fc2ブログ
鹿島アントラーズ

第6節を終えて

  上位争いをするために許される負けの数は、シーズンによって違いがあるものの、8敗前後がボーダーラインだと考えています。
  第9節までを序盤戦と捉えれば、福岡戦で早くも2敗目を喰らったことは、痛いなんてものじゃありません。

  ましてや松岡を筆頭とするフットボールとは言えない格闘技クラブに、腰が引けて負けたことは悔しさを倍増させています。 この1敗が後々響かないことを願うばかりです。

  痛みに耐えて第6節のおさらいをしておきます。 5節まで負け無し同士の対戦は、首位町田がホームで広島に負けました。
  特に驚きはありません。 広島はリーグ優勝の経験もあり、ここ6シーズンを見ても、3位以内という結果を3度も残している総合力の高いクラブですから、順当な結果と捉えています。

  負け無しのクラブは、C大阪がアウェイで柏とドロー、アラーノがケガで下がったG大阪は、京都に主導権を握られながらも耐えてスコアレスドローでした。 この結果、広島・セレッソ・ガンバの3クラブが無傷で今節を終えています。

  一方、そろそろ勝てるかなぁと予想していた勝ち星無しの東京Vが、アウェイ湘南戦で運も味方につけ、16年ぶりのJ1勝利を勝ち取りました。
  染野や林がチームの勝利に役立っているのが嬉しいですね。 シーズンを通して頑張って欲しいものです。

  同じく未勝利だった札幌は名古屋に惜敗し、またもや今季初勝利はお預けとなりました。 札幌ドームで強さを見せるクラブなのに、泥沼にハマった感じですかね。
  次節もホームで、負け無しのG大阪を迎えます。 意地を見せつけるのに格好の相手ですから、注目です。

  最後に、次節鹿島が対戦するFC東京は、国立競技場で浦和に競り勝っています。 ピッチの予行練習ができて、良いですなぁ。
  それにしても荒木が5ゴール目とは、驚くほどノッていますね。 鹿島戦に出られないのは助かりますが・・・。
  ただ、俵積田のクロスにボレーシュートを叩き込んだ松木は恐るべしです。 バングーナガンデ佳史扶を含め、左サイドを担う若手選手には要注意です。

  FC東京にとって国立は相性のよい競技場だと実況アナが語っていました。 思わず2013年第28節、国立で鹿島がF東に圧勝した一戦を思い出してしまいましたよ。 あの時の敵将はポポ監督で、通訳は塚田さんとのコンビでしたね。

  鹿島には、数々の優勝カップを国立で突き上げて来た歴史があります。 どちらのクラブが準ホームなのか、決着をつけてやりましょう。 中3日のアウェイ連戦ですが、楽しみです。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2024-04-05 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR