fc2ブログ
鹿島アントラーズ

セレッソ大阪戦を追想

  青森県の下北半島で4日間、目一杯遊んできました。 先ほど帰宅し、まもなく日付が変わろうとしています。

  昨夜は電波の悪い山奥の宿で、ファイヤースティックが不調のため、テレビでDAZNを見ることができませんでした。 結局、スマホで観戦したものですから、ピトゥカの退場シーンもよく分からなかったです。
  昨夜の試合の追想を書こうにも、イマイチはっきりしないことが多かったので、帰宅してから改めてDAZNを見直してみました。

  基本的な感想は変わりませんが、細かいところがよくわかりました。 ピトゥカの退場となったプレーは、故意か偶然かは別にしても、相手へのダメージが大きいラフプレーでしたね。
  齊藤未月の件以来、相手にケガをさせるようなプレーに対しては、判定が厳しくなっています。 スマホで見ていた時にはよく分からなかったのですが、あれは間違いなくレッドカードでしょう。 ピトゥカは猛省しなければなりません。

  セレッソ戦のMOMは、攻守に獅子奮迅の活躍をした優磨で間違いありません。 次点は難しいですなぁ。
  早川は再三、好セーブを見せてチームを救ってくれましたが、2度ほどパスミスをして、相手に好機を与えてしまったのがマイナス要因ですね。

  その好セーブのうち、2度はその前にオフサイドになっています。 全部で4回ほどオフサイドを取って相手の決定機を潰していますから、最終ラインの上げ下げがハマっていたと言えます。
  鉄壁のシュートブロックも含めて、スタメン4人のバックラインと後から投入された源と海舟も含めた最終ラインに鹿じい賞を贈りたいと思います。
 数的不利になって以降、アディショナルタイムを含む83分間、我慢強く闘ってくれました。 素晴らしいです。

  ピトゥカはメンバーにおごらなければなりませんね。 チームにかけた迷惑は、復帰後、プレーで返してもらいたいです。
  それでも結果として、上位にいたセレッソを打ち破ることができたので、嬉しいです。 ひとり減ったことで、全員が色気を出さずにやるべきことに集中したのが勝利につながったとも言えるでしょう。

  さて、ここは勝って兜の緒を締めて、次節マリノス戦ではホーム5連勝を目指しましょう。 鹿じいも遊び疲れの老体に鞭打って、今季初ホームへ馳せ参じます。
  今シーズンの現地参戦した試合は、90分では負け無しです。 懸命に選手の背を押しに行きますよ。

  さあ、もう丑三つ時となりました。 睡魔に襲われ始めましたから今夜はこれで休みます。 アレに向けた戦いはここからです。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2023-09-18 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR