fc2ブログ
鹿島アントラーズ

第27節 ガンバ大阪戦の展望

  ガンバ大阪の成績は現在、11勝7分8敗、42得点・30失点で勝点40の7位です。 クラブもこの成績では不本意なのでしょう。 「アジアで勝てるチームにしたい」 という理由から、長谷川監督の今季限りの退任を発表しています。

  今季はあと8試合も残っていますし、ガンバはルヴァンカップも勝ち残っているではありませんか。 なぜ、このタイミングで発表したのでしょうか? よそのクラブのこととはいえ、首を捻ってしまいましたよ。
  これが原因なのかは分かりませんが、直近のリーグ戦は結果が出ずに、週中の天皇杯4回戦も敗退しています。
  選手は退任の決まった監督のために頑張ろうと思えるものですかね? プレーでアピールしようという気持ちが盛り上がるとは思えませんし、選手も監督も共にモチベーションはだだ下がりだと推測されます。

  さて、時間的に余裕がなかったので、G大阪の試合をまったくチェックできていません。 第13節の残像とダイジェストで見てきた印象を綴ります。

  今季のG大阪の戦い方は、4バックと3バックのシステムを併用していました。 このところの試合データを見ると、4バックをベースに、状況に応じて臨機応変に中盤と前線の構成を少しずつ変えて、使い分けているようです。

  昨年までは、遠藤を中心としたパスサッカーを標榜していましたが、今季はアデミウソンらのスピードを活かしたカウンターサッカーにシフトしています。

  倉田や藤春のスピードや井手口・三浦のビルドアップを活かそうとすると、ショートカウンターになるのでしょう。 特に井手口はボールの刈り取り、ボール捌き、ミドルシュートと一流ですから、鹿島の中盤選手がしっかり抑えて自由を奪わなければ、逆に押し込まれてしまうと思います。

  他にも、韓国代表FWファン・ウィジョが不気味ですし、ヘディングが強い長沢、ベテランの今野や遠藤も健在ですから、やはり強敵です。

  連戦による疲労が残っているとは思いますが、鹿島の戦い方は前線から相手を追って高い位置でボールを奪取し、ショートカウンターを仕掛けたいですね。 また、DFファビオがおそらくケガのため欠場でしょうから、バイタルで速くボールを回して、相手の守備陣を揺さぶって勝機を見出したいです。

  夢生のコンディションが気がかりですが、天皇杯で好調ぶりを発揮した聖真・中村・レアンドロが相互にカバーしあいながら、走り切ってほしいです。 スタメンは天皇杯とほぼ同じで、次の通り希望します。

FW     聖真   金崎
MF   中村    レアンドロ
MF     永木  レオ・シルバ
DF 西    源    植田  伊東
GK       曽ヶ端

  G大阪にゴタゴタ感があるとはいえ、ホームでは3連敗中です。 勝率も5割と、決して相性が良いわけではない難敵ですから、明日は9月の大きなヤマ場になります。
  いかに90分間集中を切らさず闘えるかが、勝負の分かれ目でしょう。 トーナメントの決勝戦のつもりで、気持ちを入れて走り切ってください。 明日も勝つ!!

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2017-09-23 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR