fc2ブログ
鹿島アントラーズ

CWC 決勝戦

  CWC 決勝戦は丑三つ時の放送ですから、さすがに年寄りはLIVEで観戦できません。 日本代表というより 「ガンバ鹿島川崎連合」 のしょっぱい試合を見た翌日に、世界最高クラブを決める試合を録画で見てみました。
  結果は、欧州王者のレアル・マドリードが1-0で南米王者のグレミオを破り、大会初の連覇で、バルセロナに並び最多となる3度目の優勝を果たしました。

  キックオフからグレミオは高い位置でプレスを掛け、これは球際の勝負になるのかと思いきや、レアルの選手たちが凄すぎましたなぁ。 相手のプレスをかわす技術が半端なく巧かったです。

  グレミオの体を張った守備陣に対して、放ったシュート20本のうちの半分ほどが決定機となっていましたから、見事としか言いようがありません。
  レアルは守備陣といえども、足元がしっかりしていますね。 CBのクロスやSBのシュート技術にいちいち驚かされましたよ。

  得点シーンのクリロナのプレースキックには、我が目を疑いました。 狙っていたのかどうか、壁がボールひとつ空いた間を通したゴラッソでした。 まさに化け物です。

  終盤、ベイルがDFをかわし、PAで左足アウトフロントのシュートを蹴った場面ではのけぞりました。 「な、何なんだ・・・」 と声も出ませんでした。 GKにセーブされるも、世界最高基準のサッカー技術を見させてもらいました。

  一方、グレミオの堅守も素晴らしかったです。 ただ、シュート1本・決定機ゼロという数字が物語るように、レアルを追い詰めるところまでは至りませんでしたね。 昨季の決勝戦では、鹿島には瞬間 「勝った」 と思える場面があったのに比べると、グレミオは完敗でした。

  話は変わりますが、この試合のVARはどうしたのでしょうか。 58分に、ベンゼマからの落としに反応したクリロナのシュートがネットを揺らしたのですが、ポストとなったベンゼマのオフサイドを取られてしまいました。 オンサイドだったように見えましたよ。 しかし、VARは動きませんでした。

  VARにも人間のさじ加減が入ってしまいますね。 ベイルのようにVARを頭から否定してしまうと、ビデオを見ている審判に反感を買ってしまうのでしょうか。 将来、Jリーグにおける取り扱いも難しいのだろうなぁとの感想を持ちました。

  大会の最優秀選手にはモドリッチが選ばれました。 The best of the best にふさわしいサッカーを見せてくれました。 モドリッチのプレーを見ているだけで楽しくなりますよ。

  昨日の日本代表戦を見た後だったので、余計に目が覚める思いでした。 これほどまでに超世界基準のサッカーができるレアルに対して、昨年、土俵際まで追い詰めた鹿島アントラーズは凄かったなぁ・・・としみじみ思い出しました。 改めて誇らしく思うとともに、今年は何をしているんだと悔しさが溢れてきます。

  また、あのステージに立ちたいものですね。 いや、必ず戻らなければなりません。 そのためには今季浮き彫りになった課題や問題点をすべてクリアしていかなければ、夢物語になりますよ。 過去の栄光は胸にしまって、来季は一からやり直しましょう。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2017-12-18 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR