fc2ブログ
鹿島アントラーズ

第5節を終えて

  チャヴリッチは日増しに存在感を高め、ピッチにいるだけで相手にとって脅威となってきています。 スピード、強度、サッカースキルと、すべてが素晴らしいです。

  報知の岡島記者いわく、 「0→1」 が速く、「1→2」 は滑らか。 「2→3」 はパワフル。 加速力と馬力、そして技術を持ち合わせる選手だと、絶賛しています。

  サッカーだけでなく、クラブを優先し代表招集を辞退した決断は、その人間性にサポーターもグッときました。
  磐田戦では 「チャヴリッチと共に。 俺達はスロバキアに敬意を表しています」 と書かれた横断幕が掲げられたことも納得です。

  この日はサポーターから新しいチャントも贈られました。 コンコースでのサポーターミーティングでは、コルリが 「少し早いけど・・・」 と加入間もない選手に対する異例の措置を説明していました。
  「♪チャッキーゴール (繰り返し) オーオーオオッーオー チャヴリッチゴー (繰り返し)♪」 ・・・それにしても、人のことは言えませんが、鹿島サポは音感のない方が多いですね(笑)。

  「自分の決断を理解してくれたからこそ、いつも以上の応援を届けてくれたのだろうと思います。 言葉では言い表せない感情だった」 とチャヴリッチは感謝の意を表わしていました。

  「鹿島と3年契約を望んでいるのか」 との問いには、「自分はここに1年だけいて、鹿島を(キャリアの)通過点にするつもりで来たわけではないです。 長年タイトルから離れているチームにタイトルをもたらし、鹿島を再び常勝軍団に成長させるために来ています。 3年だけでなく、もしこのチームにいられるのであれば、それ以上…そのつもりでいます」 と答えています。

  「速い、強い、うまい」 だけではありません。 賢く、性格も良く、人間性もあり、間違いなく漢として惚れてしまいますね。 ぜひ、Jリーグを代表する助っ人になり、歴史に名を刻んで下さい。 これからも応援しますよ。

  第5節のおさらいを簡単にしておきます。 5試合を終えて未だに勝ちが無いのは、東京Vと札幌の2クラブです。
  染野と林を擁するヴェルディは、しぶとく闘っています。 京都戦も、元鹿島の豊川が先制し、2点のビハインドを染野のドッピエッタで追いつきました。 もう少し守りを整えれば、勝てるようになるでしょう。

  一方、負けの無いクラブは町田・C大阪・広島、そして1試合少ないG大阪の4つです。 町田は次節が広島、7節は川崎、8節が神戸と、優勝経験のある強豪クラブが相手です。 黒田サッカーがどこまで通用するのか、注目です。

  首位がどこであろうとも、鹿島は勝点3差で喰らい付いて行きたいものです。 4月はホーム1試合、アウェイ4試合と厳しい日程ですが、粘り強く闘えるよう頑張りましょう。
  優磨のインスタのコメントのとおり、「ここから!」 ですよ。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2024-04-01 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR