fc2ブログ
鹿島アントラーズ

W杯準決勝 フランス対モロッコ戦

  W杯はもう一つの準決勝 フランス対モロッコ戦がありました。 植民地支配という歴史的背景もあって注目の一戦でしたし、モロッコの繋ぐサッカーがフランスに通用するかどうかも楽しみでした。

  5-4のブロックを敷き、フランスのスピードを警戒しつつ、ボールを刻んで前進を試みるモロッコでしたが、均衡が破れたのは開始5分でした。

  ハーフライン付近からDFヴァランのスルーパスをボックス手前で受けたグリーズマンが前進しクロスを供給、エムバペが相手守備陣を背に反転シュート、そのルーズボールをエルナンデスがジャンピングボレーでゴールを揺らすゴラッソでした。

  このフランスの先制点はボールに絡んだ誰もがいい仕事をしましたが、特にヴァランのキラーパスが見事すぎて、そこを通すのかぁ!と声を上げてしまいました。
  その後もジルーのシュートがポストを直撃と、フランスが優位に試合をコントロールしました。

  モロッコは前半終了直前、コーナーキックからのセカンドボールに反応したエル・ヤミクのオーバーヘッドシュートがポストに弾かれたのが痛かったですね。 あれが入っていたら、得意のボール回しがもっとできたのではないかと悔やまれます。

  後半に入ると、追い付きたいモロッコがより攻勢を強め、サイドを起点にクロス攻撃でゴールへ迫ります。 しかしフランスは、決定的なチャンスを作らせません。

  試合がやや膠着した79分、フランスが再び一瞬のスキを突き、テュラムがエムバペへつなぎ、ドリブルからシュートを放ちます。 相手DFに当たったこぼれ球をムアニが押し込んで、試合を決める追加点となりました。

  最終盤にモロッコも猛攻を見せ、決定的なチャンスを作りますが、フランスの守りの立ち位置が素晴らしく、シュートブロックで守り切りました。

  今大会のモロッコは、歴史的に因縁のあるスペインやポルトガルを撃破し、この日も9割近くがモロッコサポーターという盛り上がりを見せました。
  サポーターとともに懸命に戦いましたが、持たせて仕留める前回王者フランスの強さやしたたかさが際立つ一戦となりました。

  決勝に進出した王者フランスは、イタリア、ブラジルに続く史上3チーム目の連覇を達成する権利を得ましたね。
  日本時間で19日零時に、アルゼンチンと共に 「3度目の優勝」 をかけた対戦となります。 サッカー強豪国同士の一戦、楽しみでしかありません。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

2022-12-16 : ワールドカップ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR