fc2ブログ
鹿島アントラーズ

柏レイソル戦を追想

  昨夜は気分良く録画のJリーグタイムを見ながら、祝杯を挙げました。 いや~、劇的な勝利に酔いしれましたぁ。 決勝ゴールが決まったときは、ザーゴさんと同じようにガッツポーズに力が入りましたよ。

  MOMの聖真は、ベンチから相手の弱点を分析し、交代投入後は裏に入ったり相手の逆を突いたり、相手の嫌なことを心がけてプレーしたそうです。
  決勝点となったヘディングは、相手GKとぶつかってでも飛び込もうと思ったと語るほど、気迫に溢れていました。

  ゴールを決めた後も、ベンチに向かって走り、みんなと喜びを分かち合っていましたね。 チームの一体感も徐々に増しているそうです。 勝ちたいという気持ちが見えた全員で掴んだ逆転勝利でした。

  指揮官も 「戦略的な部分で、みんなで考えた結果だと思います」 とコメントしています。 まだまだ課題も残っていますが、健斗、犬飼、関川からは裏を狙ったパスがかなり出るようになりました。
  前線の選手も、裏へ飛び出したり、スペースを空けるために走ったりと、少しずつ息が合ってきています。

  追いつき、追い越せたのも、スタメンと交代選手全員がチームとしての狙い目を共有し、最後まであきらめなかったからでしょう。 8月はリーグ戦4勝2分け1敗、うち3試合は逆転勝ちと勝負強さが出てきました。

  MOMの聖真について評価を問われた監督も 「今日はチーム全員で勝った部分が大きいのではないかと思います。(中略)・・・チーム全員を評価するべきだと思います」 と答えています。 特定の選手を評価しないところも、ザーゴ流のひとつなのでしょう。

  鹿じい賞は、2ゴールとも起点になった永戸か、1G1Aの健斗か迷いましたが、今回は逆転の狼煙を上げてくれた健斗にしましょう。
  永戸はこれからもっと貢献してくれるはずですから、その時までとっておきます。 いずれにしても監督の言うとおり、全員が勝利を目指してよく闘ったと讃えたいです。

  それにしてもオルンガは、初めてフルタイムで見たのですが、もの凄い選手ですねぇ。 1点目は間違いなくオフサイドでしたが、それでもあの角度から一蹴り、2点目も同じような位置から左足一閃でした。
  足の振り幅が少なく、DFが間を詰めるスキもないままあのシュートを放てるのは、まさに化け物です。 Jリーグでは 「規格外」 というルールに反していますから、海外の金満リーグへの移籍をおススメしますよ。

  今週、鹿島はルヴァン杯を欠席しますから、久々に1週間空きます。 次節は、ルヴァン杯で味スタへ出向いて中2日の名古屋が相手です。 今の良い流れを離さないよう、ゆっくり休んで連勝を伸ばしていきましょう。
  勝てば星が5分になります。 1戦1戦しっかり勝点を積み重ね、上位グループに食い込んでほしいと願っています。 あと4試合でリーグ戦の折り返しです。 真価が問われるのはここからですよ。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2020-08-31 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR