fc2ブログ
鹿島アントラーズ

昇格プレーオフ準決勝

  昨日の昇格プレーオフは、東京ヴェルディが林尚輝と染野唯月、ジェフユナイテッド千葉は佐々木翔悟がいずれもスタメンに名を連ねました。 若くして鹿島を離れた彼らの成長ぶりが見られると、楽しみに見始めました。

  競り合いの末に東京Vが勝つだろうと年寄りが予想した通り、2対1という結果に終わりました。 ただ、キックオフからハイプレスを掛け、高い位置でボールを拾い、攻めまくって最初の決定機を作ったのは千葉でしたなぁ。
  オフサイド判定に泣いたものの、FKはネットを揺らしましたし、19分の呉屋のシュートはGKに防がれてしまいます。 あの勢いのある時間帯で千葉が先制していれば、全く違う試合展開になっていたことでしょう。

  これを耐えた東京が少しボールを持てるようになったなと感じた時間帯でした。 バイタルから針の穴を通すようなゴラッソが生れました。
  2点目も染野のポストプレーが秀逸で、美しい流れから追加点が決まります。 東京は引き分けでも勝ち上がれるレギュレーションでしたから、前半の2点で勝負あったと感じられました。

  勝負の明暗を分けたポイントは、試合後に敗戦の将が語ったように 「チャンスでしっかりとゴールネットを揺らせたチームと、そうでないチーム」 というところですね。
  この差は、ほんの小さなことの積み重ねで生まれてきます。 1点目は一番危険なバイタルエリアで、千葉の守りが瞬間緩んでしまいました。
  2点目も、守備の甘さからソメミーノを自由にして前を向かせたことが、失点に繋がりました。

  先日の鹿島の試合でも感じましたが、サッカーは団体スポーツと言いつつ、最終的には1対1の競り合いの連続的つながりだと考えられます。 この局面で負けてばかりいるようでは、勝負になりません。
  流れの中である種の運・不運はあるにせよ、結局のところ1対1で対峙する目の前の相手との勝負によって、己のチームに勝ちを引き寄せられるか否かが見えてくるのでしょう。

  東京Vと千葉の一戦は、個々の競り合いの重要性を改めて示したゲームだったかもしれません。 我らがクラブも手本とすべき試合だったように感じます。

  勝ち組の染野と林はもちろん、負けて昇格を逃した佐々木も、チームを勝たせるために目一杯いいプレーをしていました。
  特に佐々木はCBとして90分やり切り、新たな一面も見せてくれました。 これからの活躍が楽しみですし、若い元鹿戦士が躍動していると、見ている方も気持ちが明るくなります。

  もうひとつの準決勝、清水対山形戦もフルで見ましたが、スコアレスドローでイマイチ盛り上がりに欠けました。 決着が付くまで延長やPK戦を行うレギュレーションにしなければ、引き分け狙いになってしまい、面白くありません。

  リーグの年間上位クラブはホームで開催できるというアドバンテージがあれば十分ではないでしょうか。 来季は延長・PKまでやるレギュレーションにしてほしいものです。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2023-11-27 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR