fc2ブログ
鹿島アントラーズ

ガンバ大阪戦の追想

  大興奮の逆転劇から一夜が明け、一転して穏やかな日曜日を迎えています。 昨夜はテンションマックスのまま祝杯に突入し、万歳したまま寝入ってしまいました(笑)。 今日は次のステップに向かうため、冷静に試合を振り返ってみようと思います。

  「コーナーキックを蹴る前のサポーターの雰囲気が、ゴールを呼び込んでくれたのではないかと思う。 サポーターの皆さんにすごく感謝している 」 と大岩監督や選手らが語っていたように、2万8千人のサポートが劇的な勝利を呼び込んだことは間違いありません。

  結果オーライにしても、苦しい試合となりましたね。 その原因はどこにあったのでしょうか。

  曽ケ端が 「(失点シーンは) 中の状況を見た瞬間に打たれてしまった。 こういう状況で苦しくしてしまったのはあの1点だった。 (中略) タイミング的には予想しているのと違っていたけど、(中略) 抑えないといけないコースだった。」 と語るように、チームに与えた影響は大きかったです。

  ファン・ウィジョにボールキープされながらも、源は体を寄せてファーサイドへのシュートコースを切っていましたので、打たれるとすればニアサイドです。
  曽ケ端は、ファーサイドへのクロスに対応するよう味方に指示しながら、敵から目を離してしまいました。 おそらく、まだシュートは打たないだろうという甘い判断だったのではないでしょうか。

  先日も天皇杯出場59試合を果し釜本氏と並ぶ記録を打ち立てたほど、国内では一流と評されるGK曽ケ端です。
  しかし、昨日の失点場面ではがっかりしてしまいましたよ。 雨あられのシュートを防ぎ、アシストまで決めた東口のキックが羨ましく感じました。
  キックの精度の無さは今さらですが、勝ち越した後の時間の使い方もベテランらしさが見られませんでしたね。 最終ラインの選手とよく話し合って連携を確認し、次に繋げて欲しいです。

  一方、フィールドプレーヤーは両チームとも天皇杯から中2日という厳しい日程で、疲労が相当残っていたはずですが、序盤から激しい攻防を繰り広げてくれました。

  それでも後半、先に足が止まったのはG大阪でした。 60分くらいから終盤まで、鹿島がボールを保持し、攻勢をかけ続けます。
  しかし、再三にわたる夢生のチャンスも決まらず、レオ・レアンドロ・山本も、今日はこれ以上ゴールが入らないのかと思われるほど決定機を逃しました。

  やはりシュート精度が課題でしょうなぁ。 あれだけのチャンスを誰かがどこかで決めていたら、もっと楽に試合を運べていたはずです。
  ゴールへのパスという意識を持ってシュートの精度を上げるための練習はもちろん、相手との駆け引きや周りの選手の動きなど、まだまだ向上すべき点が残されています。

  昨日のような展開になると、逆に相手のカウンターがハマるものです。 3回ほどアタッキングサードへボールを運ばれましたが、守備陣の我慢強い対応で事なきを得ました。
  ホームでの連続無失点は途切れてしまいましたが、ここから再びクリーンシートを続けたいものです。

  毎度のことながら、勝って兜の緒を締めると同時に、圧倒的な強さを身に付けて欲しいので、ついつい苦言を書いてしまいます。
  選手本人が一番わかっているはずですから、同じ過ちを繰り返さずチームとして修正し、向上してもらいたいと思っています。

  この先も決しておごることなく、対戦相手をリスペクトしながら、今のサッカーを展開していければ、自ずと結果はついてくるでしょう。
  さあ、次はホームでの勝率が高い鳥栖とベアスタで対戦です。 久しぶりに参戦する予定ですので、サポーターの数では勝てませんが、昨日の声援に負けぬよう、大声を出して応援するつもりです。 次も勝つ!!

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2017-09-25 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR