fc2ブログ
鹿島アントラーズ

ACL ラウンド16

  ACLのラウンド16は、日本から川崎、名古屋、C大阪の3クラブが出場しています。 韓国は4クラブ、中国は全滅し、残り1枠はタイのBGパトゥム・ユナイテッドです。
  H組の2位となったガンバは、残念ながら各グループ2位のうち成績上位の3クラブに入れませんでした。 まぁ今季は、早くJリーグ戦に専念できて良かったと考えましょう。

  対戦カードは、川崎(I組1位)× 蔚山現代(F組1位) 名古屋(G組1位)× 大邱(I組2位) C大阪(J組1位)× 浦項(G組2位) 全北現代(H組1位)× パトゥム・ユナイテッド(F組2位)の一発勝負となっています。

  ここで中国スーパーリーグの衰退を論じても仕方がないので止めておきますが、ベスト8にひとつも残っていないとは・・・。 鹿島のACLの歴史を語る上で、中国の金満クラブと強度の高い韓国勢の存在は欠かせません。 何度もホーム&アウェイで激闘を繰り広げてきましたなぁ。

  それに比べて、昨シーズンからコロナのせいで集中開催になったり、対戦相手に恐さがなくなったり、ずいぶんと楽になったもんだなぁと感じています。
  さらに今季は、豪州勢が不参加となり、変則スケジュールのうえ、Jリーグの日程までも融通を利かせていますから、日本は優勝するチャンスが大いにあると思いますよ。

  とりわけ川崎の選手とサポーターは、「国内に敵なし」 と王者ぶりを誇っています。 きっとJリーグを代表して決勝戦へ進出してくれるだろうと思っていました。

  そんな下から目線で、今日はACL2試合の観戦です。 名古屋対大邱戦は、先手を取られ、追いついても突き放される展開になりました。
  鹿島をボコったときのように頑張ってほしいと見ていたら、結局シュヴィルツォクのハットトリックに中谷のダメ押しも生まれ、4-2で快勝しました。
  ポジショニングの良さと個人技の高さを合わせ持つシュヴィルツォクは、凄い選手ですね。 うらやましいほど良い補強をしましたなぁ。

  名古屋は大量点が取れるチームではなかったのに、鹿島が勢いをつけさせてしまいました。 それでも勝てて良かったです。
  このままアジアで必死に闘って、ぜひともファイナルまで進出してください。 ルヴァン杯もありますから、リーグ戦は力を入れなくて結構ですよ(笑)。

  続いて、ともに昨季のリーグ王者で、ACLグループステージ全勝同士の対決となった蔚山現代対川崎戦です。
  蔚山のプレス&プレスバックが厳しく、川崎はJクラブ相手にやっているようなボール回しができずに苦戦しました。 ピンチもありながら、延長戦までもつれ込み、最後はスコアレスドロー決着となりました。

  PK戦は、川崎の選手の助走距離が短く、足元も緩い中、不安を感じながら観ていました。 相手も外していたので勝てるチャンスはありましたが、案の定、枠を外したり、セーブされたりで完敗でした。
  どこにも負けないと豪語してきたクラブが、あの敗け方はダサいですよ。 ファイナルまで行って思い切り疲弊してもらいたかったです。
  よそ様のことながら、何だか情けないですよ。 あとはいろいろな意味で名古屋に期待するしかありませんね(笑)。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2021-09-15 : Jリーグ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR