fc2ブログ
鹿島アントラーズ

E-1選手権 韓国戦

  今日はE-1選手権の最終戦で、韓国に勝てれば優勝でした。 鹿島の選手は今シーズンの見納めとなりますから、まだ出場していない健斗を是非とも見たいと考えていました。

  しかし、ホジッチさんは勝利ボーナス欲しさに、ダブルボランチなら井手口と今野を起用するでしょうし、ワントップも夢生ではなく小林だろうなぁ・・・と思いながらテレビのスイッチを入れました。

  スタメンは、ホジッチさんが第1・2戦でパフォーマンスが良かったと判断した選手を選んだようです。 倉田は2試合とも効果的なプレーができていなかったと感じたのですが、監督はお気に入りのようです。
  また、韓国の当たりの強さを考えると、ワントップは小林より川又か夢生の方が良いのにと思いましたよ。

  さらに、伊東のスピードは後半からの方が効くだろうし、本職の室屋や初瀬を差し置いてまで植田をSBで使うのも理解できませんでした。 キム・シヌクの高さを抑えたいならば、植田の身体能力を当てるべきで、CBとして起用してもらいたかったです。
  それでも、鹿戦士が3人もいるので、いつもとは比べ物にならないくらい見る気が起きる代表戦です。

  開始3分で日本がPKにより先制しましたが、その後ボールへの寄せで負け始め、ジリジリと守備ラインを下げてしまいました。
  腰が引けた日本を韓国は見逃すはずがありません。 ワンサイドゲームになってしまい、無残な内容となってしまいましたなぁ。

  悪い流れを断ち切れるリーダーがいませんでしたね。 その役を担わなければならないはずの舵取り役である今野と井手口の出来が悪すぎましたよ。

  この試合では韓国の方が、個々のクオリティーが上回り、チームの完成度も高かったです。 一方、日本には褒められる選手が一人もいませんでした。
  コンディション作りの失敗と、監督がやろうとしている縦に速いサッカーが、日本の選手に合っていないのではないかと感じました。

  今日イチで注目していた健斗が、交代カードの一番手で投入されました。 25分ほどの出場でしたが、初代表ながらも無難にやれていたことが嬉しかったです。
  これからも日本代表として、自信を持って次のステップへ向かい、貴重な経験をアントラーズへ還元してもらいたいですね。

  鹿島は、この試合を反面教師にして学ばなければならない点がたくさんありました。 ファン・サポーターがあきれて、情けなさを感じるような試合は絶対にやらないよう、来季はぜひとも頑張ってほしいです。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2017-12-17 : 鹿島アントラーズ・日本代表 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR