fc2ブログ
鹿島アントラーズ

第6節を終えて

  清水戦では、絶対にあってはならないピトゥカのペットボトル強蹴事件や、試合後の相手キャプテンの一方的な言い分を拾ったスポーツ紙の鹿島に対するネガティブキャンペーンなど、気持ちが沈みそうになりました。
  それでも、選手それぞれが全力で自らの役割を果たして掴んだ勝利は、本当に嬉しいものです。

  その喜びが増したのは、川崎がセレッソに大敗したこともあるでしょう。
  鹿島より上位にいる横浜が東京に競り勝ったため、上位の順位に変動はありませんが、首位川崎に勝点1差まで追い上げられたのはとっても良いことです。

  第6節は、鳥栖と札幌がそれぞれ引き分けて、相変わらず負け無しをキープしています。 どちらも負けないことは立派ですが、次節は直接対決なのですね。
  負け無しクラブが一つ減るのか、次もドローで札幌は開幕以来連続ドローという記録を更新するのか、注目です。

  もっともその札幌は、相変わらず一つも勝てていないクラブでもあります。 同じく未勝利は、1-3で京都に敗れた神戸、0-1で広島に惜敗した湘南の3クラブです。
  神戸は、大金を掛けて日本代表クラスを集め、アジア制覇を狙っているそうですが、まずはJリーグチャンピオンになることが先決ではないでしょうか。

  まあ、よそ様の目標や振る舞いはどうでもいいです。 それより鹿島のリーグ順位は、現在暫定3位です。 第5節終了時に1試合当たりの平均勝点が2.40とトップになり、実質の首位と言えるようになりました。
  今節終了後は、平均勝点が2.50に上がり、はしゃがせてもらえるのならば、3連覇目の2009年の第6節終了時に4勝1分1敗、5節で首位に立った時と非常に酷似しています。

  また今シーズンの鹿島は、6年ぶりにリーグ優勝した2007年の第9節から14節の頃と戦い方がよく似ていると感じます。 あの頃も大勝こそできませんでしたが、競り勝つか、何とか引き分けに持ち込める勝負強さを見せていました。

  もちろん今の鹿島は、まだ圧倒的な強さは持ち合わせていません。 しかし、勝負をあきらめない姿が見られるようになりましたね。 3連覇した当時の勝負強さに少しでも近づき、競り勝つ気持ちが生まれてきたのならば、これほど嬉しいことはありません。

  明後日に対戦する福岡は、昨季2タコを喰らっています。 その次の第8節は優勝候補の一角をなす横浜、第9節は昨季のルヴァン杯準決勝で連続完敗した名古屋と続きます。

  鹿島が本当の勝負強さを身につけたのかどうか、ここからの連戦は真価が問われる相手です。 レネ監督になって、最初の正念場でしょう。

  負けない試合運びを継続できるのか、はたまた上手く回らなくなった時に立て直せる術が取れるかどうか、その采配に注目しています。
  年寄りの危惧など簡単に吹っ飛ばすような攻守の強さが、前半戦が終わる頃までに生まれることを期待していますよ。 楽しみです。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2022-04-05 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR