fc2ブログ
鹿島アントラーズ

猿の楽園

  暖かい日が続きましたが、今日は天気も悪くて寒かったです。 冬場は禁漁ですし、Jリーグもオフで、スキーなどのウィンタースポーツもやりませんから、この時期は毎年引きこもっています。
  そんな鹿じいですが、今回は地獄谷温泉のスノーモンキーに会うため、一泊二日で雪の長野と岐阜へ出かけてきました。

  当初は、北陸新幹線 ~長野電鉄 ~湯田中温泉からマイクロバスを利用して行く計画を立てていました。 しかし、荷物を抱え雪道を行くのは大変そうだなぁと思っていた矢先、バスツアーのパンフが目に留まりました。

  世界遺産白川郷とお猿の雪見露天風呂がセットになったコースではないですか! 雪の白川郷も行きたかったので、人生2度目のツアー旅行に参加することを即決しました。

この姿を見たくて雪道を歩きます
地獄谷猿1         地獄谷猿2
駐車場から40分くらいかかります                日本人より外国人のほうが多い一列縦隊
地獄谷猿3         地獄谷猿4
入場口からお目当ての露天風呂まではすぐです        最初に登場したのは、のぼせた猿でした(笑)
地獄谷猿6         地獄谷猿5
いい湯だなぁ~
地獄谷猿7         地獄谷猿8
恍惚としています 
地獄谷猿9         地獄谷猿10
温泉は40度、源泉かけ流しだそうですから、贅沢ですね
地獄谷猿11どこかで見たことある顔?地獄谷猿12

地獄谷猿13          地獄谷猿16

地獄谷猿15 念入りに足裏マッサージ地獄谷猿14

地獄谷猿17         地獄谷猿18

地獄谷猿19         地獄谷猿21
屈伸をしていました                           「あ〃~」 なのか 「うぅ~」 なのか・・・(笑)          
地獄谷猿20          野猿2
         
野猿1          野猿3

野猿4          野猿5
地獄谷野猿公苑へ行く途中にある秘湯の宿 「後楽館」
後楽館1         後楽館2
宿へ架かる橋を渡る客は猿でした                ここの露天風呂は外人さんが入っていました
後楽館3         後楽館

  2時間半ほど地獄谷野猿公苑に費やし、その後、松本へ向かいました。 松本城は2回ほど天守閣に登っていますので、登城せずに商店街をブラブラしました。

松本1         松本2
繩手通りは人影がありませんでした               「祝、松本山雅」 がいたるところに貼ってあります
松本3         松本4
四柱神社
松本5         松本6
中町通りも観光客はいませんでした
松本7         松本8
街並みは整えられていますが、人通りは少ないです
松本10         松本11

  旅行会社の企画した行程に乗ったのですが、利用して良かったと思いました。 乗り継ぎや時間配分の計算といった煩わしさがなく、温泉に浸かる猿を楽しませてもらいました。

  欲を言えば、地獄谷で猿を見られる時間は正味1時間ほどでしたので、もっと長く見ていたかったなぁ・・・。
  ただ、この日は天気が良く暖かい日だったので、そう思えたのかもしれません。 氷点下の中で長時間見ていたら、こっちが温泉に入りたくなってしまいますね。

  餌付けされているとはいえ、野生の猿が目の前で観察できるのですからたまりません。 まるで人間社会の縮図のようでしたよ。
  機会があれば、今度はツアーでなく地獄谷温泉に泊まって見に行きたいです。 ぜひ雪があるうち見に行かれることをおススメします。 大興奮すること請け合いです。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

2019-02-07 : その他 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR