fc2ブログ
鹿島アントラーズ

過酷な日程を乗り越えよう

  首位との対戦を控え、金曜日の練習は非公開になったそうですね。 ケガ人が戻り、新加入選手もチームに溶け込んできて、アウェイ4連戦だろうが、中2日だろうが、上位対決だろうが、チームとして発揮できるすべての力を尽くして乗り越えていくしかありません。

  今週末は、最初のヤマである柏レイソル戦です。 先日、Jリーグのマッチメイクに納得がいかず、不公平感たっぷりな試合日程について書きました。 しかし、調べてみるとJ1リーグは、従来の原則土曜日という固定開催から、今季は 「土日分散開催」 を基本とするようになったのですね。

  それにしても、このところの日程には首を傾げてしまいます。 水曜日にはルヴァンカップPO第1戦が行われ、札幌対C大阪が0-1、広島対東京が0-1という結果でした。
  リーグ戦とはかなりメンバーを変えて戦っていましたが、FC東京とC大阪は次のリーグ戦とは中3日の開催となっています。

  シーズン開幕前から、もし東京がPOに出場することになっても大丈夫なように、マッチメイクしていると感じるほどの鮮やかさです。 それに引き換え、我らが鹿島は、酷い日程を強いられていますね。

  Jリーグ機構を忖度(そんたく)すると、どうも浦和や東京などを有利に扱おうという思惑が感じられてなりません。
  チェアマンが浦和のファンで、ナンバー2が浦和や東京の監督経験者とはいえ、 こんなバカげた話がまかり通るようでは、日本のプロサッカーの将来が心配です。

  聞くところによると、地元の人がたくさん試合が見られるように、同じ都道府県内で2つの試合を同日に開催しないように配慮されているという話もあるようです。
  確かにガンバとセレッソは、ホーム開催が重ならないような日程になっているようです。 しかし、浦和と大宮は埼スタとNACK5の同時開催がありますよ。

  来シーズンからは、このように不透明で不公平感のあるマッチメイクはやめていただきたいものです。 日程は、誰が見ても公平であって、根拠が明確にされていなければならないものだと思っています。
  穿った見方かもしれませんが、Jリーグ機構の運営にはしっかりと目を光らせ、怪しいことがあれば、ファンサポーターが声を大にして警鐘を鳴らしましょう。

  我らが鹿島アントラーズは、このように不公平な嫌がらせを受けても、めげずに優勝を勝ち取るだけです。
  聖真も、天皇杯山形戦までの魔のアウェイ4連戦を 「歯をくいしばって戦いたい」 と力強く語っています。 まずは、昨季2戦とも0-2で苦汁を飲まされた柏戦です。 何が何でも、リベンジしましょう。

  先の天皇杯では、何人かの若鹿がリーグ戦でも起用できる目処が立ちました。 そういった選手を週中のガンバ戦で使っていけば、勝点を拾えると考えています。
  リーグ優勝のためには、過酷な条件のもとで、この大きなヤマ場を乗り越えなければなりません。 鹿島アントラーズならきっとやれると信じています。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2017-06-30 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR