fc2ブログ
鹿島アントラーズ

第3節の延期試合

  昨夜は、第3節の延期試合、横浜F・マリノス対ガンバ大阪戦が行われました。 マリノスのACL出場による優遇処置です。 鹿島がACLを必死に闘っていた頃は、JFAからのこのような思いやりサポートは一切ありませんでしたよね。

  時代の変化を感じるとともに、これほどまでに公的な忖度を受ければ、マリノスは勝って決勝まで行かなければ格好がつきませんなぁ。 次の準決勝が最大のヤマ場となりますから、ぜひとも頑張って欲しいです。

  昨日の試合はマリノスが2-0で勝ちましたが、内容はガンバの方が優っていました。 宇佐美が絶好調で、細かいボール扱いやキープ&捌きなど、見事なプレーで楽しませてくれました。
  それにしても、一選手がどんなにスーパープレーヤーであっても、点が取れなければ勝てません。

  前半あれだけチャンスを作ったガンバですが、スコアレスでの折り返しとなりました。 この流れのままだとマリノスの外人部隊がワンチャンスをモノにするのではないかと、ハーフタイムで鹿じい予想が口をつきました。

  後半開始すぐに、アンデルソン・ロペスがゴール前でDFを背にしてクロスを収め、振り向きざまの一閃が決まりました。 ザ・ストライカーがいると、こうも簡単に点を取ってくれるのですねぇ。 羨ましい限りです。
  解説の坪井さんも 「身体を入れて、自分で空間を作って、シュートコースを作っている。 そして質の高さ。 良いシュートでした」 と絶賛していました。

  この場面では、ロペスの得点能力は認めつつも、CB中谷の立ち位置の悪さと寄せの甘さが失点に繋がったと考えます。 ガンバにとっては防げた失点だと思っています。

  この敗戦によりガンバは、直近3試合でいずれも無得点に終わりました。 試合内容はガンバの方が断然優っていますけれども、どこぞの連敗クラブとよく似た状況ですなぁ。

  ポヤトス監督は決定力不足の改善について 「今やっていることをしっかり続けて、信じてやっていければ、シュートが入る確率は上がっていくと思っています」 と語っています。
  果たしてそうでしょうか。 点を取るためにはもう一人宇佐美を作るか、点の取れる外人助っ人を雇用しなければ解決できないのではないかと悲観的な見方をしています。

  我らが鹿島も無得点の連敗中で、次節はホームで京都と相まみえます。 3試合ぶりに得点を挙げて勝つためには、一人で二役を担っている優磨の一役分を周りが組織的に分かち合わなければならないでしょう。

  同じ絵を描くための練習を積んでいけば、ゴールへの組み立てができ、点が取れるようになると思っています。 地道に頭を使って練習をやり続けましょう。 勝利を期待しています。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2024-04-11 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR