fc2ブログ
鹿島アントラーズ

セレッソ大阪戦 追想

  朝から気分爽快ですよ。 昨夜のセレッソ大阪戦は、ベテラン勢が後ろでしっかりベースを固め、若鹿が躍動し、勝利をもたらしてくれました。 若手にも責任を持たせればやれるということに、指揮官はもっと早く気が付くべきでしたなぁ。

  大岩監督のスタメン選びと交代起用はパーフェクトと言いたいところですが、ひとつだけ気になったことがありました。

  セレッソの攻撃は素人でも分かる通り、左サイドの高木と丸橋を起点にして攻めてきます。 これに対峙する右サイドの小田と田中は、守備の連携が上手くとれず、小田の裏のスペースを突かれて危ないシーンを何度も作られていました。

  早めに手当てしないと破綻するなぁと心配していましたが、指揮官がようやく動いたのは82分、田中に代えて安西の投入でした。
  もちろんACL決勝戦を見越して、選手の温存を考えたのでしょうが、勝利のためには52分に先制した直後に動かなければならなかったと考えています。
  山村や清武がいたら負けていたかもしれません。 ピッチ上の選手が、強く勝ちたいと望み懸命に走ったので、運が巡ってきたとしか思えません。

  一時的に田中と山口がサイドを替えるとか、近くにいた犬飼や満男がうるさくコーチングをすれば、多少修正できたとも考えています。 二人ともこれからの選手ですから、大いに期待したいです。

  また、4年目にして公式戦初出場となった久保田は、どのようなプレーを見せてくれるのか注目されました。 少しづつ使われている金森も、こんなもんじゃないというところを示さなければなりませんでした。

  世間では、久保田の間で受ける動きや金森の運動量が、高く評価されているようです。 しかし、少し辛口に言えば、プロとして当たり前のプレーだと思いますよ。 もっとやってくれなければ、先々、出番は回ってこないでしょう。 次の柏戦でのパフォーマンスに期待したいです。

  小田の得点シーンは、あちこちで 「微妙」 との声を聞きますが、自分にはスローモーションのごとく入ったと見えましたし、あの鹿島嫌いの副審八木あかねさんがゴールの判定しているのですから、間違いなくゴールですよ(笑)。

  源が 「全員の名前を言いたいくらい、いい試合だった。 精度は別にして、勝ちたいという気持ちが伝わってきた。」 とコメントを残しています。 本当にその通り、全員が声を掛け合い、カバーし合い、一丸となって掴んだ勝点3です。
  若鹿を中心に闘う姿勢を見せてくれましたし、普段ベンチ入りもできない選手が勝利に貢献しました。 これでチームの雰囲気も良いまま、ACL決勝戦へ向かうことができます。

  余談ですが、試合中、柿谷や杉本はコンビネーションが合わずに失敗した場面で、ニヤニヤ歯を見せて笑っていました。 あれを見て、今日は勝てる、あんな態度で試合に臨んでいるクラブには勝つしかないと力が入りましたよ。
  勝てて良かったです。 さあ、今日から11月、いよいよ決戦の月です。 皆で闘い、頂点を目指しましょう!!

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2018-11-02 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR