fc2ブログ
鹿島アントラーズ

人種差別撲滅宣言

  錦織圭選手が全米テニスで決勝に進出したので、思わずWOWOWに加入してしまいました(笑)。 残念ながら、決勝ではストレート負けしてしまいましたが、4大大会で日本人がこれほど活躍するのは夢のようです。 副産物として、この2か月間はリーガ・エスパニョーラを堪能しようと思っています。

  さっそく、第2節ビジャレアル対バルセロナ戦を見ました。 このゲームは、昨シーズンの第35節で、「バナナを投げ込むという人種差別行為」 に対して、バルサのD・アウベスが「バナナを食べた」 行動が話題を呼び、世界中に「バナナの輪」 が広がるきっかけになった因縁の試合です。

  この第2節でも、残念なことが起こりました。 D・アウベスがボール持つと、ブーイングや指笛が沸き上がり、それは試合終了まで続きました。 ビジャレアルのサポーターには、まったく反省の色が見えません。

  もう一つ、主審のカルバウロ・ベラスコは、D・アウベスへのチャージに対してはスルーし、挙句に蹴られた傷を見せたアウベスの異議に対してイエローカードを提示していました。
  細かいところも判断ミスの多いこの主審は、ワールド杯でネイマールが骨折したときの主審でした。 思わず納得してしまいましたが、ワールドカップに国を代表する審判員として出てほしくありませんね。

  さて、「人種差別」 ですが、日本でも、浦和レッズや横浜Fマリノスのサポーターが差別行為をしたために、クラブが罰金を支払うはめになりました。

  これは、他山の石ではないと危惧していたのですが、やはり鹿島アントラーズのサポーターも紙一重でした。 繰り返しになりますが、土曜日の大宮アルディージャ戦で、両キャプテンの「人種差別撲滅宣言」 を無視して“チームコール”していたことは、浦和や横浜のサポーターを批判できません。

  アウェイの鳥栖でも同じことがあり、人数が多い分、タチが悪いと思います。 反省しないビジャレアルのサポーターと変わりがないと感じました。 サポーターとしてチームを応援する気持ちは皆同じですが、礼節を持たずに、返ってチームの足を引っ張るようになっては残念です。

こぴっと がんばれし アントラーズのサポーター!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2014-09-15 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR