fc2ブログ
鹿島アントラーズ

大仁会長の発言に反し、技術委員長は続投!?

  3日に行われたアギーレ監督の解任会見で、日本サッカー協会の大仁会長は「私を含む役員や関わった責任者に対する処分を検討し、今後理事会に諮りたい」 と語り、12日に開催予定の理事会に委ねる方針を明かしました。

  ところが6日の臨時技術委員会では、無理やりJクラブの委任状を取り付け、霜田技術委員長の続投を容認したようです。
  霜田さんは、3月27日のチュニジアとの親善試合に新監督で臨む姿勢を強調しました。 来週にも、交渉のため欧州に出発するらしいです。

  会長が、霜田さんも含めた処分を理事会に諮ると述べているのに、理事会開催前に下部組織の技術委員会が霜田さんの続投を決め、監督後任選びを委ねるというのは組織的におかしいのではないですか。

  寄り合い所帯とはいえ、れっきとした法人組織であり、規定もあるはずなのにこんなことで良いのでしょうか?世界に知れ渡れば、日本サッカー協会は信用に値しない組織と言われてしまいますよ。

  しつこいようですが、先のワールド杯惨敗の未検証、今回のアギーレ監督招聘の失敗などの責任をとり、原博実専務理事、霜田正浩技術委員長は辞任すべきです。

  原さん、霜田さんは自らの責任について「会長や理事会に一任する」 と語っていますが、他人事に聞こえます。 名古屋の久米GMは、余人を持って換え難いとおっしゃったようですが、本当にそうでしょうか?代表監督選びの情報を一番持っているから、とは言い訳になりません。

  久米GMが音頭をとって、霜田さんを据え置いて合議制で進める作戦のようですが、我らが満さんも巻き込まれているのが心配です。
  新しい技術委員長の下で、きちんとした後任者選びをしてもらいたいと思います。 12日の理事会で、正当なジャッジが下されることを期待します。

がんばれ 日本サッカー協会!!

ご覧いただきありがとうございます。応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2015-02-07 : Jリーグ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR