fc2ブログ
鹿島アントラーズ

ワールドカップが始まりました

  昨日の夜半にW杯が始まりました。 開幕戦は地元のカタール対南米エクアドル戦です。 FIFAランク50位と44位の対決は、接戦どころか地元の声援を受けて開催国がやるのではと予想していたのですが・・・。

  エクアドルがランキング以上の技術の高さを示しました。 開始早々のFKでは、バレンシアがこぼれ球を頭で押し込むも、VAR介入により取り消されました。

  あれがオフサイドになるのですか!? クロスボールにGKと競った選手の奥にいたエクアドル選手の膝が出ていた模様です。
  半自動オフサイドテクノロジーという代物だそうですが、その選手はボールを中心としたプレーに関与していないように見えましたからゴールを認めても良いのではないでしょうか。

  しかし、その後も主導権を握り続けたエクアドルは、PKにより先制します。 さらに右からのクロスに強烈なヘディングシュートで追加点を挙げ、エクアドルが圧倒しました。
  あのような機械判定がありましたから、バレンシアの連発弾でエクアドルが勝って良かったですね。

  前半だけで観戦は止めてしまいました。 エクアドルの堅守は日本との親善試合でも見せていましたし、この日のカタールの攻撃強度では、得点は期待できないだろうと感じましたよ。

  後半は見ていないので、この試合の正当な評価は下せません。 それでもエクアドルは、レベルの高い南米を勝ち上がってきたチームです。 個々の技術の高さに加え、選手の距離感が絶妙で、ボール運びやバイタルエリアでの連動も良かったです。

  同じグループにはオランダやセネガルといったランキング上位が同居していますが、今日示したサッカーができれば、番狂わせも期待できるでしょう。

  一方のカタールは、地元のプレッシャーに負けたのか、元気がありませんでした。 次の試合では開き直れるかどうかにかかっています。
  開催国が頑張らないと、お祭りムードがしぼんでしまいますよ。 もうちょい、がんばって欲しいものです。

  繰り返しになりますが、半自動オフサイドテクノロジーなるものが、今後もしばしば登場するのでしょう。 ただでさえ得点が入らないサッカーをFIFAがつまらなくさせようとしているようです。
  今後の展開によっては、W杯終了後に全面的な 「IT頼り」 を見直すべきとの声が上がるのではないでしょうか。 エキサイティングなスポーツマインドを絶対に残してください。 そんな感想を持ったW杯開幕戦でした。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2022-11-22 : ワールドカップ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR