fc2ブログ
鹿島アントラーズ

ついにオフ突入

  E-1選手権大会が終わりました。 鹿島から出場した6選手は、色々な評価はあるのでしょうけれど、個々の持ち味を出して頑張ったと思っています。
  もちろん、もっとできる子たちですが、チームとして戦えていないのですから仕方がありません。 来季の始動までメンタルをゆっくり休めて、身体のメンテもしっかりやって欲しいです。

  韓国戦後のインタビューで、ホジッチさんは 「韓国の方が格上だ。 試合前から日本より強いと分かっていた。 海外組も含めたA代表でも勝てたかどうか・・・。 技術に驚かされ、すべての面で上回られた」 とコメントを発しています。

  敗戦を選手のせいにする保身の指揮官に呆れてしまいましたよ。 勝つためにできることを考え、その策を指示して実行させるのが監督の仕事ではないでしょうか。
  ワールドカップで戦う相手は、韓国よりもっともっと強いのですよ。 「選手が格下なので、本大会では1勝もできません」 と言い訳し、早くもギブアップ宣言をしているということですかね。
  日本の監督を引き受けるということは、限りある能力でいかにしてチームを作り、強い国に勝つかを考えるということです。 自分の無能無策を棚に上げるような監督は、辞めていただきたいものです。

  話は変わります。 鹿島の特集だと聞いて、久々にテレビ東京の 「FOOT×BRAIN」 を見てみました。 タイトルは、鹿島アントラーズ~検証オリジナル10~と銘打たれていました。

  「常勝軍団はいかにして誕生したのか」 というテーマで、 「継承される勝利の哲学」 を語り、「(今シーズンの) 優勝は逃しても鹿島の25年は色あせません!」 とのことでした。 無冠に終わったシーズンに、常勝とか言わないでもらいたいですね。
  内容も、鹿島自慢の秋田節がさく裂しただけで、ファン・サポーターなら誰でも知っている陳腐なものでしたなぁ。

  今ここで、過去の19冠を自慢してみたところで、何の意味もありません。 「鹿島の25年は色あせない」 のは当たり前です。
  大事なことは、今季無冠に終わった要因を分析して来季に繋げることです。 これをしっかりやらなければ、この先の25年はあっという間に色あせていくことでしょう。

  番組の最後に出た 「完成完璧は存在しない」 とは、ジーコの金言です。 あのクリロナはもちろん、レアルの選手たちはもう次の高みに向かって走り出しているのです。

  しょぼかったE-1選手権と目をみはったCWCが終わり、本当のオフに入ってしまいました。 これから来シーズンの開幕までどう過ごせばよいやら、見当がつきません。 天皇杯の準決勝と決勝で、戦う鹿島を見たかったなぁ!!

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2017-12-19 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR