fc2ブログ
鹿島アントラーズ

J1昇格プレーオフ 決勝

  だいぶ時間が経ってしまいましたが、土曜日はJ1昇格プレーオフ決勝、東京ヴェルディ対清水エスパルス戦が行われました。

  サッカー仲間の息子くんが、東京Vユースでクラ選を優勝した時に 「ヴェルディは僕たちの未来です!」 と名言を残して大学経由でトップチームに加わり、今はユースのコーチに就任しています。
  一方、知人には清水市出身の熱烈なエスパサポの Dr.コトーもいます。 近年ではシラパパとも面識を持ち、清水も応援したいところですが・・・。

  すでに結果が出てしまったので、正直な気持ちを打ち明けます。 シラちゃんには申し訳ありませんが、弦巻中学出身のGKは例の発言から大嫌いになりましたから、ウチから一番近いスタジアムをホームとするヴェルディが昇格して良かったです。

  試合前の巷の予想では、総合力で清水が有利と出ていましたなぁ。 スコアレスでハーフタイムに入り、後半も一進一退の攻防が続きました。 しかし、予想外の展開により、試合が動きます。

  浮き球をめぐって中山とエリア内で競り合った森田は、ハンドを取られてしまいます。 懸命なプレーの結果ですから、仕方がないでしょうね。 このPKをチアゴ・サンタナが確実に沈め、清水が先制します。

  ビハインドのヴェルディは残り30分で、さらに攻勢を強めて反撃に出ますが、清水は必死に守って時間を使い始めました。
  あぁ、これでは清水の牙城を崩すのは難しいかなと思ったアディショナルタイムでした。 染野がドリブル突破からエリア内でファウルを受け、今度はヴェルディがPK獲得です。

  昨日のジャッジリプレイでもこのシーンが取り上げられ、お家本さんは染野の左足が 「イニシエイト」 にあたる可能性があると語っていました。
  草審判員から見れば、あの場所であれほど猛烈なスライディングタックルをすれば、PKのジャッジをするよなぁ・・・と思いましたぞ。

  ソメミーノは5万人超の観衆を前に、自らしっかり蹴り込んで、劇的な形でヴェルディに歓喜をもたらしました。 「正直、今までで一番緊張した」 と言いながら、あの状況であれほど堂々と蹴れたことは、選手として成長している証です。 彼の人生で最も大きなゴールのひとつとなりましたね。
  林も攻守に貢献していて、良かったですよ。 これで、アウェイの観戦場所が増え、鹿じいもガッツポーズです(笑)。

  知人のDr.コトーも現地参戦していたはずです。 あの日の夜、彼はNHKの超人気テレビ番組に録画出演していました。 この日の心中は如何ばかりか、他人には計り知れません。
  人脈のない鹿じいですが、世田谷は広いようで狭いです。 サッカーだけで色々な人と繋がっていることを再認識しました。

  引き分けで昇格を逃した清水を見ていると、年間順位のアドバンテージはホーム開催だけにして、試合は決着がつくまでやらせるレギュレーションにした方が良いと改めて感じました。
  スポーツですから、公正公平に勝負をつけてほしいものです。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2023-12-07 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR