fc2ブログ
鹿島アントラーズ

オリンピックとJリーグ

  やはりオリンピックは面白いです。 ハイレベルな内容はもちろん、4年に一度の一発勝負という舞台がさらなるドラマを生み出しています。
  こんな状況なので、しばらくJリーグネタは出てこないかと思っていたのですが、オリンピックの中にも小さなJを見つけることができました。

  まずは、興味のなかったスケートボードです。 何となく予選を見ていたら、決勝に進んだ選手名に思わず反応してしまいましたよ。
  堀米ユウト! 一瞬、アルビレックス新潟の堀米選手が転身したのかと思いましたが、漢字が一文字違いました。 この若者が金メダルを獲ると、アルビ堀米のツイッターにフォロワーが急増したそうです(笑)。

 余談ですが、テレビを見ていて驚いたのは、この種目のメダルのプレゼンターがイシンバエワさんだったことです。 相変わらずの美貌とスタイルで、東京に来ていることに感激しました。 今も腹筋は割れているのでしょうか・・・。

  さて、卓球混合ダブルスで優勝した 「みまじゅんコンビ」 は、ともに磐田市の出身です。 水谷のお父さんのクラブで伊藤も4歳から指導を受けていたそうです。
  水谷は運動神経がずば抜けていて、サッカーも上手く、ジュビロ磐田の下部チームから誘いがあったというウワサもあります。 中学進学の時には、卓球とサッカーで進路を悩んだそうですよ。
  ヤマハスタジアムではジュビロ戦の始球式をしたりしていますから、もちろんジュビロサポは金メダルに沸いています。 この勢いにあやかり、J1復帰だと気勢を上げているとスポーツニュースに載っていました。

  つい笑ってしまったのは、柔道66kg級の阿部一二三が準決勝で破ったブラジル人選手です。 銅メダルを獲ったカルグニンは、対戦中に胸のタトゥーが見えました。 何と、カクカクしたゴシック体で 「家族」 と彫ってあるではありませんか。
  鹿じいには、すぐにペドロ ・ジュニオールとザーゴさんの顔が浮かびましたよ。 ブラジル人らしい言葉を選んでいて、嬉しくなってしまいました。

  種目は違えど、Jリーグとつながることがあるんだと知りました。 競技も切り口を変えて見れば、新しい発見があります。
  今夜はフランス戦で綺世が頑張り、快勝しました。 この話は明日、ゆっくり書くことにしましょう。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : オリンピック
ジャンル : スポーツ

2021-07-29 : Jリーグ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR