fc2ブログ
鹿島アントラーズ

危機感と開き直り

  去年の卓上カレンダーの表紙です。 左からペドロ・ジュニオール、源、植田、金崎、満男、聖真、曽ケ端、西といった面々が巻頭を飾っていました。 言わば、2018年に活躍を期待された主力メンバーです。

2018カレンダー

  ところがこの主力8人のうち、夏に3人が移籍し、シーズンが終わるとさらに3人が退団もしくは移籍によりチームを離れていきました。 ビックリして開いた口が塞がらない・・・というのが正直な気持ちです。

  移籍というのは、それぞれの選手にもクラブにもいろいろな事情がありますから、一括りに語ることはできません。 ただ間違いなく言えることは、鹿島アントラーズのひとつの時代が終わったということでしょう。
  長年の悲願であったACLというタイトルをようやく勝ち取り、クラブも選手もサポーターも、皆が大きな達成感に包まれました。 平成の時代とともにチームを支えてきた選手が、これを区切りにクラブを去ることは、誰も止めることができません。

  これほど主力が大量に流失することは、サポーターとしても初めての経験です。 ボヤキが出たり、危機感に襲われることは仕方がないと思います。
  しかし、いくら嘆いても 「覆水盆に返らず」 とのことわざどおり、元に戻ることはありません。 鹿じいは、新シーズンに向けて開き直ることに決めましたよ。

  加入選手を発表順に挙げると、ユースから昇格のDF佐々木翔悟 ・FW有馬幸太郎、レンタルバックのMF平戸太貴、J1クラブで主力だったFW伊藤翔、MF白崎凌兵、同じくレンタルバックのDFブエノと、加入内定のMF名古新太郎、DF関川郁万です。

  昇格組の二人はともかく、名古と関川は半年も経てば戦力になるだろうと楽しみにしています。 移籍と復帰の4人は、プロとしてのキャリアは充分ですから、もちろん即戦力と期待しています。

  まだ契約更新の発表はありませんが、昨シーズン大いに活躍した優磨 ・セルジーニョ ・聖真 ・安部 ・健斗 ・永木 ・スンヒョン ・犬飼らが、この新戦力と融合すれば、若いながらも良いチームができると思っています。

  心配なのはリハビリ中の健斗と8月末に手術した伊東幸敏の回復具合です。 伊東は難しいかもしれませんが、健斗は開幕までに間に合うのでしょうか。
  また、両膝を手術したレアンドロがどこまで復調するのか、この3人のコンディションが新シーズンのカギを握っているといえますね。

  CBをサポートできる健斗と、攻撃のタクトを振れるレアンドロが、ベストパフォーマンスを出せないようならば、守備を安定させるためのCBと、ゲームをつくれるMFが必要なのかなぁ・・・と考えているところです。
  この二人に関しては、シーズンインしてからでなければ判断できないので、夏の移籍ウィンドウが開くまでは、動ける選手に頑張ってもらうしかありません。 足りないポジションは、それまでに獲得の準備を進めておいて欲しいものです。

  昨季の卓上カレンダーの表紙を眺めても、クラブは大きな変革期を迎えていることがわかります。
  真に強い鹿島アントラーズをつくるため、鈴木満さんとジーコTDには、もうひと踏ん張りもふた踏ん張りもしてもらわなければなりません。 大変でしょうが、ここ数年が新たな勝負どころです。 サポーターは応援するしかありません。

  今日、開幕カードはホームで大分トリニータ戦と発表されました。 さあ、新シーズンが始まりますよ 誰がスタメンになるのか、楽しみにしながら、新しい鹿島アントラーズを応援しましょう

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2019-01-12 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR