fc2ブログ
鹿島アントラーズ

アントラーズの未来を担う小鹿たち 

  北海道で開催されていたadidas CUP全日本クラブユース選手権(U-15)は、鹿島アントラーズジュニアユースが2-1で清水エスパルスジュニアユースを下して、初優勝を飾りました。 本当に快挙ですね。 遅ればせながら、おめでとうございます!

  中村幸聖監督は「勝負にこだわるアントラーズのスピリットを出して勝ち切ってくれた」 とコメントしています。 監督は、植田と豊川の高校の先輩だったのですね。
 ベベット、野沢、根本、羽田、内田(潤)、ファビアーノらとともに2000年に入団し、モンテディオ山形・アルビレックス新潟を経て、2007年にジュニアコーチとして、鹿島に戻ってきてくれました。

  小笠原満男先輩は、大船渡市への訪問に小鹿たちを連れて行き、サッカーをやりたくてもできない子がいる現実を見せました。 大会前には直接、檄を飛ばして、鹿道を伝授したようですね。 中村監督には決勝前夜に、鹿島の看板を背負う以上は「絶対に勝て」 と伝えたとか・・・。 優勝の陰に満男あり!?

  KA41 で重点項目にしていた「選手育成システムの強化」 が、ようやく花開くようになってきました。 クラブはもちろん、保護者の方々の熱意や努力のおかげです。 しかし、将来トップチームに昇格できるのは、だいたい1学年に1人くらいで、本当に鹿戦士として活躍できるのは何学年かに1人の厳しい世界です。

 それでも今、アントラーズのプライドとスピリッツを体感し、ユニフォームに袖を通してピッチに立てるということは、素晴らしいことです。 このブランドを背負うことは、未来永劫、鹿島ファミリーの一員であるという証しです。 中村監督のように、外の世界に出て経験を積んで、どのような形であれ、また戻って来ればよいと思います。

こぴっと がんばれし 小鹿たち!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-08-27 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR