fc2ブログ
鹿島アントラーズ

サッカーのテレビ放送について

 サッカーは、スタジアムで観戦するのが一番です。 野球なら、テレビはもちろんラジオでも楽しめるかもしれません。 しかし、サッカーは常に選手が動いていて、ボールのないところでも駆け引きがあるので、ピッチ全体を俯瞰しなければ楽しめません。

 そうは言っても、すべてのサポーターが毎回スタジアムに足を運べるわけではないので、テレビ放送が重要な観戦手段となってくるのです。

 先のワールド杯をテレビで観戦していて、強く思ったことがあります。 それは、驚くほどカメラワークが良いということです。 日本とは異なり、昔からFIFAが主催する大会のテレビ中継には感心していました。

 基本的には引いた画面を映し、試合の流れに合わせてうまく、寄せた映像に切り替えていました。 リプレイも、オフサイドの場面やペナルティーエリア内での接触プレー、ボールがラインを割った時など、こと細かに多方向からのカメラでスローも交えて見せてくれるのです。

  しかも大事なことは、次のプレーが始まる時には、途中であってもリプレイを切り上げるということです。 タイミングがないときには、だいぶ後になってでも、さっきのジャッジはこうだったんだよとリプレイしてくれます。

  まれに選手やベンチを映すことがあっても、ましてや“美人を抜いても”ゲームの邪魔をしないで切り替えてくれます。ワールドクラスのプレーを映しながら、同時に世界基準の美女を見つけ出す審美眼にも脱帽! 大したものです。

  一方、日本のテレビ中継は、サッカーをわかっていない人達が作っているのでしょう。 高いお金を払って、テレビにかじりついて観ている視聴者の気持ちは無視されています。

  もっと引いた映像が見たいとか、あそこのリプレイが見たいとか・・・真剣にサッカーを見ている者の視点で、スタジアムであれば見ることができるという部分を見せて下さい。 誰もベンチや選手を長々とアップで見たいとは思いませんよ。

  もう一つ、改善してほしいのは、アナウンサーや解説者の質の低さです。 この件については、改めて後日お話ししたいと思います。

  カメラマンも切り替えなどの編成をするディレクターも解説者もアナウンサーも、すべて日本サッカーのレベルを示す指標のひとつだと思っています。
  日本代表やJリーグが、世界と肩を並べられるレベルになるためには、選手の能力だけでなく、チーム関係者、審判団、サポーターも含めて、日本人がサッカーを愛し、本当に見る目を持つことが大切です。
 私の目の黒いうちに、そうなる日が来れることを望んでいますが、一朝一夕にはいかないでしょうね(笑)。

こぴっと がんばれし テレビ業界 !!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2014-07-29 : Jリーグ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR