fc2ブログ
鹿島アントラーズ

中断は続くよ、どこまでも

  第1節を終えたところでJリーグは延期に入ったわけですが、あれから2か月が経ちました。 早いような長いような、甲斐のない不思議な日々を過ごしています。
  これほど長い間アントラーズの公式戦が見られないのは、まるでシーズンオフのようです。 しかし、ここ数年はオフも短かったですし、TMがDAZNで観られたりして、シーズンオフとは異なる初めての経験をしています。

  その間クラブから発信される情報は、公式SNSが発信している写真と動画くらいです。 最近では一部が報道陣にも公開されるようになりましたが、このままだとブログを書く身にとってはネタが切れて苦しいです。

  ボケ防止のために始めた日記とはいえ、老人の戯言を書き連ねるだけでは面白くも何ともありません。 やはり鹿島のサッカーについて書きたいですし、読んでくださる方もそれを望んでいるはずです。

  鹿島ネタを中心に置きながら、副題として趣味の渓流釣りや文化財巡りの旅についても書いてきました。 しかし近頃では、寄る年波に勝てず、足元がおぼつかなくなってきています。

  大好きな渓流釣りも、山歩きや川歩きが伴うので、昔のように山奥に分け入って闊歩することができなくなってきました。 四半世紀前には、関東近県に始まり東北・北海道まで、毎月のように釣り旅に出ていたのですが・・・。
  ここ数年は、釣り友のイトウくんに運転を任せ、ゴールデンウィークとシルバーウィークの年2回しか行けなくなりました。

  今年は、未曾有のコロナ騒動が勃発して、GWの釣行も危ぶまれます。 世間的にも個人的にもそのような状況のもと、ますますブログのネタに事欠きますなぁ。
  鹿島アントラーズのサッカー観戦だけが生きがいとなっている年寄りにとって、Jリーグの長期中断は心の栄養が摂れなくなります。

  熊本市長さんではありませんが、「コロナのバカーーーー!」 と叫びたいですね。 少しでも早く終息させるために、みんなで自粛に努めましょう。 東京がロックダウンされるという話も出てきていますよ。

  酒井高徳がJリーガー初の感染者となりました。 このままではJリーグ界でのクラスターもないとは言い切れません。
  サッカーの神様、コロナを鎮めたまえ!! 鯰石ならぬ、ジーコ像で押さえつけられないものかな・・・。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-31 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

TM 栃木SC戦

  都内では朝から小雪が舞い、昼にはすっかり雪景色となりました。 昨日は、目黒川沿いの花見に駆け込んだ人が相当いたそうです。
  いくら満開とはいえ、コロナの感染拡大防止のためには自粛すべきではないでしょうかねぇ。 さすがに今日は、雪中花見を敢行される方はいないと思いますけど・・・。

  オフィシャルサイトが、昨日行われた栃木SCとのTMを 「35×4形式で行い、4本目に三竿選手がミドルシュートを決め、4本合計でアントラーズの1-1となりました」 と伝えています。

  完全非公開ではなく、マスコミには公開した模様です。 スポーツ報知が詳細に伝えてくれています。
  その中で、「決定機も少なく、ビルドアップのミスからピンチを招く場面も散見。 21日に4本合計6―9で敗れた札幌戦に続き、課題が噴出する内容となった」 ですとぉー。

  1本目から4本目の出場メンバーを見渡すと、ケガ人と別メニュー組と言われる選手がいないのは当然ながら、荒木と町田の名前が見えませんでした。
  どうしたのでしょうか。 ユース所属選手が加わっているのに出場していないということは、コンディションが悪いということですかね。 今後のトレーニングで、元気な姿を見せてくれることを願っています。

  サッカーマガジンWebには、永戸が 「(再延期となり) 非常に難しいモチベーションだった。 札幌戦からの修正点はまだまだあったし、今日の試合でもなかなか相手を崩すシーンが少なかった。 もっとやらなければいけない」 と、栃木とのTMを振り返っています。

  札幌戦で感じた課題 ・問題点は一朝一夕で解決できるものではありません。 これまでの鹿島は、目先の一勝やタイトルを獲るための勝利に対し執拗にこだわってきました。
  それはそれで悪いことではありませんが、そのためにチームとして 「攻撃のかたち」 のバリエーションを増やすことに手を抜いて来てしまったという歴史があります。

  今季は、そこから脱却するためにザーゴ監督を招聘したのです。 我々サポーターも、長い目でクラブを見守らなければなりませんよ。
  今は長~いキャンプの最中です。 一年間戦えるフィジカルを作り、再開の日までに戦術のかたちを整え、新しいアントラーズが披露されることを気長に待ちましょう。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-30 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

梅鉢、久保田の移籍

  やったー! 昨日ついに届きましたぁ。 10日ほど前に当選メールをもらっていたのですが、「どこでも鹿BIG」 が当たりましたよ。
  カシスタで 「鹿BIG」 に応募しても、ペンネームにセンスがないからでしょうか、毎度かすりもしませんでした。
  今回の 「鹿BIG特別バージョン」 は、延期となったホーム開幕戦で配布する予定だった 『金JオリジナルTシャツ』 を抽選でプレゼントすることになったというものです。

  当選者は500名だそうですから、よくぞ当たったものです(笑)。 この勢いで宝くじにでも当たればよいのですが、交通事故に遭わないように気をつけなければなりませんね。 我が人生に残された運が、これで使い果たされてはシャレになりません(笑)。

Tシャツ1         Tシャツ2
シンプルでデザインも良いです。 これなら普段着として、街を闊歩できそうです。
Tシャツ3         Tシャツ4

  さて、慌ただしく2020シーズンに突入してしまい、その間ずっと、本山、梅鉢、久保田の3人の去就が気になっていました。
  本山は地元のFMラジオ番組に出演し、今年はサッカー選手を休養して、来シーズンにスパイクを履き選手を続けると語っていました。 ひと休みしてもらって、再びあの華麗なサッカーをもう一度見せてもらいたいものです。

  梅鉢は、謎の練習生(?)としてチラホラ画像が出回っていましたが、なかなか発表されずにヤキモキさせてくれましたなぁ。
  先日ようやくSC相模原から 「ツエーゲン金沢に所属していた梅鉢貴秀選手が新加入することが決定しました」 と発表されました。

  いやぁ、良かったです(笑)。 27歳は、サッカー選手として脂がのる年代ですよ。 関大一高時代に培った 「月まで走れ」 の走力を武器に、J3であばれまくって、クラブの昇格に尽力して欲しいものです。

  SC相模原は望月重良氏が社長で、三浦文丈監督、選手は稲本をはじめとして知っている選手が多く在籍しています。 JR相模原駅前にスタジアムを建設するという計画もあるようなので、これからは注目していこうと思います。

  さらに先日、松本山雅FCのオフィシャルから 「鹿島アントラーズに所属しておりました久保田和音選手が松本山雅FCへ加入することが決まりました」 と発表がありました。 Jリーグのウィンドウが3月末まででしたから、ギリギリでしたなぁ。

  いやぁ、こちらも良かったですよ。 久保田は下のカテゴリーで日本代表に選ばれてきた選手です。 サッカー技術がしっかりしていて、まだ23歳です。
  J2強豪の松本が、能力を発揮できるチャンスを与えてくれました。 ハネケンコーチと杉本太郎もいますから、すぐにチームに馴染めるでしょう。
  名将布監督のもとで、自分の持っている力を出しきってクラブに貢献してください。 J1で相まみえることを楽しみにしています。

  この先も、3名の活躍する報を楽しみに待っています。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
2020-03-29 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

徐々にけが人が復帰

  トレーニング動画を見ると、選手たちはコロナに閉塞感を覚えることなく、のびのびと良い雰囲気で練習を行っているようです。
  別メニューと伝えられていた杉岡、聖真、篤人、山本、奈良、白崎のうち、篤人と杉岡が部分合流ながらも全体練習に加わっています。 この中断期間で、フルに戦えるコンディションまで持っていければいいですね。

  コロナのせいで日本中が沈んでいます。 こんな時だからこそ、気持ちをしっかり持って、冷静な判断力を失わず、正しい情報を得るようにしましょう。

  そのためにはいろいろな制限を受けても、毎日ポジティブに過ごすことが大切です。 都内ではちょうど桜が見ごろなのに、不要不急の外出は自粛が要請され、お花見もままなりません。
  ちょうど数日前に、春の陽気に誘われ足を延ばして散歩してきましたので、素人の写真で少しでも桜を楽しんでいただければ幸いです。

砧4          砧3
世田谷区内にある都立砧公園 ソメイヨシノやオオシマザクラなどが840本あります。 一目千本桜のように群生してはいませんが、1本1本が大木で枝が地を這っているように見えるのが特徴です。       
砧5          砧6

砧7          砧8
白い桜はオオシマザクラ、見事に満開でした
砧9          砧10
5弁の白が青空をバックに輝いています
砧11          砧12
ソメイヨシノはまだ五分咲きの木もあり、雨とコロナがなければ今週末も楽しめるはずでした。
砧13          砧14
箒を逆さにしたような白い花は、ホウキモモです
砧15          砧16
公園内にある区立世田谷美術館
砧1          砧2

  平日にもかかわらず、子どもの学校閉鎖も相まって、かなり人が出ていましたよ。 先日の3連休あたりから、コロナに対する緊張感が少し緩んでいるのではないでしょうか。 正しく恐れて対処しなければ心配です・・・。

  都内の桜は、今がほぼ満開です。 今日は一日、花散らしの風が吹き荒れました。
  都知事による感染爆発や都市の封鎖発言もあり、今週末の花見は自粛傾向となるでしょう。 桜は来年も咲きますから、今年は少し我慢しましょうかね・・・。。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-28 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

Jリーグは再び延期

  中断が続いているJリーグは昨日、実行委員会を開催し、J1を5月9日、J2は5月2日、J3は4月25日からの再開を目指すとの決定を下しました。

  三つのカテゴリーを一斉ではなく、J3から段階的に再開するのは良いことです。 再開しだせば、いろいろな課題も生じるでしょうからねぇ・・・。

  J1が4月25日から再開することを期待していたので、非常に残念です。 首都東京でコロナ感染の爆発的な増加が予測されていますから、仕方がありません。 J1は、あえてゴールデンウィークを外したのでしょう。

  また、スタジアムなどでの密集を避けるために 「一定期間、アウェイ観戦の席を設けない」 という案を打ち出しています。
  おそらくクラスターを想定し、遠くから来るアウェイサポーターがウイルスを持ち帰って離れた土地で拡散させてしまうことを恐れたのでしょう。 しかし、鹿島サポなら、即座に反論しますよ。

  鹿島では、ホームに集まるサポの6割以上がホームタウン以外の茨城か、東京 ・ 千葉 ・ 神奈川在住です。 東京発のバスでどれだけやってくることか、鹿島サポなら誰でも知っている事実です。

  さらに鹿島のアウェイを考えてください。 近畿、中国、九州・・・各地方に大勢の鹿島サポーターがいて、その方々が 「地元にあるアウェイスタジアム」 に集まってきます(笑) 。
  東京サポのお隣さんが味スタへ行けるのに、どうして鹿じいがアウェイ東京戦に行ってはいけないのでしょうか。

  このビジター席封鎖案は、クラブによっては多少の効果があるのでしょうけれども、ファン・サポーターが全国展開しているクラブには何の効果もありませんよ。
  そんな姑息な案を実行しようと考えるくらいなら、無観客の方がよほどコロナの拡散防止に有効だと感じています。

  J1の再開が大型連休後になると決まり、一気に気持ちが落ち込んでしまいました。 鹿島の試合が見られない日々をどうやって過ごせばよいのでしょうか。 少しでもファンを明るくするために、オフィシャルサイトからの情報発信をお待ちしています。

  我々は、ウイルスを正しく恐れながらも静かな生活の中に些細な幸せを見つけて、それを感じることが大切です。 きっと身の回りにたくさん落ちているはずですよ。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-27 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

和泉竜司

  新加入選手のうち、今日は和泉竜司について書きたいと思います。 これまで名古屋戦では、相馬 ・前田と並んで対戦するのが嫌な選手の一人でした。 そんな相馬や和泉が鹿島へ加入するのですから、世の中わからぬものですなぁ。

  和泉の経歴をたどってみると、2010年の高校総体を優勝し、翌シーズンには高校選手権の決勝戦で同点弾と決勝ゴールを決めているそうです。 申し訳ないのですが、鹿島に絡んでいないと年寄りの記憶には残りません(笑)。

  その後、特別指定選手を経て名古屋へ加入したことくらいしか知りませんでした。 和泉が加入したシーズンに降格したので、余計に印象が薄いのでしょう。

  ただJ1に昇格してからは、左SHが主戦場ながらも、いろいろなポジションでよく動き回っていたという印象が強いです。 こちらのスペースへ入り込んで、良いボールを上げたりゴールを狙っていたことを覚えていますよ。

  スピードがあってユーティリティプレーヤーの和泉は、すでに公式戦3試合にスタメンで出場しています。
  クロス、シュートと優れたものを見せていますが、得点やアシストという結果を示せていないので、まだサポーターのハートを鷲づかみにするまでは至っていませんね。

  しかし練習試合では、正確にカウントしていませんが、綺世と同じくらいゴールを決めています。 チームのトップスコアラーではないでしょうか。

  昨シーズンはリーグ戦で6点取っていますし、市立船橋高校で背番号10を背負い主将を務めた選手ですから、ポテンシャルとクオリティが高いことは言うまでもないでしょう。 シーズン当初からここまで和泉を見てきて、攻撃面では期待できるプレーを見せてくれています。

  しかし、どうも守備に入った時は、ポジショニングや運動量不足が気になります。 名古屋時代は風間監督でしたし、学生時代はエースでしたから、守備は免除されてきたのかも知れません。
  ザーゴ流では両SBに高い位置取りをさせるので、相手ボールになった時は全員に早い切り替えが求められますし、味方が空けたスペースを埋める動きも必要になるはずです。

  そんな守備が和泉にもできるようになれば、チームの守りのバランスも良くなりますし、無駄な失点を防ぐことにつながると考えています。

  鹿島で攻守ともに輝く選手になってください。 そういうプレーが続けられれば、日本代表へも呼ばれるのではないでしょうか。 鹿島の屋台骨となることを期待しています。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-26 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

五輪の延期とJリーグ

  IOCはようやく、東京五輪の延期を言葉にしました。 戦前ならば早々に中止となったのでしょうが、昨今では巨額な資金が動き、IOCや各国際競技連盟はその資金を頼みに運営していますから、簡単に中止ができないようです。

  こうなると延期時期が問題となり、資金もとであるアメリカのNBCや世界陸上連盟 ・ 水泳連盟などとの調整が難しそうです。 そのため4週間の調整時間が必要なのでしょう。

  何だか虚しくなりますね。 主役である選手については一言も出てきませんし、多額の税金を納めている東京都民と日本国民に対してもマル無視です。
  鹿じいは誘致していた頃から、金まみれの五輪開催は反対でした。 コロナ危機が、現代五輪のあり方について議論するきっかけになれば良いと考えています。

  ここまで書いて、ニュース速報が飛び込んできました。 安倍総理がIOCバッハ会長と1年程度の延期を確認したとのことです。 年内の開催はないと言われています。

  延期が正式に決まれば、Jリーグの運営にとっては追い風です。 五輪を予定していた時期に開催することができ、年間スケジュールに多少余裕が出るのではないでしょうか。

  昨日 「新型コロナウイルス対策連絡会議」 が開催されました。 Jリーグは4月3日の再開を目指していましたが、NPBが4月24日開催案を打ち出しましたので、おそらくこれに同調するのだろうと思われます。

  明日のJリーグ実行委員会で最終判断されるようですが、村井チェアマンは 「4月18日、次が5月2日と2週間単位でシミュレーションしながら日程の検討を進めている」 と語っています。

  チェアマンの腹は決まっているようなので、異を唱えても仕方がないものの、なぜ4月25日の再開案が出てこないのでしょうか。

  「サーモメーターを全56クラブの会場に配置できるのが4月中旬以降」 と語っていましたので、もしかしたらこれがネックになっているのかもしれません。 ならば観戦者に体温計を持参させればよいでしょう。 ファン・サポーターは、サッカーのためならそれぐらいのことはやりますよ(笑)。

  4月中の再開が無理となると、J1リーグは鹿島と東京を除いて10試合が未消化となります。
  大幅に日程や会場の再編が必要になりますし、ルヴァン杯も早急にレギュレーション変更を決めなければ、どうにもならなくなってきました。 そのためにもオリパラの延期を早く正式に決定してもらわなければなりません。

  コロナによる致死率が下がり、サーモメーターがほぼ揃ってくれば、J1、J2、J3を同時再開でなくとも、対策準備の整ったところから順次分散して開始させる方法も考えられるのではないでしょうか。

  いずれにして創意工夫が大事ですし、ファン・サポーターに協力を求めてください。 サッカーのある日常を取り戻すために、みんなでできることをやりますよ。 さあ、国難を乗り越えましょう。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-25 : Jリーグ :
Pagetop

故障者 & Jリーグコラボ ランチパック

  レオも含めて6名の選手が別メニューだと伝えられていました。 TM札幌戦のベンチを捉えた写真を見ると、杉岡、聖真、篤人、山本がスパイクを履いていませんね。 まったく写っていない奈良と白崎は、ケガという情報が聞こえています。

  この6~7人が、現状の故障者でしょう。 主力級の選手ばかりなので、ツラいですなぁ。 コロナによる延期を味方につけ、再開に向けて少しでも早く復帰できるといいですね。

  何だか暗い話題ばかりなので、気分転換にサッカー以外の鹿島に触れることにしましょう。 ヤマザキ製パンがJリーグとコラボし、10クラブと共同開発したランチパックを発売しています。
  鹿島のランチパックも都内で買えるらしいと聞き、近所のスーパーやデイリーヤマザキを探しまくりました。

  しかし、置いてあるのはFC東京ばかりです。 諦めかけていたところへ、突然目に飛び込んできましたぁ。

ランチ2         ランチ1
パッケージフィルムにもエンブレムがプリントされ、裏にはその由来の説明書きがありました
ランチ3         ランチ6
今季のユニもきちんとイラストで描かれています     翌日には、マリノスもありました
ランチ7         ランチ5

  この企画のコンセプトは、 「ランチパックがJリーグ10クラブとコラボ"!それぞれの地域にちなんだ味を楽しめるよ。 食べて好きなクラブを、そしてJリーグを応援しよう」 というものです。

  ちなみに、なぜか鹿島だけは 「地域にちなんだ味」 ではなく、鹿島アントラーズ職員内でアンケートを行い、人気の味をサンドしたものだそうです。
  確かにピーナッツクリーム&ホイップは、さっぱりしていて美味しかったですよ。 板チョコのビターが効いていて、甘すぎないところが良かったです。

  東京のストロベリー&ダブルベリーのジャムは甘すぎますよ。 浦和のレッドカレーは臭くて、後味も悪かったです(笑)。
  清水の焼きそばは、可もなく不可もなしといった感じでしたね。 どれも先入観が入っているので、ヤマザキ製パンさん、許してください。

  茨城にはメロン、栗、芋を始めとして、特産品がたくさんあります。 次回また同じ企画がありましたら、今度はクラブ職員の好みではなく、ホームタウンの特産品とコラボしてください。 ヤマザキさん 楽しみにしていますよ~。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-24 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

TM コンサドーレ札幌戦の追記

 昨日はDAZNの中継が終わってから、35分×2のTMも行い、スコアは4-5だと伝えられました。 ジェイが2ゴール1アシストで、その前の45分×2の途中出場のゴールと合わせると、一人で4ゴールですか・・・。

  中継を見終わった後、今年のチームも課題が多くあるなぁと痛感しました。 そのひとつはシュート精度の無さです。 これは今に始まったことではないので、今日は触れません(笑)。

  続いて、守備がまだまだです。 鹿島は伝統的に優秀なディフェンダーを育て、組織的にも強固な守備を売りにしてきたクラブです。
  ウノゼロで勝つことが誇りでしたから、昨日のような守備の脆さを見せられると、古参サポの鹿じいは唖然として言葉を失いますよ。

  ザーゴさんが監督に就任してから2か月余が経ちました。 攻撃面の戦術は何となく聞こえてきますが、昨日のTMを見る限り、流れの中でどのようにして組織的に守っていこうとしているのかが素人には見えてきません。

  ボールを握ると両SBは高いポジションを取り、CBをワイドに開かせます。 そこでボールを失うと、最終ラインはCB2枚しかいません。 ボランチがその間に入れば、今度は真ん中がスカスカです。 その時のSHのポジションや役割も気になりますね。

  最終ラインはスライド対応しているのですが、SBが敵をサイドへ追い込めず、フタをすることができませんでした。 簡単にクロスを上げられ、左右に振られてしまうと万事休すでした。

  修正するためには、ボランチやSHのポジショニングやタスクが重要になると考えていますが、素人に具体策は浮かびません。 再開までに監督 ・コーチの指導のもと、選手自らが修正し、失点を減らすようにするしかないでしょう。

  さらに、無観客試合でしたので、選手が主審に対し異議を唱える声がマイクに拾われていました。 しかし、相手ボールになった時、味方同士での声掛けや指示があまり聞こえてこなかったのが残念です。 時間がかかっても真のリーダーが生まれることを願っています。

  余談ですが、3本目の染野、4本目の上田の2ゴールシーンが見たいなぁと考えています。 こちらもビデオ撮影していたようなので、きっとファンサービスとして小出しにSNSで配信してくれるだろうと期待しています。

  まだまだ、コロナウイルスによる中断は続きます。 練習試合はこれからも実施するでしょうから、相手クラブの許しが得られる限りフルで配信し、ファンを喜ばせていただきたいものです。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-23 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

TM コンサドーレ札幌戦 感想

  テレビ画面からではあるものの、好天のカシスタで久しぶりに鹿島の選手のプレーを90分間観ることができました。
  トレーニングマッチとは思えないほど両チームの選手たちが激しくぶつかり合い、無観客試合らしく声やいろいろな音が聞こえるおもしろい試合となりました。 配信の実現に尽力いただいた各位に感謝します。

  しかし、せっかく鹿分不足が解消できたにも拘わらず、勝てませんでしたねぇ。 違う意味で消化不良になってしまいましたよ。

  札幌は、リーグ戦の第1節で柏を相手にシュート20本を放ち、2ゴールを奪っています。 今年も攻撃力は健在だなぁと感じていました。 それでも柏に24本のシュートを許し、4点取られて負けましたが・・・。

  ですから今日は、そのような守備力に対して複数点が取れるか、また、高さもある攻撃力に対し2失点までに抑えるくらいの守備力を見せられるかが、ポイントだと思っていました。

  結果は2-4でしたね。 3-2だったら合格点をあげられたのですが・・・(笑)。 敗因は、前半ハイプレスとビルドアップが効いている時間帯に決定機を決めきれなかったことです。 また、交代で選手が替わるたびに守りが緩くなったと感じましたよ。

  開幕戦から進化した点も少しはありましたから、すべてを悲観するわけではありません。 ただ選手の距離感はまだまだですし、連携もイマイチ取れていません。
  いくらTMとはいえ、今日みせた攻撃力と守備力では、リーグ戦で勝点を積み上げて行くのは難しいでしょう。

  ただ、修正は効くと考えています。 再開の日は決まっていませんが、残された日々でどこまでできるかが問題です。 このことは明日にでも書くことにします。

  90分の試合を配信した後、35分×2も行ったそうですね。 トータル6対9の敗戦・・・。 TMでも負けると面白くないですねぇ。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-22 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

明日はTM コンサドーレ札幌戦

  やった~!とっても嬉しいです。 明日の札幌とのトレーニングマッチをDAZNがLIVE配信してくれることが決まりました。
  中断期間中、鹿島アントラーズFCのファンサービスが足りないと文句を言ってきましたが、あっさり手のひらを返します(笑)。 この度は誠にありがとうございます。

  浦和対水戸や清水対藤枝のTMもインスタで配信していましたから、鹿島もやってくれないかなぁ・・・と羨ましく思っていました。
  そもそも、カシスタには中継施設があり自ら映像制作ができるのですから、やる気さえあればと思っていましたよ。
  ただ、スカパー!からDAZNに代わって、その後あの施設がどうなっていたのか、すっかり忘れていました。

  今回、LIVE配信をすることになった経緯はわかりませんが、両クラブの努力とJリーグ機構、DAZNの協力がなければ成立しない話です。 関係各位に感謝し、御礼申し上げます。
  全国300万人以上いると言われる鹿島サポは、当然DAZN観戦するでしょうけれど、SNSを見ると、他サポからも 「楽しみ」 との声が聞こえてきます。 サッカーファンは試合に飢えていますねぇ。

  さて、コロナによるJリーグ中断という悲しい現実が、鹿島にとってはザーゴの流儀を浸透させる貴重な時間になりました。 これでようやく他のクラブと同じように新シーズンのスタートに立てると感じているところです。

  このTMは、その間に培ってきたハイプレスやビルドアップの成果発表会です。 J1クラブ相手にどこまで通用するのかが明らかになりますし、足りない部分の確認もできるでしょう。

  久しぶりに、公式戦並みに希望スタメンを書きます。 この中断期間中に戻ってきた選手もいれば、17日の練習ではレオも含めて6人の選手が別メニュー調整だったとの情報もあります。

  別メニュー組の顔ぶれは正確には分かりませんが、動ける選手は交代枠をフルに使って起用して欲しいです。 スタメンは次の通り希望します。

FW         エヴェラウド
MF   和 泉         荒 木
MF  永 木    健 斗    アラーノ
DF 永 戸   犬 飼   関 川   広 瀬
GK           スンテ

  久々に選手の躍動が見られると思うと、今からワクワクしています。 遠くから来鹿していただき、相手をしてくださるコンサドーレ札幌さんには感謝しかありません。 本当にありがとうございます。
  明日はケガ人が出ないようにしながら、思い切りぶつかり合いましょう。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-21 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

松村優太

  先日、スタッフダイアリーで 「松村のインタビュー撮影秘話」 が紹介されていました。 有料サイトなので、全文を転載する訳にはいきませんが、松村の人柄がよく伝わる記事でしたよ。
  公式SNSにアップされたインタビュー動画を撮影した時のことです。 撮影終了後、松村から 「最初のところ、目線があまりカメラにいってなかったと思うんですよね。 もう一度、カメラ目線で撮りましょう!」 と撮り直しの提案があったそうです。

  つい先だって高校を卒業したばかりの選手ですよ。 几帳面な性格なのかもしれませんが、自らを客観的に見つめることができるのは立派です。 すでに高いプロ意識を持っているなぁと感じました。

  今日はその松村にフォーカスしてみます。 鹿島サポなら皆さんご存知のとおり大阪府出身、静岡学園高校では2019年度全国高校選手権で優勝を果たし、優秀選手に選ばれています。 久々に選手権優勝経験者が鹿島へ入団しましたね。

  選手権は荒木と染野も楽しみにしていたのですが、予選敗退やケガによって本大会への出場が叶いませんでした。 そのため鹿島サポの視線は、松村一点に注がれました(笑)。

  かく言う私も、昨年の大晦日に松村優太を観てきました。 プレーぶりは評判通り、輝いていましたよ。 シュート力はあるし、売りのスピードはもの凄かったです。
  単に足が速いだけでなく、低重心のドリブルは足元の確かさも相まって、高校レベルでは止めようがありません。

  その後は生観戦できなかったのですが、テレビ画面を通して見ても、素晴らしいプレーが確認できました。
  相手にフタをされてもダブルタッチで抜く技術や、カットインからゴールへ向かう意欲、味方を活かすプレー、守備をも厭わない運動量・・・。 褒め始めれば止まらないほどのポテンシャルを持っています。

  とにかく、鹿島にはいなかったタイプの選手です。 これまで、相手にがっちり守られた時でもギャップを突けるような選手が必要だと感じていたので、待望の選手が加入してくれたと喜んでいます。
  選手権を見ていたときは、まだ高校生なので即戦力としては難しいのかなと思っていました。 ところが、ルヴァン杯の第1節に9分間出場し、レッドカードを受けるというオマケもつきましたが、予想以上に持ち味を出していました。

  また、PSM水戸戦でも30分ほど起用され、多少遠慮したプレーも見られるも、慣れや連携が深まってくればゴールに絡むことができるなぁと考え直しましたよ。

  松村を見ていると、ハツラツとゴールに向かう動きとクオリティの高さが伺えます。 リーグ戦出場も早いのではないかと感じています。 良い選手であることに間違いありませんから、早々に大化けすることを期待していますよ。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-20 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

春なのにコロナのせいで気が滅入る

  まずは、昨日の記事の訂正とお詫びです。 東京五輪では 「1996年1月1日生まれ以降の選手」 が該当しますと書きましたが、1997年の誤りでした。 申し訳ありません。

  昨日、公式SNSからレオ・シルバが大宮アルディージャとの練習試合で負傷し、右ハムストリング筋損傷との報告がありました。 治療期間は約2ヶ月とのことです。
チームが順調にきていたところで、これは痛いなぁ。 復帰は連休明けでしょうか。 ボランチ候補はたくさんいますが、早く治して再開後の過密日程に貢献してほしいものです。

  さて、ついに茨城県からコロナ感染者が出てしまいました。 残念ですが、まぁ時間の問題だと思っていましたよ。 納豆菌も牛久の大仏様も、コロナをやっつけるパワーはなかったのでしょうか。
  それとも第一号はイタリアで感染された方のようですから、やはり茨城県内は守られているのかもしれませんね(笑)。

  JFAの田嶋会長も陽性と判定されました。 こちらも海外出張での感染です。 それにしても、UEFA総会は危機管理ができていないことに驚きます。 各国リーグのトップに陽性反応が出ているということは、クラスターではないですか・・・。

  田嶋さんはなでしこジャパンの試合も観戦されたそうで、選手が心配です。 また、帰国してからはJFA理事会に出席しています。
  村井チェアマンはビデオ参加だったようで、田嶋さんとは接触していないとのことです。 チェアマンには、ぜひとも感染しないでいただきたいです。 Jリーグ再開に向けて、旗振り役がコロナに感染してしまっては印象が悪くなり、再開が遅れてしまうでしょう。

  世の中、あまりにもウイルスの話題ばかりで、気が滅入ります。 自粛ばかりでは精神衛生にもよくないので、桜の便りをお伝えします。 きれいな花や自然に触れ、免疫力を上げましょう。

芦花1         芦花2
世田谷には、芦花恒春園という都立公園があります。 そこには、長野県の高遠城址から移植された高遠桜が咲いています
芦花3         芦花4
正式な品種名は「高遠小彼岸」です。 15日に撮影したときは、8分咲きでした。今日はまだ9分咲くらいです
芦花5         芦花6
桜の木に止まっているのは、ムクドリです
芦花7         芦花8
春一番に 「まんず咲く」 =マンサクも満開でした
芦花9         芦花10

こちらは我が家へ来るヒヨドリ夫婦です
芦花11         芦花12

ウテナ1                ウテナ2
こちらは12日に撮影した近所の桜です。 早咲きの小彼岸系ですが、品種名は分かりません。 頭が白黒の小鳥は、シジュウカラです
ウテナ3         ウテナ4

  東京は、気象庁の 「標本木」 であるソメイヨシノが14日に開花しました。 見ごろはこの3連休を過ぎた頃かも知れません。 3連休は高遠桜が満開となっているでしょう。 徳富蘆花の旧宅もありますので、芦花恒春園でのお花見はいかがでしょうか。

  陽気がよくなり、本来ならばサッカーびよりなのですが・・・。 もう少しの辛抱です。 日常の些細なことに喜びを見い出し、みんなで乗り切りましょう。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-19 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

東京五輪は延期か?

  昨夜、G7の首脳が緊急テレビ電話会議を行いました。 その後、安倍首相が記者から取材を受け 「人類が新型コロナウイルスに打ち勝つ証として東京オリンピック・パラリンピックを完全な形で実現するということについてG7の支持を得た」 と語っていました。

  記者の 「五輪の時期については?」 という質問に対し、「完全な形で実施するということでG7で一致したところであります」 と同じ言葉を繰り返し、明言を避けています。 ふ~ん・・・。

  開催時期を 「予定通り7月」 と断言できなかったことは、決定権がIOCにあるとはいえ、世界的な流れは延期に向かっているのでしょうなぁ。 欧米のコロナ騒動は、夏までに終息する見込みが立たないのかもしれません。

  こうなると開催時期がいつになるかが、大きな関心事となります。 次々に各競技種目の代表選手が決まっていますし、これからも代表選考試合が予定されています。

  延期するなら一刻も早く正式に決定し、具体的な日程を提案しなけれぱ、アスリートは精神的にも肉体的にも耐えられなくなるのではないでしょうか。

  我らが鹿島の選手に目を転じると、五輪の有力候補選手は綺世、町田、杉岡ですね。 さらに鹿じいの中では、ドラミちゃんこと相馬キュンもここに含まれます(笑)。
  男子サッカーという競技は、開催年に23歳の誕生日を迎えるまでの選手が対象となっています。 東京五輪では 「19961997年1月1日生れ以降の選手」 が該当します。

  今年中に開催するのならともかく、来年以降に延期されれば、FIFAがこの規定を変えない限り、町田や相馬は出場できないことになります。 ここまで五輪出場を夢見て来ただけに、そうなったら可哀そうです。
  何とか救済処置はとれないものでしょうかね。 例えばオーバーエイジ枠を倍増するとか、1996年基準だけは残すとか・・・。

  しかしそうなると、次の若い力が削がれることになるのかぁ・・・。 年寄りが考えがちな浪花節だけでは解決できませんなぁ。 悩ましいです。 本当に、いつ開催できるのでしょう?

  それにつけても、五輪の開催時期を決めるのはIOCですが、そのIOCに巨額の放映権料を支払っているのがアメリカのNBC (National Broadcasting Company) です。
  つまり、NBC=アメリカが五輪の大会運営に大きな影響力を持っていると言っても過言ではありません。 NBCは長年に渡り、合衆国内において独占放送しているそうですよ。

  巨額な税金を使って、開催時期すら決定する権限のない開催都市って、何なのでしょうか。 こんなことを考え始めると、もうオリンピックは必死になって開催する必要はないと感じます。
  どうしても全世界規模でやりたいのならば、すでにNBCが放映権を契約している2032年大会までアメリカで開催すれば良いのではないかと思います。

  ところで、延期日程は今年中、来年の夏、再来年の夏、パリ大会の4年後・・・? 年齢制限で出場資格を失うことになる選手は気の毒ですが、考えれば考えるほど、ばかばかしくなってきました。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-18 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

Jリーグ再開は・・・

  Jリーグ機構が、4月3日の再開を目指すと発表してから一週間が経ちました。 発表した日に国内で新たに感染した人数は33人です。 その後、増減を繰り返し、3月15日の新感染者数は61人でした。 減るどころか、むしろ増えていることに危機感を募らせています。

  予定通りに再開を期すのであれば、遅くとも3月26日までには改めて専門家会議の意見をもらい、実行委員会を経て決断することになるのでしょう。 あと10日ほどでどれだけ感染者を減らせるのでしょうか。 国民一人一人が、しっかり衛生管理に努めなければなりません。

  いちサッカーファンとしては、専門家会議の直前で33人を下回れば、再開してもよいのではないかと考えています。
  ただ、スタジアムでクラスターだけは避けなければなりません。 マスクの着用義務や、入場ゲートとかトイレ周辺での除菌対策を各クラブに要請しないといけませんね。

  また、入場時、サーモセンサーを用意できればよいですなぁ。 不可能ならば各自体温計を持参するなりして、申告制にするという手もありかと考えています。

  もうひとつ、クラブとサポーターに協力要請しなければならないのが、席割りと応援方法ではないでしょうか。
  席割りは、いつも満杯になるスタジアムにとっては非常に難しいのですが、なるべく密集を作らないようにするしかないでしょう。 無観客試合よりはマシと考え、収容人数を半減するしか手はなさそうです。

  歌いっぱなしの応援方法も封印する必要がありますね。 コリンチャンスは無観客試合で、スタジアムDJが録音したチャントを流したそうですよ(笑)。
  個人的には、イングランド方式で手拍子だけの応援がシンプルでカッコ良いと思っているので、カシスタでもやってみたいものです。 一度やってみれば、新鮮でウケるかもしれません。

  JリーグはNPBとともに 「新型コロナウイルス対策連絡会議」 を立ち上げました。 これにより、Jリーグだけの都合や判断で進めることができなくなり、なおさら各方面への調整が難しくなっています。

  選手が一番感じているのでしょうが、サポーターも中断による禁断症状が出始めているのではないでしょうか。 クラブスタッフはもちろん、Jリーグに係わるすべての人々が、1日も早い再開を望んでいると思います。

  このウィルスを甘くは見てはいけませんが、来年はインフルエンザ並みの扱いになっているという予測もあります。 正しく恐れつつ、早く鹿島のサッカーが観られる平和な日常を取り戻したいですね。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-17 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

永戸勝也

  チームは金曜日から3連休となっています。 新しい戦術を頭に入れつつ、立て続けに練習試合を行いましたから、これで少しリフレッシュできるでしょうなぁ。 公式戦もなく練習も非公開なので、ブログを書く身はツラいのですが・・・。

  このところ、新加入選手の期待評を書き始めています。 新人の荒木から始めて、今日はベガルタ仙台から加入した永戸勝也を取り上げましょう。
  永戸は昨季、リーグ戦第19節で直接対戦しています。 しかし正直なところ、あまり印象に残っていないのですよ。
  鹿島が大勝したゲームでしたから、シマオ・マテを欠いた仙台は良いところが出せずじまいだったのでしょう。

  そんな永戸が、2019年アシスト王の称号を引っ提げて移籍してきました。 鹿島は伝統的にSBがキモなので、どのような活躍をするのか楽しみにしていました。

  左足から繰り出すクロスは光るものを感じさせますが、ここまで公式戦3試合にフル出場を果たすもアシストという目に見える結果は示せていません。 もちろん永戸だけの責任でないことは、連続無得点という数字が証明しています。

  先日、NHKのBSで 「サッカーの園」 という番組が放送されていて、『ラストパス』 というテーマで出演者がラストパスの名手について語っていました。
  イニエスタ、中村憲剛、名波浩・・・と名だたる選手が挙げられる中、最後に突然永戸の名が出てきたのには驚きましたなぁ。

  サッカーライターの清水英斗さんが、6人目に永戸勝也を推してくれました。 もう、そこから膝を乗り出して拝聴させて頂きましたよ(笑)。

昨年の数字として、ラストパス/①永戸79本 ②福森72本 ③ガブリエル・シャビエル65本
1試合平均ラストパス本数/①イニエスタ2.7本 ②永戸2.6本 ③中村憲剛2.4本
年間アシスト数/①永戸 10 ②仲川 9 ③福森 ・アデミウソン ・古橋 8 だそうです。

  番組出演者からは、「質の高い左足から繰り出すパス、アーリークロス」 「右足もピンポイントの精度がある」・・・と高く評価されていました。 いや~、鹿島サポとしては嬉しいですよ。

  永戸本人が理想とするラストパスとは、「受けた選手がワンタッチゴールを決められるボールを出すこと」 だそうです。
  また、常にゴール前の状況を確認し 「相手GKとDFの間が空いているかどうか」 「味方選手がどこにいるか」 を見ているとのことです。

  永戸のパスを活かすためには、選手同士のイメージの共有が重要になりますね。 仙台では、石原という賢いFWがいましたからなぁ。
  鹿島のFWも、敵の視界から消えたり、敵の前へ身体を投げ出すことを繰り返したりすれば、永戸からのピンポイントパスに合わせられるようになるはずです。

  昨季仙台の総得点39のうち、永戸がアシストした得点は12だそうです。 左足から繰り出される高い精度のクロスと守備心理の裏を突くイメージが共有できれば、左サイドからの得点が増えると考えています。
  永戸の能力を引き出すのは前線選手たちです。 ともに期待していますから、再開が楽しみでなりません。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-16 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

アラーノ&エヴェラウド

  最近、このブログでエヴェラウドのことを書きました。 大いに期待しているものの、新加入でJ初登場、これまで公式戦3試合しか目にしたことのない助っ人ですから、その力は未知数です。 アラーノについても、同じことが言えます。

  今季は、この二人がザーゴ流の中核としてガンガン活躍してくれなければ、鹿島丸という船は、シーズン途中で座礁してしまう恐れがあります。

  昨季は終盤まで優勝争いに加わっていましたが、最終盤に力尽きて3位に終わりました。 クラブはその反省から、これまでの方向性を修正すべく大きく舵を切りました。
  新監督にザーゴを招聘したほか、日本人即戦力を大量補強し、コーチも刷新しました。 さらに、移籍してしまったセルジーニョとレアンドロの代わりに、獲得したのがアラーノとエヴェラウドです。

  23歳のアラーノはインテルナシオナルから加入し、ここまで右MFとして公式戦3試合にスタメン出場しています。 スペースを見つけてはよく動き、ポストに当てる惜しいシュートも放っていました。

 セルジーニョやレアンドロが1.5列目タイプだったのに比べ、アラーノは2~3列目が向いていると思っています。 ですから彼らと同じプレーや結果を求めることはできないでしょう。

  また、2~3列目にしてはよく動くというか、動きすぎてたびたび周りとポジションが重なっていましたね。 連携が取れていないことが原因ですから、中断期間の練習で解決できるだろうとあまり心配はしていません。
  動くなと言うことではなく、お互いに特徴が分かってくれば、カバーやスライドで補い、良い攻撃につながると考えています。

  ザーゴ監督が当時、インテルナシオナルの下部組織からトップに引き上げた選手です。 昨季はコリチーバにレンタルされ、ジョルジーニョ監督もクラッキだとお墨付きを与えています。
  まだ若いですし、大きな伸びしろもあると思いますので、長い目で見守って行きたいと思います。

  一方のエヴェラウドは28歳、グレミオの下部から昇格しあちこちのクラブを渡り歩き、メキシコのケレタロFCから加入しています。 昨季はレンタル先のシャペコエンセで13得点と、決定力の高さを示しました。

  恵まれた体格から空中戦の強さやパワフルショットを売りに加入してきましたが、公式戦では不発に終わり、サポーターを不安に陥れました。
  ただ直近のTMではゴールを決め始めており、コンディションも上がってきたようです。 周りとの連携も取れるようになってきているのでしょう。

  リーグ戦が再開する頃には、ゴール前での決定力を見せつけてくれるはずです。 移籍金に見合う活躍は、年間二桁得点ですよ。
  とにかくこの二人が活躍するには、日本のサッカーに慣れて、周りとの連携 ・連動を深めることです。

  コロナによる中断は不幸でしたが、充分な練習時間がとれたことは鹿島にとってありがたいことです。 本当の戦いはこれからですよ。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-15 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

ブログ記事の訂正

  昨日、エヴェラウドについて、「宮崎合宿中のTM、公式戦3試合、ウィルス中断期間中のTMと、連続無得点を絶賛更新中だった」 と書きましたが、誤っていたことがわかったので、訂正させていただきます。

  日刊スポーツWeb版に、鹿島の中断期以降のTMの結果が書いてありました。

鹿島対千葉 4-2(45分×2本、35分×2本) 得点者:和泉2、上田、ユース選手
鹿島対群馬 5-1(35分×4本) 得点者:荒木、伊藤、上田、エヴェラウド、名古
鹿島対盛岡 3-0(30分×4本) 得点者:上田2、松村
鹿島対大宮 8-1(45分×2本、35分×1本) 得点者:和泉2、伊藤、エヴェラウド2、レオ・シルバ、オウンゴール2

  この得点者情報は、ありがたいですね。 完全非公開で行われているTMなのに、日刊の記者はどこにニュースソースを求めたのでしょうか。 オフィシャルが書かないならば、どんどん書いていただきたいものです。
  自分の誤りは棚に上げて、しつこくクラブに文句を言いますが、そもそも対戦相手の得点者名を記載するには了解が必要になるかも知れませんが、自分のチームは得点時間と得点者くらい、書いても良いのではないでしょうか。
  映像でもないのに、その程度の情報を公開にすることで、チームに不利益を与えますか? こうしてスポーツ紙に書かれてしまうことを公式で発信しない理由を教えてもらいたいものです。

  今季鹿島は、選手のオフがまともに確保できず、合宿の時間も十分取れないまま新シーズンへ突入しました。 おかげで、3試合連続公式戦で完封負けを喫し、苦しいスタートとなりました。

  コロナ騒動により公式戦が延期され、サッカーファンにとっては甚だ面白くないのですが、鹿島にとっては恵みの中断となっています。
  よそのクラブが2か月余かけた新シーズンへの準備時間が、鹿島もようやく取ることができ、これで横並びのスタートラインに着くことができたのかなぁ・・・と感じています。

  リーグ戦はまだ1試合しか消化していませんから、勝負はこれからです。 この先、結果が出せなければ、監督 ・スタッフや選手の大幅交代が失敗だったのではないかと、強化部の批判につながるのでしょうなぁ。

  これまでの練習試合は報道陣にも非公開だったため、試合内容について詳しい情報が伝わってきません。 ましてや、コロナ中断期間中の練習については、どこまで仕上がっているのかまったくわかりませんね。

  ただ公式ツイッターの動画で、和泉が 「(味方を) 見ずにというか、自分たちがタイミングを分かっていれば、相手も1歩遅れる。 練習からやっているので、それがかなり出てきた」 と語っており、連携が取れつつあることに少し安堵しています。

  これまで 「ビルドアップから相手の立ち位置を確認したうえでのオートマチックなボール回し」 が不足していましたから、それができつつあるのなら、再開後は素人が思い描いていたコアゾーンを使うサッカーが展開できると確信しています。

  この先、さらに2つの練習試合が予定されているそうです。 J1クラブと噂されていますが、ぜひともチームが完成されているマリノス、川崎、東京の胸を借りてほしいと願っています。 ここまで積み上げたザーゴ流がどこまで通用するのか、強敵相手にぶつけてみたいものです。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-14 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

大宮アルディージャと練習試合

  昨日の鹿島の公式ツイッターは 「完全非公開で大宮アルディージャと45分×2、35分×1形式の練習試合を行いました! トータルスコアは、3本合計でアントラーズの8-1となりました! アントラーズの最新情報は、公式サイトで!」 と、相変わらずそっけないですねぇ。

  一方、大宮アルディージャの公式ツイッターは 「本日は鹿島アントラーズと練習試合を行いました」 と一言。 おお、鹿島以上に簡素だ・・・と思いきやリンク先の大宮のHPへ飛ぶと、まあビックリ・・・。

  「3月11日(水)にカシマスタジアムで行われた、鹿島アントラーズとの練習試合の結果をお知らせします」 で始まり、日時、会場、結果 『1 ● 8 (1-4/0-3/0-1) 鹿島アントラーズ』 はもちろん、各々のスタートメンバー ・得点経過、交代選手名と、それはそれは詳しく多彩に書かれていました。

  「いつどこで誰が何を」 がきちんと纏められています。 得点経過を見ると、23分はOGによる得点だったことが分かります。 大宮の選手がゴールを挙げていれば、その名前を載せる予定だったのでしょうなぁ。
  公式戦が中断されていても、大宮のサポーターはあれだけ丁寧な報告があれば、その戦いぶりを想像しながら攻守の課題を考えたりして楽しむことができるでしょう。

  わざわざカシスタまで来ていただいたうえに、ファンが求めている情報をきちんとその日のうちに発信するのですから、大宮のHPを担当している方に拍手を送りたいです。
  鹿島はこの分野では全く歯が立ちません。 リーグ再開後は、チーム同様、劇的に向上していることを願っています。

  さて、エヴェラウドが昨日は2得点をあげたそうで、ホッとしましたよ。 宮崎合宿中のテゲバジャーロ宮崎から始まったTM、公式3試合、ウィルス中断期間のTMと、連続無得点を絶賛更新中でしたから、本当にストライカーなのかと心配していました。 髭を剃って2得点は、スッキリ朗報です。

  今季は、エヴェラウドに10点以上取ってもらいたいのです。 そうでなければ、総得点の目標値に到達できないでしょう。 徐々に馴染んできているようなので、再開後は爆発するだろうと期待しています。

  今回は動画がアップされていないので、様子がまったくわかりません。 大宮公式HPの写真も参考にすると、確認できた出場選手は、エヴェラウド、綺世、伊藤翔、アラーノ、犬飼、関川、広瀬、永戸くらいです。
  水戸は浦和との練習試合を一部、ライブで配信したそうですよ。 うらやましいなぁ。 鹿島も待ちくたびれているファンのために、そのくらいやってほしいものです。

  結果だけ見た感想になりますが、J1昇格を目指す大宮を相手に点が取れたということは、少しずつザーゴ流が巧く回りだしたのかも知れません。
  攻めのかたちがサイド攻撃一辺倒ではなく、相手が嫌がるコアゾーンも攻められるようになったのではないかと期待してしまいますね。

  永戸が 「みんなが迷いなくプレーできているし、手ごたえを感じている」 と言えば、和泉も 「チームのかたちが出来てきた」 と語っています。
  まだまだ中断期間は続きますが、今後も攻守のバリエーションをどんどん増やしてもらいたいです。 一日も早くコロナをやっつけて、選手は早く試合をしたいでしょうし、我々はとにかく鹿島の勝利を観たいものです。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-13 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

東日本大震災から9年

  コロナ大騒動のさなか、今年も3.11を迎えました。 あれから9年ですか・・・。 あの日は誰もがいろいろ大変な経験をし、思い出すだけでも胸が苦しくなることでしょう。
  あまりマスコミには扱ってもらえませんが、茨城も大きな被害を受けましたね。 鹿島アントラーズも被災しました。

  毎年書いているとおり、あの日鹿じいは、篤人のプレーを観るためにドイツへ発つ予定でした。
  東京でも経験したことのない揺れに見舞われ、公共交通は全面ストップしました。 地震直後、たまたまタクシーが拾えたので、スーツケースを持って成田へ向かいましたが・・・。

  新宿駅周辺は、人があふれて車が動けず、大混乱でした。 結局、8時間タクシーに乗り続けて、文京区を抜けることすらできません。
  地下鉄が動き出したと聞き、タクシーを降りて自宅へ帰ったのですが、帰宅した時の安堵感は今でも忘れられません。

  地震発生当時は、世の中の状況が飲み込めませんでした。 ニュースなどで少しずつ把握できるようになり、ようやく大変な事態に気がつきました。
  釣りや観光で何度も訪れ、大好きだった岩手や宮城の惨状を知った時の衝撃は、人生観を一変させるほどのものになりました。 何が起こるかわからない一生なら、細かいことにとらわれず、どんなことがあっても自由に楽しく毎日を過ごそうと決意しました。

  その後、何度か釣りで北上山地方面を訪れ、分水嶺を少し越えることはできても、沿岸部へ向かうことはためらわれました。 多くの方が被災された地へ遊びで踏み込んでは行けないと、心にブレーキが掛かってしまったのでしょう。

  そんな思いで過ごすうちに9年が過ぎ、東北地方から足が遠のいてしまいました。 ところが最近、なぜか福島に目が行くようになり、訪れてみたいという気持ちになっています。

  自分の中でどのような心境の変化があったのかはわかりません。 昨日も書きましたが、4月上旬に福島の中通り地域の桜見物を計画しています。
  さらに大型連休には第1原発がある浜通りへ、可能な限り釣りをしながら、立ち入り禁止区域へ迫ってみたいと計画を立てています。

  コロナのせいでオリンピックの開催が危ぶまれていますが、予定では今月末に聖火リレーが、福島Jヴィレッジから原発のある双葉町を通って煙をたなびかせるそうです。
  むりやり駅前の一部地域だけ立ち入り禁止区域を解除し、国が推進している浪江町の再生可能エネルギーを謳った水素製造施設前を走らせるそうです。

  この話を聞いて、カチンときました。 4万人以上の帰還できない被災者の姿を世界へ知らせることなく、廃墟と化した街並みも見せず、処理しきれない原発遺物も隠して・・・。
  整備されたJヴィレッジや水素製造施設を前面に打ち出すことで、原発事故そのものを忘れさせ復興しましたと終わらせてしまおうという意図が強く感じられます。

  こういう国の思惑に抵抗しなければ人としていけないと考え、あえて除染作業の対象となっていない山の中で遊んでこようと計画しています。

  平穏な暮らし、何も起こらない日常、それがいかに大切なことか、毎年3.11が教えてくれます。 このことを孫の稚鮎たちにも語り継いでいきたいと思っています。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-12 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

Jリーグ延期の正式発表

  昨夜、Jリーグの村井チェアマンが 「コロナウイルス対策連絡会議の専門家チームから 『(中断期間を) 延長することが望ましい』 との助言を受け、(中略) 4月3日の再開を目指すこととした」 と発表しました。
  12日の実行委員会と臨時理事会を経て、正式に決定される予定です。 日程の詳細案は、その時に出るのでしょうかねぇ。 こうなることは想定されましたし、このご時世ですから仕方がないでしょう。

  Jリーグは2月26日の試合から延期・中断されています。 もし4月3日に再開できるならば、J1はリーグ戦5節分とルヴァン杯GSの2節分が未消化試合となります。

  試合がない水曜日にこの7試合を当て込んでも、ルヴァン杯のPOステージや天皇杯が始まることを考えると、東京五輪中断期までに消化することはできないでしょう。
  前期後期の区別なく延期した試合を組むのか、ルヴァン杯の大会方式を変えるか、天皇杯もJ1・J2クラブは3回戦まで免除するといった特例措置をとるとか、何らかの策を講じなければ、シーズン当初に計画した全日程の消化は難しいと思われます。

  Jリーグ機構は、JFAだけでなくAFCやFIFAとも調整しなければなりません。 短期間での調整は大変ですなぁ。 今後の日程発表などは12日になされると思いますので、その決定を待ちましょう。

  さて、コロナに関連して個人的な悩みがあります。 絶不調で検査したら陽性だったとかいう話ではありませんよ(笑)。
  4月の上旬に 「桜名所いいとこどり」 という福島を巡るツアー旅行を申し込んでいます。 これが、新幹線と観光バス移動なのですよ。 バスは密閉空間で、感染が危惧されますから、どうしたもんじゃろのう・・・。

  そのうえ、ソメイヨシノの開花が早ければ東京で今週末、福島でも24日と予想されています。 寒の戻りで少し予想が後ろにずれる可能性もありますし、お目当ての三春の滝桜や旧日中線沿いの桜は種類が違いますので、ドンピシャの予感もあります。
  憧れていた会津鉄道の桜のトンネルをくぐることも、ぜひ実現したいです。 悩ましいですね。

  近々、政府が新たな 「緊急事態宣言」 でも発したら諦めますよ。 そうでなければ多少桜が散り始めても、南東北の桜の名所巡りですから、やはり行きたいという気持ちが徐々に高まってきました。

  今日現在、熱は下がりましたが、咳が治まりません。 桜が咲くまでに完治しておかないと、出かける先々で 「コロナか」 と白い目で見られそうです。 まだ時間の余裕がありますから、がんばって治すぞ~

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-11 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

コロナとサッカー

  第2回新型コロナウイルス対策会議が開催され、Jリーグの再開が先延ばしになる可能性が高まったと報道されています。
  やはり当初の予定通りにはいかないだろうと思っていましたが、厳しいですなぁ。 出口の見えない 「1~2週間」 です。 落ち着いて続報を待つしかありません。

  1週間前、韓国メディアは、ACL第2節水原三星対ヴィッセル神戸戦の観戦者から感染者が出たと報道しています。 2月19日の試合当日には自覚症状がなく、26日に陽性であることが確認されたそうです。

  サッカーに係わる人から、ついに出たかという感じです。 水原ワールドカップ競技場は、駅から離れていて、基本的にはバスかタクシーを利用することになります。 立派なサッカー場で、水原三星の熱心なサポーターが大勢集まるところです。

  鹿じいが2018年に訪れたときも、平日にもかかわらずたくさんのサポーターで席が埋まっていました。
  帰りのバスの列待ちで言葉を交わし、駅までずっとサッカー談義に付き合ってくれた青年も、GSで対戦したときにカシスタまで来たと言っていました。 コロナに感染したのは20代後半の若者とのことで、あの青年のことが気懸かりです。

  また、サッカー選手からも感染者が出ています。 ユベントスU-23に所属する選手が、3人感染したということです。
  これは他のユース選手やスタッフはもちろん、トップチームの選手へも波及しますので、クラブ全員の検査と予防が必要になるでしょう。 イタリアは、急激に感染者数が伸びていて、致死率も高いので心配です。

  ドイツでもコロナによる影響がありました。 ライプツィヒ対レーバークーゼン戦を観戦に訪れた日本人団体客に対し、警備員がサッカー場から退場を求めたことが話題となっていました。 その後謝罪されたそうですが、ブンデスリーガも今後、中止もしくは無観客試合になりそうです。

  それよりも前には、欧州リーグのザルツブルク対フランクフルト戦でフランクフルトファンのドイツ人男性がウイルスに感染していたことが伝えられています。 この方はイタリア北部のベルガモに滞在し、その際に感染したもようです。

  ユーロ圏内は行き来が自由なので、ウイルスの感染拡大が懸念されます。 日本の若者も、卒業旅行などでヨーロッパのサッカー観戦を計画していた方もいたことでしょう。 残念ながら感染の不安よりも、サッカーの試合自体が延期もしくは中止になりそうです。

  Jリーグはいつから再開できるのでしょうか。 今後の状況次第ですが、とにかく選手・スタッフやファン・サポーターから感染者を出さないことです。
  延期が先伸ばしされますし、その期間によっては普通に34試合できないシーズンになってしまうかもしれません。

  そのためには、各々が手洗い ・うがい ・免疫力アップに励み、不要不急の外出を控えることが大切です。
  退屈しているヒマはありません。 自宅にこもってもやるべきことはありますし、鹿島のことを考えていればいろいろ時間は使えます。 ひとりひとり真面目に生きていかなければ、サッカー観戦が遠のきますよ。 もう少しの辛抱です。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-10 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

続、非公開練習試合

  昨日、カシスタでいわてグルージャ盛岡と練習試合が行われました。 鹿島の公式ツイッターには、『本日、完全非公開でいわてグルージャ盛岡と30分×4形式の練習試合を行いました。 トータルスコアは、4本合計でアントラーズの3-0となりました。 アントラーズの最新情報は、公式サイトで!』 とあります。

  いつものとおり、リンクを貼られた公式サイトに行っても最新情報とやらは見当たりません。 Antlers Today は 「完全非公開でいわてグルージャ盛岡と練習試合を行いました」 と一言だけです。
  有料記事のスタッフダイアリーは、「You Tube 公式チャンネルでは、ハイライトのロングバージョンを配信しておりますので、選手たちのプレー、ぜひご覧ください!」 とのことです

  一方の盛岡は、いわてグルージャ盛岡 0-3 鹿島アントラーズ (1本目 0-1 /2本目 0-1 /3本目 0-0 /4本目 0-1) と、ツイッターで結果の内訳まで詳しく呟いています。
  さらに、「詳細はこちら➝http://bit.ly/2IqxVhZ」 と公式HPへリンクを貼り、そこでも同様にトレーニングマッチの結果が報告されていました。
  また、こちらは最後に 「得点者 なし」 と書かれており、もしゴールが決まっていたら、得点者の名前を挙げるつもりだったようですよ。

  う~む、練習試合には勝っても、ファンサービスという視点から見れば情報量で負けていますなぁ。

  秋田監督というご縁があったからでしょうか、コロナ騒動の中、遠い地からお越しいただき本当にありがたいことです。
  移動手段は何だったのでしょうか。 鹿じいがとっても気になっているキヅールは来なかったのですかね。 新幹線では間違いなく乗車拒否されるでしょうけど・・・。

  そういえば、学芸大から新加入した色摩の姿がありました。 公式インスタで町田とのツーショットが掲載されていたのは、嬉しかったです。
  ハイライト動画にも色摩のプレーが映るのではないかと期待して、目を凝らして見ましたが、チラ見せで終わってしまいましたなぁ。

  ザスパクサツ群馬戦の時も、田中稔也がいたのですから、もっとサービスして見せてくれてもいいのではないかと感じていました。
  SNS担当者は鹿島サポーターの心理を読んで、どのような情報を求めているのか、その期待に応えるものをどんどん発信していただきたいものです。

  もちろん、ファン・サポーターにもいろいろな考えの方がいます。 すべての人が満足することは難しいでしょうが、アントラーズらしさを貫いて発信するしかないと思います。
  書いているご本人が、おもしろい仕事だとやりがいを持って取り組めていればいいのですが・・・。 あ~あ、あと50歳若ければ、KAFCに就職していたのになぁ。 仕事は楽しくやりましょう!

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-09 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

続、非公開練習

  鹿分不足のところへ毎日コロナの話題ばかり聞かされて、こっちまで具合が悪くなりそうだと思っていたら、本当に体調を崩してしまいました。
  ひな祭りの日に37.5度の熱が出て、あぁ、いよいよ我が身に来たかー!・・・と覚悟しましたよ。

  翌日も、咳がどんどん酷くなっていきます。 生真面目な性格(?)ですから、お上の指示に従って外出を自粛し、家にこもって様子見を続けました。
  そして夜には38.5度に到達・・・。 このような症状が4日以上続いたら相談センターに相談ですが、それまでは我慢して自宅待機です。

  3日目も38.1度・・・。 倦怠感に覆われ、咳も酷く、そろそろ自宅待機も限界だと感じ始めました。 ネットで厚労省が発信しているQ&Aを再度確認すると、重症化しやすい高齢者や基礎疾患がある人は2日程度という特例があることがわかりました。

  発熱してから4日目、ついに掛かりつけ医へ向かいました。 「風邪を引きました」 と告げると 「こんなご時世ですから、一応検査をします」 とレントゲン撮影と採血、インフルエンザの検査もしてくれました。

  結果、インフルは陰性、レントゲンも問題なく、風邪という診断で薬を処方されました。 それにしても、このタイミングで風邪だなんて・・・。
  丸三老舗の極いちご大福プレミアムを食べたいがために、2度も新宿へ行ったのがいけなかったのでしょうか・・・。

  コロナのせいで、世の中もおかしな方向に動いているような気がします。 デマによりトイレットペーパーが買い占められたり、マスクをしてないからと電車から引きずり降ろされたりとか、恐い話です。

  また、蒲郡市のコロナ患者が 「コロナウイルスをうつしてやる」 と言って、フィリピンパブや飲食店へ出かけたというニュースには、度肝を抜かれましたよ。
  これは正真正銘のテロリストですから、法で裁いてもらわなければなりません。 混乱が続くことによって、このような事件が起きてしまうのは残念です。

  さて、感染者が発生していない茨城県から、6日の非公開練習の映像が発信されました。 前々日に練習試合を行いましたから、この日はレクリエーションゲームが中心だったようです。 選手からは笑顔が見られ、楽しそうでしたね。

  こんなトレーニングだったからでしょうか、ケガと言われていた染野、伊東、篤人も加わっていました。 山本もいましたし、3日の練習では杉岡の姿も確認できましたので、残すは奈良ですかねぇ。
  奈良は昨季、ケガがちでシーズンを棒に振ったそうです。 そのため、移籍してきて張り切って練習へ入り、ACLプレーオフ戦へ出場したのが裏目に出たのではないでしょうか。 なんとかこの中断期間に戻ってくれれば、ありがたいです。

  現在、再開の日程について、いろいろ検討されているようですね。 ケガ人も戻りつつありますから、あとはザーゴ監督が指向するビルドアップのかたちが、再開までに完成度を上げてくれることを願うばかりです。
  自分も体調を戻して、しっかり応援できるよう頑張ります。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-08 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

代替日程は?

  今季Jリーグが開幕した頃、すでに世間にはコロナウイルスが出回っていたのですよね。 スタジアムで選手や観客から感染者が出なかったことと、クラスターにならなかったことは本当に良かったです。

  その後すぐに、3月14日までの試合が延期され、日程変更が示されました。 当初の予定どおり18日の第5節から試合を再開することができれば、J1はリーグ戦3試合とルヴァン杯の2試合だけが未消化となります。
  これならば、5月末のルヴァン杯プレーオフを1週ずらせば、ギリギリ消化できると考えています。

  しかし、延期期間が伸びてしまうと、小手先だけで消化することは出来なくなるでしょう。 Jリーグチェアマンは、東京五輪への協力を謳い、五輪期間中だけでなく、直前の代表合宿中も代替え開催を回避すると宣言しています。
  原博実さんもツイートしていますが、五輪期間中は試合開催日でなくともスタジアムが各国の練習場となっていて使えず、さらに放送関係者がすべて駆り出されているため、Jリーグの中継もできないのだそうです。 なるほどなぁ・・・。

  ここで思い出されるのは、2011年3月の東日本大震災による日程変更です。 あの時もリーグ戦を第1節だけ消化して中断し、4月中旬までの5節分が延期となりました。
  鹿島は、クラブ自体が被害を受け、チーム活動を一旦解散したものですから、選手のコンディション作りに苦労するという厳しいシーズンでしたね。

  リーグ戦が再開したのは、雨の国立競技場でした。 鹿じいも雨に打たれ、無残な負けを現地で体感しました。 知人のマリノスサポは試合後、喜び勇んで祝勝会へ向かったようです。 そんな悲しい思い出ばかりのシーズンでしたよ。
  ちなみにあの時鹿島は、延期となったリーグ戦5試合とACLにより延期になった2試合を2勝1分4敗という結果で終わりました。 年間トータルでも、負け数の多いシーズンでした。

  今は、日程面での大変さは同じであっても、チーム練習ができているので、置かれているチーム状況がぜんぜん違います。 リーグ再開後のコンディションは、それほど心配していません。 かえって、中断が功を奏すのではないかと思っています。

  さて、話を日程に戻しますと、東日本大震災時は、延期分をすべて7月に開催して、12月のリーグ最終節までに帳尻を合わせています。

  ただ、ナビスコ杯は大会方式を変え、総当たりのグループリーグ戦を止めて、全試合をトーナメント形式に変更しました。
  鹿島はACLに参加していましたので、準々決勝から参戦し、3試合勝って優勝したのではなかったでしょうか。 リーグは6位と振るいませんでしたが・・・なんだかんだしっかりタイトルを獲るところは、さすがオリベイラさんです(笑)。

  国内のウイルス感染者数が減少しなければ、おそらく延期期間を延ばすことになるのでしょう。 そうなると、ルヴァン杯のレギュレーションを変える案も出てくるでしょうし、五輪代表合宿中にリーグ戦を開催するようになるかもしれません。
  無観客試合の開催や、最悪の場合は年間34節を17節にして、順位をつけることの検討もないとは言えません。

  いずれにしろ、このままでは身体だけでなく、精神も経済も、庶民の生活も破綻してしまいます。 この国難を一刻も早く乗り切り、普段の平和な生活を取り戻し、鹿島のサッカーが観られる幸せを享受したいものです。
  再開の可否が12日頃に出るようなので、その結果を静かに待つことにしましょう。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-07 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

雨中の練習試合

  昨日は雨の中、カシスタで非公開の練習試合が行われました。 ザスパクサツ群馬と35分 × 4本で、結果は5-1 (2-0、1-0、1-1、1-0) だったようです。

  鹿島の公式ツイッターやインスタには、35分 × 4 形式でトータルスコアはアントラーズの5-1ということだけが書かれていました。
 ザスパクサツ群馬は、「練習試合結果をお知らせいたします」 から始まり、「カシマスタジアム 14:00 kick off 1-5 (0ー2、0ー1、1-1、0-1) 」 と得点の内訳も記されています。

  鹿島もこのくらいは発信してもらいたいです。 また、オフィシャルサイトがとても見にくくなってしまい、練習試合などの様子がまったく見当たりません。 年寄りの探し方が悪いのでしょうか。 SNSだけでなく、こちらも見やすくしてほしいものです(泣)。

  さて、出場選手の全容は不明です。 インスタに写真がアップされているメンバー以外、誰が出場していたのでしょうか。 得点者も、名古と荒木しか分かりませんでした。
  群馬には、田中の顔が見られましたね。 相変わらず黒くて元気な笑顔でした(笑)。

  ハイライトのロングバージョンは、期待していたのですが、食い入るように見ているとあっという間ですねぇ。 本番の試合がないのですから、もっとサービスしてくれても良さそうなものですが・・・。

  おそらくホームビデオくらいの機器で撮影しているのでしょうけれど、ピッチレベルからの視線では見づらくて疲れます。 スタンドから撮れば、もう少し全体を俯瞰したいい絵が撮れるのではないでしょうか。

  どうも自分の欲で語ってしまいますが、本当は失点シーンも見たいと思っています。 どこまでディフェンスがチームとして整ってきているのか、知りたいです。 しかし、弱点を世間に晒すことになるので、少しでも研究されないように非公開なのでしょう。

  そんなもの隠していても、よそのクラブはすでに鹿島の弱点を十分理解していますよ。 全部公開してもなお、相手を圧倒して勝てるアントラーズになって欲しいですし、強い鹿島の復活を待っています。

  鹿島は、選手や監督コーチはもちろん、クラブのスタッフも全員、勝利にこだわることは当然ですが、姑息な方向へ向かって欲しくはありません。 再開後には、自信を取り戻し、誇り高き強い鹿島をみせてください。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-06 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

荒木遼太郎

  3月1日、荒木は東福岡高校の卒業式に臨みました。 自身のインスタで 「最高の仲間、先生と過ごせて楽しかったです!」 と語っています。
  東福岡高校サッカー部の公式ツイッターでは、 「キャプテン引継式」 の様子がつぶやかれていました。 納会と追い出し試合がコロナのせいで中止となってしまったのは残念ですね。

  それにしても、やっぱり高校生だったのですねぇ。 学ラン姿が新鮮に映り、よく似合っていると思いました。 卒業おめでとうございます。 これからは、鹿島アントラーズでプロ選手としてがんばってください。

  さて、その荒木ですが、もしかすると満男たちの黄金世代、岳らのプラチナ世代以来の逸材かもしれないと年寄りは感じています。
  シーズンが始まったばかりで、そこまで褒めるのはちょいと早いのかもしれませんが、みなさんもすでにおわかりですよね・・・。

  2月に行われたPSM水戸戦での、あのゴールシーンは圧巻でした。 白崎がボールを持った瞬間、ダイアゴナルに走って敵の裏抜けからシュートを叩き込みました。 テレビで観戦していて、腰を浮かせましたよ。
  相手DFのポテンシャルを差し引いたにしても、誰もが簡単にできるプレーではありません。 見事でしたなぁ。 いきなりエルゴラの表紙を飾ることになりました。

荒木1              荒木2

  そして、記憶に新しい0-3で完敗した広島戦です。 荒木は、聖真に代わって60分に投入されました。 2点差を追いつくべく、良く動き回り、攻撃のリズムをチームにもたらしてくれました。

  名古からの縦パスを受けた荒木が、相手の嫌がるバイタルエリアへ進入する動きは、称賛に値するプレーだったと思います。

  ゴールこそ成らなかったのですが、再三再四このようなプレーを繰り返していましたね。 味方のパスを受ける動き出しは豊川を彷彿とさせますし、この日みせたプレーの数々は、本山を思い起こさせてくれます。

  目を見張るプレーを簡単にこなすので、よく本山になぞらえることが多いのですが、本山と違うところはとにかく倒れないことです(笑)。
  まだ、相手からマークされず、激しく削られないからかもしれませんが、彼の細かいステップとボールタッチに、この先も注目必至ですね。

  学ラン姿の荒木を見て、公式戦デビューしたばかりの新人選手ながら、黄金世代以来の逸材が鹿島へ入ってきたと期待が膨らみます。
  そんな期待の重圧に負けないで、大成して欲しいものです。 ガンバレ荒木遼太郎

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-05 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

♪今日は楽しいひなまつり

  今日は、練習の様子が動画で8分弱ほど公式にアップされました。 雰囲気も良さそうで、久しぶりにヤスの顔も見られました。 元気そうで良かったです。 伊東もレクリエーションには加わっていて、そろそろ完全合流できるのではないでしょうか。

  ジェフとの練習試合に姿の見られなかった選手は、コンディションが心配でした。 篤人と染野もクラブハウスにいるようなので、少しずつ戻ってこられそうですね。

  それにしても、奈良と杉岡を見つけることができませんでした。 見落としているのかもしれませんが、どうしているのでしょうか。
  サポーターは心配しているのですから、見学ができない分、これくらい動画を公開してくれてもいいと思いますよ。 ファンが鹿分不足で倒れてしまわないように、よろしくお願いいたします。

  今日は風が無く、穏やかな日でした。 梅に群がるメジロを観ていると、いっそう春を近くに感じますなぁ。
  散歩コースの道ばたに、フキノトウが咲いているのを見つけました。 毎年春にも歩いているところなのですが、今まで気がつきませんでした。 東京でも咲くのですねぇ。
  山の中なら採取するところですが、数も少ないですし、空気も悪そうなところなので、見送りました(笑)。

蕗の薹1         蕗の薹2
2月27日の撮影です。 フキが一面にあり、ふきのとうが採られた跡もありましたが、自分は食べる気になれません
蕗の薹3         蕗の薹4

  そうそう、菜の花や桜が咲く頃、同時に咲くユキヤナギがぽつぽつと小さな花を見せ始めています。 3月に突入しましたが、ソメイヨシノの開花も相当早くなりそうです。

散歩2         散歩2-1
ユキヤナギが咲き始めました。 月中程で真っ白になるのでは  負けじと水仙も
散歩1          散歩5
種類がわからないのですが、早咲きの桜も咲き出しました
散歩4         散歩3
二日前は咲いていなかったタンポポが咲き乱れています
散歩6                散歩7
河津桜は、すでに葉も大きくなり、もうすぐ散り始めるでしょう
散歩9                散歩8

  サッカー日和となりそうな春が来ているのに、Jリーグが開催できないのは悲しいですねぇ。 この陽気が武漢ウイルスを駆逐してくれることを願っています。 本当に早く鹿島のサッカーが観たい

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-04 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

練習試合

  昨日までの暖かさはどこかへ行ってしまい、今日は薄ら寒い一日となっています。 何と言っても当面Jリーグ戦がありませんので、年寄りの楽しみは失われました。 我慢しなければと思いつつ、辛いですよ。

  こんな時は、公式が発信するSNSが唯一の鹿分です。 昨日は、公式ツイッターで 「#土居さんに質問」 という企画が行われ、女性ファンは嬉しかったのではないでしょうか。

  それより鹿じいは、昨日の練習試合について、詳しく伝えてほしかったです。 鹿島アントラーズの公式ツイッターには以下のとおりしか書かれていませんでした。

  『【練習試合】 本日、ジェフユナイテッド市原・千葉と45分×2、35分×2形式の完全非公開で練習試合を行いました。 4本合計で、トータルスコアはアントラーズの4-2となりました。 アントラーズの最新情報は、公式サイトでhttps://bit.ly/2TsUmrV』
  最新情報を見ようと上記のリンクが貼られた公式サイトへ行くと、練習試合の記事は一切ありません。

  一方、鹿嶋までご足労いただき対戦相手になってくださったジェフユナイテッド市原・千葉さんの公式ツイッターは、以下のとおりです。

  練習試合 ジェフユナイテッド市原・千葉vs鹿島アントラーズ(45分×2本/35分×2本)

1本目 1-0
 35分 千葉
2本目 1-2
 24分 鹿島
 38分 千葉 
 39分 鹿島
3本目 0-0
4本目 0-2
 20分 鹿島
 36分 鹿島
4本合計 2-4

  ファン・サポーターならば、どちらの情報が嬉しいでしょうか。 答えは、言わずもがなですよね。

  昨日、ジーコTDから誕生日祝いのメールが届きました。 3月生まれでもないのに、意味がわからないといぶかしんでしまいましたよ。
  今日になって、誤送信だと謝罪のメールがあり、「今後、このようなことがないよう細心の注意を払います」 と書かれています。 どうも公式サイトに誤字や手違いが多いと感じるのは私だけでしょうか。

  こんなささやかなブログでさえ、校正のため何度も読み返しているのですよ。 鹿島の公式SNSはどのくらいの規模で運営されているのですかね。
  「スタッフダイアリー」 や 「ロッカールーム」 も有料なのですから、ファンの気持ちを汲み、もう少し踏み込んで、痒い所に手が届くような情報をたくさん掲載してくださいますようお願いしたいです。

  さて、YouTubeの公式チャンネルで、練習試合のロングバージョンダイジェストを見てみました。 戦術的な問題からか、失点場面はカットされています。
  ゴールシーンもひとつだけで、松村のクロスを伊藤翔がスルーし、左サイドからユースの石津くん(?)が押し込んだものです。

  得点者は和泉の2ゴールとしか発表がありませんから、あとはユースの選手かオウンゴールだったのでしょうか。 せめてひとつくらい和泉のゴールを見たかったなぁ。 ようやくポストに嫌われずに済んだのですから・・・(笑)。

  練習試合の動画は6分40秒です。 他に公式ツイッターで、和泉 ・永木 ・松村が試合後コメントしている動画がアップされています。

  永木の話によると、2失点ともカウンターでやられたようですね。 あぁ、やっぱりなぁ・・・と心配しています。 この課題の克服も再開へ向けて重要になってきますから、ぜひ修正して欲しいものです。

  試合が延期されているこの期間、選手はミニキャンプのつもりでチームを作っていってもらいたいです。
  そしてサポーターの鹿島飢餓に対し、公式SNSはファン・サポーターが見たい ・知りたい情報を可能な限り発信してください。 スタッフの腕の見せ所です。 期待しています。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-03 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

練習見学の中止

  アントラーズは武漢ウイルスの感染症予防および拡散防止のため、29日よりトップチームの練習見学を中止し、クラブハウス施設への一般客の立入りを規制しました。

  試合が延期になってしまい、この週末は練習見学に行こうと考えていたファン・サポーターも多かったのではないでしょうか。
  オフィシャルショップやアントラーズカフェを訪れ、出待ちゾーンで選手に会いたいと思ったファンもいたことでしょう。

  たしかに鹿分不足に陥り、解消のためクラハへという気持ちはわからないでもありません。 しかし今は、選手への感染防止を第一に考えて、ファンは我慢すべき時です。
  国勢をみても、感染拡大防止のため不要不急の外出を控え、少しでも早く正常な生活を取り戻すことが大切なのではないでしょうか。 クラブの決定は正しかったと思っています。

  そもそも、練習終了後の出待ちゾーンでのサイン、握手、写真については、いろいろな疑問を感じていました。
  ファンの中にもいろいろな方がいますので一概には言えませんが、選手のサインがオークションサイトで売りに出されていたりすると、悲しい気持ちになります。
  選手はプレーでみせ、ファンはスタジアムで声援を送るべきだと思う年寄りにとって、アイドルのようにキャーキャー騒ぐのは違うと感じています。

  先日、「意外に知られていない運動と免疫の関係」 というツイートを見ました。 アスリートは感染症に弱いということが、かなり前のマイクロソフトニュースに掲載されています。

  それによると 「フルマラソンをすると、競技終了から2週間以内に選手の5~7割にカゼの症状が出るという報告もある。 これは過酷な運動によって免疫力が低下するのが原因」 なのだそうです。

  スポーツ医学についてまったく知らない素人は、「肉体を鍛え上げたアスリートは病気に対する抵抗力もさぞかし強いだろう」 と信じていましたが、意外にも逆だったということを初めて知りました。

  「アスリートは、普通の人よりカゼなどの感染症にかかる頻度が数倍も高い」 そうなので、鹿島の選手を菌やウイルスから守らなければなりません。
  無期限非公開練習を良いきっかけに、今後再び公開されるようになった時には、節度ある見学とファンサービスを受けるルールをファン自らが作り、自重してもらいたいものです。 みんなで、選手の負担を考えましょう。

  公開練習はJリーグの再開と同時期になると思いますが、いつになるかはお上の見解や社会情勢を見ながらの判断となると思われます。

  サッカーが観られないうえにクラハへも行けないとなると、ファンも辛いですね。 ここは選手のことを想って我慢のしどころですよ。
  選手にとっては、集中してチームの完成度を高められる絶好の機会となり、ようやく他のクラブに追いつけるはずだと感じています。

  今日はジェフユナイテッド市原・千葉との練習試合が行われたそうです。 試合再開へ向けて準備をすることが重要ですから、雑音に振り回されずにがんばりましょう。 スタジアムで選手と再会できることを待ち望んでいます。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-03-02 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR