fc2ブログ
鹿島アントラーズ

水戸ホーリーホック戦の追記

  水戸ホーリーホックは、2025シーズンから加入が内定している大学3年生の沖田空が出場していました。
  昨年10月の筑波大学とのTMで、そのプレーを見てみたいと書いていたのですが、昨日は右SBで60分間プレーを見ることができました。

  ユースの頃に比べてガタイが良くなり、スピードがあり激しさも持ったプレーを見せてくれました。 若鹿の成長をとても嬉しく思うと同時に、ますますの活躍を願わずにはいられません。

  さて、昨日の試合について、選手や監督のコメントから少々振り返って見てみます。
  まずは、初先発となった19歳の津久井です。 「後半ずっと攣ってて、ボールをもらうのもキツかった」 そうで、サイドに付けるパスミスや相手FWに置き去りにされた場面に思わず納得が行きました。

  CBはミスを糧にして成長するポジションです。 プレーの質やフィジカルはまだまだですが、昨日のフル出場を自信に繋げて、日々の努力が報われるよう成長して欲しいと思います。

  濃野は、新卒としては良くやりましたし、期待できることがわかりましたね。 初めてのカシマスタジアムでは1万人超の観客を初体験し、改めて鹿島の一員になったことを実感したとコメントしています。
  藤井ともうまく連携がとれ、練習通りの成果を出せたことを喜んでいました。 ただ、クロスやラストパスの質は高めていきたいと反省していますから、益々高みを目指して頑張ってください。

  日本での初戦を終えたチャヴリッチは開口一番、「tired(=疲れました)」 と苦笑し、「完璧ではなかったが、悪くはなかった」 と、サポーターのコールも含めて、勝利を喜んでいましたね。
  「休む時間が少なく、長いスプリントのあともプレーが続くサッカーに慣れていかないといけない」 と自身に対する課題を挙げています。

  さらにゴールについては 「誰が決めるのかは大事ではなく、チームが勝つことが大事だ」 と、チームメイトとの連携を重視していました。
  冷静で視野が広くスピードがある選手ですから、コンディションが整い、連携が深まれば、相当期待できるのではないでしょうか。

  さらに今季のキーマンとなりそうな聖真も、「ちゃんと人と人とがつながって意図的な攻撃になっている」 と手ごたえを感じているようです。
  誰しもが、まだまだ90分間を戦えるフィジカルではありませんが、共通して口にするのは 「練習の成果が出せた」 ということです。

  ポポ監督も 「疲労が溜まり選手交代で、交代枠を使ったところで、スムーズさが前半よりもなくなってしまったところは課題」 と認識しています。
  「アイディアはあるんだけど精度が足りなかったというミス」 の精度を高めて行ければ、今季はかなりやれるのではないかと思っています。
  指揮官の言葉により変わった選手たちに期待して、開幕を楽しみに待っていますよ。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2024-02-11 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR