fc2ブログ
鹿島アントラーズ

カシスタへのアクセス向上を願う[バス編]

 「アントラーズの未来とホームタウン」でも書きましたが、カシスタを基点とした半径30キロメートル圏内の人口は約70万人です。
 1試合の平均観客数1万5千人のうち、半数近くが鹿行地域以外、つまり茨城県の他都市や千葉、埼玉、東京、神奈川からの来場者とアウェイのサポーターではないかと思われます。

 以前、「道路編」「鉄道編」として、スタジアムへのアクセスについて触れましたが、スタジアムへの足は、主に自家用車とバスがほとんどです。

  東京からバスで向かう場合、定期路線バス(往復3,660円)、予約制直行高速バス(片道2,300円)、スカパー加入者限定応援バス(往復3,000円 最少催行25名)、新宿駅・東京駅発  サポーターバス(通称あらばす、往復3,000円)などがあります。 どれも、オーダーメイドではありませんから、一長一短があります。
 
 以前から気になっていることは、定期路線バスにはサッカー観戦以外のお客さんもいらっしゃるのです。 普段ならすぐ乗れるはずのバスなのに、開催日には東京駅で長蛇の列に巻き込まれ、とても迷惑そうです。 昔は予約なしで乗れる直行バスがあったのですが、どうしてなくなってしまったのでしょうか?

 また、西鉄旅行㈱さんが主催している直行バスですが、先日のFC東京戦では添乗員さんが堂々とレッズサポだと宣言し、車中の空気は最悪だったそうです。 アドボードの社員さんとは思えない発言ですね。 乗る気が失せてしまいます。

  東京発以外では、水戸駅南口(往復2,000円 最少催行25名)、つくば駅発 土浦駅経由(往復2,000円 最少催行25名)、京成成田駅発(往復2,000円 最少催行15名)、茨城空港発(往路のみ)、まぼろしの水海道発(守谷・取手・竜ヶ崎・美浦経由)などがあります。 いずれも、最少催行人員が集まらず、中止になることがしばしばあるようです。

  これでは、毎試合行こうという気持ちになれません。 ㈱鹿島アントラーズFCは、「試合を見たければ、大変な思いをしてでも個人が努力してカシスタへ来なさい」 というスタンスではなく、少しでも早く、安く、楽に来ていただけるように努めるべきです。 アウェイのサポーターも含めて一人でも多くの人に、あの僻地 (!?) に来ていただけるよう、頑張りましょう。

  最少催行人員が集まらないバスは、クラブが不足分を補充するくらいの太っ腹をみせていいのではないでしょうか。 予約なんかしなくても、あの駅に行けばカシマスタジアム行きが必ずあるという安心感が大切です。

 タダ券をばら撒いているぐらいなら、直行バスがあるから来たというファンを増やして、コアのサポーターになっていただけるよう努力をすべきだと考えます。 このままでは、集客1万人を割るのはそう遠い未来ではないですよ!

こぴっと がんばれし ㈱鹿島アントラーズFC!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-11 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR