fc2ブログ
鹿島アントラーズ

グアダラハラ戦 追想

 昨夜はブログを書き終えて、祝杯を挙げつつアルアイン対エスペランス戦を見てしまいました(笑)。 睡眠不足で頭は働かないし、身体もどよ~んとしています。 ただ、テンションだけは高く、絶好調ですよ。 このまま気分良く、レアル戦まで過ごせそうです。

  グアダラハラ戦について、言い足りなかったことを少々付け足しておきます。 結果的には快勝でしたので、ド素人が思いつくことは本当に些細なことばかりです。

  昨日の試合は誰が見ても、前半のデキの悪さを問題視するでしょう。 3分の失点シーンに至るまでの場面を振り返ると、まずはFWが前線からボールホルダーへチェックできず、守備が苦手なSHは簡単にスルーされ、SBが単騎で対応せざるを得なくなったところへCBがカバーするために引きずり出されてしまいました。

  敵への対応に向かった山本と源の間を突破されれば、守備ラインが数的不利になるのは、至極当然なことです。 ましてや、篤人がわずかに目測を誤り、敵の選手をフリーにさせてしまえば失点してしまいますよね。

  前半1失点で済んだから良かったものの、監督にとってこの悪い流れは想定外だったのでしょうか。 仮にレアンドロのコンディションがベストだとしても、スタメンを見たときから不安を拭えずにいました。
  SHが守備をやり切ってSBがカバーへ回る状況を作ることと、もしCBがサイドに釣り出されても、ボランチがスペースを埋めることができていれば、守備ラインは安定したのではないでしょうか。 そう考えれば、そもそもスタメン選びに齟齬があったと思います。

  守備が甘いレアンドロを先発起用した指揮官は、「安部のコンディションの問題と、レアンドロの状態が上向いていた」 ために、「レアンドロの推進力を期待した」 と語っています。
  想定していたマネジメントが 「前半をゼロで終える」 ことであったとすれば、選択を間違えたと言わざるを得ませんね。

  次の対戦相手であるレアルは、世界一のクラブです。 当然ながら中途半端な考えで臨めば、前半から複数点を取られて試合が壊れてしまいますよ。 SHやFWは、少しでも守備意識の高い選手を選びましょう。

  ハーフタイムに、日本から多くのサポーターの方が来てくれているのだから 「戦う姿勢を見せろ」 と指揮官は激を飛ばしたそうですが、スタメン選びの段階で戦う選手を選んで欲しいものです。

  余談ですが、プレーヤー・オブ・ザ・マッチは聖真が受賞しました。 確かに同点弾のアシスト、追加点のPKとなったプレーと、勝利に貢献する仕事はしていましたが・・・(笑)。
  個人的には、後半から流れを変えて、勝ち越し弾となる3点目を決めた安部だと決めつけていましたから、少し驚いています。 プロの目から見た選考基準は違うのでしょうなぁ。

  聖真はこの活躍によって、準決勝もスタメンで起用されるでしょう。 鹿じい的には使い方の難しい選手ですねぇ。 左SHは安西、右SHに安部、CHに聖真といった配置が良いなぁ・・・と思うのは、素人考えなのでしょうか。

  次は、3年越しに巡ってきた白い巨人との対戦です。 前半を無失点に抑えるゲームプランで闘いましょう。 そうすれば、90分の中で勝機は必ず出てきますよ。 決勝進出を目指して、より一層の奮闘を期待しています。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2018-12-17 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR