fc2ブログ
鹿島アントラーズ

TMテゲバジャーロ宮崎戦

  今日はJリーグ宮崎キャンプ2024サッカーフェスティバル 鹿島アントラーズvsテゲバジャーロ宮崎戦が、45分×2本と30分×1本で行われました。 ポポヴィッチ新体制になって、初めての対外試合です。

  番記者さんや現地サポさんの情報を集めると、1本目は早川、濃野、植田、関川、安西、柴崎、樋口、藤井、聖真、仲間、優磨というスタメンですね。 これが現時点でのポポさんのベストメンバーだと思われます。

  前半は多くのチャンスを作ったようですが、決めきれずにスコアレスドローで終わりました。 心配なのは、岳が相手と五分のボールを競りに行って、脚同士でぶつかり、自ら交代を申し出たことです。
  右足を引きずりながら、自力で歩いてピッチを後にし、試合後に行われたスポンサー企業などとの交流セレモニーには参加しなかったそうです。
  ポポヴィッチ監督は 「検査結果を待ちたい」 とコメントしており、大けがでないことを祈るしかありません。

  岳の後は、名古がボランチを務め、予定していたらしい早川から山田の交代もありました。 藤井と濃野は良かったとの声があちこちから聞こえていますね。

  後半はメンバーをどんどん入れ替えるも、やはりゴールが奪えません。 溝口が負傷で下がりましたが、大事ではなく念のための交代のようです。
  CBは鹿島の未来を背負う期待の星、津久井と高校1年生の大川くんの組合せとなりました。 しかし、宮崎に先制されてしまいます。

  このまま敗戦かと思われたラストワンプレーで、須貝が仕掛け、右サイドからの知念のクロスにパレジが合わせて同点に追いつきました。 知念はボランチだったのでしょうか!?

  3本目は30分で、GKはウィジョンに代わりました。 途中10分くらいで徳田と師岡と練習生の高岡伶颯くん (日商学園、U-17日本代表) が入り、徳田が勝ち越し弾を決めます。   
  高校2年生とは思えない決定力を持っていますね。 最後、松村が左肩を痛めて下がったのも心配です。

  始動してまだ20日弱ですから、できないことも多いでしょう。 過度な期待はしていませんし、今の時期は結果より内容ですよ。 昨季より前に進んでいることが伝わってくれば良いと考えています。

  伝え聞くところによると、1本目は躍動したサッカーが見られたようです。 闘う気持ちを見せたために、岳、溝口、松村が痛めてしまったのではないでしょうか。 開幕戦には影響がないことを願っています。

  まだ、開幕スタメンは決まっていないのですから、若手の台頭を期待していますよ。 ここから序列に大変革が起きれば、強いチームになっていくことでしょう。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2024-01-27 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR