fc2ブログ
鹿島アントラーズ

ヴィッセル神戸戦 速報

 GK山田のスタメンにはビックリしました。 それでも能力は高いですし、激しいポジション争いを勝ち抜きたいという気持ちでやってくれると思っていました。

  鹿島は前半から高い位置でボールホルダーへプレスを掛けていましたが、ボールの取りどころが中途半端で、無駄走りを強いられましたね。

  チグハグ感が漂う中、セットプレーで失点を喰らいます。 相手の狙い目だったファーからやられましたなぁ。 ゾーン要員のミスキャストは相変わらずで、そこへマーク役が肝心な選手を離してしまいました。
  何度失敗しても凝りませんなぁ。 これほどミスが重なるならば、ゾーンを基本とする守備を止めてはいかがでしょうか。

  先制されてガックリしましたが、エヴェラウドが滞空時間の長いヘディングを炸裂させます。 広瀬からのクロスはドンピシャに合っていました。 前半で追いついたこの1点は、大きかったです。

  後半はリスタートの不安を残しながらも、主導権争いを五分に持ち込みました。 しかし61分に、守備の甘さをイニエスタに突かれて勝ち越されてしまいました。

  失点する前の時間帯で、ルーキートリオを投入して欲しかったです。 交代が少し遅いですよ。 残り13分で染野、荒木、アラーノ、永木の4枚替えを敢行します。 これでようやく人もボールも動き出し、絶対に点を取ってくれるだろうと思わせてくれました。

  終了間際に、荒木のパス&ゴーから始まり、アラーノ ・ 染野と繋がります。 染野は落ち着いてスペースへ出し、上がってきた荒木はGKの位置を見て、ここしかないというシュートコースを狙ってプロ初ゴールを決めました。
  この若鹿たちのエリア内での落ち着きぶりは何なのでしょう。 若鹿3人の動きも位置取りも完璧です。 見事でした。

  もちろん、もう10分交代が早ければ勝てたかもしれませんが、イニエスタや敵将を悔しがらせることができたので、個人的には勝ちに等しい引き分けだと考えています。

  今まで散々やられてきた藤本の判断ミスで、ルーキーズに最後のチャンスが与えられたことも嬉しいです。 鹿島キラーの辞書には 「鹿島る」 という言葉はないのでしょうなぁ。

  とんでもない高温多湿の中での連戦ですから、選手は本当によくやってくれたと思いますし、拍手で力を与えてくれた現地サポーターの皆さんにも感謝しています。 お疲れさまでした。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-08-17 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR