fc2ブログ
鹿島アントラーズ

浦和レッズ戦の追想

  ここ数試合の課題とされた立ち上がりの失点については、集中して試合に入り、何とか修正できたと言えるでしょう。
  それでも前半6分には、レオがズラタンに簡単にかわされて、決定機を作られました。 もしこれが入っていたら、褒められた話にはならなかったと考えています。

  直後にレオからのキラーパスが聖真に通り、中村から夢生という見事な崩しで先制できましたが、その後の内容は相手の方が上回っていました。 コーナーに逃れるのがやっとで、あれだけコーナーキックを与えてしまえば、失点の確率も上がるでしょう。

  試合後、大岩監督が 「失点前後の場面については映像で確認しながら選手たちに落とし込みたい」 と語っていますので、しっかり分析したうえで修正してくれると信じています。

  それでもモヤモヤした気持ちが収まらないので、立て続けにあっさり2失点した場面を素人なりに振り返ってみました。
  まず、59分、浦和のCKがルーズボールになり、槙野が拾って中央のM脇へ出すと、そのミスシュートがズラタンの足元へ収まり、素早いシュートがネットに突き刺さりました。

  一見、守備側から見ると防ぎようのないシーンに思われますが、ズラタンをマークしていた源は、なぜあの場面で離してしまったのでしょうか。 ルーズボールウォッチャ―になっていました。

  次は69分です。 敵陣深いところで、レアンドロがボールをロストします。 長沢にミドルサードまでボールを運ばれ、チェックへ入った源が簡単にかわされました。 あそこで長沢に前を向かせないような粘り強い対応ができれば、違った展開になっていたかもしれません。

  その後の守備陣も人数は揃っていましたが、遠藤がクロスを上げる瞬間は数的同数となり、ファーサイドの武藤をフリーにさせてしまいました。

  鹿島が前掛かりになっているところからのカウンターでしたから、選手のポジショニングのバランスが悪かったです。
  源は90分間通して、動きやポジション取りなどに、らしくないプレーが散見されますね。 本当に心身ともに疲労が蓄積しているのだろうと同情しますが、日の丸を背負って世界と闘う選手ですから、あえて高いレベルのプレーを常に要求します。
  もちろん、失点は源一人の責任ではありません。 むしろボランチの二人の動きと危機管理がお粗末だったと言わざるを得ないシーンだったと感じました。

  鹿島の選手はクオリティが高いので、必ず修正してくれることでしょう。 全員が連動した固い守備で、クリーンシートを期待していますよ。

  さあ、中2日でリーグ戦です。 夢生は発熱してコンディション不良だったとのことですが、よく2点獲ってくれました。 最近、やや不調だった聖真と中村が、共に切れの良い動きを披露してくれて、それぞれ得点に絡めたことは大収穫です。

  3人のさらなる活躍で得点を上乗せし、安部とレアンドロのシュート能力にも期待しています。 川崎の得失点差に追いつき、追い越しましょう。
  9月の残り2試合が、初秋のヤマ場です。 何としてもこの2ヤマを征服して、初秋の景色を頂からファミリー全員で眺めたいものです。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2017-09-22 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR