fc2ブログ
鹿島アントラーズ

プレミアリーグ第1節&得点力不足

  鹿島が国立競技場で第7節を迎えた日は、11時から日立柏総合グランドで柏レイソルU-18対鹿島アントラーズユースの試合も行われていました。
  楽しみにしていた高円宮杯プレミアリーグの第1節です。 「JSPORTS」 で録画して、翌日にでも見ようと思っていたのですが、録画は放送終了前の16分間しか撮れていませんでした。

  J-COMのTV契約をしているので、見られるはずなのですが、いったいどうしたことでしょうか。 試合も1-3で敗れたと聞き、見る気を失いました。
  トップチームが情けなく連敗する中、せめてユースの活躍が伝えられればと思っていたのですが、それも叶わなくなりました。

  今年のユースは、昨季プリンスリーグ関東を優勝し、プレミアPOを勝ち上がったチームですから、かなり総合力が高いと期待していました。 初戦から完敗というのは、ちょっとショックですね。

  JFAの公式記録を見ると、スタメンには新1年生の吉田湊海(FC多摩)、平島大悟(鹿島JY)、福岡勇和(鹿島つくばJY)が名を連ねていました。 途中出場した大貫琉偉(鹿島JY)と物井慈元(鹿島つくばJY)も同じく新一年生です。
  見事なトラップからのパスで、吉田は小笠原聖真の同点弾をアシストしましたが、彼らはつい一週間前まで中学生だったのですよ。 いくら能力が高いとはいえ、高校生とは体力差があるでしょう。

  トップチームに2種登録されている松本(遙)はケガだと聞いていますが、点取り屋の徳田はどうしたのでしょうか。 サブにも入っていないことが気懸かりです。
  一年に渡る長丁場のリーグ戦とはいえ、一日も早くケガを治してください。 次節、ホームでの市立船橋戦を楽しみにしています。 若鹿の健闘を祈ります。

  さて、若鹿の目標であるべきトップチームですが、FC東京戦の後 「得点力不足」 があからさまになったと書きました。 点が取れない理由はいろいろあるのでしょうけれど、きっと首脳陣が修正してくれると信じています。

  優磨が、福岡戦とF東戦の2戦連続でシュートゼロに終わったということは、ゴールからの逆算が出来ていないのだと思われます。 優磨やチャヴリッチに点を取らせる形が作れていないから、シュートすら打てないのです。

  そこを修正するにはまず、ボランチコンビから効果的な縦パスがもっと入らなければなりません。 次に、それを受けたトップ下や周りの選手が、優磨やチャッキーの欲しがるタイミングでスペースにラストパスを送ることができていませんね。

  ライコのフィットや岳の復帰を待つことなく、現有勢力で同じ絵を描ける組み立ての改善を求めたいです。 がんばりましょう。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2024-04-10 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR