fc2ブログ
鹿島アントラーズ

J1上位争い予想

  いよいよJリーグ開幕の足音が近づいてきました。 ネットの上でも、スポーツ紙やサッカー評論家による新シーズンの予想が賑わっています。
  自分も先日行われた茨城ダービーやスーパーカップなどの試合を見て、移籍情報も参考にしつつ、この時期恒例の順位予想を立ててみました。

  開幕に先駆けて行われたゼロックスSCを戦った神戸と川崎の評価は難しいです。
  神戸は主力の武藤が欠場だったこともあり、大迫が上手く機能しなかったのかも知れませんが、選手の年齢が高いせいか、勢いを感じませんでした。
  2024シーズンのACLEに出場するので、9月以降はタフなシーズンとなることが、マイナス評価となるでしょう。

  川崎もサブメンバーでしたから、らしいサッカーができませんでしたなぁ。 評価しづらいのですが、移籍によりセンターラインが変わりましたし、23シーズンのACLを優勝目指して戦っていますから、序盤戦はしんどいと思われます。

  そうなると、一番手に評価したいのが、順調そうな横浜FMです。 主力で抜けたのは西村くらいで、復帰した天野がその分カバーできるでしょうし、課題であった守りはポリバレントの山村を加入させ、安定を図っています。
  懸念すべきは、現在ACLが佳境に入っていますし、神戸と同様に新ACLEにも出場の可能性がありますから、厳しいスケジュールを乗り切れるかですね。

  こうなると、移籍の影響も少なく安定している広島が注目されます。 ACL2への出場が濃厚なので、日程がはっきりしませんが、リーグの後半戦は難しくなると踏んでいます。

  それでは、大型補強をし、予想評価の高い浦和とFC東京はどうでしょうか。 浦和はJリーグを知らない新監督が就任したうえ、外国籍選手がどこまで日本のサッカーにアジャストできるかにかかってくると思われます。
  東京は昨季、「戦術アダイウトン」 を軸に渡邊凌磨的なサッカーをやっていましたから、新加入選手がその穴を埋めてなお、超えなければ上に行くことは難しくなります。

  さて、巷の順位予想ではとても評価が低く、優勝どころか上位にも挙げられない我らが鹿島はどうでしょうか。 キャンプの内容やTM、PSMを経て、鹿じいは少し上方修正したいと考えています。

  サッカー雑誌やスポーツ紙の順位予想は毎年のことながら当たりませんから、下手に持ち上げられないことを個人的には良かったとほくそえんでいるところです。
  「打倒!神戸、横浜M、川崎」 の先鋒となれれば、上位争いに喰い込めると思いますよ。

  友人・知人は他サポだらけですから、予想順位を正直に書いてしまうと差し障りが出てきます。 例年通り、上位争いするだろうクラブ名だけをエイヤッと挙げておきましょう。

  もちろん望むは鹿島の優勝ですが、上位は横浜FM・神戸・広島・鹿島・浦和・川崎の6クラブになると予想しています。 どこのクラブもマイナスポイントがあるため突き抜けられず、群雄割拠になると見ています。

  鹿島は、近年全く歯が立たなくなった川崎と昨年ダブルを喰らったクラブに勝ち越さなければ、上位争いに加われません。 ここ数シーズンの屈辱を絶対に忘れてはいけませんよ。
  一戦一戦に集中し、最初から最後まで勝ちにこだわった闘いを見せ続けましょう。 まずは成功体験を得ることを期待しています。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2024-02-19 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR