fc2ブログ
鹿島アントラーズ

箱根路旅の続き

  鹿島の選手は一日のオフを挟んで、今日からトレーニングを再開したもようです。 大分に勝てなかった悔しさは消えないかもしれませんが、その思いを糧にホーム最終戦に向けて、闘志を燃やしてほしいものです。
  ジーコTDの御前試合も、残りあと2つです。 最後は気持ちよく、安心してブラジルへ帰国していただけるよう、連勝でお見送りしなければなりませんね。

  さて、これ以上鹿島の情報も得られないので、今日は10月半ばに行った箱根路旅の続きです。 前夜、久々の湯本温泉に浸かり、心も身体もゆったりほぐれました。
  大昔、職場旅行が盛んだった頃は、年に一度は箱根でドンチャン騒ぎをして、翌日は早々に帰宅していました。 観光もへったくれもなく、箱根湯本もよく知らなかったのですが、今回は人込みを避けてゆっくり歩いてきました。

目覚めると青空が覗いていました。 身体を目覚めさせるために温泉の朝風呂は欠かせません。 壺湯にドボン!
箱根1      箱根4

午後から雨の予報でしたから、朝食後、急いで旧東海道の史跡を訪ねました。
箱根5              箱根6
須雲川沿いを歩いて箱根八里の旧街道石畳の入口へ、猿沢に架かる猿橋は、箱根湯本ホテルの裏に架けられています。
箱根7      箱根8
江戸日本橋から22番目の一里塚です        道路の反対側は、お寺かと思いきや立派な旅館でした
箱根9      箱根10
曽我兄弟の仇討ち(源頼朝の富士巻狩において曽我兄弟が父の仇である工藤祐啓を討ち取った話)を伝承する正眼寺
箱根11      箱根12
養和元年(1181)に建てられた地蔵堂が前身で、箱根越えの無事を願った人々の地蔵信仰に端を発した古刹です
箱根13      箱根14
旧東海道沿いを江戸に向って歩いていると、町営の共同浴場がありました
箱根15      箱根16
30年前に訪れたことのある早雲寺です。 懐かしかったですし、相変わらず観光客が少なく、静かで良いところです(笑)
箱根17      箱根18
北条早雲の遺命により氏綱が建立したものの、秀吉により焼き払われたという歴史があります
箱根25      箱根26

箱根27      箱根28
北条五代の墓、1672年狭山北条氏により供養塔として建立されたものです
箱根19      箱根20
小田原北条の初代、伊勢新九郎長氏(北条早雲)の供養塔と隣地に建ってる連歌師宗祇の墓
箱根21             箱根22
本堂裏手の庭園は北条幻庵作です
箱根23      箱根24
早雲寺門前にある旅館「花紋」は、秀吉が小田原城攻めに築城した「一夜城」 にちなんでいます
箱根29      箱根30
お隣の白山神社にある大岩は、秀吉がそれを背に休息しながら 「石垣山一夜城」 の構想を練ったと伝えられています
箱根31      箱根32

  旧東海道をゆっくり歩いていたら、お昼になりました。 昼食前に写真でお腹が一杯になってしまったので、午後の散策は次回とします。 旅はもう少し続きます。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

2021-11-24 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR