fc2ブログ
鹿島アントラーズ

アビスパ福岡戦を追想

  いやぁ、痛い敗戦です。 敵将の 「してやったり」 と嬉しさを押し殺したニヤけた顔を見るとイラっとしますなぁ。 昨季と同じように、鹿島の弱点をきっちり突いてきました。
  福岡の体当たり戦法は素人でも予測できたものですが、選手も頭ではわかっていながら、それに付き合って腰が引けてしまいました。 消極的な入りのまま、ひっくり返すことができませんでしたね。

  崩されたわけでもないのに、CKやFKを多く与えてしまいました。 守備ラインが下がってしまい、間延びして後半の失点シーンに繋がったと感じています。

  あの失点も、ボールホルダーに制限を掛けていれば防げたはずです。 フリーにさせて、まるで練習の時のような正確なクロスを上げられてしまいました。
  聖真と海舟が譲り合った結果、海舟の寄せが遅れてしまいました。 自分のマークを捨ててでも、厳しく寄せて欲しかったです。

  ゴールを決めたシャハブ ザヘディは、関川狙いの立ち位置をとっていました。 加入したばかりの選手ですが、関川と安西の間が鹿島の弱点であることをよく叩き込まれていますね。 参りました。

  もうひとつの敗因は、当たり前のことですが、点が取れなかったことでしょう。 最終ラインが下がってしまったために、MFラインも落ちて、ボール奪取ラインが低くなりました。

  攻撃の起点が下がったところに、パスの精度が無ければ、ことごとく相手にボールを奪われますよ。 攻撃のリズムをつくるどころか、何度もカウンターを受けてしまいましたね。

  チャンスメイクどころかアタッキングサードへ入る回数が少ないのですから、CKも取れません。 これでは、リスタートからのゴールも望めませんでした。

  こんなゲーム展開になってしまった要因は、選手起用にも問題があったと思わざるを得ません。 結果論で安易な監督批判になりそうですが、あの福岡のサッカーに対して身体も気持ちも闘える選手が必要でした。
  中3日のアウェイで連闘となり、キレの無い重そうな選手が何人か見受けられました。 思い切ったローテーションによるスタメン選びも必要だったのではないでしょうか。

  交代も、運動量を求めるのならば、どれも10分遅かったですし、垣田の投入はどうしたいのか疑問でした。
  交代で入った樋口が輝いたように、ボールを引き出す動きやダイヤゴナルに走れる仲間を投入した方が、ゴールを割る確率が上がったのではないかと思っています。 ポポ采配もノッキングしていましたなぁ。

  まずはイージーなパスミスを修正し、無理なワンタッチにこだわらず、受け手も動いて連動していけば、体当たりチームの対策になると思っています。

  とにかくFC東京戦までは時間がありませんから、微修正でコンディションを整え、気持ちで戦いましょう。 勝点3の確保は必須です。 みんなで頑張りましょう。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2024-04-04 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR