fc2ブログ
鹿島アントラーズ

J3リーグアウォーズ

  先週のJ2に引き続き、昨夕は初めて 「J3リーグアウォーズ」 が開催されました。 J3の優勝は、筋肉軍団いわきFCです。 最終節を見ていても 「走りを止めない、倒れない」 という体幹を鍛えあげたチームでした。
  J1のサッカーは、技術が高くてもペタペタ倒れる選手が多く、ずっと残念に思っていました。 それに比べると、いわきのサッカーはとても新鮮に映り、面白かったです。

  選手・監督が選ぶベストイレブンは、GK内山圭(藤枝) DF家泉怜依(いわき) 林堂眞(富山) 安藤智哉(今治) 広瀬健太(鹿児島) MF嵯峨理久(いわき) 日高大(いわき) 山下優人(いわき) 横山暁之(藤枝) FW有田稜(いわき) 有田光希(鹿児島)でした。

  最優秀選手賞はこの中から、有田稜が選ばれました。 有田はルーキーで、8月ぐらいからスタメン出場を勝ち取り、8月は4試合で3ゴール1アシストと、月間MVPに選ばれました。
  10-11月は、8試合で9ゴール2アシストと大活躍しています。 年間17得点で得点王にも輝き、いわきFCをJ3優勝とJ2昇格へ導いたのですから、立派です。

  プロキャリアの初年度で 「個人3冠」 というのは、クリロナやメッシでもビックリでしょう。 「スタメンを取れるようになった夏頃から体にも変化が表れて、やれる自信がついていきました」 と多くの伸びしろを残したJ3のハーランドは、どこまで成長するのか注目です。

  8月度の月間ベストゴールは、優磨のお兄ちゃん、鈴木翔大が選ばれていました。 胸トラップからボレーのドライブショットはとても鮮やかで、最優秀ゴール賞を本気で期待していたのですが・・・。
  残念ながら、YS横浜のロリス・ティネッリに持って行かれましたなぁ。 3人抜きのドリブルからの強烈シュートも確かに素晴らしいものでした。

  いわきのJ2昇格に貢献し、来季も楽しみにしていたのですが、鈴木は契約満了でチームを去ることが決まりました。 他のJ2クラブから声が掛かるといいですね。 朗報を待っていますよ。

  J3で頂点に立ったいわきFCは、6年前に産声をあげ、J1から数えて7つ下のカテゴリー、福島県社会人2部リーグから歩み始めました。 4年間無敗でJFLへ昇格し、今季は初昇格にしてJ3リーグで優勝です。
  鹿じいが浜通りへ釣行した時は、まだJFLでした。 このいわきの快進撃は、どこまで続くのでしょうか。 楽しみでしかありませんし、地元の日本代表シェフ、西さんもさぞかし喜んでいることでしょうねぇ。

  いわきはJ2でも相当やれると思っています。 「個人3冠」 の有田と一字違いの有馬(幸太郎) も、今季8点を取っています。 ルーキーの有田に負けているわけにはいかないでしょう。
  J2では相手の守備力が一段上がりますから、大変でしょうけれど二桁得点を目指して、がんばって欲しいものです。

  最後になりますが、今回初めてJ3の中継をDAZNで見ました。 知らなかったのですが、解説者がおらず実況のみだったのには驚きました。 うるさくなくて良かったですし、平畠啓史さんも福島対愛媛戦をとても上手く実況していましたよ。

  鹿島はクラブとしても選手個人としても、いわきFCから学べるところがたくさんあるなぁ・・・と感じました。 初めて知ったJ3リーグは、いろいろ驚かされ、感心し、サッカー観戦の初心に返らされる思いです。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2022-11-23 : Jリーグ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR