ基調トスル現代建築」という様式の店舗を構えました。 高度経済成長期に増築、改築を繰り返しますが、平成21年に百貨店建築初の重要文化財の指定を受けています。

高島屋      高島屋1階

高島屋天井      高島屋照明
漆喰装飾の格天井と照明                    照明器具もカッコ良いです

高島屋エレベーター      高島屋旧水呑場
エレベーター                            正面出入り口にある旧水呑場  

高島屋大階段      高島屋1階から大階段
地下から1階への大階段                    1階から見た大階段

  さすがに老舗の百貨店です。 半日いても飽きませんでした。 特に三越は、いたるところに椅子が置いてあり、休憩をとりながらゆっくり見て廻れるので、年寄りには嬉しい気遣いだと思います。 おかげでついつい、財布の紐も緩んでしまいましたよ。

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

2015-01-28 : 文化財 :
Pagetop

キャンプ紅白戦から見えるもの

  宮崎キャンプでは、フィジカルトレーニングや砂浜でのサーキットトレーニングを行い、一年を通して戦える体を作っているようです。 3日目には、紅白戦も実施されたとのことです。

  ディフェンスは、代表組の昌子源と植田がキャンプに合流していないので、何とも不確定ですが、この試合でファン ソッコはCBに起用されていました。 セレーゾ監督は、このユーティリティ選手をどのように使っていくのでしょうか? 楽しみです。

  豊川や杉本もいい動きを見せているようですから、今年は昨年以上に得点やアシスト数を伸ばせるのではないかと期待しています。 さらにユースの4人も頑張って、経験を積んでいるようで、今後の若鹿たちの成長が楽しみです。

  紅白戦を見ると、今年も4-2-3-1の陣形で戦うようです。 個人的には、今季は2トップで戦って欲しいと思っていましたが、残念ながらジネイの未加入によりFWが不足してしまったので仕方がないと考えています。

  昨季も上手く回った4-2-3-1に異論はありません。 しかし、相手チームの戦術や相手の中心選手の特徴によっては、3バックやアンカーを置くシステムも有効になると思います。 山村や青木、梅鉢を活かすためにも、ぜひ取り入れて欲しいです。

  2月のニューイヤー・カップがもうすぐに迫ってきました。 今年の厳しいスケジュールを乗り切るためにも、総力戦で戦いましょう。 新しい鹿島アントラーズに期待し、楽しみたいと思います。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-01-27 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

日本橋探訪 その1

  BS日テレの番組 「ぶらぶら美術館・博物館」 で、日本橋の三井記念美術館が「雪と月と花」 をテーマに開催されていると放送がありました。 24日が最終日とのことだったので、国宝 「雪松図屏風」を見ながら、三井本館や三越もゆっくり見てこようと思い、日本橋へ出かけてみました。

  三井本館は、1階に三井信託銀行が店舗を構えています。 この建物は、旧三井財閥の本拠地でした。 関東大震災を経た昭和4年に、三井合名会社、三井銀行、三井信託銀行、旧三井物産、三井鉱山などの本社が入る新社屋として竣工したそうです。

  現存する日本最古の近代アメリカン・オフィスビルといわれ、平成10年に国の重要文化財に指定されています。

三井本館1      三井本館と美術館入口
本館の設計・施工はアメリカの会社 コリント式の列柱   隣の三井タワーに美術館入口があります   

三井入口ドアー正面玄関ドアー    三井エレベーターホール
                                    玄関ホール エレベーター 床 天井
三井入口床      三井ロビー天井

  土曜日は残念なことに閉館のため、内部は見られませんでした。 1階フロアの吹き抜け大空間、イタリア産大理石の内装、繊細な彫刻が施されたインテリアなどは、次の機会に見学したいと思います。

  三井記念美術館の内部は撮影禁止なので、写真は撮れませんでしたが、国宝 「志野茶碗 銘卯花墻」や丸山応挙作 「雪松図屏風」 に眼福いたしました。 三井家は、鹿好きで絵画や彫刻をたくさん集めているそうです。 今のご当主は、鹿島サポーターでしょうか?

美術館アプローチ      美術館招待券

美術館入口鹿像      美術館書庫
美術館入口にあった鹿像                    美術館フロアーにあった金庫のような書庫 

芽吹神社1      芽吹神社2

  COREDO室町をぶらぶらし、目の前にあった福徳神社にお参りしました。 二代将軍徳川秀忠公が 「芽吹稲荷」 と名付けたという由緒があるそうです。 めでたい神号の神社で、福と徳が得られますように、鹿島アントラーズの優勝をお願いしてきました。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

2015-01-26 : 文化財 :
Pagetop

ベスト8敗退にも係わらず、アギーレ続投!?

  アジア杯はUAEに敗れて、1996年以来の早期敗退です。 この結果について、日本サッカー協会の大仁会長は、帰国後、「アギーレ監督は、攻撃面で十分やってくれているので続投」 と発言しました。

  また、八百長疑惑については、裁判所が告発を受理したとスペインの複数メディアが報じていますが、「スペイン在住の顧問弁護士らの独自調査で、まだ受理はされていないと報告を受けている。 受理されなければ問題ない。」 との認識を示しています。

  大仁会長のいずれの話にも、まったく納得できません。

  UEA戦の結果について、英国紙ガーディアンは「アジア杯史上最大の番狂わせの一つ」 と報じています。 確かに日本は、アジア中で突出したチームと一般的に思われているようですが、これは優勝回数からくる錯覚で、サッカーレベルは他のアジア諸国と紙一重に近いでしょう。

  ブラジルのTV解説者は、「日本はゲームを支配したが、決定機を外し続けた。 技術、精神面などで世界トップとはかなりの差がある」 と指摘していました。 今に始まったことではなく、ワールド杯の内容を見ても明らかなことです。

  今大会は、ワールド杯から半年しか経っていないので、チームを作り直す時間がありませんでした。 結局、ワールド杯の主なメンバーの9割でスタメンを固めてしまったところに問題があると思います。

  ザッケローニ時代から守備が不得意で攻撃面でも空回りばかりしている選手を、インサイドハーフとして使い続ける意図が全く分かりません。 どうせベスト8で負けるなら、もっと4年後を見据えたチームで戦っても良かったのではないかと悔やまれます。

  コンフェデレーションズ杯への出場権を逃し、今の主力を据え置いたままのチームづくりでは、ロシア大会へ向けてザックと同じ轍を踏むに違いありません。

  また、八百長疑惑については、正式に裁判所が告発を受理したか否かが問題ではありません。 これほどまでに疑惑の渦中にいる人を、代表監督として国を挙げて応援することができますか? 代表選手、Jリーグの関係者、サッカーファン、子どもを含めた一般国民みんなが、尊敬することができますか?

  アジア杯の結果、今後の展望、八百長疑惑、こうしてざっと見ただけで問題が山積しており、監督を解任することが妥当だと思われます。 焦って外国人監督を探す必要はありません。 日本人代表監督(仮) というのはいかがでしょう。

  そして、何度も繰り返しますが、日本サッカー協会の責任者は、責任をとって辞任しなければいけませんよ。

早めに手を打とう 日本サッカー協会!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2015-01-25 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

岳は輝くも、アジア杯敗退

  昨日のUAE戦で、後半9分に遠藤保仁と交代した柴﨑岳は、チームに攻撃のリズムを生み出すボール捌きを披露しました。

  圧巻は、本田とのワンツーからのファインゴールでした。 本田の折り返しが緩く、相手DFが3人いる難しい状況でしたが、ゴールネット左隅へ突き刺しました。

  アントラーズのサポーターなら、岳の実力は知っていますから、昨日の試合でのパスやシュートは特段驚くことはありません。

  しかし、プレースキックを見て感心しました。 以前より、抜群に精度が上がりましたね。 コーナーキック7本中4本がドンピシャでした。 受け手のミスが無ければアシストもついたでしょう。

  本田が岳に任せたという延長後半のFKは、ボール1つ分外れました。 敵GKは全く反応ができなかったので、枠に入れば試合を決めることができましたね。 岳は、代表戦に出れば出るほど、鹿島から旅立つ日が近づいてくるようです。

  試合後のコメントも、「まさかこういうところで負けると想像していなかった」 とか、「(ベンチ経験を)終わってみればよいものになった」 とか相変わらず器の大きさを示すものでした。

  悔しい思いをしている岳には申し訳ありませんが、これで鹿戦士3人衆は代表チームで学んだことをおみやげにして、宮崎キャンプに合流できます。

  3人とも違った意味で不本意であるとは思いますが、とにかくお疲れ様でした。 そして、今後世界で戦うためにも、まずは鹿島アントラーズで力を発揮しましょう。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2015-01-24 : 鹿島アントラーズ・日本代表 :
Pagetop

過酷な日程

  年間を通した日程が分かりにくかったので、ACL一次リーグとJリーグを合わせてみました。
  他のACL組も同様だと思いますが、アウェイが続く週もあり、過酷なスケジュールとなっています。

2015 Jリーグ&ACL 日程

節     日 程  キックオフ H/A  対戦相手
ACL   2/25水   未定    H   シドニー・ワンダラーズ

ACL   3/4  水   未定    A   未定
↓ 中3日
第1節  3/8  日   1300    A   清水エスパルス

第2節  3/14土   1400     H   湘南ベルマーレ
↓ 中3日
ACL    3/18水   未定    A   広州恒大
↓ 中3日
第3節  3/22日   1700    A   名古屋グランパス

第4節  4/3 金   1900    H   サガン鳥栖
↓ 中3日
ACL   4/7 火   未定    H   広州恒大
↓ 中4日
第5節  4/12日   1900    H   アルビレックス新潟
↓ 中3日
第6節  4/16日   1900     A    柏レイソル
↓ 中4日
ACL   4/21火   未定     A    シドニー・ワンダラーズ
↓ 中3日
第7節  4/25土   1400     H    ヴィッセル神戸
↓ 中3日
第8節  4/29水   1400     A    ベガルタ仙台
↓ 中2日
第9節  5/2 土   1500    H   ヴァンフォーレ甲府
↓ 中2日
ACL   5/5 火   未定    H    未定
↓ 中4日
第11節 5/10日   1600    A    FC東京

  第11節のFC東京戦まで、息つく間もないほどの試合が組まれています。 これでは、のんびりと渓流釣りや文化財巡りの旅をしながらのアウェイ計画は難しいものとなりました。

  初めから皆勤賞を諦めているサポーターでさえ、困るほどの日程です。 チームに若者が増えたとはいえ、疲労からくる怪我がとても心配です。

  素人が言うのは大きなお世話ですが、セレーゾ監督が大好きなスタメン固定では絶対に戦えません。 鹿島は戦力的にターンオーバーはできないでしょうから、常にコンデションが良い選手に、勝利への責任を持たせてスタメンから使って欲しいです。

  ローテーション制を厳守して、ヤマ場を乗りきってください。 そして、若手の更なる成長を楽しみにしています。 みんなで頑張りましょう

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-01-23 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

Jリーグ日程発表

  鹿島アントラーズは、今日から宮崎でキャンプインです。 しっかりコンビネーションやチーム戦略を構築し、新設されたニューイヤー・カップ大会で、その成果をお披露目してくれることでしょう。

  そして、鹿島へ戻り、鹿島神宮での優勝祈願です。 水戸ホーリーホックとのPSMを経て、おそらく練習試合をこなして、ACL戦を迎えることになります。

  さて、今日発表のJリーグ1st ・2ndステージの日程です。 既に発表があった清水エスパルス、湘南ベルマーレに加えて、第3節以降の試合の相手、時間、会場が公表されました。

  東京在住の身にとって、ホームの鹿島へ参戦するのとアウェイに出かけるのは、移動時間だけを比べると、どちらも大差はありません。 従って諸般の条件を調整しながら、鹿島サポが少ないアウェイになるべく参戦して、選手の背を押そうと目論んでいます。

  ざぁーっと見たところ、ゴールデンウィークは、2日がホームでヴァンフォーレ甲府戦、5日にACL戦です。 秋のシルバーウィークは、Jリーグがありません。 う~む、渓流釣りとうまくリンクできませんね。 なかなかこちらの都合には合わないものです。

  これから趣味の渓流釣りや文化財巡り旅とサッカー観戦が、上手くコラボできるよう、真剣に検討しようと考えています。

 今季、FWの駒不足が心配ですが、早期補充を祈りながら、現有勢力の大活躍を期待したいと思います。

  12月には、みんなで笑って終わりましょう やろうぜ 選手たち、サポーターの皆さん!!

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-01-22 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

ヨルダン戦と東京駅探検の続き

  昨日のヨルダン戦は、残り5分で、ようやく岳が出場しました。 本田がキッチリ決めていれば、アシストがついたのですが・・・。

  森重が削られた時には、源のアップ姿が放映されたので、もしかしたら・・・とも思ったのですが、残念ながら初キャップにはなりませんでした。

  この先、昌子源と植田の出場はよほどのアクシデントがない限り、難しいかもしれません。 それでも、二人にとっては、すごく貴重な経験であり、いろいろなことを身につけて、無事に鹿島に帰ってきてほしいです。

  試合内容についてのコメントは、「思いのほかヨルダンがショボかった」 の一言でスルーします。

  18日、東京駅を探検した後で、国の重要文化財である明治生命館 (現明治安田生命会社) を訪れました。

  いわゆるお堀端、日比谷通りの馬場先門にある建物で、竣工は昭和9年です。 太平洋戦争後には、GHQに接収されて、アメリカ極東空軍司令部として使用されました。 昭和31年に接収解除となり、美しい姿を今日にも保っています。

明治生命全景1      明治生命全景2
建物の外観はコリント式の列柱が並ぶ古典主義建築です

明治生命会議室      食堂
米・英・中・ソによる対日理事会で使用された会議室    食堂 

エアコン      エアコンダイアル
創建時より全館冷暖房の吹き出し口             空調の調整ダイアル

大執務室      明治生命天井  
1階営業室 大理石の柱が林立しています         漆喰と石膏彫刻による天井  

明治生命ロビー      記載台
ロビー                                記載台
客用長椅子      床アンモナイト

  1階の大空間と2階の回廊は、ともに壁、柱、床材のすべてが大理石という引き締まった豪華さがありました。 記載台は、脚も含めて大理石で作られていました。

  これらに相対して、2階の会議室や応接室などは木材が主役です。 家具も各部屋に合わせ、スパニッシュ式やルネッサンス式などの西洋古典様式を用いて、温かみが感じられる造りとなっています。

  国内で、これほどまでに豪華な石材を使った建築物を初めて観ました。 見所満載の東京駅からすぐ近くに、このような文化財があるとは、長年東京に住んでいますが、恥ずかしながら知りませんでした。

  土曜日と日曜日は、建物を無料で開放していますので、機会があればぜひ一度覗いてみてはいかがでしょうか。 とても良いものを観ることができました。

  戦前の日本の技術力も素晴らしいし、それを残して公開している企業も立派だと思いました。 あ、今シーズンのJリーグの冠スポンサーさんでしたね。

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

2015-01-21 : 文化財 :
Pagetop

新井場の引退と田代の退団

 18日までに他クラブから正式オファーが届かず 「DF新井場徹が現役を引退する。」 とC大阪のオフィシャルが伝えました。

  昨季は出場10試合でしたが、若手をまとめてフォルランとの繋ぎ役も務めていました。 これほど立派な選手に対し、セレッソ大阪というクラブは、丸橋の移籍話が出たので新井場をとりあえずキープしました。
  更新が決まったとたん、12月28日に戦力外通告するという、とても失礼な対応をとったようです。 年の瀬 の通告では、トライアウトへの参加もできませんでした。

  おそらく本人の希望は、近畿圏のクラブで現役を続けることだったと思われますが、どこかで折り合いがつかなかったのでしょうか? とても残念で、寂しい限りです。
  チーム事情は各々違うと思いますが、セレッソにはあれだけのキャリアと能力を持った選手をフロントスタッフとして使うという選択肢がないのですね。 これがセレッソのセレッソたる所以です。

  今季引退した浩二と柳沢と一緒にカシスタで引退試合ができれば良いのになぁ・・・と勝手に思っています。 3連覇に貢献し、08年途中で離脱した満男の代わりに優勝シャーレ-を掲げた姿がよみがえります。
  どのような形であれ、鹿島アントラーズに戻ってきてほしいのですが、やはりご家族と一緒に過ごしたいのでしょうね。 それでも鹿島サポは、いつまでも待っていますよ!


  そして、ヴィッセル神戸の田代有三は、契約が満了し、本人の申し出により退団となりました。 「僕の夢である海外へチャレンジ」 とのコメントが、ヴィッセルのオフィシャルに出ていました。
  ビックリしました! 有三はどこへ行くのでしょうか。 どこへ行っても応援しますが、昨日も書いたように鹿島のFWは危機的な状況です。 クラブは三顧の礼をもって、有三に鹿島へ戻るようにお願いするという手もありますよ。

  鹿島アントラーズの栄光を背負ったファミリーがいなくなっていきますね。 寂しい限りですが、次のステージでの活躍を願っています。 そして、サッカー界を鹿島OBで引っ張っていきましょう。 現役選手もサポーターも共に、みんなで頑張りましょう!

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-01-20 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

ジネイ帰国

  完全移籍で加入するはずだったジネイが、「メディカルチェックで右膝半月板の損傷が確認されたため、正式契約を結ばない」 と鹿島のオフィシャルから発表がありました。

  吃驚を通り越して、怒りがフツフツと湧いてきています。 鹿島のブラジル担当スカウトは、素人が担当しているのですか!? おととしに比べて昨年は点が取れていないという事実をどのように分析していたのでしょうか?
 素人でも怪我を疑い、不調の原因を確認してから契約しますよ。 当然、分析済みで問題がないと判断したのだと思っていました。

  カルロンを始め、ブラジル人選手の獲得に失敗し続けている鹿島ですから、「やっぱり! また外れたか」 と笑って流したいところですが、状況はひっ迫しています。
  FWが赤﨑と高崎の2人きりで、控えも鈴木優磨しかいない状況で、ACLと1stステージを戦い抜くのはとても無理です。

  正式契約前に発覚したことが、不幸中の幸いです。 それにしても、どうしてアルビレックス新潟やガンバ大阪のように、役に立つブラジル人助っ人を連れてこられないのでしょうか? 何だかいつも悪い代理人に騙されて、二流ブラジル人選手を掴まされていますよね。

  こうなったら大金を払ってでも、大迫に帰ってきてもらいましょう。 サコがドイツに残りたいのであれば、海外でプレーしたいと言ってヴィッセル神戸を退団した田代有三に、土下座してでも戻ってもらうことはできないでしょうか。 ジネイの開けた穴を早急に埋められるかどうか、鹿島のフロント力が試されます。

  ブラジルばかりに目をやらないで、東アジアの代表クラスの選手も検討していただきたいと考えています。

 2月25日からACLが始まります。 綺麗ごとを述べている状況ではありません。 みんなで知恵と気力を出し合いましょう。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-01-19 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

東京駅を探検する

  これといった鹿島のネタがありませんので、お散歩の報告です。 開業100周年を迎えた国の重要文化財でもある東京駅の駅舎を見てきました。 鹿島スタジアムへ通う経路でありながら、文化財としてゆっくり眺めたことはなかったのですが、新しい発見と驚きがたくさんありました。

東京駅2      東京駅1
完全復元した東京駅駅舎
東京駅天皇      丸の内南1
天皇陛下や要人専用の出入り口                丸の内南口

丸の内南2      浜口1    
丸の内南口のロビー天井                    浜口首相遭難現場プレート

浜口2 - コピー      浜口3
浜口首相遭難現場                        遭難現場表示

  一日平均40万人もが利用する東京駅です。 100年もの間、様々な歴史が積み重ねられており、教科書に載っている話としては、戦前、浜口雄幸首相が襲われた現場が新幹線乗り場の近くにあります。 また、原敬首相が遭難した現場が、丸の内南口のドーム下にありました。 何れも通り過ぎていた場所で、初めてゆっくり眺めた次第です。

原1 - コピー      原2 - コピー
原首相遭難現場プレート                     遭難現場表示

1番線0ポスト      中央線
1番線0キロポスト 中央本線                 2番線に停車中の中央線

3番線0ポスト      5番線0ポスト
3番線0キロポスト 京浜東北線                5番線0キロポスト 山手線

7番線0ポスト      8番線0ポスト
7番線0キロポスト 左へ東海道本線、右へ東北本線   8番線0キロポスト 東海道本線 

5番線支柱1             5番線支柱2
5・6番線にある古い支柱                    明治41年製作表記

  東京駅は7つの路線の始発駅なので、ゼロキロポストもいろいろな形があって面白かったです。 時間がなくなったので、新幹線のホームへ入場するのはあきらめましたが、次の機会には、新幹線のゼロキロポストも見てみたいです。

  また、山手線と京浜東北線が走る5・6番線ホームの南寄りには、屋根を支える古い柱が残っています。 近々2本を記念に残し、撤去されると聞きました。 安全面で仕方がないのでしょうが、近代遺構なのでとても残念です。 何事も、現役であり続けるということは、大変なことなのですね。

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

2015-01-18 : 文化財 :
Pagetop

ニューイヤー・カップ

  スカパーJSATが冠スポンサーとなり 「ニューイヤー・カップ」 と称する新しい大会が実施されるとのことです。 2月に宮崎県と鹿児島県でキャンプを張るクラブが、プレシーズンマッチとして参加し、賞金や選手表彰も設けられるようです。

  詳細は近日中に発表されるそうですが、初開催となる今大会は、宮崎で鹿島など3クラブ、鹿児島で浦和など4クラブが参加し、それぞれ総当たりで争うとあります。

  南九州は、昔から野球がとても盛んな地域でもあり、そこでサッカーに興味を持ってもらうことは簡単なことではありません。 それでも毎年キャンプに訪れるクラブには親しみが湧くでしょうから、このような大会を開催することは大変有意義だと思います。

  また、鹿島には九州出身の選手が多くいますので、地縁・血縁のサポーターも応援に駆けつけることができますね。 鹿島サポーター九州支部の輪を広げるためにも良い大会になるでしょう。

  全国的に見れば、Jリーグ側は 「J開幕前の機運や注目度を向上させ」 リーグ戦を盛り上げるという狙いなのでしょう。 宮崎までキャンプ見学に行けない鹿島サポーターにとっては、新しいアントラーズを早々に見られるチャンスをいただきました。

  一方、チームにとっても、良いチャンスとなりました。 アントラーズは、J開幕まで練習試合が少ないため、試合勘が戻らず、コンビネーションもかみ合わないままリーグ戦へ突入してしまうことがあり、開幕ダッシュが不得意でもありました。

  そこへ、このような旨い話を“ダメよ~ダメダメ”なJリーグが、お手盛りで用意してくれるとは有難い話です。 これで賞金まで手に入れられると最高ですが、勝敗にはこだわらずにチャレンジしてほしいです。
  この大会をうまく利用し、開幕ダッシュで先行逃げ切り、1stステージをトップで通過しましょう

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-01-17 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

開幕清水戦は日曜日開催

  アントラーズのリーグ開幕戦は、アウェイのACL戦からアウェイのアイスタという連戦です。 日程が過密なので心配していましたが、Jリーグの公式発表により、清水エスパルス戦は3月8日(日)となりました。

  ACL戦から中3日になったことで、選手は多少、コンディションを戻すことができますね。 チームは、ソウルから (勝手に対戦相手はFCソウルと決め込んでいます) 一旦鹿島に戻るのでしょうか、それとも直行して清水入りするのでしょうか?

  第2節は14日(土)にホームで湘南ベルマーレ戦となりました。 キックオフ時刻、TV放送等の詳細を含む情報は、1月22日(木)に発表とのことです。
  この日は、1stステージの全日程が発表されるとウワサされています。 渓流釣りや文化財旅行の年間計画を早く立てたいので、待ちどおしいです。 今年も日程くんのスゴ技が見られるのでしょうか!?

  今日のアジア杯イラク戦は、興味が湧かなかったのですが、夕食をとりながら録画を見ました。 鹿戦士が出場する見込みがないなら、途中でやめてしまおうかとも考えましたが、結局最後までダラダラと見てしまいました。

  相変わらず、ハラハラ・ドキドキ感がなく、呼吸を止めるようなシーンもない、つまらぬ試合でした。 ワールド杯ロシア大会を見据えると悲しくなるような選手起用とゲーム内容でした。
  今の日本代表が目指すことは、この大会の優勝ではないと思うのですが・・・。 次の試合には、鹿戦士の登場があることを期待したいと思います。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-01-16 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

C.R.O!?

  昨日、サガン鳥栖の林選手が契約を更新しました。 鹿島加入へ一縷の望みを繋いでいたので、とても残念です。 やはり海外移籍について、捨てきれない想いがあったようですね。 ご縁がありませんでした。 鹿島戦以外での活躍を祈っています。

  昨日 「いばキラTV 」 で新体制発表を見ていて、柳沢と中田浩二が登場したときには、思わず 「おお~っ」 と声を上げて驚きました。 さらに、浩二の肩書がC.R.Oと聞いて、二度ビックリ!

  何のことやら分からず、オフィシャルサイトをのぞいてみました。 クラブ・リレーションズ・オフィサーの略だそうで、「スポンサー、パートナー、サポーター、行政機関などのステークホルダー (利害関係者) とクラブをつなぐ役割。サッカー事業に比重を置き、ビジネス面でクラブをサポートしていく。」 とありますが、これを読んでも 「う~む?・・・分からん。」

  経営者を目指した修行の一環でしょうか? まぁ、本人が理解していれば良いということですね!?

  そして、個人的には興味がないのですが、背番号も発表されました。 目についたのは、新背番号に変更された昌子源の3、カイオの7、土居聖真の8番です。 一桁とは、いわゆるレギュラーナンバーですから、期待の大きさが伺えます。

  対外的には、鹿島アントラーズの中心選手であると、公言したことになります。 相手のマークも更にきつくなると思いますが、それをはねのけて彼らがやってくれなければ優勝はないでしょう。

  鹿じいのレプリカユニフォームは、ずっと12番をつけています。 大好きな選手がいても、その選手だけを特に応援するのではなく、チーム全員をサポートしたいという気持ちからです。 また、背番号は借りものなので、いつ8番が40番になってしまうかもわかりません。 どのチームでも、選手は背番号で覚えるのではなく、体型やプレーなどの特徴で認識するように努めています。

  だから、背番号には興味がないのです。 一桁の背番号を与えられても、スタメンが保証されたわけではありません。 選手も、背番号が何番だろうが、チームが勝つためにやらなければならない最善のプレーに全力を尽くしてもらいたいと考えます。 絶対、リーグ優勝しましょう!

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-01-15 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

2015新体制・新加入選手会見

  2015新体制・新加入選手会見を、インターネットテレビ 「いばキラTV 」 で見ました。

  今季のクラブスローガンは、「RISE TO THE CHALLENGE」 がメインで、「困難に立ち向かう」 「試練を乗り越える」 「挑戦への飛躍」 などの意味合いがあるそうです。

  アントラーズは井畑社長がおっしゃるとおり、5シーズンもの間、リーグ優勝を成し遂げていません。 選手・スタッフたちは、サブスローガンである 「覚悟」 を持って、戦う気持ちを試合で表現してもらいたいです。

  2015年のトップチームの登録選手は、昨日の予想と変わりませんでした。 「悩んだ」 という山村と情報の出てこない西の二人が名簿に載っていたことで、ホッとするとともに嬉しく思いました。

 やはり、今日のサプライズは無かったですね。 これで打ち止めなのでしょうか? それとも、まだ在籍クラブで契約更新していない選手の移籍はあるのでしょうか?

  繰り返しになりますが、リーグ優勝は5シーズンも遠ざかっています。 セレーゾ監督になってからは、2シーズン無冠です。 選手、フロント、サポーター、今日はみんなが新たな気持ちで、覚悟を持ってチャレンジしようと思ったのではないでしょうか。

  カシスタへの客足を増やすためにも、何が何でもリーグ優勝を果たしましょう そしてアジアで存在感を示し、世界に挑戦しましょう

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-01-14 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

セレーゾ監督の選手起用法がカギになる

  今日からチームが始動しました。 Antlers Todayには、満男と柳沢コーチが並んで走っている写真がアップされ、本当に帰ってきてくれたんだと目頭が熱くなりました。 明日は2015シーズンの体制発表会を行う予定で、選手・スタッフの陣容を固め、一丸となって新たな戦いに挑むことになります。

今シーズンの選手予想 (今季の年齢)
GK  曽ケ端準(36)、佐藤昭大(29)、川俣慎一郎(26)、小泉勇人(20)
CB  昌子源(23)、青木剛(33)
CB  植田直通(21)、山村和也(26)
SB  山本脩斗(30)、ファン ソッコ(26)、鈴木隆雅(21)
SB  西大伍(28)、伊東幸敏(22)
DH  柴﨑岳(23)、久保田和音(19)
DH  小笠原満男(36)、梅鉢貴秀(23)、大橋尚志(19)
SH  カイオ(21)、豊川雄太(21)、杉本太郎(19)
SH  遠藤康(27)
OH  土居聖真(23)、中村充孝(25)、本山雅志(36)
FW  ジネイ(32)、赤﨑秀平(24)、高崎寛之(29)、鈴木優磨(19)、ダヴィ(31)は長期離脱

  上記はフォーメーション4-2-3-1を想定し、昨季の選手起用を参考としましたが、今季は赤﨑を活かすためにも、4-4-2でも戦って欲しいです。

  セレーゾ監督の選手起用は、一度使ってそこそこ結果を出すと、ケガや出場停止にならない限り継続して使うという傾向があります。 そのせいでしょうか、連戦には弱いですね。

  今季はACLとJリーグの連戦となり、加えてアジアのアウェイは長距離移動もしなければなりません。 確かに「勝っている時は選手を代えるな」 と良く言われますが、これはコンディションを無視した言葉で、 「選手は代えてもフォーメーションを変えるな」 と置き換えて受け止めたほうがよいと考えています。

  ローテーション制は、連係に多少の不安を感じますが、選手のポテンシャルに大きな差はありませんから、コンディション重視の選手起用をお願いしたいものです。 シーズンを通して、選手たちの試合勘とモチベーションを強く保てるような起用と判断を行ってもらえれば、もっと勝てるチームになっていくでしょう。

  我らが鹿島アントラーズは、ポテンシャルが高い選手ばかりです。 もっと責任感を植え付けて、選手に任せてみてください。 宝の持ち腐れにならぬようお願いします。

  今年こそタイトルを獲らないと、カシスタから客足が遠のきますよ。 優勝しましょう

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-01-13 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

ワグネルの退団とアジア杯パレスチナ戦

  鹿島のオフィシャルサイトから、ジョルジ ワグネル選手と来季の契約を更新しないことで両者合意したとの発表がありました。

  昨季8月から入団しましたが、リーグ戦は8試合の出場しかありません。 いずれのゲームもしょっぱい印象しか残っておらず、得意のプレースキックも見られずじまいで、順当な判断だと思います。

  しかし、今年の6月まで契約が残っていると聞いていたので、アントラーズ側が違約金を払ったのでしょう。 額は不明ですが、ムダ金を使うはめになりました。 クラブは、ブラジル人のスカウティング能力を上げなければなりませんね。

  ワグネルの進路は分かりませんが、どこの地であれファミリーとしての活躍を祈っています。

  さて、アジア杯のパレスチナ戦ですが、鹿戦士の出場はなく、非国民にとっては見るべきものはありませんでした。 ベンチに柴﨑、植田、昌子の3人が並んで座っている場面が一番盛り上がりました。
  3人とも引きしまった良い顔をしていましたね。 特に源は、顔つきが変わってきたように見えました。 アジア杯終了後、チームでの活躍が楽しみです。

  ゲームのポイントは、攻撃力のないパレスチナ相手に4点しか取れなかったこと、長谷部の両脇を狙われることがなかったので守りの弱点が露呈しなかったこと、元セレッソ3人衆が攻守に役に立っていなかったことの3点です。

  ザッケローニと同じく香川を辛抱強く使う意味が全く分かりません。 八百長問題で優勝が義務付けられたために、将来を見越したチームづくりもできなくなっていますね。
  次のイラク戦では、SHとアンカーのところが弱点になるでしょうし、今のままでは失点する可能性が高いと思います。

  もちろん、篤人のいない穴は大きいです。 酒井では厳しいと思いました。 選手交代も、理解できませんでした。 乾に代えるなら武藤、遠藤のところは岳でしょう。 遠藤が下がってからタクトを振れる選手がいなくなり、本田や岡崎が消えてしまったことが選手交代の失敗を証明していると考えます。

  余談ですが、前回優勝国だからといって、あのユニフォームは品がありませんね。 背番号も金色で、胸のど真ん中にアジア杯を付けて・・・。 見た瞬間、連覇はないと思ってしまいました。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-01-12 : 鹿島アントラーズ・日本代表 :
Pagetop

MFの守備力

  代表ネタしか出てきませんね。 スポニチでは、昨季ブレークしたFW武藤とアギーレ監督が 「ワールドクラス」 と評するMF柴崎が、海外スカウトのターゲットになっていると書かれています。 今後の岳の活躍と同時に、その動向には目が離せませんね。

  先日は、トータルで見た攻撃力と守備力や、サイドバックのことを書きました。 今日はMF、とりわけボランチについて考えたいと思います。

  アントラーズのMFは、攻撃力ではJリーグ屈指です。 ヤスの10得点を始め、聖真8、カイオ8、柴﨑6、満男・豊川の各々2得点と自慢できるものです。

  しかし、MFは守備力も求められるポジションです。 特に相手のバイタルエリアを主戦場としている満男と岳の守備力は、とても重要になります。

  アントラーズの攻撃の起点は、ほぼこの二人からですが、守備になると専門的なディフェンス力がある訳ではないので、残念ながら鹿島の守りの弱点のひとつになっています。

  守備力があったL・アルベルトの退団は痛いですね。 現段階では、ファーストボランチの補強は考えていないようです。 バックラインは、ポリバレントなファン ソッコの加入により補強されました。 よってボランチは、梅鉢、山村、青木のいずれかを満男か岳と組み合わせて起用してほしいと思います。

  選手起用はセレーゾ監督の裁量ですが、試合数も多いなか、選手の試合勘とモチベーションを強く保てるような起用と判断をしていただきたいです。 数々のお宝を持ち腐れにしないでくださいね。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-01-11 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

運動不足解消の横浜散策

  鹿島アントラーズには、これといった動きが見られません。 ここ数日引きこもり状態だったので、ブログのネタ拾いと運動不足の解消を兼ねて、横浜の近代建築巡りをしてきました。

  今日は、日差しも暖かく風も穏やかで、絶好のお散歩日和となりました。 みなとみらい線の日本大通り駅を下車し、赤レンガ倉庫目指して、散策開始です。

赤レンガ1号館      赤レンガ2号館
赤レンガ倉庫1号館 物販店と飲食店が入っています   赤レンガ倉庫2号館

飛鳥Ⅱ      象の鼻
飛鳥Ⅱ                               象の鼻 明治の岸壁を復元したもの

万国橋      旧富士銀行
万国橋                               旧富士銀行横浜店 現在は東京芸術大学が使用

県立歴史博物館      県立歴史博物館2
県立歴史博物館 (旧横浜正金銀行) 重文です      ロビー天井のステンドグラス

牛馬水呑場      合同庁舎
馬車道通りに残された牛馬水呑場               県の旧合同庁舎

日本郵船1      日本郵船2
日本郵船歴史博物館                       見事な漆喰天井

横浜税関      横浜税関海側
横浜税関 正面                          横浜税関海側 横浜三塔のひとつ、クイーンの塔

神奈川県庁1      神奈川県庁2
現役の神奈川県庁です                     こちらはキングの塔と呼ばれています

横浜開港資料館      横浜海岸教会
横浜市開港記念会館 ジャックの塔です           横浜海岸教会

イギリス領事館2      イギリス領事館
横浜開港資料館 (旧イギリス領事館) 正面 

中華街1      中華街2
中華街の市場通りで昼食をいただいたのですが、稀にみるマズさでした (泣)

グランド1      グランド2
ホテルニューグランド正面                    大階段
グランド3      グランド4
グランド6      グランド5

  最後は、ホテルニューグランドを訪れました。 マッカーサー元帥が日本統治の拠点としたホテルは、重厚さが一味違う建物です。 以前は2階にレストランがあったのですが、今はバンケットルームになってしまったようですね。 四半世紀ぶりに伺ったので、タワーも建って変わっていました。

  今日は関内周辺しか歩けませんでしたが、次の機会には山手方面に行きたいと考えています。

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

2015-01-10 : 文化財 :
Pagetop

移籍サプライズは終わりですか?

  鹿島アントラーズは、1月13日から始動します。 加入選手などの紹介を含めた“2015シーズンの体制発表会”は、3連休明けの始動日に行われるのでしょうか。

  駒不足と思われたFWとSB選手の加入がありましたが、今季の移籍はこれで打ち止めなのでしょうか。 欲張りかもしれませんが、個人的にはGKとMFも増員できないものかと思っています。

  鹿島のゴールマウスは長年、鉄人曽ヶ端が守ってきました。 その鉄人も、「GK林彰洋へオファー」の報道があったときには、そろそろ真剣に後継者探しをしなければ・・・と考えさせられました。 昨季のキーパー陣の力量を考えると、やはり補強の必要を感じざるを得ません。

  林彰洋選手のオフィシャルブログ 「木木一発」 には、 「ヨーロッパでもう一度」 「本気で移籍について悩んでます」 と心情が吐露されています。

  ヨーロッパからどのようなオファーがあるのかわかりませんが、ACL戦があるアントラーズへ来て、曽ヶ端と正キーパーの座を競い合って欲しいです。 そして、ぜひその座を奪い取ってください。

  日本一になって、アジアも取って、クラブのワールドカップに出場しましょう! これだけ活躍すれば、日本代表は無論のこと、世界の注目を集めるでしょう。 鹿島でのキャリアをステップにしてヨーロッパを目指しても遅くはないと思いますが、いかがでしょうか。

 朗報を、お待ちしております。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-01-09 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

2015年J1開幕カードの内定

  Jリーグからの公式発表ではありませんが、スポーツ新聞などが内定として、J1の開幕カードを報道しています。

G大阪(優勝) ─東京(9位)
広島(8位)   ─甲府(13位)
鳥栖(5位)   ─新潟(12位)    
名古屋(10位)─松本(J2・2位) 
仙台(14位)  ─山形(J2・6位)
清水(15位)  ─鹿島(3位)
横浜(7位)   ─川崎F(6位)
湘南(J2優勝)─浦和(2位)
神戸(11位)  ─柏(4位)
※( )は昨季の最終順位です。

 それぞれダービーだの、移籍した選手や監督との元所属対決だのと、因縁めいたカードが多くなっていますね。 これならいっそのこと、広島対浦和、湘南対甲府にして欲しかったです。

  う~~む、鹿島はアウェイスタートですか・・・。 3月4日にアウェイのACL戦があるので、Jリーグはホームでの開幕かと思っていました。 韓国かベトナムかインドネシアの何れかから帰国して、すぐに苦手とする日本平となりました。

  実は、勝手にFCソウルがプレーオフを勝ち上がってくると決めつけて、韓国への航空券や宿の手配を済ませたばかりです。
  以前フィレンツェで、親切かつ礼儀正しい韓国の青年と出会い、話しをしているうちに、一度この隣国に行ってみたいという思いが湧きました。 もし対戦相手がFCソウルでなくなっても、韓国グルメを堪能し、観光してくるつもりで準備しています。

  しかし、この日程では選手はもちろん、サポーターの中には皆勤を目指す方もいるでしょうから、非常にきついスケジュールになりました。

  Jリーグは、ACLに出場するチームの日程に不利がないよう考慮すると言っていました。 鹿島は例外ですか? もう少し配慮してくれても良いのに・・・と感じています。

  開幕戦は行きたいのですが、日本平への足や開催時間などを検討し、無理なようなら諦めようと思い始めているところです。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-01-08 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

来季のサイドバック

  昨日、アントラーズのオフィシャルサイトから、前野貴德がアルビレックス新潟へ完全移籍、栃木SCに期限付き移籍をしていた鈴木隆雅が、契約期間満了に伴い復帰するとの発表がありました。

  前野は2年間という短い間でしたが、攻撃に鋭いパフォーマンスを示してくれました。 昨年はゲームの出番がない中、選手会長の重責も担って、大変な1年だったと思います。 本当に残念ですが、新天地での活躍 (鹿島戦を除く) を心より祈っています。

  片や復帰する隆雅は、出場機会を求めて、ジェフユナイテッド千葉や栃木SCで武者修行を積んできました。 その成果は如何ばかりでしょうか。 あまりJ2の試合は見ないので不確かですが、それほど出場していないという印象です。

  海外志向のある西の去就が未確定ですが、来季のサイドバックは、左SBに山本脩斗、ファン ソッコ、鈴木隆雅、右SBに西大伍、伊東幸敏の陣容でスタートするのでしょうか。

  山本と韓国代表のファン ソッコは右SBもこなせるので、もし西が移籍しても、残りの4人で戦えると思います。 ケガやカード累積による欠場が出ても、素人的な考えですが、梅鉢、青木、昌子源をサイドで活用することもできるでしょう。

  ここ数年は、両SBの守備力が弱点となっていましたが、昨季、山本の加入により左SBの守備は安定しました。 今季は、高さのあるファン ソッコの加入で、久々に両SBの守備が安定すると思います。

  鹿島では、SBが攻撃だけでなく、守備の面でもしっかり貢献できないと、1点差で勝ち切るチームになれません。 セレーゾ監督には宮崎キャンプで、ぜひ競り勝てるチーム作りをお願いしたいです。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-01-07 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

来季の攻撃力

  昨日は、ジネイとファン ソッコの入団に加えて、昨年現役を引退した柳沢が、トップチームのコーチに就任するとの発表がありました。
  仙台に残るのかと思っていたので、うれしい驚きでしたね。 若手からも頼られる人柄なので、良いコーチになるでしょう。 お帰りなさい、そしてこれからも鹿島アントラーズをよろしくお願いいたします。

 そして今日は、前野の新潟への完全移籍と鈴木隆雅のレンタルバックが発表されました。前野は応援していたので、残念ですが、新天地で頑張ってほしいと思います。

  さて、来季の攻撃力についてお話しします。 昨季の鹿島アントラーズは、総得点数がリーグNO.1だけではなく、年間34試合となってから、クラブ最多となる64得点を記録しました。

 シーズン前に大迫がドイツへ移籍し、マスコミやサッカー評論家たちのリーグ戦予想順位は10位以下がほとんどでした。 中には降格を予想している解説者の方がいましたね。

  今季は間違いなくJリーグチャンピオンになれます。 いや、ならなければいけません。 そのためには失点数を減らして勝ち切る、競り勝つディフェンス力が大切なのは昨日書いたとおりです。 あわせて、昨季以上の得点数をあげなければ難しくなるでしょう。

  昨季の得点数が増加した要因について、満男は、「3時間くらいシュート練習やっている」 と冗談交じりに話していましたが、練習もさることながらメンバーがそれぞれ去年以上のゴール数を目標値とする必要があります。
さらにダヴィが長期欠場の見込みですから、その分の10得点を誰がカバーするかにかかってきます。

  徳島で7得点あげている高崎に期待がかかりますね。 もちろん、15試合で5ゴールあげている赤﨑と二人で、ダヴィを超える15得点以上を入れてくれるのではないでしょうか。

  加えて、ジネイの加入です。 Jリーグでどれだけやれるのかは不明ですが、長身を活かしたヘッドに加え、足元もしっかりしていると聞き及んでいます。 一日も早く鹿島のサッカーに慣れてもらい、得点の量産を期待したいです。

  鹿島のゴールパターン (FootballLABから引用) は、スルーパスや30m未満のパスからが33%、セットプレーからが17%、クロスで17% となっています。
  セットプレーが得意と言われている割には、それほど点がとれているわけではありません。 総得点の20%以上をセットプレーからとるためには、源と植田にヘディングを鍛えてもらいましょう。 そこへ186cmのジネイと183cmのファン ソッコが加われば、セットプレーでかなりの得点が期待できますね。

  オフィシャルのリリースを聞き、来季のチームを想像しているだけで何だか嬉しくなってきます。 ACLも優勝しちゃいましょう! ちょっととおめでた過ぎるでしょうか!?

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-01-06 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

ジネイとファン ソッコの加入

  鹿島のオフィシャルサイトにて、ECヴィトリア (ブラジル) よりジネイ31歳)と、サンフレッチェ広島よりファン ソッコ (25歳) が完全移籍で加入との報が入りました。

  これは朗報ですね、ダヴィの長期欠場によるFW不足が解消できそうです。
  去年は、豊川・中村・本山をうまく回しながら起用しましたが、やりくりに大変でした。 今年はACLもあるので、高崎が加入するとはいえ、赤﨑と2人だけでは、難しいと考えていました。 ジネイのプレーはYouTubeを見ましたが、右足でズドーン、頭でドカーン、ついでにPKも蹴れるようです。 Jリーグに合うかどうかは不明ですが、員数は満たされました。

  ファン ソッコは、バックラインのどこでもこなせる選手なので、CBはもちろんのこと、鹿島の弱点の一つだった右SBの守りが解消できそうです。 広島サポさん達のコメントを見ると、サンフィレッチェでも愛されていた選手のようですから、鹿島でもすぐに慣れてくれると思います。

  ファンの加入によって、青木と山村 (移籍が無いなら) のボランチ起用ができそうです。 ダブルボランチの一枚に守備的な選手を起用することもできると考えます。

  今季は、まず守備を固めたうえで、得点を重ねていきたいですね。 フォーメーションは4-4-2に戻した方が、赤﨑が活きるのではないでしょうか。 ワクワクしてきて、開幕が楽しみになりました。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-01-05 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

試されるディフェンス力

  日本代表の柴﨑岳は、インフルエンザから回復したようですね、個人的トレーニングを再開したと報道がありました。 さすがに体力が並はずれています。
  昌子源も源らしさを失わずに、チームに溶け込んでいるようです。 「 しゃべりを止めずに引退するまで続けろ」 とアギーレ監督に言われたそうで、代表チームのムードメーカーだけでなく、声を出すディフェンスの要になってもらいたいと思います。

  さて、今頃鹿島ではチームスタッフがお正月気分に呑まれることなく、新シーズンに向けて動いていることと思います。 昨年の反省を踏まえて、敗因分析を十分に行ない、優勝できなかった要因を探り、ACLを見据えて足りないポジションの補強を図っていることでしょう。 オフィシャルからの発表が楽しみです。 ディフェンスの強化策はいかに!?

昨シーズンのリーグ上位5チームの比較です。
位 チーム      試合 勝点 得点 失点 得失
1 ガンバ大阪     34 63  59  31  28
2 浦和レッズ     34 62  52  32  20
3 鹿島アントラーズ 34 60  64  39  25
4 柏レイソル     34 60  48  40   8
5 サガン鳥栖     34 57  41  33  8

  昨季は、大迫の抜けた穴を2列目の選手達が補い、得点はリーグ一番でした。 しかし、失点数の多さは10番目で、リーグ戦9位のFC東京、12位新潟、13位甲府の失点数に後塵を浴びているのはいただけません。
  完敗の川崎戦以外、守り切れない試合が8 (ホームで7試合) 試合ほどあり、失点数もアウェイよりホームの方が断然多かったです。

  来季も守備は若いCBが中心になります。 2人共、代表での成長が期待できますが、失点はセンターバックだけの問題ではありません。 守備を得意とするボランチやSBの起用が必要となるでしょう。

  来季は、山村、青木、梅鉢等をボランチやCBに多用してほしいと思います。 相手の陣容によってはSBに源や梅鉢を使っても良いでしょう。 もし西や山村が移籍してしまうようなことがあれば、絶対に補充が必要になります。 彼ら以上の選手の獲得は難しいですよ、なんとかして鹿島に留まってもらえるとよいですね。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-01-04 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

今年の抱負とタイトル奪取

  今日は、孫の稚鮎が来るので手短にします。

  お正月は、新しい年を迎えることで、新たな気分になりますね。 今日は天気も良くすがすがしいので、この一年を漫然と過ごしてしまわないように、今年の抱負を考えます。

  まず、健康に留意して、元気に、できるだけ多く鹿島アントラーズの試合を観に行きたいと思います。 暇なようで、いろいろな所用もあり、釣りや文化財の趣味にも時間を割きたいので、皆勤はできませんが頑張ります。

  ボケ防止で始めたこのブログも、9カ月が経ちました。 まだまだ新参者で、拙い文章しか書けませんが、自分の記録として残すためにも、今年も書き続けます。 自信はありませんが、テレビ体操とともに日課としていきたいです。

  また、ACLのアウェイへも参戦するつもりです。 平日のホーム開催ゲームには、なかなか行けないので、海外旅行へ行くつもりで鹿島アントラーズの背中を押せればよいなと思います。 楽しみにしています。

  最後に、自分の抱負ではありませんが、とにかく今年はタイトルをとってもらいたいです。 昨年と一昨年は今年の準備期間だったと振り返れるように、今年は結実してみせてください。

  本当に期待しています。 躍動する鹿戦士が、我々サポーターに笑顔を届けてくれる一年となりますように

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-01-03 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

新春七福神めぐり

  柴崎岳がインフルエンザを発症したため、国内で静養してから追っかけでオーストラリアへ出発するようです。 一日も早い回復を祈念しますが、初戦に間に合うかどうか、難しいところですね。 ついていないなぁ~。

  年頭に当たり、鹿島アントラーズの優勝祈願はもちろん、個人的にもご利益を得るために七福神めぐりに出かけてきました。 おせちの食べ過ぎ飲みすぎの体には、ちょうどいいオリエンテーリングです。

  七福神信仰は、室町時代末期から始まっているそうです。 現在、都内には30を超える七福神めぐりがあります。 全国では、200とも300とも言われています。 昨年は、江戸最古の七福神めぐりと言われている谷中を回りましたが、もの凄い人出で閉口しました。

  今年は行列に並ばずに済むように、調布七福神を巡拝しました。

深大寺山門      深大寺・毘沙門天 -
深大寺山門                            毘沙門天 左は国重要文化財の釈迦如来像

祇園寺本堂      祇園寺・福禄寿
祇園寺本堂                            祇園寺・福禄寿

常性寺      常性寺・布袋尊
常性寺不動堂                           常性寺・布袋尊

大正寺山門      大正寺・恵比寿
大正寺山門                             大正寺・横を向いた恵比寿

西光寺山門      西光寺・大黒天
西光寺山門                             西光寺・大黒天

明照院本堂      明照院・弁財天
明照院本堂                            弁財天は左の厨子の中で、見られませんでした

昌翁寺本堂      昌翁寺・寿老人
昌翁寺本堂                             昌翁寺・寿老人 アントラーズと一緒♡

調布七福神略図      七福神色紙
調布七福神略図                          七福神色紙

  思ったとおり、深大寺は多くの参拝客で賑わっていましたが、毘沙門天がおいでになる釈迦堂は人が少なかったです。 続くお寺さんも人がまばらで、しっかりと鹿島の優勝祈願ができました。
  それから家内安全、笑門来福、富貴長寿、知恵財宝、福徳開運、融通招福、大漁祈願と欲張りにもほどがあるくらい、たくさんのお願いをしてきました。 朱印も戴いて、これで今年はTOTO BIGが当たる気がしてきました(笑)。 おめでたいですね。

今年もがんばるぞ~ 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

2015-01-02 : 文化財 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR