fc2ブログ
鹿島アントラーズ

ACL決勝第1戦 ペルセポリス戦の展望

  リーグ開幕前の2月14日上海申花戦から始まったACL2018は、9ケ月を経ていよいよ終局を迎えます。
  長かったような気もするし、あっという間だったという感じもありますが、こうして鹿島が決勝の舞台に立てることに誇りを感じます。
  しかし、タイトルを獲れなければこれまでの苦労が水の泡ですから、全力を出し切って勝ちたいものです。

  ペルセポリスのシステムは4-4-2で、ACL準決勝までの12試合を17得点・10失点で勝ち上がってきています。 ミラーシステムなので、鹿島は違和感なく戦えることでしょう。 ちなみに鹿島は、ここまで22得点・13失点です。
  もちろんペルセポリスの試合は見たことがないのですが、情報をかき集めると、しっかり守って1点取って勝つというチームのようです。

  データを見ると、17得点のうちアリ・アリプールが5得点(2PK)、ゴッドウィン・メンシャが3得点(1PK)と、FWが得点の半分を占めていますから、この二人は要注意でしょう。

  もうひとり特筆すべき選手は、W杯ロシア大会でクリロナのPKを止めて一躍有名になったGKのアリレザ・ベイランバンドです。
  手足が長く、スローイングはもの凄く速く、なおかつ60m以上の飛距離が出るそうですから、カウンター攻撃の起点になるGKも要警戒です。

  相手のGKやCBが大きいので、小回りが利く安部なら戦力になるのになぁ・・・と考えていました。 そこへ30日に帰国の報が飛び込んできたので、「やったー!」 と思わずガッツポーズをしてしまいましたよ。

  具体的に相手がどのようなサッカーをしてくるのかは分かりませんが、おそらく得意としているであろうカウンター攻撃には第1ディフェンダーが行き、そのカバーをしっかりやる、さらに空いたスペースを埋めるなど、全員が連動して守れば、大量失点することはないと思いますよ。

  鹿島の信条である 「しっかり守って、攻撃に繋げる」 ことを90分間集中してやり通しましょう。 相手をゼロに抑えた上で、先制 ・ 追加点を奪取すべく、セルジーニョと優磨に期待したいです。

  C大阪戦をターンオーバーで勝つことができたので、多少戦力に余裕ができました。 アウェイ水原戦のメンバーを主体に、スタメンを次の通り希望します。

FW           優 磨
MF  安 西  セルジーニョ  安 部
MF        健 斗   レ オ
DF 山 本   犬 飼  スンヒョン  西
GK            スンテ

  攻撃の交代カードは聖真と山口しか見当たりませんので、スタメンに結果を出して欲しいです。 守りに入りたいときには、永木、源、町田の投入が考えられます。 そういう展開になることを願っていますよ。

  泣いても笑っても、ACLは明日の第1戦と10日のアウェイ第2戦のみとなりました。 アジア2万クラブの頂点に、ぜひ昇り詰めたいものです。
  全国の鹿島サポとアントラーズを応援してくださるサッカーファンは、カシスタへ勝利の 「気」 をぜひ送り続けてください。 がんばりましょう!!

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2018-11-03 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR