fc2ブログ
鹿島アントラーズ

柴﨑岳の復帰と優勝の行方

  先日鹿島復帰が報じられた柴﨑岳が、今日からチームに合流しました。 蓄えていた髭をかなり短くし、だいぶ爽やかになりましたね。
  源とはがっちり握手を、聖真とはハグをして再びともに闘える喜びを共有していたようです。

  今日は非公開練習でしたが、クラブハウスのピッチでトレーニングを開始しました。 「チームの一員として早く馴染めるようにしていきたい」 と語っています。 お帰りなさい! ずっーと待っていましたよ。

  CDレガネスとは6月30日をもって契約が満了となり、その後は所属が決まりませんでした。 本人はスペインでプレーすることを強く望んでいたのでしょう。
  市場がクローズするまで待ったのだと思われます。 スペインのクラブやJリーグでも名乗りを挙げていたクラブがありましたから、鹿島に戻るとの発表はとても嬉しかったです。

  鹿島のオファーに対し、必ず戻ってくれると信じていましたが、決め手は人によって違いますからね。
  「もう一度、鹿島アントラーズのユニフォームを着てプレーできることを嬉しく思います。 日本でプレーする時はまたアントラーズで、と思っていました」 というコメントを見た時には、グッときましたよ。

  これも同期である源と聖真の存在が大きいと思われます。 また、かつてのチームメイトであり、サッカー談義の相手だった岩政が監督に就任しています。 岳にとって 「帰ってきたいクラブ」 であり続けられたことを誇りに思いたいです。

  2016年以来の復帰となります。 あの年末のCWC決勝戦でのドッピエッタは忘れられませんなぁ。
  若いサポさんの中には、あのプレーをリアルタイムでは見ていない人もいるかも知れませんね。 国内タイトルを獲得した最後の年でしたから、隔世の感を覚えてしまいます。

  7年前は日本を代表するボランチで、国内屈指のゲームメーカーでした。 そこからスペインの4クラブでプレーした経験の上積みがあれば、これからもキラーパスを連発してくれるでしょう。
  かねがね、鹿島に一番足りないのはゲームメーカーだと思っていました。 来季はピトゥカがブラジルへ帰ってしまいますから、岳の合流により、必要なピースがピタリと嵌まることになります。

  「強い鹿島」 を知るプラチナ世代の至宝の帰還が、2007年の満男の復帰と重なります。 コンディション面でのベースはできているそうで、早くチームに貢献したいと語っています。
  我々サポーターも、スペイン仕込みの質の違いを早く見たくて、ウズウズしていますよ。

  最後に、第26節のおさらいを簡単にしておきます。 上位陣は、6位セレッソと2位神戸が勝利しました。
  しかし、首位マリノスが連敗、3位の名古屋と4位浦和、5位鹿島が引き分けました。 こんな時こそ勝ちたかったのですが、貴重な勝点1を積んだとも言えますね。

  神戸は今後の対戦が、7位広島・4位セレッソ・2位マリノス・6位鹿島、そして神戸が苦手としているレモンガスSでの湘南、5位浦和・3位名古屋・最終節がガンバ戦です。 上位7位までコンプリートですから、マタが加入しても全勝できるとは思えません。
  マリノスも、チームトップスコアラーのアンデルソン・ロペスがサウジアラビアへ移籍とのウワサが・・・。

  こうしてトップが足踏みしてくれれば、他の上位陣にも優勝の目が出てくるでしょう。 岳が加わった鹿島も、2007年の再現を願わざるを得ません。
  スタジアムへなるべく足を運び、一丸となって選手を盛り上げ、みんなの力で勝ちを呼び込みましょう!

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

ブログ「鹿じい日記」を更新しました。<%br>#鹿島アントラーズ<%br> <%url>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2023-09-04 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR