fc2ブログ
鹿島アントラーズ

ヴァンラーレ八戸戦を追想

  カップ戦の初戦は自らのミスから失点し、ようやく終盤に追いつくも、延長戦までもつれたあげく、やっと勝ち越したという苦しい展開となりました。 カテゴリーが下の相手に苦戦した理由はどこにあったのでしょうか。

  ギリギリまでゴールを奪えなかった要因は、そもそも得点力不足が解消されていないチームでありながら、スタメンをガラリと変えたことだと思っています。

FW          師 岡
MF  パレジ    ライコ   松 村
MF      佐 野  土 居
DF 須 貝  関 川  植 田  濃 野
GK          早 川

  控えは、優磨・垣田・仲間・須藤・藤井・樋口・知念・安西・梶川でした。 ライコのトップ下は予想できましたし、そのうえで守備が破綻しないよう、手堅い陣容を敷いて、攻撃的な選手を上手く配置したなぁと試合前は感心していました。

  ところが、期待のライコとパレジは、思っていた以上にボールキープや捌きが上手くいきませんでしたね。
  さらに、前節リーグ戦でリクシル賞を受賞した売り出し中の濃野が、自陣深くでやってはいけないパスミスをしてしまったことは、ポポ監督にとって想定外の出来事だったと思われます。

  後半頭から、ライコ・パレジ・聖真を樋口・優磨・知念に替えたのは、監督自身が失策だったと痛感した表れだったのでしょう。
  これでようやく主導権を握れるようになり、さらに戦力になっていなかった松村と須貝を代えて、相手を圧し込めました。

  中3日のアウェイでJ3とのカップ戦初戦というのは、相手が失うものはないと挑んでくるため、難しいものがあります。 日ごろ試合に出られない控え組が、奮起しなければ勝てません。
  それなのに、ここで勝利に貢献してスタメンを奪ってやろうという気持ちが、イマイチ見られなかったことが残念です。

  ライコやパレジが助っ人としてのスキルやパワーを示せなかったことや、期待の若大将である松村が壁にぶつかっている印象が気懸かりです。
  須貝を含め、彼らの台頭なしには鹿島の躍進はありませんから、より一層の努力・努力・努力を望みます。

  結局、いつものメンバーになってやっとゴールを奪うことができました。 あわや初戦敗退の危機を救った安西がMOM、鹿じい賞は植田のロングフィードと知念のスーパーボレーに差し上げたいです。 さすが、ひと味もふた味も違うベテラン勢のプレーでした。

  次へ進めたことが何よりですし、3回戦の相手は町田ですから、早くもリベンジできるチャンスが巡って来ました。 その頃には復帰するであろう岳を中心として、黒田サッカーを封じてやりましょう。

  しかし、中2日の鳥栖戦に向けては、主力の優磨・知念・樋口がほぼ一試合分をプレーしてしまったことが心配でなりません。 相手はルヴァン杯が1週遅れのため、コンディションは万全です。
  いまだに1勝しかしていない最下位の鳥栖ですが、駅前不動産で勝率の悪い鹿島はコンディションの不利をどのように克服できるのでしょうか。

  「サッカーほど思い通りにいかないスポーツはない」 と常々痛感しています。 昨夜の先立主審のジャッジも然りですが、選手たちはそんな苦境をしっかり乗り越えました。
  鳥栖戦も気力と知力を振り絞り、勝つ方策を考えて、勝点3を獲りたいものです。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2024-04-18 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR