fc2ブログ
鹿島アントラーズ

チームオフ&秋田観光2

  福岡戦後、チームは3日間のオフとなりました。 2試合連続して肝のゲームで勝点3が獲れず、選手たちはどのような思いで過ごしているのでしょうか。

  インスタによると、ピトゥカは家族で富士急ハイランドを楽しんでいるようです。 絶叫マシンでストレス解消するのでしょうかね。

  一方、福岡戦の帯同メンバーから外れたカイキは、京都観光に出かけています。 こちらも家族仲良く、和の風情を堪能しているようです。

  やはり、旅は良いものです。 日常から解放され、見知らぬ土地で、見たことのないものに出会い、初めての感覚に触れられます。 こうして日がな一日ベッドの上で過ごしていると、あちこち出かけた旅の記憶が蘇ってきます。

  今日は、先週書いた秋田観光の続きです。 6月半ばの話なので、時間が経ちすぎてしまい申し訳ありません。 秋田市内を訪れることがあれば、その歴史にゆっくり触れることをオススメします。

民俗芸能伝承館に併設されている旧金子家住宅を見に行きました
観光1      観光2
金子家は、江戸時代後期に質屋・古着商を営んでいました。 明治初期に呉服や太物などの卸商を創業し、昭和50年までこの地で商いをしていたそうです
観光12      観光7
旧金子家住宅は、江戸時代後期の町家の特徴を残す伝統的な建物で、主屋1棟、土蔵1棟が残っています
明治19年の火災により、当時の主屋や米蔵などは焼失しましたが、現存する土蔵は江戸時代のものです
観光8      観光10
下駄箱、雪国なので高歯の下駄も収まります
観光9      観光5
台所から内蔵へ 火災を免れて残った土蔵です
観光3      観光4
接客用の奥座敷
観光6      観光11
同じ敷地にある民俗芸能伝承館へ。 東北の夏を彩る竿灯が体験できます
観光13      観光15
4種類の練習用竿灯があり、「初めての人は絶対無理」 と言われた竿灯 (左から3番目) を年寄りが支えたものですから、館長さんに褒められました(笑)
観光14      観光16
端午の節句には、秋田でも 「鹿島祭り」 が行われるそうです。 我らが武甕槌大神は、全国各地で敬われていますなぁ
観光17      観光18

続いて、久保田城へ。 1602年に出羽国へ国替えとなった佐竹氏二十万五千石の居城で複数の廓を備えた平山城です
観光21      観光22
江戸時代からある御物頭御番所(おものがしらごばんしょ)
観光19      観光20

観光23      観光24
天守閣はもともとありません、復元された御隅櫓
観光25      観光26
櫓から見えた大平山 (・・・だと思います)
観光27      観光28
秋田空港には、竿灯の写真と 「釣りキチ三平」のレリーフが・・・。 いずれも郷土の誇りです。
観光29      観光30

観光31      観光32

  秋田は現在の茨城県、旧常陸の国から旧出羽の国へ移封された佐竹の殿様の本拠地ですから、なんとなく親しみが湧きますね。
  居城の久保田城は、石垣や天守閣こそないものの、かなり立派な城構えの城跡でした。 佐竹資料館が改装中で見られず、残念でしたが、代わりにブサカワの秋田犬に会うことができて良かったです。

  釣りが本命で、観光は脇役の旅ですから、それほど多くの観光スポットを廻ることができないのが難点です。 それでも、知らない土地を見て歩くことは本当に楽しいです。

  次回は甲府とその周辺の観光をお伝えできると思います。 お楽しみいただけれたら幸いです。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2023-10-03 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR