fc2ブログ
鹿島アントラーズ

第23節を終えて

  鹿島もご多分に漏れずコロナ陽性者が続出し、横浜戦では控えのフィールドプレーヤーが埋まるかどうか危惧されるほどでした。 何とかいつものメンバーを並べたものの、明らかにコンディションが整っていませんでしたね。

  敗戦の言い訳にはなりませんが、ピッチ上の選手は、身体が気持ちに追いついていないという印象を受けました。 サポーター以上に、選手たちのほうがガックリきているのではないでしょうか。

  3位につけていた川崎も陽性者が多く出て、ベンチメンバーはフィールドプレーヤー2名とゴールキーパー3名という非常事態となりました。 さすがに2点のビハインドを追いつくには戦力不足です。

  試合中止という選択肢もあったと思われますが、強行開催しました。 そもそもコロナによる未消化試合が2試合あるため、これ以上先送りすると不戦敗の可能性が出てきます。
  ベストコンディションで試合に臨めないことは気の毒ですが、どこのクラブも他人ごとではありません。

  この結果により、川崎は5位に落ち、首位横浜からは11ポイント差をつけられました。 横浜が一歩抜け出た感じです。 ただ、川崎は2試合少ない分、いまだに実質2位であることに変わりはありません。

  他の上位クラブは、柏とセレッソが勝ち、広島は引き分けです。 これで鹿島と川崎の勝点3差の間に、3位柏、4位セレッソが入り込みました。
  次節の結果次第では、さらに順位が変動するかも知れません。 鹿島が負けたことにより、2位争いが大激戦となっています。

  一方、残留争いも目まぐるしく変化しています。 4戦負け無しだった15位神戸が柏に惜敗し、ブービーに返り咲いています。 3連敗中の16位ガンバは勝ったと思ったところで、 97分にPKを与えてしまい、京都とドロー決着となりました。

  17位の清水は2点のビハインドを追いつき、鳥栖と3-3で引き分けたものの、最下位へ転落しました。 一方、4連敗中でどん尻だった磐田は、6試合負けなしの好調湘南にウノゼロで勝利し、プレーオフ出場圏まで上がっています。
  ただし、勝点1の中に4クラブがひしめき合っている状況です。 上位争い以上に毎回順位が変動するでしょう。 クラブ関係者やサポーターは、穏やかではいられないでしょうね。

  鹿じいの知人にも、これらのクラブのサポーターがいます。 気持ちを察して、こちらからはサッカーネタに触れないようにしていますよ。 再び笑ってサッカー談義ができるよう、残留してもらいたいものです。 アラーノもガンバで残留に貢献してくれるといいですね。

  さて、昨日はエレケフィーバーがあり、クラブの演出の上手さに踊らされてしまいました。 何でもかんでも欲しがるわけではありませんが、守りのテコ入れはどうするのでしょうか。
  もう少し補強があるのか、残り11試合をどのように戦っていくのか、まだまだ楽しみが残っています。 レネ監督の目指すナンバー1に向け、選手、スタッフ、サポーターが一丸となって前を向きましょう。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2022-08-03 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR