fc2ブログ
鹿島アントラーズ

名古屋グランパス戦を追想

  鹿島は新シーズンへ向けた準備期間が少なく、手探りの中での一戦でしたから、昨日の負けも想定範囲内です。 そうは言っても、負けて良いわけではありませんし、負け慣れていないので、やはり気持ちは重くなりますね。

  さらに、負ければあーだこーだ問題点を挙げ連ねるファン・サポーターが湧いて出てきます。 素人が口を挟んだところで、どうにもならないということを自身の肝に銘じつつ、追記を書きます。

  素人の印象では、監督が目指していると思われるサッカーが前半の途中くらいまでやれていて、後半は、荒木投入直後は攻撃のリズムが生まれたものの、途中からは 「お馴染みの鹿島」 になってしまったと感じました。

  ところが、監督の見立ては真逆でしたなぁ。 「前半は自分がイメージしていた通りのパフォーマンスにはならなかった。(中略) 後半は自分たちがゲームコントロールしながら、チャンスを多く作った」 ・・・!? プロの視点は違うものですね。

  確かに永戸も 「前半は前からプレスをかけすぎて、簡単にかわされてしまい、カウンターを受けてしまう形があった」 と語っており、やはりプロの見立ては違いますなぁ。

  ACLのプレーオフ戦でも思ったのですが、ダブルボランチはボール奪取力があるものの、奪った後の展開やパスの精度がまだまだですね。 身体にキレを感じないですし、プレー判断も遅れがちです。
  ザーゴ流のサッカーは、ボランチが攻守に重要なポジションとなっています。 コンディションが整わないなら、違う選手を起用するよう試みてはいかがでしょうか。

  前線の助っ人も、まだまだです。 シュート精度も甘いし、打つタイミングも遅いです。 身体がまだ重めなのでしょうか、思い切りも悪いと感じます。
  性格も穏やかなのですかね、ゴリゴリ感や何が何でもゴールへ向かうという強さもなさそうです。 トーキックでも良いので、もっと早く枠へ蹴り込んで欲しいなぁと願っています。

  監督は 「(結果が悪いからといって)やり方を変えたりする必要はないと選手たちに伝えた。 精度、連係の部分をもっと上げていかなければいけない」 と語っています。 まさにその通りですが・・・。
  大型連休のマリノス戦くらいまでに、明快なカタチをみせられるようになると良いですね。 それまでは、未完成ながらも勝点を拾っていけるよう、頑張りましょう。
  東京や川崎と互角に戦うためにも、選手個々もチーム全体も、状態を上げて行って欲しいと思っています。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-02-18 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR